レイチェル さん プロフィール

  •  
レイチェルさん: レイチェルのブログ
ハンドル名レイチェル さん
ブログタイトルレイチェルのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/raybanno/
サイト紹介文山梨百名山の登っている6歳のレイチェル もうすぐ達成予定、次は日本三百名山へ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 270日(平均2.7回/週) - 参加 2018/01/19 23:28

レイチェル さんのブログ記事

  • 日本三百名山・竜門岳
  • 八経ヶ岳は残念ながら次回にして竜門岳の登山口 吉野山口神社に到着神社裏手からスタートしますバイオトイレがありました森林セラピー基地でもあり途中までは 気持ち良い お散歩みちお山の中にはお寺や宿坊 跡地、と久米仙人窟跡など 案内表示が ありました途中の竜門の滝心なしか滝が竜みたい?ここには芭蕉の句碑もあります滝を過ぎると急登な場所や先日の台風で やはり関西は被害が大きく山中も荒れていましたお友達も 頑張っ [続きを読む]
  • 奈良で初めてのゲストハウス宿泊
  • 金剛山に登り、宿に向かいます今回はディアーゲストハウスさんに宿泊奈良中心地にあり 商店街を一本入ったところアーケードにも 鹿さん 鹿は英語で deerディアー。2段ベッドで楽しそうでした坪庭もある 町屋造りな建物渡り廊下を使ってトイレやシャワーに行きますスタッフの方も親切で料金も二人で2,600、とても良かったです楽しそうな商店街には次回、来たい動物園もありました宿から歩いて10分もかからない?近鉄 奈良駅の [続きを読む]
  • 日本二百名山・金剛山と天平装束体験
  • 前回のブログ、バンフマウンテンフィルムフェスティバルから帰宅して数時間後のam2:00に出発して関西方面へ ひたすら高速道路を走ります今回は レイチェルを応援してくださっているお友達が大阪にお墓参りに行くということでレイチェルと母は 行き帰りの車に便乗させてもらい、交通費を浮かせてもらいました有難いことです、感謝。朝、大阪に着くまで車の中でもレイチェルがちゃんと睡眠をとれて一安心奈良県の公園で カップヌー [続きを読む]
  • 今年3回目のバンフマウンテンフィルムフェスティバル
  • 信州山の日 特別プログラム乗鞍 特別プログラムに続き東京 ゲートシティ大崎で3回目のバンフマウンテンフィルムフェスティバルに行って来ました行きは山梨県から レイチェル初めての高速バス新宿から乗り換えで山手線を使い、大崎駅こちらで レイチェルはコスプレ↓マルシェのようなイベントもあり賑やかでした高層ビル群の景色は山梨とは異空間ゲートシティ大崎にはpatagoniaが見るだけ…寄らせていただきました今日のバンフに [続きを読む]
  • 百鬼丸さん
  • 山梨県富士吉田市出身の必殺切り絵職人百鬼丸さん小説など書籍の表紙を700冊以上、飾り手塚治虫さんとも 仕事をされたりテレビや海外の個展など大活躍の お方母の とっても楽しいお友達で甲府市に用事があるときには寄ってくれたり、お泊まりしてくれたり。先日も、甲府市で 従兄弟の集まりがあり従兄弟さんと お泊まりにいらっしゃいましたちなみに甲府市の歴史のある銭湯喜久乃湯温泉さんも百鬼丸さんの従兄弟さん家(銭湯は太宰 [続きを読む]
  • 小学校一年生、初めての運動会
  • この日のために 演目の踊りを一生懸命に練習してきたレイチェル延期で10月1日、平日の運動会となりましたが台風一過で とても暑い1日となりましたお昼ご飯は お楽しみのレストラン ナチュラルグレースさんの子ども大好き弁当いつも とっても美味しい!小学校になって初めての運動会はレイチェルの演目も良かったですがご父兄の方々も いろいろな方がいて「人の振り見て我が振り 直せ」 な雰囲気先生方の ご苦労を目の当たりにし [続きを読む]
  • 七面山 月参り、初めての中断
  • さて29日、レイチェルの運動会は延期になりどうしようかと。明日は更に台風が接近しているらしいので雨が本降りになる前にまだ今月は行けていなかった七面山へと向かうことにしました母とレイチェル、七面山は初めてのお友達と。自宅を出発して 雨が降りだしました迷うところです…母とレイチェルだけなら今まで 雨でも雪でも登ったことはあります五歳?のときのレイチェルしかし 今日 一緒のお友達も心配そこに七面山の敬慎院の [続きを読む]
  • 小学校入学して初めての運動会は延期
  • 29日 土曜日レイチェル小学校に入学して初めての運動会前日に 母も初めて、何やら理解しないまま 運動会の「場所取り」というものをしましたシートを張り、ペグを 打ち込み帰宅運動会のお弁当は保育園時代からレストラン ナチュラルグレースさんのお弁当注文も済ませて あとは お天気を心配していましたそして、29日 運動会当日朝6:00、 小学校から延期 のメールが来ました…張り切って起きたレイチェルに「今日は 運動 [続きを読む]
  • レイチェル7才のお誕生日でした
  • インドネシアで大規模な地震と津波がありたくさんの方々が被害に遭われたとのことつい、数日前に見てブログ投稿もしました「縄文号とパクール号の航海」の中でも最も、大切な場所 インドネシアドキュメンタリーに出演されていたインドネシアの皆さんや島民全ての皆さんの無事が気になりますブログの最初に まずは被害に遭われた皆さんに心より お見舞い申し上げます9月28日、レイチェルは7才になりました昨年はキャラクターの [続きを読む]
  • Chilassy (チラッシー)さん 9月号
  • フリーペーパー Parupi別冊まちの生活情報誌 Chilassyさんにレイチェルを取り上げていただきました山梨県の 甲府市、甲斐市、笛吹市(石和)中央市、昭和町の地域117,000部ほどに配布されたそうですSEASON COLUMN 〜山が伝える。〜とタイトルを付けてもらいレイチェルのことをとても素敵に まとめてくださりありがとうございました「望みの糸は 切れても 救いの糸は切れない」中島みゆきさんの歌の歌詞をしみじみ思う秋です [続きを読む]
  • 冒険ドキュメンタリーと清里ロック
  • 23日、日曜日お友達にお誘いいただき公益財団法人清里キープ協会での八ヶ岳環境映像祭2018縄文号とパクール号の航海というドキュメンタリー上映会とレンジャーさんとの森のガイドウォークそして、萌木の村 清里ロックさんに行きましたグレートジャーニー探検家 関野吉晴さんの冒険縄文号とパクール号の航海、予告動画千葉の海で砂鉄を取り、その砂鉄から斧を作り大木を斬り倒し 船を作る(機械を使わない)インドネシアの村から日本 [続きを読む]
  • 100万人のクラシックライブ
  • 突然ですが日本のクラシック人口(普段からクラシックを聴いている人) はどれくらいだと思いますか?以前に この100万人のクラシックライブの代表理事のお話しでは 「 0,3% 」つまり、1,000人いたら 3人…クラシックは つまらない、わからないコンサートもチケットが高そう、普段着では聴きに行けないのでは、などイメージがあるかもしれませんでも レイチェルも何回も聴いているこのクラシックライブのコンセプトはもっと身近にク [続きを読む]
  • バンフマウンテンフィルム フェスティバル
  • 母もレイチェルも 大好きなバンフマウンテンフィルム フェスティバル↑詳しくは して下さい世界最高峰のアウトドア ドキュメンタリー映画祭今年は 7月の信州山の日サミット以来の2回目の 上映観賞山梨県から会場の乗鞍高原までちょっと遠いので 迷いましたが有難いことに レイチェル応援隊の方が連れていってくださいました上映前に、粥川なつ紀さんのサックス演奏と山岳写真家でもあり、マンガ「岳」モデル穂高山荘ご主 [続きを読む]
  • アップライトチェア・姿勢を守る椅子のPV
  • 山梨県昭和町にある家具屋さんシャルドネさん家具だけではなく、雑貨の小物もあり見るだけで楽しくなります今回、シャルドネさんで取り扱いのあるアップライトチェアのPVにレイチェルを使ってもらいました撮影当日は せめて髪型だけでもキチンと、と山梨県の有名ヘアサロンファーストさんのオーナースタイリスト 三宮さんがシャルドネに出張してくださりレイチェルの髪型を可愛くして下さいました(なんて贅沢な)そして出来上がり [続きを読む]
  • 今月の七面山は山頂にも。
  • レイチェル、今日から小学校の2学期ですそんな前日に 七面山に登ってきました今回は 初めて七面山に登る山友さんと。せっかくなので 山頂手前の敬慎院さんまで、ではなくて 山頂プッシュしてきました七面山には2つ、登山口(参道)があります表参道と裏参道ほとんどの方が表参道、羽衣から登ります羽衣の近くには女性で初めて登拝した徳川家康さん側室 お萬の方さまの像とお萬の方や今日まで たくさんの方が滝行をしてきた 白糸の [続きを読む]
  • シスパーレ 7,611m
  • レイチェルの夏休みも あと数日疲れている母より 早めに起きたレイチェルはNHKさんで放送された銀嶺の空白地帯に挑む カラコルム・ シスパーレの録画を見せろと うるさいシスパーレ、ではなくちちゅぱーれ…いつか レイチェルにも平出和也さんのシスパーレみたいに全身で対峙する何か (お山でなくても) ができるのかなシスパーレDVDそして 平出和也さん、中島健郎さん登山界のアカデミー賞ピオレドール2018、受賞おめでとうござい [続きを読む]
  • モンベル会報誌にレイチェル登場
  • モンベル会報誌「OUT WARD」さんレイチェルは いつも岩合光昭さん撮影の表紙の動物写真を楽しみにしています今回「OUT WARD No.80 AUTUMN」さんでレイチェルを紹介していただきました母も毎回、一緒に届くモンベルカタログもOUTWARDさんの内容も楽しみにしていますしかし今回、レイチェルはポストに届けられたOUT WARDさんを早く見たいが為に母に断らずに開封していたのでこっぴどく叱られました(自分宛ではない郵便物を無断で開 [続きを読む]
  • 日本百名山・立山と日本二百名山・奥大日岳④
  • 今回の目的の立山と奥大日岳に登頂して残るは 安全に帰宅するのみと なりました奥大日岳からの下りでまたまた「レイチェルちゃん!?」と声をかけて いただいたのはやはりSNSで レイチェルを応援してくれている初対面の方でしたまさか ここで会えるとは ビックリいつか 一緒に登りましょうとお話しして お別れしました雷鳥沢のテント場近くまで戻り足をアイシング水が冷たすぎて少ししか 冷やせません雷鳥沢テント場に戻ると日焼 [続きを読む]
  • 日本百名山・立山と日本二百名山・奥大日岳③
  • 大汝山を過ぎて、真砂岳を目指します内蔵助氷河を右に見ながら下り登り何とも言えない静かな稜線真砂岳 山頂ここで劔岳に登る山友さんと お別れ母とレイチェルは 大走りを下りテント場を目指しますここの下りが 1番大変でした母は 65リットルザックが重く感じレイチェルも慣れない重いザックに疲れ…でも何とかコースタイム内でテント場に拡大だとテント場が見えるかも?テント場の受付をして、すぐにテント設営お隣の方が 「れ [続きを読む]
  • 日本百名山・立山と日本二百名山・奥大日岳②
  • ①の続き室堂から浄土山へレイチェルの好きな岩がたくさん学校登山の 小学生さんもたくさんいました龍王岳を過ぎて、↑の写真のまん中あたりに見えて来た一ノ越山荘に下ります一ノ越山荘の前の広場も登山者さんで賑やかでした山荘の中の貼り紙その通りだと 思います。ここから 雄山までは ちょっと急な登り室堂から2時間位で なかなかの高度感3,000mを越えて楽しみにしていた神主さんの ご祈祷へとても凛々しい男前な神主さまでし [続きを読む]
  • 日本百名山・立山と 日本二百名山・奥大日岳①
  • 劔岳に登る山友さんと 途中まで ご一緒の立山ぐるり、テント泊をしてきました扇沢駅の駐車場で 山友さんと 待ち合わせここからまずは トロリーバスに乗り54年間、走ったトロリーバスは来年から電気バスになるようでラストイヤーに乗れて良かったですひんやりとしたトンネルを抜けると黒部ダムに着きました背後に立山ケーブルカーに乗り黒部峡谷黒部平からも 素晴らしい山々が見えて、ロープウェイに乗り最後に もう一度 トロリー [続きを読む]
  • 日本三百名山・唐松岳
  • 風雨の五竜岳から翌日はテントを干しそして翌日は 五竜岳のお隣、唐松岳に登ってきました五竜岳は遠見尾根唐松岳は八方尾根を登ります今回は 八方池の景色を見たい山友さんとモンベル大好きな山友さんと。私たちのリフト乗り場は黒菱第三駐車場から。リフトを二本、乗り継ぎますちなみにモンベル会員割引あり助かりますレイチェル、ご機嫌厳しい母には 寄り付かず優しい山友さんに べったり文句なしの お天気リフトを降りて 八方 [続きを読む]
  • テント泊の お片付け などなど
  • 風雨のテント泊となった五竜岳から帰宅した 翌日自宅隣のシェアスペースでは書道教室の日、レイチェルも教えていただいています( 書道教室、生徒さん募集中)母は 疲れて 体が ガタガタですがレイチェルは 元気いっぱい書道教室の お友達と 楽しく お習字なんと、夏休みの書道コンクールの課題まで仕上げてしまったのにはビックリあんなに字が下手だったのに…それも これも 田辺書道教室の田辺先生の おかげです田辺先生、書家と [続きを読む]
  • 日本百名山・五竜岳、風雨のテント泊③
  • マメに更新が出来ていないのでまとめての 一気投稿しかも、長い… 読んでくださる方(いるのかな?) ごめんなさい五竜岳に登頂してひょっこりはんを満喫したばかりに下山は雨で 泥の川と なった登山道を下りることに写真では わかりづらいのですが本当に ちょっとした泥川でしたし何より 雷は まずいなぁと思いました写真にも少し写る雨粒テント場まで 急げ、急げ下りコースタイム40分のところを31分で下りて山荘と山荘前のテ [続きを読む]
  • 日本百名山・五竜岳、風雨のテント泊②
  • 前回の続き小遠見山を過ぎて、中遠見山、大遠見山と尾根を 歩き続けますとても立派な オタマジャクシどんなカエルさんになるのかな西遠見山には 本物の池塘 (ちとう)がありますとても 気持ち良い登山道が 続きます少し鎖場も ありとりあえず、五竜山荘に到着急いで テント設営今から 天気が崩れそうなのでとにかく急いで 今日中に五竜岳に登頂しておこうと思い 設営後に 山頂へ向かいます(山荘から 山頂までコースタイム登り1時 [続きを読む]