kumi さん プロフィール

  •  
kumiさん: ペットとオーナーの鍼治療
ハンドル名kumi さん
ブログタイトルペットとオーナーの鍼治療
ブログURLhttps://drkumi.com
サイト紹介文鍼と手で人とペットを治してます。時々しつけと食事アドバイスも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 247日(平均0.3回/週) - 参加 2018/01/23 22:50

kumi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 心配しちゃダメなんて言われるけれど。。。
  • なんとなく心配すると余計に悪くなることは知っています。 周りからも心配しすぎずとか、元気出してと言われても心配してしまうし元気なんて出せない。 なんてことになってませんか?? 当然ですよね。 なぜか。 安心できる状況を見つけられないからなんです。 自分ちの家族が病気で、病院に通っている。 それで良くなっていけば心配する人はいないでしょう。 けれど、良くなる兆しが見えず、他にできることもわからない。 アド [続きを読む]
  • パテラのこと
  • 日本では鍼をメインで使っているので、痛みとか何らかの症状があるワンちゃんを治療することが多いのは仕方がないことなのですが、 シンガポールでは鍼を使っていないからか、健康維持も多いし、パテラなど治らないと言われている状態の子が多いのです。 日本でも小型犬ではパテラなんて持っててもしょうがないなんて言われています。 そして、手術をすすめられる子も多いのです。 私は西洋医学をしている頃でも、パテラで手術を [続きを読む]
  • 癌とは戦わない
  • 先日の突然の症状のように、普通に生活を送っていても出るときは出る!と思っておくしかないと日々自分に言い聞かせているとしても。 ただやはり、癌や難病などと言われると動揺して当然であって。 私もきっと動揺するに違いない。。。 自分が病気をした時でも、家族やマリーが病気をした時でも、最初は慌ててしまう。 何が起こったんだー、何が悪かったんだーと。 ただ、何が悪かったかなんて特定できるのは、風邪を引いときくら [続きを読む]
  • 突然の症状発生
  • 先日ワンちゃんイベントに行ったとき、お店で商品を見ているとマリーにおやつをお店の人がくれました。 小さなお肉の乾燥したおやつです。 骨も売ってあって、私はそちらを見ていて、マリーがもらっているのを見てませんでした。 突然マリーが隣に来たかと思うと、逆しゃっくりのひどいのが止まらない。。。 しばらく様子を見るも、全く止まらず。 何分かして少し止まったので抱っこして動き出すとまた始まる。 かれこれ10分くら [続きを読む]
  • 涙やけ0までの道のり
  • 先代のマルチーズは涙やけが大変で。 私が子供のころだったので、涙やけやフードについても全くわからなかったず、 親がお散歩仲間にフードなどを聞いては試していた記憶が。。。 一時的に涙やけがなかったこともあったけれど、何が良かったのかもわからないという始末。 大学卒業して勤めた動物病院が合わず辞め(笑)、 次に務めた北九州の病院が不思議なところで。 西洋医学が超主流な動物病院業界において、 西洋医学はやりつ [続きを読む]
  • 脳腫瘍というもの
  • シンガポールで12月にセラピー(シンガポールでは診療所を持っていないため、鍼を使わず手で治療をしています)したときのこと。 犬と猫、1匹ずつ脳腫瘍を持ってる子を診ました。 マルチーズの女の子をペットホテルに預けた時に、意図せず妊娠して帰ってきたそう。 その子供(といってももう6才ですが)、脳腫瘍になり、サークリングといってぐるぐる回っている状態。 寝ることもほとんどなく回っている。 1回セラピーをして、 [続きを読む]
  • 子供と動物は大人の予想を超える
  • 素敵な出来事がありました。 いつものマリーの散歩中。 小さな子供が寄ってくる。 最初は怖がっていたけれど、私が触ってみせると撫でてくれた。 手袋をしていたので、手袋外す?と聞くと嬉しそうに外して撫でてくれた。 ちゃんと自分で2歳と教えてくれて、話もちゃんと理解してくれてる。 でもお母さんはそこまで理解できていると思ってなくて、とても嬉しそうだった。 ある刺激で子供の能力が突然発揮されることもある。 それ [続きを読む]
  • 過去の記事 …