ろんぶん さん プロフィール

  •  
ろんぶんさん: 論文の書き方ブログ
ハンドル名ろんぶん さん
ブログタイトル論文の書き方ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/ronbun-support/
サイト紹介文論文の書き方や注意点などをつづっています。
自由文これから論文を書く方や、論文に行き詰っている方におすすめの情報が満載です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 23日(平均3.3回/週) - 参加 2018/01/22 13:07

ろんぶん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 口頭試問で心がけること
  • よろしければ、応援 頂けると嬉しいです。 こんにちは。 この時期になると、論文の締め切りを迎えたお客様方から、「無事提出しました」というご連絡を頂くことが増えてきます。 そして、みなさん、「あとは口頭試問がんばります」と追加されます。 そう、論文を提出した後に待っているのが口頭試問。 この記事を見ているあなたも、口頭試問を控えておられるのかもしれませんね。いくつか、コツをお伝えしておきましょう [続きを読む]
  • 論文要旨のポイント
  • よろしければ、応援 頂けると嬉しいです。 こんにちは。論文作成おつかれさまです。 論文要旨でお困りのあなたに今日は簡単なポイントをお知らせします。 1.要旨の要素 要旨に盛り込む主な要素は、①目的、②研究の背景、③問題提起、④先行研究、⑤方法、⑥結果、⑦結論、⑧参考文献、です。 2.要旨の形式 事前に提出先の形式を確認して、それに沿って書いていきましょう。書いた後で形式に合わせる時間をカットで [続きを読む]
  • 論文やレポートで難しい「自分の言葉で書く」の克服法
  • にほんブログ村 こんにちは。論文作成おつかれさまです。 あなたは、「論文で一番難しいのはどんなことですか?」と聞かれたら、何と答えますか? それぞれ、苦手なところは違うとはと思います。ただ、おそらく、誰もが苦手に感じているのは、「自分の言葉で書く」「自分の考えを述べる」ことではないでしょうか。 そこで今回は、「自分の言葉で書く」の参考例をご紹介します。 それは、「ガイアの夜明け」(テレビ東京系)で [続きを読む]
  • 「結果」を書くポイント
  • こんにちは。論文作成おつかれさまです。 論文では、調査を行った場合、その「結果」を述べる必要があります。 「え? 結果を書くんだから、別に難しくないでしょ?」 ・・と思いますよね。でも、意外に「結果」でダメ出しが出ることも少なくありません。 そこで、簡単なポイントをお伝えしたいと思います。 例えば、あなたが、大学生300名を対象に調査を行い、携帯電話(ガラケー)を使っている人が40人、スマートフォンを [続きを読む]
  • 論文発表のコツ
  • こんにちは。 この時期になると、論文の仕上げや論文発表の準備で忙しいという方が増えてきます。 論文発表、緊張しますね。 人前で話すのに慣れていない方は、特に大変だと思います。 そこで、簡単ですが、発表のポイントをお伝えしたいと思います。 1.大きめの声でゆっくり目に話す 緊張すると早口になってしまいがちです。 2.なるべく自分の言葉で話す スライド内容を読み上げたくなるものですが、できるだけ自分の言葉 [続きを読む]
  • 論文のコツ
  • 論文作業、おつかれさまです。 今日は、論文を書く時のちょっとしたコツをお教えします。心当たりがある方は、参考にしてみてください。 1. 原則、一つの文章で言うことは、一つにする。 一つの文章に、複数の事柄を書いてしまうと、結局、何がいいたいかわからなくなります。 もちろん、「今日は晴れでした。学校に行きました。楽しかったです」みたいに、小学低学年生の作文のように、短すぎてもいけません。 ただし、一 [続きを読む]
  • リサーチクエスチョンって何?
  • 論文作業、おつかれさまです。 この時期、テーマ案でお悩みかもしれませんね。 論文では、見慣れない言葉がいろいろと出てきます。なかでも、悩ましいのが「リサーチクエスチョン」。 リサーチのクエスチョンって何?? ちなみに、この場合の「リサーチ」とは、「調査」ではなく「研究」を指しています。また、「クエスチョン」は、この場合、「質問」ではなく「疑問」あるいは「課題」です。 ということで、リサーチクエスチョ [続きを読む]
  • 論文で意外にやってしまうミスとは・・・
  • 論文作成おつかれさまです。 論文で意外にやってしまうミスがあります。それは、、 ストーリーの先取りです。 例えば、あなたが、A社という企業が成功した要因を明らかにする、というテーマの論文を書いているとします。 この場合、基本的には、A社の成功要因が「結論」となります。 ところが、序論など冒頭の部分で、「A社の成功要因は、******である」と書いてしまうとどうでしょうか。 もちろん、論文を作成するときには [続きを読む]
  • 目次で困ったときの対処法
  • 論文作業、おつかれさまです。 今頃、目次づくりに苦戦している方も多いのでは。 論文の流れを考えるとき、適切な考え方は次のうちどれでしょう? 1.論文は研究の集大成だから、思いつく限りのことを入れるようにする。 2.論文では、1つのことを明らかにすればよいのだから、なるべく余計なことは入れないようにする。 さて、どっちでしょう? ・・・。 ・・・。 良い論文にするためには、2.の考えを念頭に置くことが大切 [続きを読む]
  • テーマ案の決め方
  • こんにちは。 最近、テーマ案に関するご相談が増えてきました。 「何から手を付ければよいかわかりません。。」「もしかして、自分はまったく見当違いのことをテーマにしようとしているのでは・・・?」 などなど、皆さん、お困りのようです。 なかでも、よく聞くのが、「何をテーマにすべきかわからない」というお悩み。 どこから手を付ければよいか想像もつかない。 教授にも相談できない。 悩んでいるうちに時間が経ってしまっ [続きを読む]
  • 論文で注意したいこと
  • こんにちは。 4月に入り、「論文始めないとなー」という方も多いことでしょう。 論文作成では、テーマ決めや章立て、文献レビューなど様々な作業があって大変ですね。 もちろん、これらをきちんと進めないといけないのですが、意外に忘れられていることがあります。 それは、論文の決まりを守ること。 論文には、いろいろな決まり事があります。 例えば、「ですます調」ではなく、「である調」で書くこと、他人の文章や図表など [続きを読む]
  • 過去の記事 …