じぇみない さん プロフィール

  •  
じぇみないさん: 外房でシマアジ・ヒラメ釣りのじぇみない
ハンドル名じぇみない さん
ブログタイトル外房でシマアジ・ヒラメ釣りのじぇみない
ブログURLhttp://www.gemini-blog.com/
サイト紹介文外房中心に内房や川釣りを楽しんでいます。夏はシマアジやショゴ、冬はヒラメやアジ釣りです。
自由文穏やかで明るい毎日となるように日々是好日な生活を目指してます。他にも園芸、料理から、子供との毎日、育児までいろんなことをつぶやくので、気長に読んでいただけると嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 326日(平均3.3回/週) - 参加 2018/01/21 13:16

じぇみない さんのブログ記事

  • 外房でなぜアジが釣れないのか? どうしようか・・・
  • そんなに下手なのか!? どんなことにも言えるが、上手い人と下手な人では釣果が違う。ビギナーズラックもあるのが釣りだ。しかし、悔いが渋い時、状況が厳しい時ほど釣れる人は釣る。釣り場にたくさん釣り人がいるのに釣れているのは同じ人、なんてことがよくある。みんなが釣れているのは、時合で食い気がある時。釣れない時にも釣れるのがうまい人で、釣れない時に釣らないのもうまい人。対岸からメジナをバンバン釣っていた人 [続きを読む]
  • 12月・外房釣り う〜ん 赤目か・・・ やっぱりあかん
  • 雨後の夜釣りに気合  それにしても釣り場に人がいない。夜釣りなので人は少ないが、去年に比べると本当にいない。地元の人も釣れないのをよくわかっているのだろう。ここ数年いつも、”昔は釣れたが、最近は釣れないね”ばかり聞いてきたが・・・どうこう言ってもしょうがないので、今回は雨後を狙って夜釣りに行った。なんせ何をやっても釣れないんだから、いつもと違うことをやらなくては。最近は雨にたたられることばかりだが [続きを読む]
  • 定番のコマセ(集魚剤)のベスト配合 汚れない・扱い簡単
  • ベランダでの苦闘  以前はフカセ釣りがメインだった。ところが梅雨時になると、サバコの大群に付けエサは瞬殺。こうなると見様見真似の団子釣りになる。そうこうしているうちに、コマセを自分で配合することが当たり前になる。もちろん出来合いの配合エサは便利だが、これが結構響く・・・こうなるとベランダで秘密の配合を繰り返す。何度も繰り返すと、ベストの配合が出来上がる・・・配合が簡単なこと集魚効果が感じられること [続きを読む]
  • カゴ釣りの遠投ウキの自作電気ウキトップ 早速明るく改良へ
  • 第1弾はちと暗い  LED電球からくみ上げて自作した電気ウキトップ。見た目は思ったよりいい。元のペンを知っていれば安っぽいが、知らなければ結構かっこいい。ネジ式で開閉する構造といい、少し濁りが入っているものの透明な容器にOリング。棒電池の付け替えで何度でも使えるところもグッド。ちなみに、Oリングが機能していたのか、防水効果もばっちりで水漏れも無し。ただし、夕まづめから使い始めたが、既製品と比べて明らか [続きを読む]
  • サビキ仕掛けの針外しを自作だ!
  • 天気が悪い! 今年の秋は天気がいまいち。風が強い日が多く、曇り予報でも雨がちだったり。11月になって雨にたたられると、小雨でもかなり寒い。おまけに、たまの釣行では貧果ばかり。ツ抜けするのもままならない。このまま年を越すなんてことがあれば、釣り場の開拓に動かなければいけないのか・・・まあいい、雨降って地固まるだ。こういう時は釣り具の自作だ。ランキングに参加中。面白かったら をお願いします!海釣り [続きを読む]
  • カゴ釣りの遠投ウキの自作電気ウキトップ 150円で電気ウキ完成
  • 電気ウキトップが高い! 遠投電気ウキの自作は楽しい。材料探しが思った以上に大変だったが、自作すると結構お安くできる。この前の釣りでは、漁船に道糸を切られ、高切れすること2回とウキとカゴのセットがごっそりなくなった。それにしても、朝まづめで爆走する漁船に道糸を切られるとは・・・朝まづめに100mの遠投。リールで巻き取る速度が漁船に負けた。そんなウキ作りでは突出して高いウキトップを自作しなければ。ステ [続きを読む]
  • な〜んだ簡単 オキアミの自作・ハード加工に再挑戦(みりん・砂糖編)
  • シンプルイズベスト 最近は釣果が伸びず、天気もいまいちなので悶々としている。本来ならヒラメやあじ爆釣シーズンに突入のはずだが、全く寂しい限りの釣果。ということで、自作の遠投用のウキやカゴを作ったり、餌を加工したり。釣り餌の王道といえば、そこものには青虫でしょう。キスやハゼからカレイなり、穴釣りでもなんでもオールマイティーに使える。ただし、釣行のたびに釣り具屋によるのも面倒。夜釣りが多いので特におっ [続きを読む]
  • 11月・外房釣り あか〜ん! ネンブツダイか・・・
  • 気合だ!夕まづめから 釣り場に人がいない。時々夕まづめにかけて釣りをするが、日が落ちるとすぐに釣り人がいなくなる。お気に入りの釣り場だが、去年に比べて釣り人が本当に少ない。去年ならこの時期、夕まづめに地元の年配方が連なってサビキ釣りをしていた。おじさんだけでなく、おばさんも竿を出すぐらい手軽に釣れたもんだ。クーラーいっぱい、100匹釣れた。今年も同じぐらいの時期になったが、釣れていない。夕まづめも [続きを読む]
  • カゴ釣りのコマセかごを自作しよう! 早速材料の改善!
  • もっと安いステンレス棒を! 遠投カゴの材料代は約330円。その半分はステンレス棒で150円。ただの棒が150円とは高すぎる。そんな時にもやもやとした思いがビビッときた・・・材料で用意したのは50cmのステンレス棒ですが、結局はほぼ半分のサイズに折って使う。こんな時は、内径2mmのビニールチューブが役に立つ。こうやって棒をチューブでつないで瞬間接着剤を付ければ、その強度は相当なもの。ビニール管を長く [続きを読む]
  • 100mの遠投コマセかごを自作しよう! 早速改良で高みへ・・
  • 接合部分が気になって・・・ 眠れない・・・まだ第1弾の遠投コマセかごを使ってもいないのに眠れない・・・ロフトがひん曲がるほどのあいつが掛かるのに、カゴが壊れてバレたら・・そんな夢で眠れない・・・このチューブが最後の駆け上がりを超えたところで切れてしまうのか!?このカゴの先端のゴムチューブがすっぽ抜けるのか!?100mの遠投に加えて3kgを超えるあいつとの対決のためには、やはりこの仕掛けでは心もとな [続きを読む]
  • 100mの遠投コマセかごを自作しよう! 一気に完成まで!
  • 目標は100m  前回の釣行で、新たな釣り物の目標が出来た。夏はシマアジ、冬はヒラメに加え、岸から100mほど遠投をした深場の獲物を狙う。これまでは3本針、ハリスが60cm程度の仕掛けを50m以上遠投してアジを狙った。8割ぐらいの力で投げないと、道糸、ウキ、遠投カゴ、仕掛けが1直線になるためか、仕掛けが絡む。針がカゴや道糸に引っかかる。それほどの遠投が必要もないので、フルキャストする必要もなかった [続きを読む]
  • 11月・外房釣り 泳がせに来たのはやっぱり・・・
  • ネットショッピング 前回は20匹程度のアジが釣れた。夜中ずっと、ぽつぽつ釣れて暇はしなかったが、朝まづめはさっぱり。朝まづめに釣果が減ってしまうのは下手なのか、何かが間違っているのか・・・それにしても釣り場に釣り人が少ない。地元の常連も少ない。ルアーマンもほとんどいない。エギンガーは全くいない。堤防に墨跡がない。どんどん釣果が乏しくなっているんだろうか?とにかく夜釣りの釣果を伸ばすべく、アマゾンで [続きを読む]
  • 黄色い自作餌でフィッシュイーターを求めて 〜鯖とササミを添えて〜
  • 根魚は夜  潮どまりで釣れない時間帯は釣り人にとってつらいもの。夜釣りのアジのあたりが遠のいた時に、沖目に遠投して狙いたい魚がいる。沖目には駆け上がりがあり、少し水深がある。10m以上あるだろうか。ここで狙いたいのは根魚。カサゴやハタを狙ってみよう。ということで、いつものオキアミではないエサを準備しよう。根魚に使うエサといえば青物か虫えさ。イソメは夜釣りの道中で購入するのが面倒。となると、青物で餌 [続きを読む]
  • カゴ釣りの遠投ウキ(LED電気付き)を簡単に楽しく自作! 早速最初の改良へ
  • 若干のライントラブルが・・・ 堂々完成の第1弾、遠投電気ウキで実釣してきました。90点ぐらいでしょうか。早速、漁網に引っ掛けて2つロスしましたが、やっぱり気分的にダメージが軽いですね。ウキの浮力を測定していないので、発泡剤の大きさを目安にカゴのおもりを合わせますが、やはり浮力が強めです。あたりが若干取りずらく、小さなアジだと、一度の引き!?を無視するとその後の引きが出ません。仕掛けを回収してみて、 [続きを読む]
  • 10月・外房釣り そろそろむつが釣れる頃・・・ そして新たな道へ
  • 秋深まって 水温良好  夜釣りも気温が下がって15度前後。曇り予報でも雨にたたられることが多いので、雨露に濡れると結構寒い。去年に比べて釣り人は少なめで、釣果は上がっていないようです。地元の釣り人が少なく、いい場所にも釣り人がまばら。みんな釣れてないようですな。いつもの夜釣りで、水温はちょうど20度。手を入れるとほんのりあったかい。釣れそうな雰囲気じゃ。 潮の濁りもそこそこあって雰囲気はいいんです [続きを読む]
  • カゴ釣りのコマセかごを自作しよう! まずは材料集めから
  • ウキができれば次は? 遠投カゴ釣りのウキをチャチャっと大量生産に入りました。既に技術は匠レベル!詳しくはこちらへカゴ釣りの遠投ウキ(LED電気付き)を簡単に楽しく自作! まずは・・・ : 外房でシマアジ・ヒラメ釣りのじぇみないブログ作る楽しみを味わう! 今年の夏は全く連れず、8月の出動は無し。釣りはやっぱり連れてなんぼ。ちょろっとでも釣れればそれだけでリフレッシュになるんじゃけが・・・7月に入ってからは [続きを読む]
  • 100円ショップのケミホタルやルアーで集魚力アップ
  • 夜釣りの釣果アップのために 夜釣りの釣果が戻ってきましたが、気温がぐっと下がって寒さが厳しくなりますよ。ここ最近の房総の天気は雨がちで、曇り予報でも通り雨にたたられます。夜釣りで気温が下がった中の雨は、完全防備の服装なのでかなり堪えますね。せっかくの朝まづめを逃すことも何度か。 アジの反応が濃くなってきて、夜釣りでも飽きない程度にぽつぽつ釣れてくるので釣果を少しでも伸ばしたいところ。釣りの釣果アッ [続きを読む]
  • カゴ釣りの遠投ウキ(LED電気付き)を簡単に楽しく自作! 羽を付けよう!
  • まずは簡単なところからで  ボディーのスタイロフォーム(発泡剤)の加工は楽しいですよ。黙々と作り続けて、あっという間に20本ぐらいできますからね。前回の記事はこちらへ。カゴ釣りの遠投ウキ(LED電気付き)を簡単に楽しく自作! ボデー作成編 : 外房でシマアジ・ヒラメ釣りのじぇみないブログ作りまっせ〜 材料集めがやっと終わりました。材料集めが本当に大変!! ここまでで作業の6割は終わったようなもんです、ほ [続きを読む]
  • 9月・外房釣り 夏休み後の釣り再開を一気にハイライト
  • 8月の釣行はゼロ 6月にシマアジを釣り上げた後は、夜釣りといわず、朝まづめといわず釣果がぱったり・・・7月上旬の貧果をもって、釣りは夏休みとしました。暑い夏だったので、あまり釣りに行きたいと思う気持ちも沸かない中、ぷらっと館山のソウダガツオを釣ってから、9月の釣り開始。何とか1匹は釣れて面目躍如!マルソウダですね。ヒラソウダの方がおいしいそうですが、マルソウダもうまかったでっせ。続きを読む [続きを読む]
  • カゴ釣りの遠投ウキ(LED電気付き)を簡単に楽しく自作! ボデー作成編
  • 作りまっせ〜 材料集めがやっと終わりました。材料集めが本当に大変!! ここまでで作業の6割は終わったようなもんです、ほんとに。まあ、一度作ると材料がすぐなくなるんで、また同じ店をぐるぐる回るんですけどね・・・えへ。(2度目の購入行脚では”買占め”に走りがちですので要注意)前回の記事はこちらへ。カゴ釣りの遠投ウキ(LED電気付き)を簡単に楽しく自作! 材料準備完了 : 外房でシマアジ・ヒラメ釣りのじぇみな [続きを読む]
  • カゴ釣りのコマセかごを自作しよう! 曲げて曲げて!第1弾の完成
  • ステンレス棒をま・げ・る・・!? 遠投カゴづくりは、ステンレス棒の加工がすべてです。むしろ、それ以外の作業は棒に部品を通して接着剤でつけるだけなんで簡単。作業時間も慣れてしまえば10分もかからないかも。早速始めます。一番最初から力仕事。50cmのステンレス棒を180度に曲げます。2mmのステンレス棒は堅いでっせ・・・コツも何もありません。とにかく曲げるだけです。勢いあまって、ペンチで指を挟まないよ [続きを読む]
  • 史上最高の素材を入手 史上最高の完成度!赤タン作り最終章
  • 朝まづめの後は・・? このところ、夜釣りの釣果が戻ってまいりました。まだまだ数は伸びないものの、確実につ抜けする釣れるのと、夜もぽつぽつ上がるので夜釣りが楽しいですね。フグが少し減ってきたのと、むつが出てきました。冬が近づいてきたのを感じますね。フグでも針がとられますが、むつも針をとられますからね。もちろんむつはおいしいので大歓迎ですが。大体は煮付けか、一夜干しして塩焼きがおいしいですね。エサ取り [続きを読む]