初夏が一番好き さん プロフィール

  •  
初夏が一番好きさん: 初夏が一番好き
ハンドル名初夏が一番好き さん
ブログタイトル初夏が一番好き
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tsn24502
サイト紹介文初夏がいちばん好きだから、 ショカ。 幼いころから植物好き。 ずっといっしょに 暮らしていま
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 36日(平均8.8回/週) - 参加 2018/01/21 14:39

初夏が一番好き さんのブログ記事

  • ハコベ    早春の草の森  東京都江東区
  • ホシノヒトミ、フラサバソウ、ハコベ、ヴェロニカ シムバラリア(コゴメホシノヒトミ)。なんてうつくしい、早春の草の森。(繁縷、蘩蔞)ナデシコ科ハコベ属。別名、小繁縷(コハコベ)。分布、世界の寒帯から熱帯にかけて。花径、5mmくらい。花期、2〜9月。高さ:10〜20センチ。春の七草。2018/2/15 撮影。2018-/1/8。1月下旬。2月下旬。3月下旬。4月上旬。4月下旬。 [続きを読む]
  • オランダミミナグサ   ちいさな耳に届きました   千葉県市川市
  • 市川浦安アスファルト脇植物園の子は、いまだに咲きません。ホントに今年は遅い・・。この子は、海に近いトコで。早春の声が、ちいさな耳に届きました♪(和蘭耳菜草)ナデシコ科ミミナグサ属。ヨーロッパ原産。明治時代末期に帰化が確認。花径1cmくらい。花期、3〜5月。耳菜草の名の由来、対生する小さな葉をネズミの耳に例え、菜は食用、オランダはヨーロッパ原産から。2018/2/12 撮影。2018/1/30 千葉県市川浦安 [続きを読む]
  • アセビ    魔法のことば   千葉県浦安市
  • 酔った馬のこと、ソウシュンを知らせる花のこと、ヒメオドリコソウやホシノヒトミのうつくしいなまえのこと、公園の隅に植えたハゼランとアケボノフウロのこと、初めての口紅のこと、君のこと、ずっと大好きなこと、覚めることのない、ずっと胸の奥であたたかい、魔法のことば。(馬酔木)ツツジ科アセビ属。常緑。原産地、日本、中国、台湾。花期。2月〜4月。名の由来、葉や茎が有毒で、馬が食べると酔ったようになるこ [続きを読む]
  • ムスカリ  北風のオトシモノ  東京都江戸川区一之江境川
  • 1月の末に咲いたことも。植栽された感はなく、毎年、場違いのように忽然と現れる。そう、北風のオトシモノのように。キジカクシ科ムスカリ属。多年草。原産地、地中海沿岸地方、西アジア。1980年代辺りから国内に広がる。花期:3〜5月。高さ:10〜30cm。2018/2/9 撮影。2月下旬。3月中旬。4月上旬。二ホンサクラソウ・手牡丹(テボタン)    千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅あたらしい仲間。ようこ [続きを読む]