rerepon さん プロフィール

  •  
rereponさん: FluffyHouse 絵本がつなぐみんなの時間
ハンドル名rerepon さん
ブログタイトルFluffyHouse 絵本がつなぐみんなの時間
ブログURLhttps://ameblo.jp/fluffy-ehon-club/
サイト紹介文英語・日本語絵本を主に、子どもから大人までが楽しめる教室・イベント運営を行っています
自由文Fluffy絵本Houseは、2011年より、?絵本がみんなをつなぐ”をコンセプトに、絵本のイベント・ワークショップ・英語絵本教室・販売を行っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 94日(平均4.1回/週) - 参加 2018/01/21 15:07

rerepon さんのブログ記事

  • オリエンテーションが始まりました
  • 今週は1年生6クラス分のオリエンテーションがあり、週4勤務です。 1時間目からだったので、家を7時台に始めてでましたが、この時間で雨だと結構混んでいること判明。もう少しで遅刻でした。危ない、危ない。 昨日、今日と2時間ずつの初オリエンテーションです。みんな、とても素直で、レスポンスもちゃんとあって、協力的で、あっという間の盛りだくさんの1時間ですが、スムーズに進行できています。 今日は、帰りに図書委員 [続きを読む]
  • YA文学「削除ボーイズ」
  • 削除ボーイズ0326 (ポプラ文庫) オリエンテーションで紹介中。アマゾンの書評はあまりよくないのですが、いくつか同じテーマの図書の中で私はどきどき、ついつい止まらなくなった図書でした。 3分26秒の過去が消せる機械を手に入れた主人公この機械をうまく使いこなせるのか、、、、。確かに書評どおり、これが小学生?という設定だが、そこさえ気にしなければ、スリルもあっておもしろい。 第一回ポプラ社小説大賞受賞作。 [続きを読む]
  • 5月の予定
  • <関係ないですが、昨年、訪れた美術展> 3月で宇部の教室の引継ぎを無事終え、そのままスライドするように、4月から、福岡県の中学校の図書司書として勤務が開始しました。 今までは、一人ひとりのこどもたちや保護者とじっくり関わり、互いの個々の成長をあらゆる方向から真剣に支える。 見守るだけではなく、ぐっとひっぱらねばならないことも多い関わり方でした。 そして、今度は、図書司書として子どもたちと関わり始め、 [続きを読む]
  • 大人の立ち位置を教えてくれる本「チェンジング」
  • 新年度の一年生5クラスへのオリエンテーションに向けて、ブックトークの題材探しもあって、YA文学、時間があれば読み切るようにしています。 今日は、この本。 いじめにもあい、自分に自信のない主人公、大夢(たいむ)の話。現実逃避しながら、愛読書のイギリス文学(架空)の勇者に自分を重ねつつも、勇者になりきれない大夢。友人、近所の大人たち、先生とのふれあいの中で、自分を取り戻していく物語。 これは作者からのメ [続きを読む]
  • 本屋大賞
  • わたしの本屋大賞との出会いは、まさに本屋で、「きみはいい子」を手に取ったからでした。期待せずに本屋が進めるならとたまたま手にした文庫にまれよあれよと引き込まれ、最後は涙まで流していました。今年の本屋大賞が発表されましたね。中高生だけでなく大人にも人気の辻村深月さん。さっそく読んでみたいと思います。同時にここに書かれている「カラヴァル 深紅色の少女」も読んでみたくなった記事です! [続きを読む]
  • ドラマ「ダウントン アビー」
  • グレーズアナトミー ロスだったのですが、ちょっと落ち着いたので、春休みから寝る前の海外ドラマに毎日これをみて寝るのが習慣になってますグレーズアナトミーの新シーズン日本配信も始まってしまったのですが、しばらくダウントンアビーに決まりそう!^_^ちょうどこれからレポートはイギリス文学史が中心なので良いかも! [続きを読む]
  • 慶友会例会
  • 今日は慶應科目試験の日でした。、、、が、今回は本当に悔やんでも悔やみきれないまさかの試験申し込み忘れで2単位を落としたのでノー試験の私司書資格を取得し、これまで携わった宇部の教室を終え、四月から新たなスタート。その中で一時止むを得ず中断していた慶應通信、今月から再び卒業目指して励みます!^_^今日はしばらくお休みしていた慶友会 例会に参加してきました。また志の高いステキな方々と出会い、色々語り合いまし [続きを読む]
  • 今日は今から香港の方とスカイプレッスンです!!
  • 世界は本当に近くなりました!そして、日本語絵本で日本語レッスン。Let's read aloud Japanese books大変好評です。 オーストラリアの方は15レッスン、コンスタントに完了されています。 継続がやはり大事です。 とても楽しまれて、私も言葉により敏感になることができて、本当に楽しいです。 子どもに読み聞かせする際に、母国語が大事と言いますが、これからの時代は、もちろん母国語も大事。だけど、あらゆる角度から [続きを読む]
  • オンライン・英語絵本フリマショップのご紹介
  • おすすめの英語や日本語絵本&読みもののフリマショップをオンライン&不定期フリマで販売しています。 アマゾンでは失敗が多い。中身が見たい。 という方に、絵本を持ち歩いて、1箱フリマなる、1BAGフリマを行っています。 英語絵本カフェの生徒さんがたくさん購入してくださったので、今、在庫切れが多いです。 半分、趣味を兼ねて、どうしても、おせっかいに、古本屋さんで誰にも手に取られていない、お宝絵本を見たら、手を [続きを読む]
  • Fluffy絵本Houseのご紹介(4月)
  • Fluffy絵本Houseのブログ NEWSオンライン・レッスン(カフェトークというオンライン教室サイト)を始めて好評を頂いています。ただいま、オンライン英語絵本教室生徒募集中です。(詳しくは記事をご覧ください)!!英語絵本がつなぐ皆の時間Fluffy絵本Houseは、2011年より、?絵本がみんなをつなぐ”をコンセプトに、絵本のイベント・ワークショップ・英語絵本教室・販売を行っています。家主は神出鬼没に、どこにいても絵本・本 [続きを読む]
  • 運命の騎士
  • 息子の入学までの課題本の中の一冊下のブックリストにも子どもに手渡したい本として紹介されていたので、読み始めました。青年の成長物語。ノルマンディがイギリス征服時代の物語。フィクションの小学校上級から中高生におすすめの物語、読んだことのないものも多いので、まず読み進めていこうと思います。 [続きを読む]
  • 司書資格取得しました!^_^
  • 10月から始めた通信制大学にて無事全単位終了、司書資格を無事取得しました。 最後のスクーリング3つは仕事をしながらとてもきつく、パソコン前で身動き取れないのと、長距離移動のお仕事の最中にレポート期限を気にしながらでとても大変でしたが、スケジュールとにらめっこしながら、完了できました。 アクティブラーニングが注目されるこれからの教育で、図書館司書という立場でこれまで培った経験を生かして子どもたちの考える [続きを読む]
  • イギリス文学研究Ⅰ マンスフィールドについてレポート書きます
  • 気を取り直して、英文学を読んでいきます! 英語版はキンドルで、日本語版は既に読んでいましたが、半年もたつと、最近、記憶が・・・(;^ω^) マンスフィールドの作品はどれも短く、ちょうど、放送英語前期もマンスフィールドで、女の子の気持ちの変化を考察しましたが、楽しかったので、文学研究でも読み進めていこうと思います。 できるだけ原語で読む!そして、翻訳と読み比べて美しい日本語を学ぶこと! この二つを目標に、 [続きを読む]
  • 司書資格・・・成績発表
  • 半年間頑張った司書資格取得通信大学講座 無事全課題提出終了! スクーリング以外は結果がかえってきました。 児童サービス論  祝 ?  その他も優をたくさん頂きました。 3/23に3科目のスクーリング結果が出て、合格なら、司書資格半年取得となります。 そんな中、気がゆるみ、ある失態をおかしたことが、昨日発覚(;^ω^) それは、次のブログで! [続きを読む]
  • 東京へ写真と芸術の旅
  • 次男の受験も終わり、彼は造形芸術科へ進むことになりました。夫の出張に合流して、次男と一泊二日東京旅行へ行ってきました。今回は、夫の計画で1日目は初の東京都写真美術館。翌日はわたしは二人と別れて、銀座、六本木辺りをぶらぶらとすりつもりが、吸い寄せられるようにやっぱり本屋でしばし長居となって、、、、銀座教文館 児童書専門店ナルニア王国 で銀座の大半をすごしてしまいました。噂には聞いていましたが、しっか [続きを読む]
  • 明日はヒストリア月一大人の英語絵本カフェです
  • (写真は春の様子。今は毎月8-9名の方々とワイワイ楽しくやっていますよ)^_^明日14:00-16:00いつもの絵本カフェを行います! 先月はインフルエンザでお休みしました。 今月は、先月の予定を行います。英語絵本の精読をしてみます。 いつものように10冊絵本紹介もしますよ! 当日のお申し込みも受け付けますのでメールでご連絡ください! labokajiyama@gmail.comまで 必ず返事をしますにでお返事がない場合はこちらにもお知らせく [続きを読む]
  • 「ねずみにょうぼう」
  • 昨日、もう一冊、読みました。こちらの本で気になりながら、まだ読めていなかったので。 この絵本は、まさに、大人が読みたい児童書だと思います。 家に長年閉じ込められていたねずみ女房が、ある日、かごに閉じ込められている鳩と知り合い、自分も、外の世界に羽ばたきたいけど、羽ばたけない。それ以上に、囲われている鳩さんを自力でかごから出してあげる心境。直接、そんなことは語っていないけれど、ここから感じることがで [続きを読む]
  • 「リズム」森絵都
  • リズム (角川文庫)今日は、スクーリング間のオフ日だったので、読書か映画をと思って博多駅まで行き、総合図書館か映画で迷った挙句、やっぱり東野圭吾の、映画を見ておこうとネットでチケット予約と映画館前で携帯を触っていたら、、、、、一本の電話により夢破れ、自宅へと??長男が鍵を忘れ、試験中で早く帰ってきて困っているとの悪魔のような嫌がらせ電話。映画前だったので、そのまま電車へと。博多駅滞在時間はすでに2時 [続きを読む]
  • 一寸法師
  • この時期になると春が待ち遠しくなり、この絵本を思い出します。あきのふくさんの絵が素敵です。昔話はあまり季節の情景など余計なものは語らないのが原則です。それで行くとこの一寸法師は、ちょっと情緒的すぎるのですが、日本語のレッスンで上級者にはぴったり。案の定、30分×3回で何とか完了の予定の今日は2回めでした。旅の支度も甲斐甲斐しいまめまめしいはしのたもとうちでのこづちてならいなどなど。英語や噛み砕いた日 [続きを読む]