kaonee さん プロフィール

  •  
kaoneeさん: 息子の都立二番手高校生活と中二娘の話。
ハンドル名kaonee さん
ブログタイトル息子の都立二番手高校生活と中二娘の話。
ブログURLhttp://kaonee.blog.jp/
サイト紹介文難関国立大学を目指す高1息子と、勉強嫌いの中2娘との記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 330日(平均1.2回/週) - 参加 2018/01/22 17:57

kaonee さんのブログ記事

  • 進研〇〇教材はあなどれない
  • 前回のブログからかなり時間が経ちました。。。今年は仕事の面で新しいことがスタートしたり、プライベートでも趣味が増えたり(体力づくりもかねて運動に通い始めてはまってしまった)とあれこれやっているうちにあっという間に師走子ども達のことは、息子の英語を見ることと、娘の朝晩の勉強を見ること(あとは日々の食事とお弁当づくり)を日々こなして毎日あっという間に過ぎていく、、という状態でしたまだ受験生ではないので [続きを読む]
  • kaonee塾その後ー高1英語ー
  • 高1息子を相手に、英語だけは見ています(見させてもらってます←私の趣味になりつつあります・・)取り組んでいるのはこちらの2冊。1.キク英文法2.Core1900進捗状況は・・というとまず、キク英文法・・・。こちらは約6割進みました。こちらの本は、最初にまず文法を学び、次に問題を解く、という方式です。ある程度理解した後に解いていくのでその場での理解は深まります。非常に多様な熟語、語句も問題、本文以外にもまんべ [続きを読む]
  • 【都立】自校作成校を意識した勉強を始める時期
  • ものすごく久しぶりの更新です。9月に入りようやく色々落ち着いたのでちょっと書いてみたいと思います。中2の娘、お勉強嫌いは相変わらずですが兄の高校の文化祭で刺激を受けたのか、「お兄と一緒の高校にいこうかな〜」と夢見始めています。娘の勉強嫌いを把握している兄は失笑していますが、娘なりに頑張っているので母まで失笑するわけにはいかず、kaonee塾でコツコツと英語・数学を中心に見ています(現在は試験2週間前なので [続きを読む]
  • kaonee塾再開!
  • 中三の2学期まで、塾には行かない、といいはる息子の為、英語・数学・国語を主に見ていました。自校作成対策まで一区切りがついた冬休み頃からは、過去問が中心になった為、私の出番はほぼなくなり・・。そのころから、自分でやって自分で完結、ということがほぼほぼ出来るようになってきたので、私の役目も終了だな〜と思いつつも、子育て終了、と言われたような若干の寂しさを感じておりました(結局、中二娘の勉強を見ることに [続きを読む]
  • 都立二番手 ありがたい夏期講習制度
  • 期末試験がすべて返ってきました。中間は勉強方法がわかっていなかった、という反省のもと、改善したので大丈夫といっていた期末試験の結果です(詳細はこちら⇒★)結果は・・・どうやら改善が効いた教科と、まだ若干足りていない教科とあり、本人が事前に予告していたほどの爆上げはなかったのですが、試験が難しくなり周りが下げている中、息子は前回よりあげている、ということで全体の順位的には中の中上から中の上、くらいに [続きを読む]
  • とうとうスマホ勢力に負けた!?
  • 中一から進〇ゼミをやっていた為、ipadを持っている息子。ipadがあるので、ラインなどごく限られた人としかつながっていないけれど、最低限人とつながることも出来ていたため、高校に入るタイミングでも「スマホはいらない」とかたくなに拒否して今どき珍しい子だな、、と思っていました。一方中二の娘は「スマホが欲しい」とあれやこれやと理由をつけて駄々をこねまくり、「中学生に必要ない」という親の反対を見事押し切り寄り切 [続きを読む]
  • 【中二期末】中一三学期爆下げからの復活なるか?
  • 中一の三学期、さすがに勉強する内容もそれなりに増え、それまで要領の良さだけで通じていた娘が見たこともないような点数をとってしまった結果、本人もこれではいかん!と思ったらしく嫌々ではありますが、日々の勉強スタイルを見直すことに(詳細はこちら⇒★)基本的には中一範囲の英語、数学のやり直し、そして中二の英語、数学の先取り&繰り返し学習を行ってきました。結果は・・・。数学は25点近くあがり、英語は若干下がり [続きを読む]
  • 都立二番手校 上位を目指す息子の中間二日目を終えた感想
  • 今回は前回の反省を生かし、爆上げの予定、といっていた息子、初日、二日目と終えてだんだん当初の勢いが下向きに前回は実はわかっていなかった(本人談)勉強の仕方がわかり、今回はいけるはず、と思ったものの、内容がさらに難しくなっていたりと、そうそう簡単にはいかなかったらしいかなり頑張って試験勉強に取り組んでいただけに、いつも前向きな息子も若干心折れ気味ですが簡単に超えられない山だから面白い、そう思って頑張 [続きを読む]
  • 勉強を子供部屋でやらないメリット色々。
  • 勉強は家族の気配が感じられるところが良い、なんていう話も最近はよく耳にするので、個室に勉強机を置いてそこでやる、というより、ダイニングやリビングで勉強するというのが増えてきているんでしょうか。私の時代は、小学校にあがる頃に皆机を与えてもらい子供部屋でやる、という流れが多かったのかも。兄二人も私もそうでした。実際、机を新しく買ってもらった時のことを鮮明に覚えています。なんだかすごく嬉しかったけれど、 [続きを読む]
  • 都立二番手、期末試験まで一週間。
  • 上位に位置することを目指して入学した今の高校ですが、一学期中間は勉強の仕方がわからなかった(詳細はこちら→★)、とのことで全体的には中の中上程度にとどまりました。「壊滅的な点数を取ってきた生物があって、この位置だから逆にある意味すごくね?」と本人はごく前向き。「今回の期末はどう?いけそう?」と聞くと「うん。やり方わかったし、前回と勉強の方法全然違うから。爆上げの予定」とこれまた前向き。勉強時間は、 [続きを読む]
  • 怒られ慣れも悪くない?
  • 当初、自分の子育て終了後の方向性を定めていきたい、ということと長男の受験記録でもつけようかと始めたブログですが、いつの間にか内容の半分は子育て日記と化しており、同じような年ごろのお子さんを持つ他のママさんブログを見たりして「そうそう、うちだけじゃないか。良かった」などと日々書くこと、読むことでストレス発散しておりますそんな中、中二の思春期真っ盛りの娘について、イラっとしてつい怒ったり持ち上げたりな [続きを読む]
  • 期末試験を目の前にバーンアウト
  • 中二娘。今回の試験はいつになく、毎朝5時半に起き頑張って勉強しています。それにしても、中間がないだけに期末の範囲が広い!一緒にみている英語と数学も、範囲が多い!課題が多い!と、親の私からしてみても、こんなにコツコツやってたのに結構大変だなぁと思います。他教科もあるし副教科もあるし大変なのはわかる。けれど、昨日は勉強するから、と習い事もお休みしたのに、午前中は部屋にこもりきりで出てこない。「勉強しな [続きを読む]
  • 気力、体力をつけていれば男子は爆発的に伸びる
  • 息子は普通の都立中学に通っていましたが、そこで本格的な進路説明会は中三になってからだったように記憶しています。中学受験して中高一貫校に通っている方にしたら、随分とんびりしているのかも我が家も息子が長男で一番上なので、受験についておっこらしょ、と調べ始めたのが中三が始まる前の春休み。図書館に行き高校一覧を借りてきたのがはじめです。そこで、トップ校、二番手校、三番手校、とかあるんだ〜と初めて知ったくら [続きを読む]
  • 初めての中間考査、勉強の仕方がわからなかったらしい
  • 都立二番手の上位にいることを目標としていた息子、蓋をあけてみたらごく平均的な点数。。。教科によっては平均を下回るものも。中の中上?くらいで終わっていた中間考査。自分なりに分析した結果、「勉強の仕方が全くわかっていなかった。」と告白しております加えて言うには、「俺は要領が悪い。みんなは頭がいいから、勉強の仕方もわかっていたけど、俺は受けるまではわからなかった。もう、何をやればいいかわかったから、次か [続きを読む]
  • 塾か自学か?
  • もうそろそろ中二始まってはじめての定期考査がやってきます。普段は朝勉(約30分あるかないか)と夜の復習(これも学校で習った範囲をさらっとおさらい程度)のみの娘も、さすがに朝いつもより早く起き、勉強時間を増やして取り組んでいます。私が見ているのは今のところ英語と数学のみ。数学は、中二に入る前の3月から徹底的に基礎を固めてきているので、大分安心して見ていられますが、英語は、「え、今頃そんなことおっしゃい [続きを読む]
  • 子育て失敗か成功か
  • 今日はちょっと心のつぶやき、ぼやき。。最近の殺伐としたニュースの数々、心が曇ったり嫌な気持ちになったり、影響を少なからず受けています前は、「こんな酷いことをするなんて、親はどんな育て方をしたんだろう」とか「子どもに愛情を注げないなんて、ひどい親」と一方方向から考え、愛情をたっぷり与えて育てていればこんなことにはならないのでは、と思う(信じたい)気持ちが強かったけれど、自分の子どもも大きくなるにつれ [続きを読む]
  • 塾に行く代わりにやったことー中3〜国語基本編
  • 国語が苦手だった息子。定期テスト対策は文章の暗唱を大前提に、それプラス教科書ワーク、進研ゼミのテスト対策冊子、Z会の定期テスト攻略ワークで何とか乗り切りました。自校作成校の文章は何が出るかわからないので、暗唱は使えない。底力をあげるしかありません。まず第一に取り組んだのは1,2年の基礎振り返りでこちら1.完全攻略 中1・2の総復習国語2.出口の日本語トレーニング 上3.中学漢字 スタートアップ1900漢 [続きを読む]
  • 常に忙しい子供たち!1日の勉強時間は・・。
  • 今どきの子供たちは塾だ、部活だ、習い事だ、と何かと忙しいようですが、我が家の子供達も忙しい生活を送っています。息子は中学の時は水曜日と日曜日以外は部活漬け、そして日曜日も試合前には練習があったり、試合の日があったりと、週休2日とれることはほとんどありませんでした(これが中三の10月半ばまで続いた)。高校に入ってからはまた運動部に入っているのですが、学校は土曜日授業もあり部活もあり、日曜日も練習や試合 [続きを読む]
  • 都立二番手校推薦入試の得点分布でわかった?当日の立ち位置
  • 推薦入試の点数が開示され、あら、意外とできたと思った小論がそうでもなく、グループ討論と面接頑張ったんだ、、、と思っていましたが(詳細はこちら→★)、得点分布表と息子の点数を改めて見比べてみました。すると、点数を聞いてイマイチ大したことなかったと思った小論も上位約20%〜30%に、グループ討論と面接も上位に入っていました普段そんなタイプでないのにただただ驚きです。人生の中で一番頑張った日なのかもしれませ [続きを読む]
  • 定期テストは90点以上!でも露呈した基礎力のなさ
  • 地道にコツコツと取り組み基礎を積み重ねるタイプの息子に比べ、コツコツ、とか地道、という言葉と真逆のところにいる要領良し子ちゃんの娘。また、論理的に理解するのが得意な息子に対して、娘は超感覚派です。英語でのコミュニケーションでいうと、文法がしっかり出来ないと口から出てこない息子に対し、娘はブロークンでも通じればよい、という感じで実際に通じちゃうでしょう。。生きる力はありそうです 定期テストでは英語な [続きを読む]
  • 初めての中間試験、その結果は・・
  • 入学当初から、さんざん「最初の試験ではどんな点数をとっても落ち込まないように」とか、「今まで見たことがない点数をとって帰ってくると思いますが、叱らないでください」とか、「良い点数しかとってなかった子達が集まっていますが、高校ではそういう子たちが受けて平均50〜60点になるようなテストを作成しますので、びっくりしないでください」などなど、脅かされてきた子供たちと保護者。息子も試験を受けた後も手ごたえ [続きを読む]
  • 文武両道は当たり前&塾には行ってくれるな
  • 息子が通う高校は、文武両道は当たり前、そして入学した時の成績に比べ、出口が良い(高校で伸びるということ)、という具合で入った後に伸ばしてくれる、面倒見が良い学校で知られているのですが、入学当初から度々「安易に塾や予備校には行かないで下さい」と言われています。具体的には入学式の時、その後すでに2回学校に行く機会がありましたがその際の全体会でいわれました。とどめは、「大学受験に向けて塾に行って、学校の [続きを読む]
  • スタディサプリを辞めました。。。
  • 高校に入学が決まってから、小1からずっと続けてきた進研ゼミを辞めることにした息子。何もないのもちょっと心配?とスタディサプリ(980円(税別)/月額)だけはじめることになったのですが。。初めての中間試験を前に、試験準備をし始めたあたりからスタディサプリに取り組むこともなくなり。。結局中間を終わったら、また始めるのかな?と思っていたら、中間の結果を見てスタディサプリで勉強をするというよりも、学校の勉強を [続きを読む]
  • 怠け者で勉強嫌いの学習事情−中一3月〜中二が始まるまでー
  • 我が家の娘、基本的になまけ者です。息子は、中一終わりの春休みから勉強を見始めて以降、受験が本格化するまでは、こちらが出す課題はせっせと取り組み、終わったら学校に行っている間に採点し放課後ちょこっと教える、という程度でした。教える、といっても要所要所ポイントをちょこっと言うだけで、つきっきりということはなく、勉強ペースだけ考えればよいという感じで。ボリュームも結構多く出しても何も言わず、数学プリント [続きを読む]
  • ブログタイトルを変えることにしました。
  • こちらのブログ、子育てのゴールが見えてきたのでさあどうしよう?日々綴りつつ、考えをまとめていこうかという目的ではじめましたが、蓋を開けてみたら書いていることはほぼ子どものことばかり。わかってはいたけれど、生活の中心はまだまだ子どものことが多い&それが楽しい、のだと気づきました。高校に入った息子は、私がやらなければいけないことは洗濯と食事、お弁当くらいで、その他のことは、ほぼ自己完結していますが、中 [続きを読む]