Toy さん プロフィール

  •  
Toyさん: カナダに住む日本人のブログ
ハンドル名Toy さん
ブログタイトルカナダに住む日本人のブログ
ブログURLhttp://www.canadacanada.online
サイト紹介文カナダに住む21歳男性。 体験談、役立つ情報を更新中! 海外生活をしてみての感想など。
自由文実際に海外に行ってみて思ったこと、節約留学方法など更新中!!
他にも今までの経験談など幅広く書き込み中!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 36日(平均11.9回/週) - 参加 2018/01/20 05:57

Toy さんのブログ記事

  • 京都で侍となる。
  • 京都に旅行に行ったことがある。3年か4年前かな。一人で東京駅から夜行バスに乗って行った。京都に就職した友達の元へ。会うのは2年ぶりほどだった。さらに昔、大阪に旅行に行った際に、滋賀、兵庫、奈良は観光で廻った。しかし、なぜか京都は一歩も踏み込むことなかった。初めての京都。久しぶりの関西。そうだ。京都に行こう。かなり前から京都に行くことは決定していたが、気持ちはそんな感じだった。それ [続きを読む]
  • 国が違えば、くしゃみへの想いも違う。
  • くしゃみ好きですか?この質問おかしいかなやっぱり。僕は好き。出る前のあのもどかしさといったら最悪だが、出た後のすっきり感は半端じゃない。人それぞれ音もスタイルも違くて、それすら楽しんでしまっている自分がどこかにいることは間違いない。しかし、時期よっては最悪だ。僕は花粉症を持っている。花粉が舞い散る時期はもう最悪という言葉以外見つからない。受粉のためという理由で花粉は人間を苦しめる。わか [続きを読む]
  • Iphoneとの距離感
  • Iphoneユーザーです。かれこれ6年目くらい?携帯を壊しやすいというスキルを授かったおかげでかなりの回数買い替え、修理をしてきた。なんかappleサポート的なやつで3回か2回くらいまで7000円くらいで新品と交代できるってやつがあったんだけど、それ全部使い尽くして、店員さんに修理するなら新しいの買った方がいいですよと言われたほどだ。Iphoneを使ってて度々よかったと思うこともあるし、確実に電子機器業界の最先 [続きを読む]
  • 十人十食
  • 人種が違うというのは大きな違いという人もいるが僕はそう思わない。カナダに来て色々な人種を見るようになった。こいつ同じ人間か?と思うくらい鼻が高くて羨ましくなったりする回数も増えた。今の時代、見た目だけでどこの国出身か当てるのは難しいくらい色んな国に色んな人種が住んでいる。例えば同じファームに住んでいるドイツ人の女の子。彼女の見た目は明らかにアジア人だ。でも彼女はドイツで生まれドイツ人 [続きを読む]
  • マブとの別れ
  • 先日、マブダチのフランス人カップル二人がカナダを旅立った。僕はマブダチだと思っている。それくらいの思い出もあるし、彼らだってそう思っているに違いない。もし彼らが本当に僕のことが嫌いなら、彼らは俳優、女優並みの演技力の持ち主だと言えるくらい彼らは僕によくしてくれた。それが見送らなければいけないなんて。よりよって日本に行く彼らを。バンクーバーにて日本にフランス人二人を送り出す日本人現る!!という [続きを読む]
  • 雪に興奮するか、うんざりするか
  • 朝起きてあらまあびっくり。一面雪。昨晩の間に雪がたくさん降ったらしい。今日は一面雪に強い風が追加され、昨日の夕方とは景色がまるきり変わっていた。雪は久しぶり。この前降ったが、ほんの少しだった。日本にいた頃と雪を見る目が変わってしまった。日本にいた時は、うわあ、雪だ! 学校休みになるかも最高と思っていたが、今では、うわー、雪かよ。雪かきだり〜。と思うようになってしまった。なんか自分で [続きを読む]
  • チョコレートに恋して
  • チョコレートにはまっている。生まれてから初めてチョコレートを口にしてからそれ以来ずっとハマっている。チョコレートってなんであんなに美味しいのとってガーナに行って聞いて回りたいくらい。これだけチョコレートにはまっていれば手札は沢山ある。ミルクチョコに、ブラックチョコ、チョコミントやストロベリーチョコ。もはや数えきれない。チョコは色々な食材、果物とコラボレーションをして、次々に成功して来た [続きを読む]
  • 世界共通言語日本語希望
  • 生まれてから今日まで毎日自分が使っている日本語というものについて深く考えたことなどなかった。ステイ先にいるフランス人カップルが明後日から日本に行くらしい。だから先週から夜暇な時間に日本語のレッスンをしていた。レッスンといえるほどではないが。日常的に使うフレーズをいくつか教えた。挨拶とかその他諸々。日本語は漢字カタカナひらがながあって、日本人たちはそれを思うがままに操り言葉を喋っている [続きを読む]
  • カナダ、チャーハン、日本食
  • すごい時代に生まれたと思う今。今チャーハンを食べている。カナダでチャーハンを食べているのだ。100年前に生きてた日本人は絶対に今僕がいるこの島のことを知らないし、来たこともないだろう。それが今なら住めるわ、チャーハンたべれるわなんてすごいと思う。贅沢すぎる。ちなみにチャーハンはあまり美味しくはない。なぜならお米が違う。お米を違ければ調味料も違う。チャーハンという料理名だけが同じも [続きを読む]
  • フランス人とスニーカーと山
  • 先週の土曜日は試合だった。試合という名の登山だった。家の後ろに大きな山がある。その山はそれほど高くはない。たまに天気の悪い日は霧で頂上が隠れるか、隠れないかくらいの高さだ。あの山の情報はかるーく知っていた。共にステイしているフランス人にちょこちょこ話を聞いていた。登ったことがあるらしい。景色はめちゃくちゃ綺麗だったよと言っていた。高さもそれほどないからスニーカーでも登れるよと話して [続きを読む]
  • 超絶早口イングリッシュキャッチ大会
  • オーストラリアの英語早すぎじゃないのか?この疑問をぶつけたい。ホストマザーのおばあさん、弟さん、その兄弟のお父さん。みんなしゃべる時は早すぎて全然聞き取れないよ。なんなのか。これはなんなのか。彼らはごめんね〜。オートラリア出身だから話すときはやいの〜というが、オールトラリアの人たちはみんな話す時に早口で話すのだろうか。本当にみんなあの速さで話すなら、僕の中で今一番行きたくない国ナンバー [続きを読む]
  • 戌年な日々
  • お手伝いで庭のお掃除をした。木の枝や、落ち葉をひたすら集めまくる作業。こういった作業は嫌いじゃない。最初の10分くらいで頭に完全に仕事内容を流し込んで、あとはひたすら手を動かしながら考え事をする。この作業が結構すきだ。そしていつものようにひたすら考え事をしながら手を動かしていた。他から見ればそれは完全にロボットだっただろう。顔は無表情、手はシャッシャッと動いているあの姿は人間らしさが欠けて [続きを読む]
  • コーヒーとおばあさんの関係に迫る
  • コーヒーが大好きだ。毎日飲んでいる。夜も飲みたくなる時が度々あるくらい。住む家を転々としていると、その家によってコーヒーが全然違う。前回の家のコーヒーはとても苦く僕はめちゃめちゃ好きだった。今のうちはというと、とても薄い。色は黒だが水にコーヒーの味をちょっとつけました。みたいなコーヒー。豆も違うし、作り方も違う。その人のスタイルが出るのだ。前の家の人はとっても濃くたまに豆を挽いた粉が入 [続きを読む]
  • ランボルギーニと犬と僕
  • 新しいステイ先に到着した。バンクーバーから20分のところにある島だ。1秒1秒の進み方がバンクーバーと違うのは島についてすぐにわかった。広大な海とたくさんの自然にちょこっとおしゃれなお店。この島は最高だ。ついた瞬間に悟った。ここから始まる地獄。ホストマザーに着いたと連絡してから1時間経とうとも連絡はない。フェリー乗り場から出て目の前にある図書館の外のベンチで待っていた。次第に周りも暗くなっていく [続きを読む]
  • 木の人生分析
  • 高速バスに乗っている。カナダは自然が壮大だ。土地も訳のわからないほどでかい。日本の距離感で来た僕は初日に唖然とした。木がたくさん生えている。カナダの木というものは面白い。日本とは違う木だからか見てても飽きない。クリスマスツリーのような木がたくさん生えまくっている。人間の手が一切加わってないようなところがたくさん。ここぞとばかりに木が生えまくっている。高さもなかなか高い。日本の木に比 [続きを読む]
  • 睡眠かビックライトか遺伝子か
  • 中学校を卒業してから高校に入るまでの春休みの期間、僕はビックライトの光を浴びたかもしれない。二週間ほどの期間で15cmほど身長が伸びた。信じられないだろう。自分でも今思うと信じられないことだ。人間が身長を伸ばすためには牛乳を飲むとか幾つか方法を聞いたことがある。しかし、僕は牛乳は苦手だ。その頃僕らの中では身長がでかいやつほど、人気者になれていた。身長順で並ぶ時の先頭の子ほど公開処刑を食らって [続きを読む]
  • 富士山を登る前日と同じ気持ち
  • 中学生か高校生の時に富士山に登った。登山は好きだし得意分野である。富士山を登ったきっかけはいたって簡単。おじちゃんに誘われたから。小さい頃から外でガツガツ遊びまわっている僕のこのアクティブさは完全におじいちゃん譲りだ。おじいちゃんはたぶん今85歳ぐらいだと思うが、全国を旅行するのに数年前からはまり、今もどこかの剣を旅行中だろうってくらいアクティブな人だ。二週間に一度くらいの頻度で今〜県にい [続きを読む]
  • 火はかっこよく、美しい
  • 火はかっこいい。メラメラとしてあらゆるものを焼き尽くす。ステイ先の暖炉の火を何分間か見つめていた。火は見ている人を虜にする。一度見だすとぼーっと見つめてしまう。不思議な能力を持っている。黄色や赤や青色に輝き人々に暖かさをもたらし、美しさまで出してくる。生で食べたらお腹を壊すような食べ物でも火にかかればへっちゃらだ。昔から火が好きだった。焚き火をしたりBBQをしたり小さい頃から火にはお世 [続きを読む]
  • 夢と人
  • カナダに来てから家でしかお酒は飲んでいないが、東京にいた頃は飲みに行くのが好きだった。学生時代なんて週4くらいは友達と学校帰りに居酒屋に行っていた。それだけ呑み会をこなしていると、行くメンツというのは限られてくるのだが、僕の頻繁に飲み行く連中は二種類の人間だった。1つは、夢を語りながらお酒を飲む人種。もう1つは愚痴などを言ってお酒を飲む人種。この二種類。幸せなことに僕の周りには夢 [続きを読む]
  • ファミレスでおつかい頼まれたことあるよ。
  • 2年半某ファミレスでアルバイトをしていた。日本のファミレスというものは本当に恐ろしいところである。働く側からの目線だが。常に人は足りないのに上の人間からは常に売上を上げろと言われ続ける。僕のファミレスは千代田区内にあり客数は他の店舗に比べめちゃめちゃ多かった。若者からサラリーマン、OL、家族連れ、老夫婦。年齢層はバラバラだ。2年半も働いてたため、接客の方とキッチンの方、普通はどちらか一つ [続きを読む]
  • これも1つの生き方
  • 学校卒業したらどうするの??就職先は決まったの??学生時代に僕を苦しめたフレーズたち。たくさんの大人たちはこんにちはと同じくらいの軽い気持ちでこの言葉を学生に投げかける。中学、高校、専門学校。すべての学生時代で進路について悩んでいた。みんなが進路ややりたいことが決まっていく中、全然決まらずにいた。まずは中学時代。遊ぶのに毎日毎日全力すぎて将来のことなんて考えてる暇はなかった。毎日 [続きを読む]
  • ヤギと共に生きていきたい。
  • ヤギ。そう動物のヤギ。今ステイしている牧場にはヤギがいる。2匹だ。 黒いのと茶色いの。今までヤギに関わる人生は歩んでこなかったが、ここに来て初めての発見。ヤギくそ可愛すぎる。もともと動物は大好きなのだがここまで惚れたのは久しぶり。犬大好きなんだけど、犬の次かも。なんなのあの目。あの口。あの鳴き声。ずっとよしよししたくなる。僕の仕事は朝と夜、馬とヤギとアヒルのご飯あげと、ヤ [続きを読む]
  • 去年の今頃もそういえば死にかけてた
  • 1日に二回も死にかけた記事を書くなんてなかなかいないよね。人と違うと生きてる意味を感じてしまうToyです。さっき死にかけた記事を書いたんだけど、思い返してみると去年お今頃も死にかけてた。死にかけたと言ってもさっきの遭難とは全く違い、精神的に死にかけた。去年の一月、僕は成人式だった。(もう一年とか早すぎ)よく大人に言われた20超えてからは年をとるのが早いという言葉。うるせーよジジイと思ってい [続きを読む]
  • 2月を目の前にして1月最終日に死にかける。
  • 今日で一月も終わりだね〜もー早いよーやだよー。この前年明けたばっかりな気がしてならない。もう一ヶ月経ってしまったのだ。2月といえば、節分だったりバレンタインだったりそれなりに行事があるよね〜?まあ、カナダの山奥の牧場でヒソヒソ暮らしている僕には、二つとも完全に無縁だ。無縁すぎる。節分はまず、文化自体ない。笑いきなり大豆を投げて日本語で鬼は外〜!など叫んだら、ホストファミリーはどう思うこと [続きを読む]