いい日旅立ち さん プロフィール

  •  
いい日旅立ちさん: いい日旅立ち
ハンドル名いい日旅立ち さん
ブログタイトルいい日旅立ち
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/p36b6st89q
サイト紹介文平凡な大学教師の日々の感想をつづったブログです。お暇なときにご覧ください。世の中で起こることこうして
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供999回 / 205日(平均34.1回/週) - 参加 2018/01/23 10:08

いい日旅立ち さんのブログ記事

  • 勝負事の神〜人生訓〜
  • 先日、ある将棋の会にでかけた。70代半ばのある会員と指した。私の勝ち。ところが、悔しがった彼は、籍を蹴って帰ってしまった席を蹴り部屋を飛び出す古希の人神はあらずや汝の辞書に友人の感想。次のとおりである。……どのような勝負事にも敗者はいます。負けを認める潔さが次の勝利の糧になることを知らぬ人にはいつまで待っても勝利の女神は微笑んでくれないでしょう。……人生一般に通じる名言だと思う。味わいたい。 [続きを読む]
  • 今の自分の仕事
  • 好きな詩です。武者小路実篤作。……今の自分の仕事今の自分の仕事は自分を鼓舞することだ。ややもすると、いじけようとする、自分を鼓舞することだ。自分にとって自分ほど大事な人はいない。自分の仕事をしてくれる人はいない、その自分を鼓舞することだ。…… [続きを読む]
  • 我が家の相棒たち
  • 我が家には、2人の相棒(デジタル家電)がいる。デジタルテレビとパソコン。笑えるのだが、テレビは、ときどき、癇癪を起す。画像がでなくなってしまうのだ。いろいろやってみた結果、一度プラグからコンセントを抜いてみた。再度プラグをコンセントに差し込んだ。あたり。なおった。こうすると治るので、新しいテレビを買おうという気にはならない。10年使っている。愛着があるのだ。パソコンは、ときどき立ち上がらなくなる。業 [続きを読む]
  • はかなごと
  • はかなごとつい言い出したことばではなけれど言い出さねばわからむものか言い出さぬままにいつしか過ぎぬればむかしの思いは夢のようにて唄のようにてこころにかかった名も知らぬなやみはうすいほくろか ほろりと取れける寂しや [続きを読む]
  • アナログ的なデジタルの話
  • 我が家には、2つの相棒(デジタル家電)がいる。ひとつめは、10年使っている、ポンコツテレビ。もうひとつは、8年使っているオンボロパソコン。ポンコツは、スイッチを入れても、画像がでないことがある。どうやっても治らない。そこで、コンセントからプラグを抜き、再度スイッチをいれてみた。治ったではないか。アナログな話である。オンボロは、しばしばストを起こす。電源を入れても、スタートしない。で、モデムのモジュール [続きを読む]
  • ある詩人の詩です。……詩 四章友を喪ふ 四章首途真夜中に 格納庫を出た飛行船はひとしきり咳をして 薔薇の花ほど血を吐いて〇〇君 君はそのまま昇天した友よ ああ暫くのお別れだ……おっつけ僕から尋ねよう!展墓〇〇君 今僕のかうして窓から眺めてゐる 新緑の梢を雲が飛びすぎるその樹立の向こうに 籠の雲雀が歌ってゐる僕は考える ここを退院したなら 君の墓に詣ろうと路上巻いた楽譜を手にもって 君は丘から降りて [続きを読む]
  • 旅人
  • 好きな詩です。……旅人ひとたび経て 再びは来ない野中の道踏切越えて 菜の畑 麦の畑丘の上の小学校で 鐘が鳴る鳩が飛びたつ…… [続きを読む]
  • 利益のでるボランティアはしない
  • 今日は、地域の、ある将棋教室のお手伝いをさせてもらった。子どもを対象にしたイベントである。報酬も交通費もでない。しかし、だからことそボランティアをするのだ。ボランティアは、親でも先生でも友たちでもなく、ただ、じかに接する相手だ。将棋を指したり、そのコツを教えるのは、楽しい。ときには、誰にも言えないホンネを聴かせてくれる。ボランティアだからこそである。同様に、老人ホームで利用者と将棋指すささやかなボ [続きを読む]
  • 羽生竜王や藤井七段の強さの秘密
  • 永世七冠の羽生竜王や藤井七段はなぜ強いのか?そのわけを、プロ高段者から聞いたことがある。答えは、「他のプロ棋士みんなが良く読んで、そこまで打ち切る。ところが、この2人は、さらにその先まで、考え皆も予想しなかったところまで読んで、勝負する」だそうだ。もちろん、、その前提は他の棋士の棋譜をよく研究している、棋士やパソコンを使って研究する、詰め将棋にめっぽう強い、などある。そのうえでの話である。藤井七段 [続きを読む]
  • 驚嘆すべき情愛〜歌人の夫婦〜
  • 友人に薦められて「歌に私は泣くだらう」という本を読んだ。夫婦が出会ったのは、夫21歳、妻22歳のときで、6年後、無事ゴールインした。趣味の短歌の会で知り合った。その後、2人とも、プロの歌人になってしまい、数々の賞を総なめにした。夫は生業の大学教授という職をもちながら、妻は主婦の役割をこなしながら。しかし、妻が54歳の時に乳癌にかかり、10年の闘病生活ののち、亡くなった。上掲の本は、その10年間の闘病生活を支え [続きを読む]
  • いしのうへ
  • 三好達治の詩集を読んでいたら、昔、高校の現代国語の教科書に載っていた作品に出会いました。懐かしいので、ここにひいてみます。あなたは、好きですか?……いしのうへあはれ花びらながれおみなごに花びらながれおみなごしめやかに語らひあゆみうららかのあし音空にながれをりふし瞳をあげて翳りなきみ寺の春をすぎゆくなりみ寺の甍みどりにうるほひ廂々に風鐸のすがたしづかなればひとりなるわが身の影をあゆまするいしのうへ… [続きを読む]
  • 自分のプロになろう!
  • あなたの体は、だれが守っていますか?病院にかかっておけば、大丈夫かな?ちょっと違うようです。以下に、在宅医療に身を捧げ、ホープとして期待されている女医さんの意見をまとめてみました。……「自分のプロになろう!」人間の身体は個々でまったく違うもの。病院で上手に治せる病態と、病院ではなかなか直せない病態があります。それはなぜか?病院での治療は大まかに薬剤と施術しか手の内がないからです。手術できない疾患、 [続きを読む]
  • あなたはどこで死にたいですか?〜日野原重明さんを追って〜
  • あなたは、青年でしょうか?壮年でしょうか?老年でしょうか? あなたは、どこで死にたいですか?「死ぬ」なんて縁起でもない、とおっしゃる方もあるでしょう。しかし、「死」は必ずやってくるものです。たとえ、まだ子供だとしても「死」は、あなたと隣り合わせかもしれません。もうひとつ、お聞きしたいと思います。次のどちらの「死」を選びたいですか?①病院のベッドの上で、病院食だけを食べ、体じゅうパイプだらけになり、 [続きを読む]
  • 1円を笑う者は1円に泣く
  • 「1円を笑う者は1円に泣く」ということわざがある。よくわかる。例えば、銀行員になると、1円でも計算が合わないと、つじつまが合うまで退社できない、という不文律があった。今はどうなのか、わからないが。多くのスーパーでは、レジ袋は有料である。それに比し、ほとんどのコンビニでは、袋を持っていても、新しいレジ袋をくれる。断ると、「恐れ入ります」という返事がかえってくる。。たった1円で、いい気持になれるのだ。こう [続きを読む]
  • 人間の幸福とは
  • 人間の幸福とは何なのだろう。地位か金か健康か。また、勝ち組、負け組、といった区別は存在するのだろうか。地位と金について。もうすぐ古希だとはいえ、あまり長く生きているとはいえない、しかし、みながうらやむほどの社会的地位と富をもっているのに、心の暗闇を持っている人を、あまりに多く見てきた。地位にも富にも恵まれ、幸福そうにみえるのに、心に空洞をおぼえるという。総じてみると、そういう人たちは、本当の意味の [続きを読む]
  • 海の静けさ
  • 深き静けさ、水にあり、なぎて動かず、わたつうみ。あまりになげる海づらをながむる舟人の憂い顔。風の来たらん方もなく、死にもや絶えし静けさよ!果てしも知らぬ海原に立つ波もなし見る限り。 [続きを読む]
  • 満足した男
  • 人間の努力にはさまざまある。不安と不満にもさまざまある。またいろいろの宝や好ましい楽しみも与えられている。だがこの世の一番大きな幸福と一番豊かな獲物は善良な快活な心です。 [続きを読む]
  • 卑怯な歯医者との別れ
  • しばらく、卑怯な歯医者への怒りがあたまを占めた。それで、ブログが書けなくなってしまった。そんなこと、頭に残すだけ害になるのだが。事情を整理しておく。そもそも、彼がわたしたちの将棋の会に入ってきてから、接するようになった。次のようなことが分かった。介護している母を残して趣味の会に出てきたのだが、そのときすでに母は死んでいた。親族に母の死を発見され、なにをやっているんだ、となじられたらしい。「死にたい [続きを読む]
  • 野菜相場が急落〜好天気温上昇〜
  • 野菜相場が急落している。好天気温上昇が続き、品薄感がなくなった。3月上旬には1キロ当たり187円、と1月上旬の24%安になった。価格全体では過去5年平均をやや上回るが、月末には平年値を割り込むものと思われる。キャベツ、ブロッコリー、ホーレンソーなど、好調が続く。今後も葉茎菜類や果菜類を中心にまとまった入荷が続くとみられる。 [続きを読む]
  • 藤井聡太六段が年間4冠を達成
  • 藤井聡太六段が年間4冠を達成した。勝率  8割4分3厘対局数 70勝ち数 59連勝  29羽生竜王は、次のようなコメントを残している。「デビューから29連勝の前人未到の大記録が今回の大きな原動力になった印象です。今後ともどのような記録が生まれるか楽しみです。」 [続きを読む]
  • プレーオフ〜豊島勝ち進む〜
  • 名人位挑戦者を決めるA級順位戦プレーオフが進行している。最下位から勝ち上がってきた豊島八段が、広瀬八段を破り、3連勝である。次は、羽生竜王との対戦となる。3月18日日曜日に、東京将棋会館で行われる。この勝者と稲葉八段とが挑戦権をかけて戦う。ファンの間では、永世七冠を持った羽生竜王が、100個目のタイトルを名人就位とともに手にする、という絵にかいたような展開を期待する声が多い。 [続きを読む]