流れ雲 さん プロフィール

  •  
流れ雲さん: 再生&保護
ハンドル名流れ雲 さん
ブログタイトル再生&保護
ブログURLhttps://saisei.muragon.com/
サイト紹介文ガラスコートは、産業資源として、無公害、省資源、経済性と機能性、 (燃えない、腐らない、劣化しない
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 33日(平均5.9回/週) - 参加 2018/01/22 22:56

流れ雲 さんのブログ記事

  • 妄想劇場・チャンネル・ニュース
  • 信じれば真実疑えば妄想・・・ 「両親とも教師」の家庭は危ない 今から25年くらい前からでしょうか。入学してくる 学生が、あまり勉強をしなくなっているということに 気付いたんです。 医大に合格するくらいですから、暗記力は 高いのですが、知識を入れて出すだけの ロボットのような、自分の頭で考えない子供が 目立ってきました。 そこで、成績の良くない学生の中でも特に問題の 多い学生については、本人はもちろ [続きを読む]
  • 妄想劇場・韓信外伝 -春秋の光と影 「友人」
  • メジャーでは無いけど、 こんな小説あっても、 良いかな・・・ アングラ小説です、不快感がある方は、 読むのを中断して下さい 名家に生まれ、その責任を果たそうとした 男がいた。取り巻く親族を始めとする人々は、 彼の生き様から何を学んだのか。 人々から与えられた愛を愛で返す……。 返す愛が足りないからこそ、人は裏切るのだ。 彼は過去の失敗をもとに、ひたすらに人々に愛を 与えようとした。その生き方は壮絶 [続きを読む]
  • 妄想劇場・番外編「痴人の愛」
  • なぜ、美人はいつもつまらない男と 結婚するんだろう? 賢い男は美人と結婚しないからさ。・・・ 私とナオミが友達以上の関係を結んだかのように 想像する人があるでしょう。が、事実そうでは なかったのです。 それはなるほど月日の立つに随したがって、お互の 胸の中に一種の「了解」と云うようなものが出来ていた ことはありましょう。 けれども一方はまだ十五歳の少女であり、私は 前にも云うように女にかけて経験の [続きを読む]
  • 妄想劇場・特別編
  • 昨日という日は歴史、今日という日はプレゼント     明日という日はミステリ 大きなトラブルに見舞われたわけでも、目立った 贅沢をしているわけでもないのに、真綿で首を 絞められるように困窮する。理不尽な謎に迫ってみた。 子供の習い事も打ち切りを視野に… 家族の貧困にはさまざまな理由がある。 山崎美穂さん(仮名・41歳)の場合、夫の5年にわたる ボーナスカットがジャブのように効いている。 当時すでに [続きを読む]
  • 妄想劇場・妄想物語
  • 平昌冬季五輪は17日、フィギュアスケートの 男子フリーがあり、ショートプログラム(SP) 首位の羽生結弦(ANA)がフリーで206・17点を 出し、合計317・85点で男子としては 66年ぶりの五輪連覇を達成した。 羽生結弦はなぜ、あれほど心が強いのか。 彼のスケートを見た人が抱く疑問だ。 普段は少年のようにあどけないのに、競技中の 眼差しには炎が宿る。 天才スケーターを育んだ両親の実像に、 初め [続きを読む]
  • 妄想劇場・歌物語
  • 努力する者は希望を語り、怠け者は不満を語る。 1978年9月5日、八神純子の5thシングル 「みずいろの雨」がリリースされた。 当時、約60万枚を売り上げてオリコンチャート 2位となったその歌は、彼女のキャリアの中で 最高セールスを記録した代表曲となった。 クレジットには作曲・八神純子、作詞・三浦徳子、 編曲・大村雅朗と記してある。 曲の発表からさかのぼること数ヶ月…。 その年の初夏、彼女は札幌で [続きを読む]
  • 妄想劇場・歴史への訪問
  • 昨日という日は歴史、今日という日はプレゼント 明日という日はミステリー むかしむかし、ある寺に、和尚(おしょう)さんと 小僧が住んでいました。 この寺の和尚さんは、柿が大好きです。 そこで秋になると、和尚さんは寺の柿の実を 全部一人で食べてしまうのでした。 さて、秋も終りに近いある日の事。 一人で寺の留守番をしていた小僧は、柿の木に 真っ赤な柿の実が二つだけぶら下がっているのを 見つけました。 「 [続きを読む]
  • 妄想劇場・一考編
  • 過去に起きていることから浮かび上がってくる 真実もある。・・・ 「老害」という言葉があふれる昨今。 中高年に対する若い世代の目が厳しくなっています。 特に受給できる年金の格差に対する不満や 金銭観の相違など、世代間の溝がたびたび 見られるようになりました。 若い世代が困窮していることは事実ですし、 未来を担うはずの子育て支援が手厚くないという 声もあります。 しかし、高齢者の方も給付金や年金で全て [続きを読む]
  • 妄想劇場・チャンネル掲示板
  • 幸せがつづいても、不幸になるとは言えない 不幸がつづいても、幸せが来るとは限らない 過去最大規模の不正流出が発生した国内の 大手仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)は 28日、不正流出した仮想通貨「NEM(XEM)」を 保有する約26万人全員に対して、日本円での 返金に応じると発表した。 流出時の総額約580億円に対して、返金する 総額は約460億円規模となるもよう。 また、金融庁へ [続きを読む]
  • 妄想劇場・韓信外伝 -春秋の光と影 「友人」
  • メジャーでは無いけど、 こんな小説あっても、 良いかな・・・ アングラ小説です、不快感がある方は、 読むのを中断して下さい 名家に生まれ、その責任を果たそうとした 男がいた。取り巻く親族を始めとする人々は、 彼の生き様から何を学んだのか。 人々から与えられた愛を愛で返す……。 返す愛が足りないからこそ、人は裏切るのだ。 彼は過去の失敗をもとに、ひたすらに人々に愛を 与えようとした。その生き方は壮絶 [続きを読む]
  • 妄想劇場・番外編「痴人の愛」
  • なぜ、美人はいつもつまらない男と 結婚するんだろう? 賢い男は美人と結婚しないからさ。・・・ 鎌倉では長谷はせの金波楼と云う、あまり 立派でない海水旅館へ泊りました。 それに就いて今から思うと可笑おかしな話が あるのです。と云うのは、私のふところには この半期に貰もらったボーナスが大部分 残っていましたから、本来ならば何も二三日 滞在するのに倹約する必要はなかったのです。 それに私は、彼女と始めて [続きを読む]
  • 妄想劇場・特別編
  • 昨日という日は歴史、今日という日はプレゼント     明日という日はミステリ ビジネス特化型SNS・リンクトインへのある投稿が 話題になった。 大胆なビキニ姿のモデルがビーチでポーズを とっている、グラビア雑誌さながらのセクシーな 写真だった。 彼女の目的は、自身が創業したオンライン 水着ショップ「Bikini Luxe」の宣伝だった。 だが、「堅実なビジネスサイトには不適切」と ユーザーから批判 [続きを読む]
  • 妄想劇場・歌物語
  • 努力する者は希望を語り、怠け者は不満を語る。 マリアンヌ・フェイスフル。 1968年に公開された映画『あの胸にもう一度』で、 裸に黒革の衣装をまとってアラン・ドロンと共演し、 日本の人気漫画『ルパン三世』に登場する峰不二子の モデルとなったと言われている女性だ。 1964年のデビュー当初、そのロリータ的な美貌と 透き通るような歌声で一躍イギリスを代表する カルチャーアイコンとなった彼女。 父親が [続きを読む]
  • 妄想劇場・一考編
  • 過去に起きていることから浮かび上がってくる 真実もある。・・・ 寝たきりが嫌ならダイエット、体力作り、ストレス発散……。 その目的は様々だが、とにかく日本人はウォーキングが 大好きだ。 しかし、その効果を盲信してしまうと、あなたの生活に 重大な影を落とすかもしれない。 軽い膝の痛みが大事に 肩からタオルをかけ、鮮やかな色のウェアに身を包み 颯爽と歩く人たちの姿は、今や街のありふれた光景だ。 汗ばん [続きを読む]
  • 妄想劇場・歴史への訪問
  • 昨日という日は歴史、今日という日はプレゼント 明日という日はミステリー あるところに、とても寒い村がありました。 この村では冬になると家は屋根まで雪に うまってしまうので、村人たちは家と家の間に 雪のトンネルをつくって、そこにふしをとった 長い竹筒をさしこんで電話のように使います。 ある冬に、一軒の家でおだんごを作りました。 とてもおいしいおだんごだったので、家の人は となりの家にもごちそうしてや [続きを読む]
  • 妄想劇場・チャンネル掲示板
  • 信じれば真実疑えば妄想・・・ 「両親とも教師」の家庭は危ない 今から25年くらい前からでしょうか。入学してくる 学生が、あまり勉強をしなくなっているということに 気付いたんです。 医大に合格するくらいですから、暗記力は 高いのですが、知識を入れて出すだけの ロボットのような、自分の頭で考えない子供が 目立ってきました。 そこで、成績の良くない学生の中でも特に問題の 多い学生については、本人はもちろ [続きを読む]
  • 妄想劇場・チャンネルニュース
  • 女は1人で訪れた交番で、20年以上抱え込んできた “秘密”について、唐突に語り始めた。 「4人の子供を出産しバケツに入れた」。 昨年11月20日の朝のこと。その日のうちに、 大阪府寝屋川市にある女の自宅から、乳児4人の 遺体が見つかった。 ただ奇妙というべきか、父親を含めて周囲は 妊娠に気づいていなかったという。 女は人知れず出産し、バケツに捨て、コンクリートを 流し込んでいたのだ。そして、その重 [続きを読む]
  • 妄想劇場・韓信外伝 -春秋の光と影 「友人」
  • メジャーでは無いけど、 こんな小説あっても、 良いかな・・・ アングラ小説です、不快感がある方は、 読むのを中断して下さい 名家に生まれ、その責任を果たそうとした男がいた。 取り巻く親族を始めとする人々は、彼の生き様から 何を学んだのか。 人々から与えられた愛を愛で返す……。 返す愛が足りないからこそ、人は裏切るのだ。 彼は過去の失敗をもとに、ひたすらに人々に愛を 与えようとした。その生き方は壮絶 [続きを読む]
  • 妄想劇場・妄想物語
  • 2児を産み、1児を捨てた弓枝の人生。 自ら生んだ子供を手放す「ワケあり」の母親たち。 我が子に対して恐怖を抱く母親 「小学1年の息子が私の胸を触った時、ものすごい 恐怖を感じました。 もう息子の下腹部を見るだけでダメです。怖い。 この子がもう少し大きくなったら絶対に一緒に 暮らせない。今でもそう思っています」 子供を捨てた経験のある江口弓枝(仮名、41歳)は、 強い口調でそう語った。 小学生の男の [続きを読む]
  • 妄想劇場・番外編(痴人の愛)
  • なぜ、美人はいつもつまらない男と 結婚するんだろう? 賢い男は美人と結婚しないからさ。・・・ 私は既にその頃ナオミを恋していたかどうか、 それは自分にはよく分りません。 そう、たしかに恋してはいたのでしょうが、 自分自身のつもりでは寧ろ彼女を育ててやり、 立派な婦人に仕込んでやるのが楽しみなので、 ただそれだけでも満足出来るように思って いたのです。 が、その年の夏、会社の方から二週間の 休暇が出 [続きを読む]
  • 妄想劇場・特別編
  • 昨日という日は歴史、今日という日はプレゼント     明日という日はミステリ 大学生だった1975年の初め、初めて商業的に 成功したパソコン「Altair 8800」を特集した雑誌 「ポピュラー・エレクトロニクス」を友人の ポール・アレンが見せてくれました。 私たちには同じ考えがよぎりました。 「革命に乗り遅れてしまう!」 ソフトウェアによって世界が変わるのは間違い ないですし、今すぐデジ [続きを読む]
  • 妄想劇場・番外編「痴人の愛」
  • なぜ、美人はいつもつまらない男と 結婚するんだろう? 賢い男は美人と結婚しないからさ。・・・ 私は既にその頃ナオミを恋していたかどうか、それは 自分にはよく分りません。 そう、たしかに恋してはいたのでしょうが、自分自身の つもりでは寧ろ彼女を育ててやり、立派な婦人に 仕込んでやるのが楽しみなので、ただそれだけでも 満足出来るように思っていたのです。 が、その年の夏、会社の方から二週間の休暇が 出た [続きを読む]
  • 妄想劇場・歌物語
  • 努力する者は希望を語り、怠け者は不満を語る。 ”水原弘”、あるいは、”黒い花びら”を よく知らなくても、現在も各地に点在する、 アース製薬殺虫剤のあのホーロー看板を ご存知の方も多いことでしょう 全国の看板コレクターからも一目置かれるこの 看板。そんな強烈なインパクトを残した看板 (テレビCM)は、実は水原の全盛期と呼ばれるもの からはほど遠い、晩年に近いものだったのです・・・。 高校生のときに、 [続きを読む]
  • 妄想劇場・歴史への訪問
  • 昨日という日は歴史、今日という日はプレゼント 明日という日はミステリー むかしむかし、きっちょむさんと言う、とても ゆかいな人がいました。 ある日の事、きっちょむさんが打ち綿(うちわた)を 持って、臼杵(うすき)の町へ売りに行ったのですが、 久しぶりに町へ来たので、どの道順で売り歩いたら いいのか分かりません。 するとそこへ、一人のツボ売りがやって来て、 「ええ、ツボはいらんかなー、ツボはいらんか [続きを読む]