ふにゃま さん プロフィール

  •  
ふにゃまさん: 地道にセカンドハウス -十里木高原-
ハンドル名ふにゃま さん
ブログタイトル地道にセカンドハウス -十里木高原-
ブログURLhttp://funyama.hatenablog.com/
サイト紹介文富士山の麓、十里木高原別荘地のセカンドハウス生活ブログです。バイクとか趣味の話も少々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 323日(平均4.0回/週) - 参加 2018/01/24 14:23

ふにゃま さんのブログ記事

  • 庭-07 伐採挑戦!アルファとの闘い その2
  • さて、木こりのふにゃまです。いざ木を切り倒そうとしますと、その大きさに圧倒されます。うっかり変な方向に倒れちゃうと大ごとです! 家の方に倒れたら大破損でしょうし、電柱やそこから伸びる電線、道路、よそ様の敷地、どこに倒れても大変なことです。ですので、伐採する際は「いかに狙った方向に切り倒すか?」というのが最大のポイントになるみたいです。この辺の詳しい内容は、ご興味のある方は是非ググっていただくとして [続きを読む]
  • 庭-06 伐採挑戦!アルファとの闘い その1
  • 師走になりすっかり寒く……ならない! 来週ぐらいからは冬の気温らしいですね。ふにゃまです。さてさて、外壁は1面終わりましたが、全面を終えるには長い時間がかかるでしょう。高いところ問題もありますし! そしてその後には屋根が控えてるんですよねぇ。やれやれ……さて、それ以外にも庭を整備したい問題も並行して進めています。とっても個人的な問題ではあるのですが、もっと気軽に星が見たいんですよね。山奥ですから、空 [続きを読む]
  • 外壁-11 ムラなく塗装するには2度塗りかなー
  • さてさて、外壁との戦いはまだまだ続きます。↑ 高圧洗浄機で大体塗装を吹き飛ばした訳ですが、窓についている格子部分。ここは高圧洗浄機だとうまく塗装を落とせそうにないのと、万が一窓にひびとか入ると嫌なので、サンドペーパーで地道に削ります。↑ 無事削れました。この格子もずいぶん傷んでおりまして、うーん、塗装するのはいいけど、そのうち撤去かなぁ。そして、塗装準備のため窓のあたりは養生しまして……↑ 格子の [続きを読む]
  • 外壁-10 下地処理をがんばる
  • 作業もブログ更新もままならぬふにゃまです。ぐぬぬ…さてさて、壁塗り替えの続きです。木材用の塗料というのは、大体例外なく「前の塗装をきれいに落としてから塗ってね♪」と書いてあります。塗装の出来は下地処理で決まる!なんていう話も聞きますし、大事なのはわかるのですが面倒です。まして外壁全部となると!少しでも楽をするため、予定通り高圧洗浄機を使ってみます。木を傷めちゃうなんて意見もありますが、手が届かない [続きを読む]
  • 外壁-09 1面塗装実験開始!
  • 仕事の繁忙期で更新が滞ってるふにゃまです。はやく山荘に行って癒されたいところなのですが、実際行くと、のんびりせず作業しちゃうのが難点です。さてさて、いろんなことを中途半端に進めている昨今ですが、時間をかけて様子を見たい作業だけは早めにやっておかないとなぁと思っております。その一つが外壁の塗装で、塗料選定・購入はもう終わっているのですが、実際に壁一面を塗装してみての色合いや1度塗りで大丈夫か?などの [続きを読む]
  • 響く蹄の音
  • この間のことなのですが、ウッドデッキで作業をしてると、道路の方から「カッポ、カッポ、カッポ」という蹄の動物が歩く音が聞こえてきます。ゆったりと。ウマの足音にしか聞こえなかったので「まさかこの馬を飼っている人が散歩してるのか!?」と、あわてて見に行くと……youtu.be……まぁ、そうですよね。落ち着いて考えれば鹿以外には考えられないですよね。でも、あまりにも堂々とした足音なので騙されました。やっぱ [続きを読む]
  • 端材でてきとーなステップを作ってみる その2
  • 続きです。床下にはなぜか2×6ぐらいの木材がいくつか転がっていたので、主にそれを使いつつ作業を進めます。↑ 笑っちゃうような出来ですが、役割さえ果たせればいいやと組み上げてしまいました。ま、ここまでの材料費が100円ぐらいですから、それを思えば十分十分!↑ とりあえず置いてみます。地面が柔らかくてそっちの方が問題でした。基礎代わりに、その辺に転がっていたレンガを埋めてみたりして、何とか沈んだりしない [続きを読む]
  • 端材でてきとーなステップを作ってみる その1
  • 作業するのは良いのですが、後片付けがとにかく嫌いなふにゃまです。特に木工後の木くずとか、塗装後の洗浄とかめんどくさくて……。それでついつい、腰が重くなります。でも、誰もやってくれない以上は少しずつでもやらなければ!さて、そんなわけで今回はずっと気になっていた件。ウッドデッキから庭に降りるための仮設ステップの作成です。えっとですね、うちのあちこちが腐ってきている危ないウッドデッキですが、庭に降りる方 [続きを読む]
  • 雨戸の戸袋への進入を阻止せよ!
  • 寒がりなので冬が苦手なふにゃまです。山荘内でも一人なのを良いことに室内でダウンジャケット着っぱなしだったりします。朝晩は寒いんですもの。さて、今日のテーマの前にキツツキの状況なのですが、対策後1週間経ちましたが、今のところキツツキ被害は防げています。とはいえ、本当に効果があるかどうかは1年くらい様子を見ないと分からないかなーって思うんですよね。たまたま近くのキツツキがどこかに行ってしまっただけかもし [続きを読む]
  • 屋根-06 キツツキ対策 その4
  • 続きです。とはいえ、作業内容はすでに書いた通りですから、続きを黙々と……↑ 山荘裏側。窓はロフトの羽目殺し窓です。先日開けられた穴が2つ。春に塞いだあとが1つ。うーん、わずか半年の間に、裏側だけでこの3か所ですからね。困ったものです。↑ 穴をPP板で塞ぎつつ、例の鳥よけを張り付けていきます。裏側はウッドデッキが無いため、地面に直接はしごを立てるしかないのですが、なにせ溶岩がごろごろしているだけの [続きを読む]
  • 屋根-05 キツツキ対策 その3
  • 引き続きキツツキ対策です。続きまして、懸案の一番高い部分。棟のあたりの対策です。実際、キツツキ穴は比較的高いところが多いので、ここがちゃんと対策できないとあまり意味がないんですよね。使う道具は、先日紹介しましたこれです。NH9 鳥よけ カラスよけ ステンレス 害獣よけとげマット とげピー とうめい鳥よけシート 【フン害防止・景観を損なわずハトなどの害鳥による被害を防ぐ】 10個入り出版社/メーカー: NH9メディ [続きを読む]
  • 屋根-04 キツツキ対策 その2
  • さて、実際の作業にかかります!↑ 使うネットです。色は青。本当は目立たないように黒とかブラウンが良いのですが、この手の防鳥ネットはクリアだとか赤とか緑みたいな色ばかりです。目立たせて鳥を寄せ付けないみたいな意味もあるんでしょうね。↑ 取付にはハンドタッカーを使用します。ホッチキスの親玉みたいなやつですね。これを使ったことってほとんどないのですが、木に固定するならこれでも大丈夫っぽいので、これも物は [続きを読む]
  • 屋根-03 キツツキ対策 その1
  • 木をコンコンつつく鳥なんて面白くてかわいいとは思うのですが、我が家の壁に穴をあけられては困るふにゃまです。さて、先日書きました通りキツツキにやられております。山荘の購入時にも3か所穴が開いていましたし、補修跡もあっちこっちに! これは今後もずっとキツツキに狙われ続けてしまうのは間違いなさそうな感じです。ですから、穴を塞ぐだけでなく、もう穴をあけられないように対策を練るのが大事かなと思っております。ネ [続きを読む]
  • キッチン-04 ささやかな改良 その2
  • はい、続きです。山荘を購入するまで、水回りなんて蛇口のゴムパッキン交換ぐらいしかしたことが無かったのですが、ここ半年でずいぶん経験を積みました。ですので、結構気楽な感じで交換作業を始めてしまっています。作業的に元栓も閉めなくていいやーと気楽にやってしまっていますが、念のため元栓も閉めて作業したほうが良かったかも……↑ まずはダイヤル部分上の蓋を外します。マイナスドライバーでポコッと外せますので楽ち [続きを読む]
  • キッチン-03 ささやかな改良 その1
  • 夜になったり雨が降ると作業が出来なくて暇ですね。いや、こういう時間をのんびり過ごしに行けばよいのですが貧乏性でして……ふにゃまです。そんな貧乏性な僕は、暇な夜にささやかなキッチン改良工事を行っております。ハイ。ターゲットはこれです。↑ 蛇口です。我が山荘のキッチンは混合栓にはなっていなくて、水とお湯、それぞれがこのような独立蛇口となっております。それは別に構わないのですが、調理しているときとかに、 [続きを読む]
  • 冬の足音を感じる十里木
  • 今日はリアルタイムなふにゃまです!というのもですね、僕は普段はまとめてブログを書いてしまって、それを予約投稿で2日ごとに自動公開するという形にしているのです。ですので、実際の作業から2週間後にブログになったり、あるいは翌日にブログになったりとまちまちです。でも今日は珍しく、一人で十里木に来ているのでリアルタイムの更新など。まず気温です!2018年10月31日23時現在。我が山荘の気温は4.8度です。さすがに寒く [続きを読む]
  • 庭-05 対アルファ戦の戦果と後始末
  • いえ、それほど大したものではありませんが。先日切った、屋根にかかっていた2本の枝。たかが枝の2本と思っていたのですが……↑ 写真だといまいちイメージはつかめないと思いますが、落ちた枝だけで小さな木2本分ぐらいのかさがありました。このまま放置しておくわけにもいかないので何とかしないといけません。幸い、庭には手付かずの林が広がっています。将来的にここは埋めて平らにしよう!と思っているくぼみとか段差もあち [続きを読む]
  • 庭-04 アルファの枝と戦う
  • 実は高いところが苦手なふにゃまです。だから屋根の上はほんとは怖いんですよ……とほほ。さて、ターゲット:アルファの枝を落とすお話の続きです。高いところの枝を落とすために買った「のこぎり付き高枝切りばさみ」が活躍するときです。脚立を立て、そこに乗って何とか切り落とそうと頑張るのですが……。届きません!はい、困りました。いえ、届くことは届くのですが、届く範囲だと、枝の根本の方すぎて、切り落としたときに、 [続きを読む]
  • 庭-03 伐採ターゲット選定中
  • 「剪定中」ではなく「選定中」です。ふにゃまです。我が山荘の庭は完全に自然林っぽい雰囲気なわけですが、倒木の危険とか庭の活用とかの関係で伐採を考えている、というのを先日書かせていただきました。庭がすっきりしているご近所様のお話を聞くと、やはり皆さん自分たちで、あるいは業者さんに頼んで伐採を行われたそうです。やっぱりみなさん苦労されてるんですね。とはいえ限られた時間で活動する、しかも伐採どころか剪定な [続きを読む]
  • 【朗報】アシダカグモがでない、天井裏の足音もしない
  • はい、タイトルの通りです。以前、室内になぜかアシダカグモ様が毎日のように現れることや、その後の隙間埋めなどの記事を書きました。その対策がついに実を結んだのか、ここしばらく、室内でアシダカグモに出会いません。やっぱり天井裏からの侵入経路が当たりだったのかなー。でも、ただ季節がかわって入ってこなくなっただけかもしれないので、まだ油断はできない……ぬか喜びはダメだ……ぶつぶつ。それから、これも以前書きま [続きを読む]
  • 床下のその他隙間たち
  • どこもかしこも隙間に見えてきちゃうふにゃまです。これも職業病みたいなものなのでしょうかっ!さて、前回大きな隙間と思しき場所を塞ぎましたが、周辺で見つけた小さな隙間(かもしれない場所)たちです。↑ 掘りごたつの周辺です。なにせ大きな隙間と壁内へつながる通路っぽいものがありましたから、念には念を入れて、隙間かもしれない場所にスタイロの端材をはめ込んで……↑ テープやパテで無理やりうめうめ。ここは多分隙間 [続きを読む]
  • さらなる床下作業 大きな隙間かも? その2
  • 前回からの続きです。怪しい場所を見つけまして、いつもならここをPP板とかテープで塞ぐ処理を行うところです。しかしケイカル板の脱落部分が大きいのと、何より自然崩壊じゃなさそうなところが気になります。ここは様子見も兼ねてちゃんと対処したほうがいいかも?というわけで、中を確認するために、この部分のケイカル板とグラスウールは取っ払ってしまうことにしました。↑ はい、取っ払ってみました。根太があって床板がある [続きを読む]
  • さらなる床下作業 大きな隙間かも? その1
  • 山荘を購入してはや半年以上過ぎました。そして暇を見てはひたすら通っています。しかし、未だに、ご近所のおいしいレストランとか、観光地とか、ハイキングとか、そういう楽しいことは何もせず、ひたすら修繕作業にいそしむふにゃまです。我ながら貧乏性というか……。ま、修繕作業そのものが楽しいんでしょうね、きっと。さてさて、そんな僕はまた暇を見つけては床下にもぐっております。今度は寝室にしている6畳間下です。こち [続きを読む]
  • 虫対策 念には念を入れて……
  • おそらく、虫との戦いに終わりはない。最近はそのように悟っているふにゃまです。さてさて、先日は屋根裏からの侵入経路をふさぐ作業をしたわけですが、他にも気になっていることがありました。それは、お風呂に小さめの虫が良く出ることです。やっぱり水気が好きなんですかね?お風呂を掃除して自宅に帰る→次に来た時に浴槽に何匹化虫が死んでいる 毎回必ずなので、お風呂周辺に侵入経路があるのは間違いないと思うんですよね。 [続きを読む]
  • スロープ-11 スロープその後
  • 防寒対策を進めたいのですが、足場の計画だとか、アクリル板の見積もり待ちなどで、なかなか進まず困っているふにゃまです。このままじゃ冬に間に合わないYO!さてさて、そのようなわけで防寒以外のお話を。無事完成まではご報告していたスロープのその後です。まず、硬化前に雨に降られて心配だった件ですが、ちゃんと固まっていました。ただ、将来的な耐久性に影響があるかは不明です。ま、ダメになったらまた作ろう、うん。とり [続きを読む]