初夏が一番好き さん プロフィール

  •  
初夏が一番好きさん: 初夏が一番好き
ハンドル名初夏が一番好き さん
ブログタイトル初夏が一番好き
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tsn24502
サイト紹介文初夏がいちばん好きだから、 ショカ。 幼いころから植物好き。 ずっといっしょに 暮らしていま
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 179日(平均7.3回/週) - 参加 2018/01/21 14:39

初夏が一番好き さんのブログ記事

  • イナホオズキ   花も実も葉もうつくしい   東京都江東区
  • 花も実も葉もうつくしい。ほとんど1年中、野を飾る。アスファルト脇植物園を飾る。標準悪名イヌホオズキ。(犬酸漿)ナス科ナス属。日本、熱帯〜温帯まで広く分布。花径、5〜8mm。花期、夏から晩秋。高さ、50〜60cm。名の由来、ホオズキに似ているが、赤い袋をつけない「似て非なる」の「非(イナ)」から「イヌ」に転訛した説も。ヒトが勝手にこの子を役に立たないと決めつけ、さらに、犬(イヌ)が、役に立たないとする世 [続きを読む]
  • タケニグサ  リネンのドレスが風にゆれるよう    東京都江東区
  • 幼いころから、この子にはとても惹かれていた。それは、パイオニアだけあって、積み上げられたばかりの土砂に忽然と、威風堂々と葉を広げていたり、真夏の、焼けるような線路脇で凛としていたり、そしてなにより、辺りのどの植物たちよりうつくしい葉をもっていた。そのうつくしさは、リネンのドレスが風にゆれる、モネ「日傘の女」のように、妖しく、まぶしい記憶。(竹似草・竹煮草)ケシ科タケニグサ属。日本、東アジアに分布 [続きを読む]
  • モッコク     ダブルタイトルホルダー   東京都江東区
  • 江戸五木、三大庭木のダブルタイトルホルダー!華は赤い実のときでさえ、それと気づかないことも。しかし、そこにあって、全体としてなくてはならない存在感。(木斛) ツバキ科モッコク属。原産地:日本、中国、東南アジア。花径、1〜1.5cmくらい。花期6〜7月。うつくしい香り。実は10月に熟す。樹高、6〜15mに。古くより、うつくしい樹形、光沢のある葉から、江戸五木のひとつに。三大庭木の一つでも。名の由来、蘭の一種の「 [続きを読む]
  • パキラ   20年育て初めての開花 市川浦安アスファルト脇植物園・自宅
  • この子がウチに来たのはもう20年くらい前。元々、オフィスに、部下のデスクにあった高さ20cmくらいの鉢。元気なくなったのを見かねて連れ帰った。オフィス全体のグリーンは僕が管理してて、個人の鉢で、弱った子は大抵集まってきてウチに。6月初め。いままで観たことのない、何かフシギなカタチの新芽のようなのがふたつ。まさか花が咲くなんて思ってもいなかったから・・。調べて、これがツボミらしいと分かって、びっくりぽ [続きを読む]