ボニータ さん プロフィール

  •  
ボニータさん: 元英語教師のバイリンガル育児
ハンドル名ボニータ さん
ブログタイトル元英語教師のバイリンガル育児
ブログURLhttps://ameblo.jp/bilingualgirl/
サイト紹介文中学・高校で英語を教えていたアラフォー主婦が挑むバイリンガル育児の記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 26日(平均4.6回/週) - 参加 2018/01/22 19:33

ボニータ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 1歳9ヶ月 ちょっと立ち止まってみる
  • みーたんの発語が半年も停滞してしまったため、私は意を決して市の保健センターに相談することにしました。 手探りで行っているバイリンガル育児にも自信がなかったし高齢出産だったこともあり、発達障害なども心配だったのです。 保健センターに連絡するとすぐに保健師さん訪問の予定を組んでくれました。 そして迎えた当日は姉妹ブログに書いてます。 たまたま保健師さんがDWE経験者だったこと、地域柄外国人労働者も多く、多言 [続きを読む]
  • 1歳3ヶ月から1歳8ヶ月までの取り組み
  • 1歳3ヶ月でDWEのミッキーパッケージ+Gを追加購入してからみーたんはどんどんDWEの世界に引き込まれていきました。 この頃の1日の取り組みは * Book(Blue)→10回以上読む* マジックペン→エンドレスで遊ぶ* TC→時々自分で通して遊ぶ* CD→エンドレスで流す(自分でplayボタンを押せるようになりました)* DVD(DWEまたはジョージ)→30分(1歳半からは1時間以内)見る というものでした。 DWEに夢中のみーたん [続きを読む]
  • 1歳3ヶ月でDWEを追加購入
  • みーたんが1歳3ヶ月のときに、私たちのバイリンガル育児は一つの転機を迎えました。DWEの追加購入です。 みーたんを妊娠中にシングアロング・セット(SA+PA)を購入した我が家ですが、この時期にミッキーパッケージ+G(ミッキー・マジックペン・セット)を追加購入しました。 追加購入に至った理由は みーたんがDWEの音楽やキャラクターを気に入ってくれたこと DWEは単なる英語教材ではなく、子どもたちへの熱いメッセージが [続きを読む]
  • 生後10ヶ月から1歳2ヶ月までの取り組み 〜映像の取り扱いを考える〜
  • 生後10ヶ月から我が家はDVDを解禁しました。(もう少し早くから私がいない時に夫がこっそり見せることもあったらしいけど) テレビは2歳まで見せないっていうお家もあるだろうし、映像の取り扱いは意見の分かれる部分だと思いますが、家庭の中である程度のルールを決め、その範囲内で見る分には問題ないのではないかと個人的には思います。 我が家のルール1. 1日30分以内(1歳半からは1時間以内)2. テレビから適切な距離 [続きを読む]
  • 生後4ヶ月から9ヶ月の取り組み
  • 基本的には生後3ヶ月までの取り組みとあまり変わっていません1日2時間程度のかけ流し(PA、SA)と絵本の読み聞かせを続けてました。 加えて、この時期からはPAのおもちゃで遊び始めました。寝返り、つかまり立ち、おすわり、伝い歩き(座るより先に立ちました)と、徐々に身体の動きが活発になる中で、その時々に遊べそうなものを少しずつ開封していきました。といってもこの時期の遊びは、握る、振る、舐めるくらいなものでした [続きを読む]
  • 誕生から3ヶ月までの取り組み
  • みーたんと私たち夫婦の紹介も終わったのでようやくバイリンガル育児の記録に入りたいと思います 記録と言っても、一日一日の取り組みを日記に書いていたということではないのであの頃はあんなことしてたな〜というざっくりなものですが このようなブログを始めたので、今後は聞き流しをした時間や絵本で触れた語数を記録しようかとも少し考えましたが、「1000時間聞いた」とか「1万語読んだ」とか把握してしまうと、どうして [続きを読む]
  • 私たち夫婦のこと
  • 昨日娘のことでみーたんの紹介をさせてもらったので、今日は残りの家族、夫と私の紹介をさせてください パパアラフォー。 乙女座 A型 職業 メーカー勤務の技術者です。趣味 旅行、食べ歩き、語学学習海外経験 * 院生の時に海外の学会で発表したらしい* 就職して1年目に1年ほど日本と米国を行ったり来たりする生活を経験* その後はたま〜に米国に出張にいく程度だったが、地方に転勤してからは海外出張なし* 海外旅 [続きを読む]
  • 娘のこと
  • 妊娠中のことで書いたような気づきもあったマタニティー・ライフですが、基本的にはゆったり、のんびり過ごしてました。時々はDWEの音楽を聴いたりして そしてついに愛娘みーたんを出産 これからはみーたんが生まれてからの取り組みを中心に書いていこうと思うので、その前にみーたんの紹介をさせて下さい。 みーたん  2016年1月生まれ 山羊座 A型 好きな遊び お砂場遊び、お絵描き、読み聞かせ、音楽を聴きながら身体を動か [続きを読む]
  • 妊娠中のこと
  • 前回のブログでは壮大な理想を語ってしまいましたが、現実ではゆるゆるバイリンガル育児をまったり楽しんでいるボニータです今回はみーたんを妊娠していた時のお話です 妊娠して割と早い時期に切迫流産を経験したため、予定したよりもずっと早くに仕事(英会話スクールの非常勤講師)をやめることになった私は、安定期に入り悪阻が終わると、時間を持て余し始めました。(振り返ると、妊娠中が人生で一番ゆったり過ごした期間な気 [続きを読む]
  • なぜ我が子に外国語を身につけてほしいのか
  • 早期英語教育を家庭でやろうと思ったきっかけから、DWEをメイン教材に選ぶところまで一気に書いてしまいましたが、そもそもなぜ我が子に外国語を身につけてほしいのか、根本的なところをまだ書いてませんでした 上手く言葉にできる自信がないのですが、よかったらお付き合いください 早期英語教育を考えたきっかけ①にちらっと書いた通り、元々は早期英語教育に否定的だった私ですが、我が子には(というか世界の若者には)大人に [続きを読む]
  • DWE 妊娠中にどのセットを買う?
  • 夫のディズニー好きから(まあ私も好きですが)DWEをメイン教材にしようという所まで決めましたが、一口にDWEと言ってもいろんなセットがあるんですよね〜 これは悩みました フルセットは中古車1台分くらいするので非常にお高いですが、一つひとつの教材の値段を考えると一番お得だったりするし・・・ ディズニーに加えて、実は英語学習も好き()な夫は「俺も一緒に勉強するからフルセットにしよう」となぜかやる気でしたが、さ [続きを読む]
  • メイン教材を考える
  • いろいろ検索しておうち英語の世界やタエさんの本に出会った私ですが、調べれば調べるほど、バイリンガルの子どもを育てるには親の努力が不可欠であることを痛感し、始めてもいないのに自信を失いつつありました テレビを見せると言っても、どの番組からスタートするのがよいのか?絵本はどうやって選ぶ?語彙はどうやって管理する?フラッシュカード??絵心のない私には自作は無理、無理 そこで私は市販の教材を頼ることにしまし [続きを読む]
  • 国内の成功例を探す
  • 早期英語教育を考えたきっかけ① 早期英語教育を考えたきっかけ② 早期英語教育を考えたきっかけ③ で書いたようなことを経験した私は妊娠が分かった時には生まれてくる子どもには家庭で娯楽として英語に親しませようと考えていました。 とは言え、具体的な方策が頭にあったわけではありません。英語でテレビを見て育ったら英語を話せるようになったという人には海外でたくさん出会ったけどその人たちがバイリンガルに育ってい [続きを読む]
  • 早期英語教育を考えたきっかけ③
  • 早期英語教育を考えたきっかけ最終章です はじめましての経歴紹介にも書きましたが、私は夫の転勤で引っ越してから妊娠するまでの少しの間大手英会話スクールで非常勤講師をしていました 公立の中学・高校の授業とは当然勝手が違うので戸惑うことも多かったのですが一番新鮮だったのは小さな子どものクラスも担当したことです。一番幼い子は当時幼稚園の年少さんでした。 それまで中学・高校で難しいお年頃の生徒を相手にしていた [続きを読む]
  • 早期英語教育を考えたきっかけ②
  • 今回はおうち英語という発想に結びついた出来事です。 はじめましての記事でも簡単に経歴紹介をしましたが、私は2年間という短い間ですが、海外で日本語教師をしていたことがあります そこは国名をここで書くとひょっとしたら身バレしてしまうくらい日本人が訪れることの少ない小さな小さな国でした。 その国はとっても小さく人口も少ないのですが、いくつかの地域に分かれており、地域ごとに使用言語が異なるため出身地域の違う [続きを読む]
  • 早期英語教育を考えたきっかけ①
  • 娘のみーたんがお腹にいた時からDWEの歌をBGMに流していた我が家。胎教から今に至るまでゆるゆるですがおうち英語を続けています なぜこんなに早くから英語を始めたのか きっかけとなるいくつかの出来事があったのでそのことについて書いてみたいと思います 元々、私はどちらかというと早期英語教育に否定的でした。おうち英語の世界など全く知らなかった私は早期英語教育というと中学・高校で習う英語を先取りして詰め込むよう [続きを読む]
  • はじめまして
  • はじめまして。2016年1月生まれの娘、みーたんを育てているアラフォー主婦のボニータと申します元英語教師です。 娘が生まれてから(お腹にいた時から)、ゆる〜くおうち英語に取り組んでいます 元の職業柄か言葉の発達に興味があり、娘の言語面での発達の記録を残せたらいいなと思い、このブログを始めることにしました 英語教育への思いや家での取り組みの様子などを綴っていけたらと思っておりますので、皆様どうぞよろしくお願い [続きを読む]
  • 過去の記事 …