eisaku979 さん プロフィール

  •  
eisaku979さん: 英語学習方法相談受付中
ハンドル名eisaku979 さん
ブログタイトル英語学習方法相談受付中
ブログURLhttp://eisaku979.blog.fc2.com/
サイト紹介文英語学習方法を探求。取得資格は英検準1級。学習法に関するご質問を受け付けます。
自由文英検準1級レベルまでの英語学習方法の相談を随時受けつけます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 101日(平均2.1回/週) - 参加 2018/01/24 04:19

eisaku979 さんのブログ記事

  • 英語名言・故事で増やす雪だるま式英単語4−2(pend吊るす)
  • Beware of small expenses; a small leak will sink a great ship.小さな支出には気をつけなさい。小さな水漏れが大きくなり船を沈めることになる。expense-支出(pend吊るす、量る)ペンダントは首からぶら下げているではないのか。expend 支払うー金銀の重さを天秤にかけて価値を量る。dispense 分配するー量って分ける。pension 年金pensive 物思いに沈んだーあれこれ考量する。ponder 熟考するcompensate 補償するー双方の立場 [続きを読む]
  • 英語名言・故事で増やす雪だるま式英単語3−4 express(press圧)
  • Art´s mission is not to copy nature but to express it.芸術の使命は自然を写すことではない、自然を表現することである。オノレ?ド?バルザックexpress表現する(press)printer-プリンターも同語源である。昔のタイプライターをイメージすると分かり易いかと思う。文字通り刻印するものであり、それが心の内に刻まれるのならばimpression-印象となる。反対に内面を外へ形にするとexpress-表現するになる。愚痴をこぼすこともex [続きを読む]
  • 英語名言・故事で増やす雪だるま式英単語3-2 mission
  • Art´s mission is not to copy nature but to express it.芸術の使命は自然を写すことではない、自然を表現することである。オノレ?ド?バルザックmission-使命(mit送る)布教活動のために送られた者にとってはそれが使命であった。commitのcomは強調を意味し、ある状態に追い込むという意味合いが生まれる。commit a crime-犯罪を犯す、commit suicide-自殺する。送るのが言葉であれば、commitment-約束となる。日産再建時 [続きを読む]
  • 英語名言・故事で増やす雪だるま式英単語3-1
  • Art´s mission is not to copy nature but to express it.芸術の使命は自然を写すことではない、自然を表現することである。オノレ?ド?バルザック(art繋がり)arm-腕は胴体に繋がっている。力こぶで示される腕は力の象徴だarms-武器。それによって相手を傷つける-harm。傷つけられた肌はharsh-ざらざらしている。軍隊の暴走は新聞で書き立てられる。記事-articleは事実を繋ぎ合わせたものだ。無法集団にならないためには、縦の [続きを読む]
  • 英語名言・故事で増やす雪だるま式英単語2
  • Love is the triumph of imagination over intelligence.恋は理性に対する想像力の勝利である。triumph 勝利 (tri3)アングルが3でトライアングルとなる。集団であれば万歳三唱により勝ち名乗りを挙げる。古代のある国では政治を仕切ったのは三部族であったtribe-種族。朝貢品は三部族に貢がれたtribute-貢物。アーティストが別のアーテイストの功績を称えて作られたものはトリビュートアルバムといわれる。contribute-貢献する [続きを読む]
  • 英語名言・故事で増やす雪だるま式英単語1
  • Courage is  resistance to fear,mastery of fear-not absence of fear. 勇気とは、恐れにていこうすること、恐れを支配することであって、恐れがないことではない。マークトゥェインcourage 勇気 (cord心) 何回も心に刻むからrecord-記憶するとなる。イチローがCMに出ていたコーディアル証券という会社がある。cordialとは誠実なという意味だ。励ますがencourageでその反意語の気持ちを裏切り、がっかりさせるのがdiscourage [続きを読む]
  • 現代文読解法を英語の長文読解に役立てよ
  • 人に何かを伝えるためには対比と言い換えという手法がよく使われる。対比とは、自分の主張を鮮明にするために、あえて咬ませ犬を持ち出すのである。言い換えとは、読者により慣れ親しんでもらうための具体例や比喩のことである。A→Bの対比構造を、言い換え要素であるA´B´を除去した形で、いかに見抜くのかが読解の鍵となる。また、設問の大抵はBの筆者の主張を正しく摑まえることが出来たかの理解度を確認するものである。 [続きを読む]
  • 英単語帳が覚えられない人のための英単語帳の使い方の勧め
  • 英単語帳がどうしても覚えられない人が少なくない。ちなみにここではターゲット1900のようなタイプを指している。単語だけが配列されているというメリットがそのままデメリットに繋がっているのであろう。なぜそれがデメリットか考えてみたい。記憶は構造上文脈というものが必要なのだ。ある単語だけを思い出そうとしても、なかなか記憶として喚起されづらい。確かに、例文もあるがそれでは、記憶の支えとしての文脈となるには短い [続きを読む]
  • 英単語力が不足している方にお勧めの英単語帳
  • 単語力と英語力には高い相関関係があるように感じる。えてして英語力が不足している人は、知っている単語が少ない。文法問題、長文問題を解くにせよ知らない単語が多数あると非常にストレスだ。分からない単語を調べようとするとそこで意識が散ってしまい効果的な学習ができなくなる。隗より始めよではないが、単語より始めよといいたい。単語帳には2種類ある。1 長文型2 単語が頻度順に並んでいるタイプ1長文型は、Z会の速 [続きを読む]
  • 他分野での経験を英語学習に生かす方法 ライザップについて
  • ピアノをやっている人は他の楽器を習熟するのが速いものだ。このように、ある分野の学習が他の分野にも影響することを学習の転移という。同様に野球経験者はゴルフをすんなり学べたという記憶があるはずだ。なぜならばそこにはスイングという共通点があるから。学習の転移を生かすコツは、自律的に双方の共通点、類似性を見つけることだ。体験レベルに終わらせないで経験として見直し経験則に昇華しなければならない。自分はかつて [続きを読む]
  • 英文法書の案内そして自分が受験時代から使い続けているもの
  • 英文法は英語力の基礎をなすものである。それゆえ学習の際には辞書と同様に傍らに置いておきたい。文法書を選ぶ前に、文法書には2種類あるという事を知っておいたほうが良いだろう。1 暗記すべき文法事項を羅列したもの2 文法事項を理解することに主軸をおいたもの3 1と2両方の特徴を兼ね備えたもの1に関しては、網羅性があるのが長所で、すでに実力のある人が調べる際に辞書的に使うと効果的だ。代表的なものとしてロイ [続きを読む]
  • 80歳のおばあちゃんCNNの取材に英語でどうやって対応したのか
  • 80才でプログラミングを始めiphoneのアプリを開発した、おばあちゃんがいる。TVで話題になったのでご存知の方も多いかと思う。80才からでも学ぼうとする意欲は驚きだ。そしてさらに目を引いたのが次のエピソードである。その方はCNNから取材の問い合わせのメールを受けたという。それは英語だった。普通はそこで尻込むものだが、google翻訳を使って対応で凌いだというのだ。現段階のgoogle翻訳は、進歩したとはいえ未だ発展 [続きを読む]
  • 大女優の記憶法
  • かつて記憶力は武器であった。これはギリシャ、ローマ時代の雄弁家の話をしているわけではない。昭和初期の映画界の話である、その当時フィルムは非常に効果であったことから台本がしっかり頭の中に入っておりNGを出さない役者は重宝されたというのだ。決して容姿がずば抜けていなくても、記憶力が良かったため役を勝ち取った役者も一定数いたようだ。うろ覚えになるが、ある雑誌の記事で読んだ大女優を例としてとりあげたい。そ [続きを読む]
  • 没我(集中)へのプロセスを意識しよう (動画付き)
  • 心理学でフローという言葉がある。これは行為そのものに没頭している状態である。誰もが経験しているはずだ。一番わかりやすい例がテニスのラリーが続いている時の当事者の心中である。その状態を自分で作り出すにはどうすればよいのか。必要な条件を2つのポイントに絞って述べたい。?直ちにフィードバックが得られること?活動が易しすぎず難しすぎないこと 英語学習の際にもこの2点を意識するとよい。フィードバックはこまめ [続きを読む]
  • 時事英語を通して英語学習を習慣化させよう(無料サイト紹介)
  • 「継続は力なり」というが、それだけ続けることは難しいものだ。そこを精神論のみで乗り切ろうとするのは限界がある。英語に日常的に触れる環境を作ってみてはどうだろう。といっても、留学したり英会話スクール通うという話ではない。留学というのは多くの人にとって現実的ではない。また相手無くして成り立たないもののみを学習のペースメーカーにするのは、ストレスフルな話である。自分は毎日、時事英語に触れる環境を設定した [続きを読む]
  • 英単語力診断テストサイト紹介(無料)
  • 渡部昇一が著書の中で英語力の根幹をなすのは語彙力であるというようなことを目にしたことがある。それは自分が身の回りを見渡しても感じるところであるし、またそれは英語のみならず言語全般に当てはまるように思う。つまり今の自分の英語力を知りたければ、英単語力を測ることが近道であるといってもよい。それを知ることが出来れば次の学習の指針も立てやすくなるはずだ。そこで、以下に無料で英単語力診断してくれるサイトを紹 [続きを読む]
  • ダイエットから学ぶ英語学習継続のコツ
  • 以前ダイエットに挑戦して成功したことがある。何事もそうだが自分の成功体験を一般化して別のことに生かすことは大切だ。その際に取った方法は、摂取カロリーを常に意識することである。具体的には、食事の度にメモし続けて、一日1500キロカロリー程度に留めた(個人差あり)。一年行いその結果は目覚ましいものだった。肝心なのは一年継続出来たことだ。思うに、その秘訣はあれこれ考えず常にカロリーという数値にのみ集中したか [続きを読む]
  • イディオム攻略法 動画紹介
  • イディオムは個別に覚えなければならないと考えられています。しかし、そのようなことはありません。イディオムの基本的パターンは、動詞と前置詞の組み合わせが多いです。前置詞が曲者なのです、前置詞が拡張子として機能することにより単独の動詞から導き出せない意味を生み出します。つまり、前置詞をマスターすればよいのです。前置詞を学習するのにうってつけの動画を以下紹介します。基本的な動詞、前置詞を50個のイメージの [続きを読む]
  • 記憶できなくなったは必ずしもデメリットではない
  • 年を重ねると記憶が悪くなったとは誰もが愚痴ることである。しかし、厳密にいうなれば記憶の種類が変わったと考えるべきであろう。若い時に優れているのは丸暗記する力にすぎないと認識する必要がある。丸暗記力が衰えた年齢層はどう対処すればよいのか。それは、記憶に理解を伴わせることである。自分にとって、その効果を痛感したのは単語学習においてであった。語源という理解の軸を意識してから雪だるま式に単語力を増強するこ [続きを読む]
  • 学習の方向性
  • はじめはわずかなずれでも、後になればなるほど、ずれは大きくなるものだ。分度器の一度といってもよい。肝心なのはずれに気づいた時に軌道修正することである。しかし、そのずれに気付くのが中々難しい。学生時代であればテストの点であるとか周囲からの助言である。そのような環境にない人はオンラインの英会話を利用して自分の学習の進捗状況、方向性を精査してみるとよいだろう。にほんブログ村 [続きを読む]