海月 さん プロフィール

  •  
海月さん: 月のぬくもり、星のなみだ。
ハンドル名海月 さん
ブログタイトル月のぬくもり、星のなみだ。
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/pinkstars2319
サイト紹介文感性で描いた詩集。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供278回 / 290日(平均6.7回/週) - 参加 2018/01/24 22:53

海月 さんのブログ記事

  • アイスクリーム
  • すずめの鳴く声で朝が来たことがわかるくらい時間の流れに逆らってひとつの物事を考えていた確かめたいというか突き止めたかったそれが嘘なのか本心なのかなんてまるでアイスクリームみたいに時間が経てば溶けてしまうことが解るようには到底、解ることではなかったけれど疑わずに全ての言葉を信じられるのならば良かったのけれど。 [続きを読む]
  • 2分の1のしあわせ
  • 幸せになりたいと願っていた時期があった周りのひと全てが羨ましくて仕方なかった現在、それなりに幸せなのだろうし周りのひとを羨ましく思うこともないけれど今、ここにきて幸せの意味が解らなくなっている幸せが何なのか掴めずにいる [続きを読む]
  • テディベア
  • もしもあたしがテディベアだとしたら毎日あの娘におやすみのキスをされて眠りについて朝になったらおはようと声をかけてもらってあの娘とあたししか知らない話をしたりするんだもしもあたしがテディベアだとしたら [続きを読む]
  • 本音のことば
  • たとえ話なんていらないもっとわかりやすい言葉で言って曖昧な言葉なんていらない白か黒で応えて嘘なんてすぐに解る本音のことばだけをわたしに与えて [続きを読む]
  • ちっぽけ
  • 世間なんて所詮そんなもの世界なんて所詮大したことないちっぽけなあたしとちっぽけなあなたが彷徨っても誰が助けてくれるって? [続きを読む]
  • 喧嘩のあと
  • 喧嘩したあとは街を見下ろせるあの丘へ行こう街の灯りもまばらになった頃世界に二人になった気分でそうすればどことなく淋しくなって寄り添う喧嘩したあとは街を見下ろせるあの丘へ行こう缶コーヒーを買って二人で寄り添うことが出来ればまだ僕等は大丈夫さ [続きを読む]
  • ヒカリ
  • 朝日が部屋に差し込むそれはまるで―温かい心を持てよそう言っているみたいにどうして僕等は期待したり裏切られたりの繰り返しなのだろうかそれでもこうやって一歩踏み出せば心にも光が差し込むんだ―温かい心を持てよそう言っているみたいに。 [続きを読む]
  • いたみ
  • その痛みは同じ痛みを味わったことのある人にしか解らないのでしょうきっと。だって聞いたことない音楽を説明してとか観たことのない映画を説明してそう言われても難しいでしょうそれとおんなじ。でもね分かち合うことは出来るなんだってその痛みが解らないならば説明すればいいしその音楽が解らないなら唄って見せればいいそういうこと [続きを読む]
  • 単調
  • 人や車の動きを見ていたファミレスで今後どうやって生きていけばいいのさえ解らずに単調な流れ信号が赤になったら止まって青になったら動く酷く単調だけどそれで物事は規則正しく動くから不思議だね [続きを読む]
  • 秩序
  • 時々、ふと思うことがある人間ひとりの存在ってなんだろうってたったひとりで何ができる?何かを変えることが出来る?変わっていく核心変わっていく社会変わっていくのは感情変わらないものなんてないのかも知れないたとえ変わったとしても誰も気づかない気付こうとしない変わり果てた姿を目の当たりにしてようやく気付くそして他人のせいにする社会のせいにする時代のせいにする自分は関係ないと他人事に物事を見ていつの間にか忘 [続きを読む]
  • カカオ
  • お互いを知らなかった二人が出会ったあの日出逢わずにお互いを知らなかった私と彼のままでいれば良かったのかもしれない [続きを読む]
  • 低空飛行
  • 素敵なことは限りなくこの世界に溢れているそれを見つけることも見過ごすことも誰にだって出来る幸せも同様限りなくこの世界に溢れているそれを手に入れるのも手放すのもあなたにだって出来るということ [続きを読む]
  • フタ
  • 忘れたいことを忘れようと無理に蓋をするとその感情が溢れ出してしまう [続きを読む]