SGP さん プロフィール

  •  
SGPさん: 30代中年男のパチスロ物語
ハンドル名SGP さん
ブログタイトル30代中年男のパチスロ物語
ブログURLhttps://30slot-story.blogspot.jp/
サイト紹介文実戦はノフィクション、物語はたまにフィクションのパチスロ小説です。
自由文実戦はノフィクション、物語はたまにフィクションのパチスロ小説を書き始めました。 よろしければご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 103日(平均2.6回/週) - 参加 2018/01/22 23:34

SGP さんのブログ記事

  • 【第38話】パチスロを楽しむ
  • 2018年3月29日 都内某所俺はAタイプが好きだ。何が好きかと言われれば、9つのマス目を視覚的に楽しめることだろうか。1確しかり。2確しかり。意表を突かれたり。元々が4号機のハナビからパチスロを打ち始めたことが影響しているのだろうと思う。「結果に至った過程を重視し、あわよくば勝つ。」AタイプにしてもART機にしても共通していることだが、これが俺の楽しんでパチスロを打つための姿勢である。それがダイレクトに味わえる [続きを読む]
  • 【第37話】ガールフレンド(仮)の誤爆
  • 2018年3月28日 都内某所3月のパチスロは良い意味で誤爆が多い。この日もいつものように、仕事帰りにフラフラとパチ屋に足を運ぶ。【138】そんな回転数で放置されていたガールフレンド(仮)。当日は当たりが無く、前日は300Gほどハマって捨てられていた台である。バラエティに設定なんて入る訳の無い店で見つけた1台。据え置き前提ではあるが、ここ最近の好成績の勢いに任せて天井を保険に趣味打ちだ。陽歌さん一択である。色々丁 [続きを読む]
  • 【第36話】戦国コレクション2が軽く事故った
  • 2018年3月27日 都内某所「自分がこの会社に採用された理由って何ですか?」転職して4カ月。上司に問うてみる。 「うーん、バランスが良かったからかな?」何だ、バランスって。それなりにキャリアを積んできたつもりではあるが、そんな良く分からない理由で採用されたのか?なんだかガッカリだ。そんなやりとりがあって、気が滅入っていたところだが、いつもと変わりなく、退社後帰宅中の余暇にパチ屋をフラつく。ふと、正宗2の55 [続きを読む]
  • 【第35話】一撃で出したいと思っているパチスロ台6選
  • 2018年3月26日 都内某所前回の続きである。マイジャグの設定狙いに失敗した後の立ち回りだ。ハイエナに転身して勝ちに拘るか、趣味打ちに走るか、それとも帰るか。いや、今はまだ帰るような気分でもない。もう少し、パチンコ屋の濁った空気と戯れよう。そう考えた俺は、何店か店をウロついてみることにする。パチ屋をウロついている最中、ふと、一撃で数千枚出してやりたい衝動に駆られ出す。一撃で出してやりたいと考えている機 [続きを読む]
  • 【第34話】マイジャグの設定6を探してみる
  • 2018年3月26日 都内某所週の始まり月曜日。前日は仕事だった訳だが、その代わりとして代休を頂いた。2週間ぶりに、まともに休日を得た気がする。早朝に起床し、まず熱いシャワーを浴びる。シャワー後は、スマホでニュースを見ながら朝食。朝食後は、コーヒーを飲みながらスマホのゲームを起動してプレイする。なんとも優雅な1日の始まりだ。ふと、今日が6の付く日だということに気が付く。「そういえば、それなりに期待が出来るホ [続きを読む]
  • 【第33話】有利区間完走を体感する
  • 2018年3月11日 都内某所11日というゾロ目の日。 スロッターであれば、それ相応の期待せざるを得ないのではないのだろうか。「設定狙いがしたい。」自分も例に漏れず、中毒者である。それなりに胸を膨らませて前日は寝床につき、当日は万全の態勢で出動しようと試みる。時は過ぎ、睡眠から意識が戻って、ふとスマートフォンの時計に目をやる。12:24色々な意味で損した気分だ。今日はパチ屋に足を運ぶと、自分の中で決めていた手前 [続きを読む]
  • 【第32話】モンハン月火が誤爆した
  • 2018年3月4〜5日 都内某所「マツダ君。来週から2週間、夜間対応の作業あるからよろしくな!」げんなりだ。毎回愚痴ばかりで恐縮ではあるのだが、何故にこんな会社に勤めているのだろう。食っていくために働いている自分が嫌になる。金のために働いている自分が嫌になる。もっとこう、誰かのために、ダイレクトに「ありがとう。」を言ってもらえる仕事に就きたい。誰かが言っていた。「本当にやりたいことを見つけたいのならば、自 [続きを読む]
  • 【第31話】異議ありっっ!
  • 2018年3月1日 都内某所さて、2月はマイナス収支となった訳だ。パチスロに割ける時間は限られているが、3月はプラスで終えたいものだ。そんなことを考えていながらパチ屋をフラフラしていると、当日ノーボナで、500Gほどハマっている逆転裁判を発見する。徐にデータカウンターを触ってみると、ここ3日間はボーナスに当選しておらず、加算すると、据え置きで700Gほどという計算になる。それ以前の履歴を見ることはできないが、まあ [続きを読む]
  • 【第30話】2018年2月のパチスロ稼働結果を振り返る
  • 2018年の2月も終わりを迎えた。今年1年も、約16パーセントを消化したことになる。パチンコやパチスロを打つ人間であれば、このパーセンテージは意外と大きいと感じるのではないだろうか。さて、少しばかり仕事にウェイトを置いたように感じた2月。良くも悪くも、思うようにパチ屋に足を運べなかった訳だが、それが、どう影響したのかを収支表で追ってみることにする。■累計差枚 -235枚■タイプ別結果・Aタイプ(12台) ・・・ +41 [続きを読む]
  • 【第29話】拝啓 クランキー様
  • 2018年2月23日 都内某所ろくにパチスロも打てないような日々。俺は仕事をするために生きてる訳じゃない。自分を攻め立て、苛立ちながら久方ぶりにパチンコ屋に足を運ぶ。ただの自分勝手な言い分である。神台クランキーコレクションの前で足をとめる。 自分の知っている限りでは、唯一の設置店である。「1194GでBIGが4、REGが5か。」G数的には全然これからという段階。前任者のクランキーチャレンジの引き強が引き起こした現象だろ [続きを読む]
  • 【第28話】フラストレーションは戦国乙女で解消
  • 2018年2月12日 都内某所仕事のフラストレーションはパチスロで解消する。解消できないことも多々ある訳だが。ストレス解消の意味を込めて、家に無造作に置いてあるキーボードを触る。YouTubeで適当な曲を見繕い、それに合わせて鍵盤を叩く。自己満足だが、好き勝手に演奏するのは心地が良い。 選曲を誤ると、ストレスは増大することも有り得るのだが。何故か戦国乙女の「剣戟乱舞」を選曲してしまったことで、逆にパチスロを打ち [続きを読む]
  • 【第27話】クラセレで跳ね返りを狙ってみる
  • 2018年2月9日 都内某所「604G回ってBIG1回か。」たまに、公表されているボーナス確率を大幅に下回る台を見かけることがある。大幅に上回っている台を探すよりは比較的簡単だ。俺は、大きく乖離しているそんな台を好んで打つことがある。そんな台を打ち続けて勝ち切ることは、超がつくほどに稀ではあるが。立ち回り方なんて色々あると思う。自分が有効だと思えば、それは自分なりの立ち回りだ。自分が正しいと思えば、それは自分の [続きを読む]
  • 【第26話】マイジャグ3でブドウ狩りに精を出す
  • 2018年2月9日 都内某所4715G BIG:REG = 13:26「随分偏ってるマイジャグだな」ひょんなことで、外出ついでに初見のパチ屋に入店して見つけたマイジャグ3だ。時刻は20時30分。前任者は時間切れでやめたのか、心が折れてやめたのか、それとも普通に無かったのか。初見なので、客層のレベルは当然不明。周りを見た感じでは、カウントしている人が見当たらないので、そうでもないか?それではさすがに根拠は薄いか?「まあ、やってみれ [続きを読む]
  • 【第25話】パチスロで勝てないときはどうするべきか
  • 2018年2月7〜8日 都内某所パチスロで勝てないときはどうするべきか。持論だが、2つしかないと思っている。今までの立ち回りで、結果が付いてきていることが前提ではあるが、 ひとつは、淡々と続ける。もうひとつは、打つのをやめる。この場合、俺は前者を選ぶ。パチスロくらいしかやることのないカスであるのも一因ではあるが。 勝負事というのは、勝てないときは本当に勝てない。誰にでも勝てなくなる時期は必ず来る。なので、そ [続きを読む]
  • 【第24話】エヴァまご2を初打ちしてみた
  • 2018年2月6日 都内某所今日も今日とてパチスロを打つ。 「他にやることないんかい。」というのはいつも思うことである。さて、エヴァンゲリオンのまごごころ2が新台として登場した。エヴァまごの続編ということで、それなりの期待を持ちつつ、打つ機会を伺っていた。ふと、5392G回転でBIG:REG = 25:13という台を発見。何方かが打っていた訳だが、偶然にも入れ替われるタイミングに遭遇した。体と頭は素直なもので、これに瞬時に反 [続きを読む]
  • 【第23話】乙女マスターズの初打ち
  • 2018年2月5日 都内某所「この前の休日に出勤した半日分、今日の半日代休に使ちゃいなよ。」いつだったか、休日出勤した分の半休を上司から頂く。代休はいらないので、普通に残業代を支給してもらいたいところが本音だ。まあいいや。特にやることも無いので、平日のパチ屋でも覗いてみよう。少し長い距離を移動し、行きつけのパチ屋街を転々としてみる。さすがに期待値を追えそうな台は落ちていない。考えてみれば、期待値を狙える [続きを読む]
  • 【第22話】何とかプラスにしてみる
  • 2018年2月4日 都内某所自己責任とは言え、月初からのマイナススタートはメンタルに宜しくない。少しで構わないので、1日を通してプラスで終えたいところだ。そんな思いから、負ける可能性を軽減すべく、立ち回ってみることにした。当日440G、据えで600Gz前後のツインブレイクからスタートである。無難に666GのART当選チャンスが出てきてこれを射止める。設定を使われない、リセットすらされないバラエティ台達は本当に可哀想。マ [続きを読む]
  • 【第21話】戦国乙女で負け戦
  • 2018年2月3日 都内某所「そうだ、モトナリ様に会いに行こう。」戦国乙女シリーズを打ちたくなった俺は、それを求めてパチ屋へ足を運ぶ。どうせ打つなら、それなりに結果が付いている台か、天井に近い台が理想だ。まあ、そんな都合のいい台は普通に無い訳だが。そんな中、3店ほどパチ屋を廻ったところで、西国にめぐり合う。グラフが微妙に右肩上がりで、現在400Gほどハマっている台。「これでいいや。」妥協である。戦での妥協は [続きを読む]
  • 【第20話】2月初戦はサミー台
  • 2018年2月1日 都内某所 2月が始まった。月初くらいは気持ちよく勝ちたいものだ。 パチンカスの俺は、今日も今日とてパチ屋に足を運ぶ。 某店のバラエティに獣王のノーボーナス430Gという台を見つける。据え置きなら740Gくらいか。まあ、どうせ据え置きだろう。据え置きだった。サミー台はツボに嵌めるのが大変な印象というのは持論だが、ここでも何も起こせずに終了。珍しくARTが3回も続いて200枚も出た。北斗修羅の1160Gハマりと [続きを読む]
  • 【第19話】2018年1月のパチスロ稼働結果を振り返る
  • さて、2018年の1月も無事に終了した。晩酌にハイボールを選択しつつ、履歴簿をペラペラと見ながら計算してみる。 ■累計差枚+4,112枚■タイプ別結果・Aタイプ(計17台) ・・・ +1,681枚・ART(27台) ・・・ +1,611枚・AT(5台) ・・・ +820枚■設定・期待値別・設定狙い ・・・ -748枚・期待値狙い ・・・ +4,860枚 設定狙いには適当打ちも含んでいるので、まあ妥当なラインか。期待値に関しては、結果が出てくれないと正直苦し [続きを読む]
  • 【第18話】1月最終戦は麻雀格闘倶楽部2
  • 2018年1月30日 都内某所早いもので、2018年1月も終わりを迎えようとしている。歳のせいか、年々時間の流れが速くなる。これからの人生、有意義な生活を送るためのキッカケを掴みたいものだ。最近よく思うことである。自身、麻雀は打てないが、格闘倶楽部なら打てる。ノーボーナスで当日530G。据え置きなら900Gといったところだ。打ちだして2k目、運良く早い当たりを射止めるも伸ばすことが出来ずに終了。相変わらず難易度が高いゲ [続きを読む]
  • 【第17話】雰囲気で適当打ち
  • 2018年1月29日 都内某所先日の日曜日は夜勤にて出勤。翌日である月曜の11時にはクソ会社を後にした。「そうだ、打ちに行こう。」ひょんなことから、思いつきで夜勤明けからの稼働開始である。あまり長い時間、電車に揺られたくないという気持ちがあったので、何処か近場で打てそうな地域を探す。「決めた。」電車で15〜20分程度で到着できる某萌えの街に向かうことにした。さて、そんな某萌えの街のパチ屋にして、大量のまどマギ [続きを読む]
  • 【第16話】ファンキーにペカる
  • 2018年1月27日 都内某所7の付く日。パチンコ・パチスロを打つ者であれば、ある程度の期待感をパチ屋に抱くであろう日。例に漏れず、俺もそんなパチンカスの一人である。まあ、大方はカモにされるのであるが。そろそろ、まどマギAで高設定挙動を拾いたいと思い立ち、導入して1ヵ月程度経った台に対し、不意に設定を入れてくる店を覗いてみる。開店から30分ほど経っているが、誰も手をつけていない。相変わらず不人気だな。 何とな [続きを読む]
  • 【第15話】勝ち切れない剛衛門
  • 2018年1月24〜25日 都内某所「お邪魔します。」今日も元気にパチ屋に入店である。入店早々、まずはスロコーナーを1周してみることにする。「ん?」ふと、600Gで捨てられている剛衛門が目に入る。盗目を確認してみると、38回という数字が表示された。「中途半端だけど、打ってみてもいいかな。」他に打ってみる価値がある台は特に見つからない。「よし、これでお茶を濁すか。苦手だけど。」番長3といい、最近の大都製品とは相性が [続きを読む]
  • 【第14話】見た目が良さげなマイジャグ3
  • 2018年1月22日 都内某所 今日は交通機関が麻痺してしまうほどの大雪だ。そんなインドア推奨な日はパチ屋に限る。「俺、アホだな。」自分で自分を貶す、典型的な行動と言っていいだろう。455G BIG:4 REG:3足を雪に取られながら辿りついたパチ屋に落ちていたマイジャグ3である。試行回数が少なすぎて何とも言えないが、可能性は有り得る。かなりの確率で騙されるパターンではあるが、やってみる価値はありそうだ。 特に迷いも [続きを読む]