ことり さん プロフィール

  •  
ことりさん: 妄想ローズガーデン
ハンドル名ことり さん
ブログタイトル妄想ローズガーデン
ブログURLhttps://ameblo.jp/mousou2018/
サイト紹介文バラと和風の庭、バラの成長記録、バラにまつわる話などで「脳内ローズガーデン」はいつも満開
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 120日(平均1.8回/週) - 参加 2018/01/24 08:35

ことり さんのブログ記事

  • 気持ちは落ち着きましたが、まだまだ妄想中(^^;
  • 前回から11日たって東の庭の豪華絢爛な淡いピンクの芍薬は終わりました。この間にも殺虫消毒薬を散布したり、近所のオープンガーデンに行ってきたり、「バラがきれいなお宅めぐり」をテーマとした散歩をしたりしていました。 そして我が家の庭もやっと「バラの庭」らしくなってきて苗から2,3年しかたっていない幼いバラが殆どでも健気にも頑張ってその美しい姿を見せてくれています。その少ない花を株の負担を減らすためにあえ [続きを読む]
  • バラと私は「芍薬に埋もれユリに溺れる」という妄想
  • 元の家から運んで植えた淡いピンクの芍薬は近所の人から1株頂いたのを6株まで増やし、この家に植えたら1株は枯れてしまったけれど5株は元気にスクスク・・・。でも、100個を超える花が咲くのはさすがに多すぎて一株は広いお庭のある人に差し上げ、もう一株は別の場所に移植して今東の庭には3株が残りました。それがもう数日で満開になります。 雨で倒れているのを何とか支えていますが、これが咲いた庭はもうバラなんか [続きを読む]
  • 4本のつるバラ
  • 庭の一番奥は4本のつるバラを植えてあります。ちょっと分かり辛いのですが、白いフェンスがある隣家との境の壁面の一番右がロココ、次はまだほんの小さな苗ですが、レイニーブルー、その次が名無しのゴンべ2号、最後が名無しのゴンべ1号という風に並べて植えてあります。 そのロココの蕾に色が出てきましたが、黄緑がかったクリーム色でちょっと意外でした。花は淡いアプリコットピンクになるはずなのできっとオレンジだと思っ [続きを読む]
  • 名無しのゴンべ2号が明日咲くかもという妄想
  • 庭中でバラの蕾がドンドコ出てきて、嬉しくて嬉しくて・・・・でもそこから先の開花へとはすすまないのです。毎日3度ぐらい庭に出てまだかまだかと観察している私はだんだんイライラ・・・・。 それで今日は冷蔵庫の整理をして、その後バラを見に出ましたが、変化なし。それから庭掃除と草取りをしました。ついでに地面にはいつくばって昨日見つけたベーサルシュートがまたどこかに出ていないかと調べましたが、変化なし。そして [続きを読む]
  • 「芍薬に埋もれ、百合の中で溺れる」という贅沢で耽美な妄想
  • その後雨が降ったりして気温が上がらないせいか次々と咲くだろうと思っていたバラは出足をくじかれた感じでつぼみのままです。 アンブリッジローズは強いミルラ香がコガネムシを誘うので早々に切って活けました。 左のラペルラはクリーム色の中にちょっとピンクの淵どりでボリュームあります 右のジャルダンドゥフランスはちょっとヒラヒラしてきました 一番花は次の花のためにすぐに切って部屋に飾るのが習慣ですが、次の花が咲 [続きを読む]
  • 一番最初に咲いた薔薇
  • 21本のバラの中でどれが一番先に咲くかな〜と思って毎日観察しておりました。つぼみの大きさからみてセプタードアイル、ラペルラ、アンブリッジローズのうちのどれかだと思っていたのですが、何と全く予期しなかった「ジャルダンドゥフランス」がぐんぐんと蕾を膨らませてきて3日前に咲きました。 続いて今日はアンブリッジローズが。 ジャル(ジャルダンドゥフランスの略)は「フランスの庭」と言う意味だそうですが、蛍光 [続きを読む]
  • 最初に見えるのはアイスバーグ、の予定?
  • 3年かけてせっせと買い集めたバラは21本。さてこれらのバラをどう植えたらいいものかと悩みましたが、結局単純に色別に植えてしまいました。同じようなバラが咲いた方がまとまりがいいかなと思ったからですが、果たしてそれが吉と出るか凶と出るか・・・。 花壇のうちでも日当たりがあまりよくない場所があって、私が持っている中で確かに日陰に強いバラという評判なのは「アイスバーグ」です。実はこの日当たりが悪い場所と言 [続きを読む]
  • 「名無しのゴンべ」のつるバラの妄想
  • 昨夜は「バラを咲かせる恵みの雨」がたっぷりと降って、待ちに待ったバラの小さな蕾達がいよいよ顔を覗かせ始めました。その中でも特に昨年買った2本の「名無しのゴンべ」苗達の蕾が開花すれば一杯写真を撮ってネットの商品カタログからそれぞれの名前が判明するだろうと思うとワクワクしています。 「名無しのゴンべ」苗は青いビニールポットに入っていて、同じポットに入っていたほかの苗はすべてが京成バラ園のつるバラの苗木 [続きを読む]
  • 水仙のミニ花壇跡を平らに、平らに・・・・
  • 昨年秋に植えた水仙をレイズドベッドに移して、そのミニ花壇跡をいったん平らにしてしました。私は何もない空間をきれいに掃き清めておくのが好きで、ここは花壇の土をレイズドベッドに全部移し替えて普通の土と入れ替えたのでデコボコを均すのに時間がかかりました。 まず箒で縦に掃き、次に横に掃き、最後に斜めに掃いてその結果を遠くから眺めてまたやり直し、と何度も繰り返し平らに平らに均していきます。その間で出っ張った [続きを読む]
  • レイズドベッドの猫除け
  • 順番が逆になってしまいましたが、「レイズドベッド」とはどんなものかについて説明しておりませんでしたね、失礼!簡単に言えば30〜40センチぐらい嵩を上げた花壇のことですが、いろいろな効能があります。私は冬の殺風景な庭のアクセントにしたくて作りました。元の家の庭ではやはりこれをメインにしてちょっとお洒落なコーナーを作っていてたくさんの思い出があるので、そのガーデンブロックは古くても捨てる気になれず残し [続きを読む]
  • レイズドベッド完成!
  • 最初は円形でしたが、いろいろ試してみた結果、隣家との境の壁にくっつけた形の半円になりました。以前長方形に作ってあったライトグレーのブロックを解体し、2倍ぐらいの面積の半円を作りガーデニングブロックで囲んで土を入れました。ブロックの色が統一されていないので、見栄えはイマイチですが、「今家にある物で作る」事をモットーにしているので新しく買う気はありません。それに雨風にさらされている間に色の違いなど分か [続きを読む]
  • レイズドベッド(試作)で庭はハチャメチャ(〜〜;
  • 前回はお騒がせいたしましたが、アルテミスの根元の白い部分を「これは癌腫?」と恐れおののいた記事にうめこさんから「クラウンの樹皮が剥がれたのではないか」とのご親切なお返事をいただきました。もう一度庭に出てよく観察してみたらきれいな白っぽい木肌で、自分でも病変とは思えなくなってきました。癌腫を疑ってネット検索して出てきた画像しかみたことがなくて、実物がどんなものかわからなくて不安で一杯になっていました [続きを読む]
  • これは癌腫?
  • このブログを読んでくださる皆様にお尋ねいたします。上の画像の中央下が白バラのアルテミスで、地植えで昨年はよく咲いてくれましたが、日当たりが悪い場所だったので今年の1月にもっといい場所に植え替えました。ところが、先日アルテミスの株元を見たら皮がはがれて白い部分が見えてきました。はて、これは何だろうと思っていたのですが、今日、他所のブログで癌腫の事が書いてあって、バラには本当にいろいろと覚えなくてはな [続きを読む]
  • ショックで更新が出来ませんでした(泣)
  • このところブログを更新できなかったのは、植え替えが終わっただけですっかり安心していて害虫被害に気が付かずにいたショックのせいでした。 1年でこんなに大きな株になったフラワーガールですが、その根元に空いた穴を見つけた時は本当にショックでショックで・・・・。 フラワーガールは昨年、こんな見事な花を咲かせてくれました。 株の根元から折れかかっていた枝を切ると、茶色に変色していたのでびっくり。竹串で穴をツン [続きを読む]
  • 寒肥やりとワックスがけと肩パット外しの一日
  • 昨日は朝は雪が降ったものの、それ以後は意外と暖かだったので午前中は台所にワックスをかけて、午後からはバラの根元に寒肥を撒きました。本当は有機肥料を与えたかったのですが、今回は気持ちにゆとりがなくてバラ専用の肥料を与えました。 散歩に出る前の30分間しか時間がなかったのですが、カッカッカッ・・・と株の周囲を軽く耕してから21株全部の株に撒き終わりました。土が思ったよりも軽くて、な〜んだぁ意外と簡単じ [続きを読む]
  • 取り合えず、取り合えず・・・・
  • 他の人から見るときっと変な名前と思うでしょうが、実を言うと私はこの「妄想ローズガーデン」という名前がなかなか気に入っています。やっと咲いたばかりのバラがコガネムシにかじられようが、葉が黒星病にやられて丸裸になろうが、「妄想」の中でならいつも満開ですって言えるからです。(笑) 私のバラ作りに対して批判的な夫は当然ながら戦力外なので「取り合えず」自力でつるバラの棚を作ってみましたが、ヨロヨロ。これ来年 [続きを読む]
  • 私にとっての「ロマンティックな名前のバラ」
  • 世の男性は「ロマンチックな名前の花が好きです」とおっしゃっても、かなり華やかでゴージャスなバラを好む傾向があるようですが、もし私が「あなたにとってロマンティックな名前のバラは?」と聞かれたら速攻で「セプタードアイルですっ!!」と答えます。 この可憐で可愛い中輪のバラはデビット・オースチンの薔薇で名前は「王により統治された島」と言う意味だそうです。この人の薔薇にはイギリスの誇りと言える人の名前がよく [続きを読む]
  • 某紳士の愛するロマンチックな名前のバラ「マサコ」
  • 知り合いの某紳士が「僕はロマンティックな名前のバラが好きです」とおっしゃいました。「マサコと言う名前のバラで・・・」と続けられて私の頭は???マークで一杯になって適切な相槌も打てず、お喋りな私としたことがダンマリ。その間、私のたくましい妄想はモクモクと広がっていって・・・・本当は「それって初恋の人の名前なんですか?それとも奥様の名前?あっそうか、プリンセスの名前?それでどういういきさつでそのバラを [続きを読む]
  • バラ作りの失敗〜1
  • 自慢じゃありませんが、まだほんの初心者なのに成功した部分はほんのまぐれで、失敗の経験だけは豊富です、エヘン!! 丁度昨年の今頃、庭に50X50センチの大穴を掘ってバラを植え付けようとしていてその穴に落ちて肋骨を強く打ってしまったので、今年はその失敗を繰り返すまいと、慎重に作業したおかげで肋骨はダイジョーブでしたが、実は大失敗。 培養土や腐葉土とよく土を混ぜ合わせて接木した部分を埋めないように慎重に植 [続きを読む]
  • 庭作りのコンセプト
  • 3年前はこんな風な庭でしたが・・・・タイトルにしている「妄想ローズガーデン」というのは家の東側で本来は和風の小さな庭でしたが、家にある物を使って少しだけ洋風の味付けをしたいと思っています。これまでずっと洋風に庭を作ってきたのでどうやれば感じのいい和風の庭が作れるのかがわからないのと、夫が和風の持つ野趣を理解しないためでもあります。 私の持っているバラは殆ど家の近くのHC(ホームセンター)で買いまし [続きを読む]
  • 今我が家に咲いている(?)バラ
  • 外は連日マイナス何度と言う日が続いていますが、憧れのロザリアン様達のブログを拝見して、私もいつかこんな風なバラを・・・と妄想はモクモクと広がり、まさに「脳内ローズガーデン」は花盛りです。 とはいえ現実には庭は凍てつき、ブログに載せられる花もありません。それならせめて今我が家に咲いている「バラ」を探してみようと。 ある日の昼食を撮った画像です。画面右側、マニー製で側面に「バラ」のステンシルが施された [続きを読む]
  • 失敗続きで申し訳ございませんが・・・
  • 申し訳ありませんが、先ほどの記事にはうまくバラ園芸「にほんブログ村」へのリンクが貼れませんでした。 このページで していただけるとありがたいのですが。 勉強不足で申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。 更新の励みにしております して頂けると嬉しいです にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「トロイメライ」をもう一度!
  • 前回の投稿ではいつもと違う編集画面が出てきて思った場所にうまく「トロイメライ」を埋め込むことが出来ませんでしたので、もう一度チャレンジしています。今度はフジ子・ヘミングによる演奏です。彼女の情感たっぷりな演奏にも心惹かれますね。いろいろ試してみましたが、アメーバでは文字を入れるだけで、画像などを入れたりする編集は出来ないらしいと分かりました。ちょっとガッカリ・・・・ [続きを読む]
  • 「妄想」ではなく「トロイメライ」にすればよかった〜
  • 退屈しのぎに作ったブログに散歩しながら考えて付けた「妄想ローズガーデン」と言うタイトル。今頃になって、もう少しましなタイトルを付ければよかったな〜と、また散歩中に考えていたら、ふと「妄想」って英語では何というのかしら?と気になって調べてみました。それによると良いことを妄想するというニュアンスで一番しっくりくるのが"daydream”と書いているのを見つけました。え=っ!?それじゃあ白昼夢じゃないのさ?と思 [続きを読む]
  • 「妄想」ではなく「トロイメライ」のほうがよかったのに!!
  • 退屈しのぎに作ったブログに散歩しながら考えて付けた「妄想ローズガーデン」と言うタイトル。今頃になって、もう少しましなタイトルを付ければよかったな〜と、また散歩中に考えていたら、ふと「妄想」って英語では何というのかしら?と気になって調べてみました。 それによると良いことを妄想するというニュアンスで一番しっくりくるのが"daydream”と書いているのを見つけました。え=っ!?それじゃあ白昼夢じゃないのさ?と思 [続きを読む]