シゾイド(スキゾイド) さん プロフィール

  •  
シゾイド(スキゾイド)さん: スキゾイド雑記帳
ハンドル名シゾイド(スキゾイド) さん
ブログタイトルスキゾイド雑記帳
ブログURLhttp://schizoid.hatenadiary.jp/
サイト紹介文人間嫌い、対人嫌悪、厭世観、諦観、ニヒリズム、明るいニヒリズムなどを中心に記事を書いていく予定です。
自由文シゾイドパーソナリティ障害(スキゾイドパーソナリティ障害)である管理人が、これからの生き方や日々の雑感を書いていくブログです。人間嫌い、対人嫌悪、厭世観、諦観、ニヒリズム、明るいニヒリズムなどを中心に記事を書いていく予定です。2014年から労働生活。ブラック上司の感情行動と喜怒哀楽に苛まれ、人間への絶対的な不信感が完成。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 271日(平均3.7回/週) - 参加 2018/01/22 20:25

シゾイド(スキゾイド) さんのブログ記事

  • 質問への返事
  • peing.netご質問ありがとうございます。万能感と感情の制御についてですが、私は二層構造で上層が下層を支配しているという感じではなく、下層に位置するような感情的な気持ちの煮沸が起こらないような構造を先回りして作ることを心がけていますので、あまりそういう感情の発生に対して試行錯誤するということがありません。ゆえに万能感みたいなものも、結果として日々の精神の安定に帰結していますがそれを特に意識することはな [続きを読む]
  • ヨネカワさんとの2年間〜後編〜
  • ホームルームは葬式のような雰囲気だった。ユウヤ君たちのこれまでのいじめ問題は誰にも否定のしようがない歴史的事実となり、それを全校生徒が書面を確認することによって把握しているのだ。もはや顔が報道された犯罪者に近く、ユウヤ君たちが前のような偉そうな顔で廊下を歩くこともできなくなった。先生はここまでの事態になってしまったことをクラス全員に反省するよう促す。それ以外に指導の方法がわからなくなっているようだ [続きを読む]
  • ヨネカワさんとの2年間〜中編〜
  • 「先生、何かの冗談ですよね?これからは仲良くする?謝りなさい?そんなことする必要がどこにあるんでしょうか。ユウヤ君は今のビデオでわかったように、ダイシ君を一方的にいじめて暴力まで振るってきた人間です。こんな人間、いい子になるわけがないでしょう?先生は自分のお子さんがユウヤ君にいじめられたらどう思います?ユウヤ君を殺したいと思いませんか?ユウヤ君がやったことは、謝って償うものではなく、死んで償うもの [続きを読む]
  • ヨネカワさんとの2年間〜前編〜
  • ※この話はフィクションです小学校5年生の時、ヨネカワさんはやってきた。ヨネカワさんがどこからきたのかはわからなかったし、転校生だったのか、それともクラスが今までずっと違っただけなのかわからない。ただ、私とヨネカワさんは友達になった。友達になったと言っても、別にベタベタと仲良くするわけではない。移動教室を共にしたり、昼食を食べたりするくらいだ。放課後に遊んだこともなかった。夏前になると、転校生がや [続きを読む]
  • 物語を強いる世界
  • この社会は、文章を無駄に長く書くことを過剰に求めていると思う。レポート、論文、課題、報告書、書かなくてもいいことを分量を設定して他人に強いる。何も感動しなかったものや何も発見がなかったものについても、無理矢理文章にさせる。本来であれば、こういうものは自発的に文章を書こうと思った時点で書くものなのだが、どうしてもそれを他人から強制されることが多すぎるように思う。レポートを書けずに大学を中退した知人が [続きを読む]
  • 努力教と費用対効果
  • どうせ私立に行くんなら最後の一年だけ勉強して後は遊んでいればよかったのに、お前も本当要領の悪い人生だよな。国立大不合格が決まり私立大への進学が決まった際に当時の同級生から言われた言葉。本人は皮肉を込めて言ったのだが、その一言に今は妙に納得している。というのも、私がすっかり頑張らない側の人間になってしまったからだろう。学校にいた時期は何でもかんでも勝負させられ、それによって満足感を得ることが正義であ [続きを読む]
  • ラブソング
  • 結婚を控えている新郎新婦から、結婚式でラブソングを一曲歌ってほしいと依頼が来た。妻に何を歌えばよいのか相談をする。妻は音楽事情に詳しいので、最近の流行りのラブソングをいくつか提案してくれた。そして私はその提案をもとに、新郎新婦に打診をする。「これを歌おうと思うんだけど、どうかな?」新郎「いいねえ、それで頼むよ」新婦「うーん私はサプライズで予想外の曲を聴ける展開がいいかな」「わかった。ちょっと検討し [続きを読む]
  • 小田急線の足柄5駅を散歩した記憶
  • 矢井田瞳の初期のシングルコレクションというアルバム、詳細は以下の通りだが、このアルバムを聴きながら小田急線の新松田駅から小田原駅を散歩したのを思い出す。あれは311の少しだけ前で、この頃の記憶はほとんど薄れてしまったのだが、自分の中で、究極のモラトリアム、究極の人生の休暇として費やした時期だと思っている。https://www.amazon.co.jp/Single-collection-CCCD-矢井田瞳/dp/B00026CJ4W中でも#4や#6、#8は広大な自 [続きを読む]
  • 貧乏大家族ドキュメンタリーを見て吐き気がした話
  • 富裕層の子孫が財産を消費しながら豪遊しているとセレブと称賛されるのに、貧乏人が同じことをしながら社会保障を受けているとここまでバッシングを受けるのはなぜだろう。当然、それが税金だからだという話だろう。だとすれば、どんな環境に生まれたかどうかでその人物に与えられる人生における自由度が全く異なることになる。それを認めてよいのかは正直わからないが、少なくとも、貧乏に生まれた段階で人生の大半が努力すること [続きを読む]
  • なきごえ
  • 電車で赤ちゃんが泣いている。周りの乗客が親子を白い目で見る。まるで赤ちゃんが迷惑物質であるかのように。私はそれに対して何をすることもできない。ただひたすら、せっかく生まれてきた命なのにこれほど疎まれる存在になってしまうことに残念な気分を感じていた。赤ちゃんが突然泣き出した。とても大きな泣き声。正直私も大きな声が苦手なので少し苦しくなってきた。次の瞬間、赤ちゃんの泣き声と共存していたはずの、電車の走 [続きを読む]
  • 隊長はいなくていい
  • 人間は組織を作るのが大好きな生き物だ。災害対策本部、業務の課題解決のための部門横断混成部隊など、部や隊といった名称で構成員が一丸となっているという設定に酔いしれる。一体何がそうさせているのかはわからないが、それが私の人生に対して負荷となっている事態は今に始まったことではない。小学生時代から、あるいは幼稚園時代から、戦隊ものやヒーローものを題材に、それを模倣するごっこ遊びをすることを好む人は比較的周 [続きを読む]
  • 生産性とは
  • 「○○は生産性がない」と、特定の対象をその生産性の不在により非難する意見が出ているが、他人の生き方をどうのこうのいうことに対する気持ち悪さもある一方、生産性がないことが悪いことだとする風潮にも気味悪さを感じる。そもそも、生産性がないことがなぜいけないことなのだろうか。生産に寄与すること、何かを生み出すこと、それがそんなに素晴らしく必要なことなのか、生産する人間がいればそれを消費する人間もいる。富は [続きを読む]
  • さあはじめよう至上主義
  • 学校の教師「算数は答えだけ書いてはいけません。途中式を書きなさい。足し算とかけ算も教科書通りの順番で計算しなさい。理由はなぜかって?そんなのそう決まっているからに決まってるでしょ。一々理由を気にしていたら成績をつけてあげませんよ。みんなと同じようにやりなさい。行事も部活も勉強も式典も、決まったとおりにそれを行うことに意味があるのです。」恋愛至上主義者「結婚前に恋愛をしないなんておかしい。何度も恋愛 [続きを読む]
  • ケーキ屋のディスプレイ
  • ケーキを作るのが好きな女性がいた。ケーキを作っている時間はいつも楽しそうで、彼女のその時の笑顔に癒やされる人は多かった。彼女は不器用だったが、一つ一つ丁寧に作り、形はイマイチでもとても美味しいケーキを作った。ある日、何人かで午後にお茶をすることになり、彼女がケーキを差し入れした。彼女のケーキを食べた途端、丁寧に作られている美味しさと、楽しそうに作る笑顔がイメージされ、幸福な気持ちになった。しかし、 [続きを読む]
  • ポケモン赤緑の記憶
  • ふと、初代ポケモンゲームが懐かしくなる。第1世代と呼ばれる赤緑時代に一番親しみを持つ世代なので、今のポケモンの流行には全くついて行けないだろうけれど、色々と夢中になっていたのを思い出す。当時はゲームバランスが悪かったと言われ、ポケモンのタイプによって強弱が明らかに異なるので、特定の属性を持っているか否かで有利不利が決まっていたので、たとえば対戦に出すポケモンがほぼ決まっていた。エスパーは実質弱点が [続きを読む]
  • SHI・BU・YA・2040
  • 昔の同僚が告げる「馬鹿騒ぎする奴らのために交通規制がかかり、公立底辺学校みたいに監視がない無法地帯の渋谷ハロウィン会場、集まる連中がどんな人間か容易に想像できるし、人間は群れるとろくなことがないことを再認識する。目の届かない自由な集団は犯罪の工場。企業、学校、イベントすべてが。」何かイベントがあると人間が大挙し、群れ、騒ぎ、ゴミを撒き散らし、暴れ、そしてそれが公道にも関わらず、その集団のために道路 [続きを読む]
  • 乳児ハラスメント
  • 学校は人を破壊する場所だと思う。たとえば、子供は純粋で可愛いと一般的に言われるけれど、小学校2年生くらいになると、授業中のクラスメイトの発言に「調子乗ってる」「変なの」「うわあ」「バカじゃねえの」「キモ」という否定的なヤジを飛ばす人間が既に存在する。幼稚園児でもこういうことをする者はいるので、実際には、人間が腐るのはもっと全段階なのかもしれない。幼稚園以降の人間が他者に対して否定的・排他的思考を身 [続きを読む]
  • 公園の風景(再)
  • 公園にあるブランコ少年少女達が乗って遊んでいる遊び終わった後に、彼らはブランコから離れない何をするのかと思えば、乗らずにブランコを揺らし始めた人が乗っていないので、勢いよく押せばどこまでも動きを大きくする徐々に反復幅が広がり、地面に対する角度も45度を超えてきた見ているだけで気持ち悪い常に揺れ動き、とまらない状態遊園地にある海賊船が大きく左右に揺れるアトラクションのようだ駄目だ...気持ちが悪い目を離 [続きを読む]
  • highway-dreams
  • 伊勢原に所用ができる。新宿から伊勢原へは一般的に小田急線を使う。急行で約1時間だ。ただ、何度もその経路は使っているので、今回は高速バスを使ってみようと考える。新しくできた新宿バスターミナルへ向かった。バスは新宿駅を出ると、東名へ入るための進路をとる。眠かったので少しうとうとしていたら、あっという間に東名川崎のあたりだった。十分に眠ったので、このあたりからは少し目を凝らして景色を見てみようと思う。マ [続きを読む]
  • ユートピア2080
  • 法改正により、新しく警視庁学校摘発課が創設された。学校摘発課は警視庁のユートピアとされている。なぜなら、確実に検挙数を増やすことができるからだ。今日も朝から忙しい。「はい校内暴力の現行犯ね」課長は自ら手錠をかける。公立底辺高校の体育倉庫で起きた男子高校生によるいじめだ。もはやいじめという言葉はなくなり、少年暴行という俗称がまかり通っている。逮捕された少年達は「暴力じゃない、いじめだ、ふざけてただけ [続きを読む]
  • 不機嫌ハラスメントと強迫観念
  • 電車内でイライラしている人がいる。なぜイライラしているのですかと聞く。大事な会議があるからだという。なぜその会議が大事なのですかと聞く。昇格試験の判定材料になるからだという。なぜ昇格試験が大事なのですかと聞く。給料が増えるからに決まっているだろうという。なぜ給料が増えることが大事なのですかと聞く。家族を養うために決まっているだろうという。なぜ家族を養うことが大事なのですかと聞く。子供を育てることが [続きを読む]
  • AI部長
  • 今日から、配属と、なりました、AI部長です。機械的に淡々と新任部長が挨拶をした。前任のサイコパス系部長が定年で退職し、新しい試みとして、AIにより制御された人工人間が管理職として配属となった。AI部長は軽く挨拶をしたのち、部内全員に向けて一年の仕事の具体的な流れを時間単位で記載したカレンダーを添付ファイルで一斉送信した。どこで何を何時に誰と行い、休暇者がいる場合は誰がそれを代行するのかというところまで詳 [続きを読む]
  • 趣味を外注する
  • 最近、趣味を外注することにしている。私は時間は金と同じくらい貴重だと思っているので、仕事も定時で必ず上がる用意しているし、昇進などはまったく望んでいない。いかにプライベートや趣味に時間を費やし、好奇心を満たし楽しい人生を送るかに絶対価値を置いている。人の評価とか社会的地位、世間体はどうでもいいし、そんなもので評価されても何の意味もないと思っている。だから、時間が足りないことが一番の悩みになる。散策 [続きを読む]
  • 2002年9月2日の出来事
  • 教師「さあみなさん、今日は少子化の理由について考えてみましょう」生徒「生むことや生まれてくることに魅力がなくなってきているからですか」教師「そんなこというもんじゃありません」生徒「なぜですか」教師「生きていることはそれだけで幸福なことだからです」生徒「なぜですか」教師「夢を持って努力することは素晴らしいことです」生徒「夢を持つことを強制するのですか」教師「先生の言うことを聞きなさい」生徒「先生、○ [続きを読む]