たかお さん プロフィール

  •  
たかおさん: 診断士と嫁と猫一匹
ハンドル名たかお さん
ブログタイトル診断士と嫁と猫一匹
ブログURLhttp://shindanshineko.seesaa.net/
サイト紹介文平成29年度中小企業診断士に合格した筆者による合格前と合格後について
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 168日(平均1.5回/週) - 参加 2018/01/21 09:03

たかお さんのブログ記事

  • 診断士を志した経緯:その11
  • 前回よりの続きでございます。平成27年度の1次試験が、3科目合格と終った後、次年度試験への挑戦は続けるつもりでしたが、前回と同様、試験直前まで学習は再開しないつもりでした。それに1次試験に合格したとしても、自分の心のなかにある不可解な2次試験への不安は変わっておりませんでした。そうして平成27年の年も明け、もうすぐ春を迎えるころに、初めて本気で2次試験に取り組もうと決意させてくれた本に出会いました [続きを読む]
  • 副業としての診断士について:その4
  • それから私が懇意にしている、都道府県の中小企業再生支援協議会の要職も務められたご経験豊富な別の診断士の先生に事情をお話しし、引き継いでいただくことをご了承いただきました。しかもご説明の際に、その副業診断士さんの名前等については一切伏せた上で、ご了解いただいたのです。ほどなくして、2回目の財務分析診断(前回よりはるかにレベルが高く、先方の反応が明らかに違いました)を無事終え、ひとまず終了させていただ [続きを読む]
  • アールとエフ分のイチ?
  • 他市の支援機関と打ち合わせで、そのまま直帰のため、今日は通勤のラッシュタイムを少し早く通り抜けるれそうなため、前回買ったオードブル盛り合わせを買いに百貨店に向かいました。少し距離を歩くのと、人混みが気になったので、途中の成城石井にないかと寄ってみたら、ありませんでしたので、やっぱりそのまま百貨店に・・・前回とは少し違う別バージョンがあったので、こちらを購入。品名は「ワインアンティパストセット」¥1 [続きを読む]
  • 診断士を志した経緯:その10
  • 前回よりの続きでございます。「気負わず緩やか」な姿勢の3度目の挑戦となる平成27年度の1次試験。第1日目の朝は凄まじい豪雨でした。その状況にさっそく「気負わず緩やか」な姿勢が頭をもたげました。「この天気・・。会場まで駅から結構歩くしなぁ・・・。絶対今年合格する必要もないし、午前の2科目は止めとくか!」そうして天気が収まった午後から会場に向かいました。大荒れの天気なので欠席率が高いのかと思いきや、午 [続きを読む]
  • 事例Ⅱ:10年間の出題の趣旨変遷
  • 事例Ⅱの直近10年間の出題の趣旨をまとめてみました。<平成24年度までは、主に「整理・分析能力」を問う出題傾向です>平成20年度:「整理する能力」「分析能力」平成21年度:「分析能力」「事業を導き出す能力」平成22年度:「分析力」「応用力」「問題解決能力」平成23年度:「基本的理解力」「分析力」「構想力」「提案力」平成24年度:「分析する能力」「整理する能力」「構想力」「提案力」<平成25年度より [続きを読む]
  • もうすぐ春
  • 本日は、診断士には興味がないうちの猫の検診日でした。往復移動と病院の間ずっとニャーニャー泣き通し・・・。家に戻っても、しばらくウロウロ、ニャーニャー止まらず・・・。疲れたのか、ようやく定位置である40センチ四方の猫専用ホットカーペットで眠りについた。私が外出して戻ってくると、秋の間に奪われて良く寝ていた私の椅子に移動して寝ている・・・もうすぐ春か・・・。ひとごみが大嫌いで、普段は絶対いかない百貨店 [続きを読む]
  • 副業としての診断士について:その3
  • 副業診断士さん:「前回の訪問のあと転職して、今の会社が副業を認めないので次回の診断を行うことができません。」私は耳を疑ってしまいました。私:「そちらがどうしてもやらせてくれとおっしゃるから、私の支援先に無理を言ってお願いしたのに、それは非常に困ります。なんとか調整するか、最悪他の方を代打で立ててください!」それから更に数日が過ぎ、副業診断士さんから回答のメールが来ました。副業診断士さん:「自身の調 [続きを読む]
  • 診断士を志した経緯:その9
  • 前回よりの続きでございます。3度目の診断士試験へのチャレンジに踏み出しましたが、今回決めたことは、「何が何でも今年合格!」ではなく、「何年かかってもいいから、少しずつ、合格をするまで諦めずに続ける」ことでした。勉強を開始したのは、1次試験の2か月前の6月からでした。診断士試験は法改正などにあまり大きな影響もなく、試験問題に傾向の変化がそれほど激しくないため、一度学習して理解した内容を2か月かけて「 [続きを読む]
  • 副業としての診断士について:その2
  • 財務分析をやってもらうこととなった企業の担当者の方は、取締役の経理部長さんで非常に温厚な方でした。その副業診断士さんと同行し、事業所へ訪問。用意した資料をもとに財務分析の内容をお話しされました。その会社の決算はTKCを導入している税理士事務所が行っており、普段から一通りの財務分析は把握されておられるし、自社の財務面から見る改善点も分かっておられたので、それほど認識をあらたにする内容ではありませんで [続きを読む]
  • 診断士を志した経緯:その8
  • 前回よりの続きでございます。診断士試験再チャレンジに踏み出したものの、中途半端な気持ちと学習で迎えた1次試験本番。その結果は、科目合格「経済学・経済政策」1科目のみ以上・・・当然といえば当然の結果かもしれませんが、数年前に初受験で学習時間4か月ほどで全科目合格したのに、これは酷すぎる・・・。やっぱり中途半端な気持ちで合格できるほど甘い資格じゃないんだ・・・。診断士試験への2度目の挫折でした。しかし [続きを読む]
  • 三方よし
  • 「三方良し」それは「売り手」「買い手」「世間」のすべてがWIN×3になることです。この言葉は、現在の滋賀県にあたる近江に本店を置き、江戸時代から明治時代にわたって日本各地で活躍していた近江商人が大切にしていた考えだそうです。信頼を得るために、売り手と買い手がともに満足し、さらに社会貢献もできるのが良い商売であると考えていました。彼らは、自分たちの利益ばかりを考えるのではなく、ただ人のためになること [続きを読む]
  • 副業としての診断士について:その1
  • 今回は、平日日中はサラリーマンをされ、副業として診断士業務を行おうとしていた方と一緒にお仕事をした体験談です。その方は、某大学の養成課程を修了されて診断士登録をされた方で、最初の出会いは同じ大学院の同期会の診断士の方と一緒にお見えになられました。「いずれは独立したいと考えているが、いきなり独立するのはリスクが高いため、まずは副業で始めて自身が持ててから独立したい」とのことで、私もそれについては共感 [続きを読む]
  • 日本一安い眼鏡
  • おはようございます。私が調べる限りで日本一安いのではと思われる眼鏡を購入いたしました。それがこれ↓です。フレームは選べず、お店にお任せですが、価格はなんと、税込1,730円也(眼鏡1,490円+送料240円)一応購入者レビューなど、ひととおり読んでから買ってみたものの、どんなのが来るのかと思っていましたが、思いのほか良質だと思います。フレームは少し安っぽいかなという感はありますが、私のようなド近眼( [続きを読む]
  • 診断士を志した経緯:その7
  • 診断士を志した経緯:その7前回よりの続きでございます。最終的に就職を決めた、現在も勤務している中小企業支援機関の仕事は、ほぼ自分の取り組みたかった理想に近い内容でした(もちろん仕事ですから、やりたくない業務も少なからずありますが・・・)。業務としては公的な立場での支援を行うため、事業者の負担は少なくなお且つ喜ばれる仕事で充実感もあり、最初の数年間は知識とスキルの修得に無我夢中に取り組んで、土日も図 [続きを読む]
  • 受験予備校模範解答の弊害
  • こんばんは。受験予備校の模範解答の弊害についてですが、もちろん1次試験のことではなく2次試験です。先般掲載しました「診断士講座の講師の方達へ」の内容について、先日、某大手受験予備校診断士講座の某講師の方へメールで意見を寄せてみました。それに対し、あくまで同社の「中小企業診断士講座」の考え、ということで、「過去問の解答は、受験者の立場ではなく、出題者が期待していたであろう解答を予想したものですので、 [続きを読む]
  • 実務補習と実務従事
  • こんばんは。平成29年度合格者の皆様の多くが、実務補習中でヘロヘロとの声を多くお聞きしており、多くの方がお仕事を持ちながら大変お疲れ様でございますm(。。)mわたくしは残念ながら、日程やその他の諸事情により実務補習は申し込めず、「皆さん大変そうだなぁ」と思う反面、何かひとり取り残されたようで寂しい気持ちも感じつつ日々を過ごしております・・・実務補習は5人のチームで一つの企業を多面的に診断助言するという、 [続きを読む]
  • 「診断士って大したことないよね・・」
  • 当ブログを開設してより、まだそれほど記事の数は多くはありませんが、むしろ数が少ないうちにカテゴリー分けをしてみました。続きものの記事の途中でちょいちょい別の内容の記事を差し挟んだりしておりますので、見やすさを考慮してのことですが、改善されておりますでしょうか・・テレビでもよく出ていた経済評論家の三橋貴明さんが、先日、自身の妻への傷害容疑で逮捕されましたが、不起訴となったようです。実は最近知ったので [続きを読む]
  • 診断士を志した経緯:その6
  • 前回よりの続きでございます。転勤先は地方都市でありながらも、大手資格予備校の拠点も複数あり、学習環境を整えることは可能でしたが、そこで診断士試験の学習を再開することはとうとうありませんでした。大都市に比べてそれほど人も多くなく、程よく都会で海にも近い環境の中、心地よく生活しておりましたが、そうこうするうち、私を転勤させた次期社長指名を受けていた役員がクビになったりなど、会社内部がごたごたになり、関 [続きを読む]
  • 2次試験合格の最強ツール
  • おはようございます。私が今年度の2次筆記試験に合格できた最大の武器、それがコレ↓です。私が今回2次筆記試験を受験したのは大阪会場だったのですが、当日の天気は大荒れ予想で、こんなベタな長靴は二度と履くことないかも知れないかもと思いつつ、ホームセンターで購入しました(1,412円也)。しかしこれが大当たり。当日は予想以上の大荒れで、会場である大阪教育大学まで駅から結構歩いた上に、やっとこさ着いた大学の [続きを読む]
  • 診断士を志した経緯:その5
  • 前回よりの続きでございます。2次試験に不合格になった時には、社労士の事務指定講習も終了して、いつでも社労士登録ができる状況にあり、気持ちは今後社労士としてどう活動していくかに移ってしまっていました。社労士の実務経験を積むことも考えて、社労士事務所への転職も考えていたのですが、待遇面などで折り合わず、独立開業を考えるようになりました。そうこうするうち年も明け、平成19年に入り、独立に向けた準備を行い [続きを読む]
  • 診断士を志した経緯:その4
  • 前回よりの続きでございます。2次試験本番に向けて、モチベーションが下がったままで辛うじてやっていた学習が、模範解答の写経でした。これまで文章を書くという試験をあまり経験したことがなかったので、100字〜200字の文章を書く感覚をつかむということが目的のような学習でした。そうして迎えた2次試験本番。今から思えば恐るべきことなのですが、事例1から4までそれぞれ、開始から40分ほどで書き終えて、残り半分 [続きを読む]
  • 診断士を志した経緯:その3
  • 前回よりつづきでございます。平成18年8月の1次試験本番を迎えました。すでに社労士試験にも合格しており、社労士試験のときほどの急迫感はなく、心に余裕をもって2日間の試験に臨みました。結果は全科目60点以上で1次試験を突破致しました。ちょうどこの年診断士試験は、何回目かの大きな変化があった年で、1次試験に科目合格制が導入された初年度だったと思います。ここまで診断士試験の試験そのものの内容について詳細 [続きを読む]
  • 伝えることの難しさを知る
  • こんばんは。診断士試験合格発表より1か月以上が過ぎ、年も越して、はやくも正月ムードなど遠い昔となった1月の月末。先般投稿の「診断士試験合格、その瞬間」で書かせていただきましたが、私はいまだに嫁と猫以外に合格したことを報告できておりません。言うタイミングがわからないというか、自分から言うのが何かおこがましい気がするというか。聞かれたら嘘はつけないので言おうと思いますが、受験したことを誰にも言ったこと [続きを読む]
  • 診断士を志した経緯:その2
  • 診断士を志した経緯:その1の続きです。そんなこんなで、中小企業診断士試験に挑戦しようと思い立ったのが、平成18年4月のことでした。1次試験が8月なので、あまり時間なく、これまで社労士と簿記も予備校の教室講座で学習していたため、全く一から独学という経験がないこともあり、これもやはり同じ大手予備校の講座(教室講座は既にだいぶ先までカリキュラムが終了していたためDVDブースの講座)を受講することにしまし [続きを読む]
  • 起業に賛成しない理由:その2
  • 前回の 起業に賛成しない理由:その1 ではだいぶネガティブなことを申し上げましたが、それはあくまで「絶対後悔しない」ことと「人生を狂わせ」てほしくないからです。ですのでその反面、「ぜひ起業していただきたい」、「応援したい」方はごくごく少数はいらっしゃいます。大まかに列挙すると、1.どんなことがあっても人のせいにはしない人(たとえ人に酷く騙されたとしても、それも自分の責任と自覚できる人)2.「1.」 [続きを読む]