kyouwa-hare さん プロフィール

  •  
kyouwa-hareさん: あつみの 手作り着物と日々の生活と
ハンドル名kyouwa-hare さん
ブログタイトルあつみの 手作り着物と日々の生活と
ブログURLhttps://ameblo.jp/kyouwa-hare/
サイト紹介文着物・帯・和装小物・洋服の手作りと着こなし シニアライフ 日々のことなど
自由文ハンサム?着物が好き。人と少し違うけど奇抜じゃない着物や着こなしを追求したいです。安い材料でできる気軽な普段着物やリラックスできる洋服など。それからシニアライフの日々のあれこれ。自分らしさいっぱいの物を紹介できたらと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 66日(平均7.3回/週) - 参加 2018/01/25 00:33

kyouwa-hare さんのブログ記事

  • ■■■化繊居敷当についてのご質問
  • ★ベンベルグ(キュプラ)の広幅の居敷当を使う、という記事をお読みになってのご質問です。キュプラは洗濯したら縮みませんかと言うご指摘ですが、その事が抜けていました。★服地屋さんでも、縮む可能性はゼロではないと聞きましたので、仕立て前には一晩くらいは水につけます。また、洗濯ものと一緒に洗濯機で洗っちゃいます。そのようになさってください。★冬物はベンベルグ(キュプラ)ではなくポリエステルの物を使います。 [続きを読む]
  • ■■突然ですが・・・しばらくお休みさせてください。
  • 突然ですが☆せっかく読者になってくださった皆さん ごめんなさい☆☆アクセスしてくださった多くの皆さん ありがとうございました☆ ★急に、色々と時間をかけて考えなければならない事情ができて・・・。しばらくお休みさせてください。★たくさんの応援有難うございます。また、短い間に多くの方に読者になっていただき、色々なご意見や情報もお寄せいただきました。★顔も見たことのない方々と交流できるって、ネットならで [続きを読む]
  • ■夏着物は怖くない!!・・入門の仕方は麻・綿から
  • ※ご注意 居敷当にキュプラを使うなら長時間の水通しをしてください。 自作しなくても仕立て上がりもありますから。仕立てても単衣だからお手軽だし。★しじらは、仕立てならもう今頃から、浴衣・縮ならゴールデンウィーク前後でしょうか?品が出そろった頃に(以前の在庫などは早くからお安く出ることも・・・)。 最初の麻の夏着物は小千谷縮でした★これは仕立てました。自分で縫うのは無理だと思ったのです。まだ和裁も習って [続きを読む]
  • ■片身替わりに興味がおありなら…阿波しじらで夏着物という手があります
  • 片身替わりがどうして好きなんでしょうね★着物は共通のパーツで出来ているので、傷んだ袖だけ付け替えるとか、融通が利きます。布は貴重品だったので実際に野良着などではそうされてきました。片身替わりって、もともとはそのようにして生まれたものではないかと。それを「好き者」が真似をしたのでは? ★ネットで検索すると、素敵な画像がたくさん出てきますよ。★その、融通性や、自由さや、左右で違うという大胆さや、少し人 [続きを読む]
  • ■緑の割烹着 と 「サンマのサンマ」知ってます? と 靴下ボトルカバー
  • 白も良いですが★白の割烹着は祖母の思い出です。着物女・エプロン女と自称していた祖母。生きていたら123歳。朝から晩まで、あまりに割烹着姿ばかりなので、割烹着を脱いだだけでも、よそ行きおしゃれに見えたくらい。★着物を着て何かするとき、やっぱりこれだわ。★さて、濃い色で作ってみたら、意外とおしゃれかもと思いました。★いきなり日本の母って感じですね。作り方や製図などはwebでも見つかりますよ。私は適当。袖はう [続きを読む]
  • ■今日もシルック話題をもう一つ・・呉服屋さんの有難いご対応その2
  • 京都のショップさんのことですシルック着物の八掛交換と新調をしましたが・・ ★2014年、少し派手すぎる八掛を交換していただきました。まだ着る機会が無いんですが、唐草模様の江戸小紋なんです。しかし、今度は地味すぎますね。生涯着られそう・・・。 ★2015年、今度は鮫小紋を誂えました。八掛交換の時のご対応が丁寧で、縫製もきれいでしたので。八掛の色はお任せにしました。国内ハイテクミシンですが、丁寧なお仕立てで、ポ [続きを読む]
  • ■シルックを洗ったら裾が縮んだ! でも呉服屋さんの誠意あるご対応で 
  • 3年前に作ったシルック紬 いささか疲れましたので、着物警察関係は、お休みをして、今回はちょっと良い話題を・・・・あまり着物警察で大騒ぎすると、若い方が、「えーっ、そんなに怖いの?!」と逆に怖気づかれてはいけませんので・・・怖くないですよ!ぜーんぜん! ★3年前、アウトレットで売り出していたシルックの紬の反物をネットで買い、それを仕立ててもらいました。出た時はポリにしてはお高くて買えませんでした。これ [続きを読む]
  • ■「着物警察」考その2・・・相手の土俵に乗らないようにしましょう 
  • 着物警察 不愉快バージョン私がまだ30くらいの時のことです★場所は京都四条河原町の高島屋。エスカレーターに乗っている時。1階から2階へ、2階から3階へ、と昇っていく途中、後ろでずっとささやきが聞こえるんです。「こんな着物に、こんな帯締めてからに・・・。」「これが、この頃の流行どすか?」「さあ知りまへんどすけども、若い人が可笑しおすなあ。」「この頃は、常識もなにもあらしません。」「おまけに、こんな草履はか [続きを読む]
  • ■「着物警察」考その1・・・好意も悪意も  と ワンピの完成
  • 「言いたがり」の人はおられますね★和裁教室の若い生徒さんが先週「着物警察」に出会われました。やはり身近にもいるんですね。で検索しましたら、ネット上でもあちこちで話題になってますね。★おせっかいは、時には人を助けますが、時には大迷惑です。それが「着物警察」として問題になるのは、やはり迷惑だと思う人が多いからで、私も含め、年寄りとしては、よくよく気を付けておかなければなりませんね。    ※「着物警察 [続きを読む]
  • ■届いた小銀杏さんの帯留 と 単衣作りの進捗
  • 思った以上に素敵な仕上がり★夏用と思って作りましたが、ヒョウタンですから、通年使えますね。でも、このデザインは、まだ若くて細い瓢箪が青い葉の下で育ちつつあるような風情ともとれます。↑ あら、ヒョウタンの下のおへそまで忠実に作られていて、小銀杏さんらしいです。 ↑ 裏もていねいで。 ↑ 帯を締めたら幅がこれくらいですから、かなり存在感がありますね。横幅45mmもあります。★鏡面部分の広いものは艶々と良く光 [続きを読む]
  • ■父の襦袢を半襟に三勝ウールを着て と ターナー展その他色々
  • 先月完成の三勝ウール★一昨日、京都の『ターナー展』に行こうと、やっと着ました。象牙色地に黒の絣。春らしい色で、気分も明るくなります。ICHIROYAさんのとても安かったリサイクル八寸帯ですが、でも、「趣味の帯」的なちょっといいものに見えたり(ほんまかいな)。これ、正絹で、薄くて軽くて、真夏以外は締められますね。 父の気に入りの襦袢↑ 父の遺品の長襦袢を半襟にしました。東海道五十三次の絵が散らされていて面白 [続きを読む]
  • ■普段着物との出会い その2 『鬼平のおまさ』に憧れて古渡唐桟
  • 木綿が好きに★普段着物との出会いはウールでしたが、木綿素材が好きで、気になっていました。★それまで洋裁的に我流で作っていた木綿やウールの着物でしたが、「染・織こだま」さんの「ちくちくパック」を知って、ちゃんと和裁として作ろうと思い立ちました。大体4年くらい前かしら。「ちくちくパック」は反物はあらかじめ裁ってあり、縫い線に糸印が付いているんです。それで、初めて本式に縫ったのが、この古渡唐桟。★もとも [続きを読む]
  • ■普段着物との出会い その1 ウール 40年前ですよ
  • まず作ったのは色無地どうしても紫でなければと思った★初めて作った着物は色無地だったんです。この写真を撮った時はすでに40になっていました。しかし、この着物を作ったのはまだ20代の半ばです。★ちょっとした必要から、一つ紋の着物を作ることになりました。私は、シンプル好きで、模様の物より色無地と思いました。そして、何が何でも紫と決めていました。この写真は古くて、あまり色が良くないですね。この紫は、今も惚れ惚 [続きを読む]
  • ■裄を出す場合の方法 と 自分プレゼントに帯留注文
  • 裄を出したいときの方法★幅のつめ方の記事を載せましたところ、裄を出す場合についてメールで質問を受けました。★そうですね、裄出しの方が多いかもですね。★このやり方は、もう、多くの皆さんご存知だと思いますし、私のような素人さんにも広く行われています。私が全く無知だった時にトライして見て、かなりうまくいきましたので紹介します。★最後にしたのが何年も前のことなので、もし説明が間違っていたら、指摘してくださ [続きを読む]
  • ■素人の簡易身幅つめ と ただいま水通し中
  • こまったサイズ表示もありました★数年前、まだ和裁を習ってない時のことです。ネットで、古着で買った紬。身丈よし、身幅よし、で、お値段もよし。★ところが買って、着てみたら、なんと!!!!!!!身幅が上に行くほど脇の所で斜めに広くなっているじゃないですか。★これ、検品の時に気が付いていたはず。なのに、一番下の裾の幅で前幅・後幅を表示。これは別に間違ったことではないのかも。しかし、こんなにも脇で身幅が広が [続きを読む]
  • ■やっと! 格子着物の完成 と 帯いろいろ
  • 色々合わせてみました★半襟↑ 「うそつき」の替え襟に付けた半襟、ハンガーにかけて、洋服ダンスに釣るしています。これはカジュアルバージョン。↑このあたりかしら・・・。 ★半幅帯たいして多くはない手持ちを当てて見ます。こういうときが一番楽しいですよね。 ←男っぽい けど好きです↑ 意外な面白さ         ↑ 無難 ↑ こっちの色がしっくり      ↑ 面白いのはこっち 着ました★まずは名古屋帯で [続きを読む]
  • ■格子着物の途中経過…困ったな と 広幅居敷当
  • ポリに少しレーヨンの服地で★あれこれ寄り道しながら、やっと本格的に縫い始めた着物です。 しかし・・・・・上前の襟のところ、気に入らない。これ、一番カッコ悪いですよね。身ごろは斜めになるので、すこし引っ張り気味で縫うのですが、それが不十分だったのか? でもやりすぎると縦にしわが寄ることもあるし。★これが綿やウールなどの天然繊維なら、布がある程度吸収してくれます。しかし、化学繊維は、真っ正直に結果が出て [続きを読む]
  • ■シャンデリアパーツで夏の根付け と 豆苗の再生
  • スワロフスキーの爽やかな根付け★貴和製作所などの大きな手芸専門店では、スワロフスキーのシャンデリアパーツを売っています。↑ このきらめきは流石スワロフスキーですね。 ↑ 輝きを生かそうと、銀色の紐で編んでみました。時計を付けていますが、部屋のカギでも良いし、普通に根付け棒でも。何だか夏が楽しみです。 ★編み方は、色々だと思いますが、この編み方は『丸四つだたみ』と言う名前で、webサイトやYoutubeで紹介さ [続きを読む]
  • ■かごバッグの中袋替え と かご収納にスケボを
  • 着物に合う中袋にしました ★このアタバッグは、かなり前に不用品をもらったものですが、中袋が派手なショッキングピンク系の更紗で、使わなかった物です。袋は付け替えるつもりで、大きくて便利そうだったのでもらっていたのですが・・・・・・中袋を取り外したまま、付け替えようと思いながらなかなか果たせず、数年越しにやっと今年できました。 ★着物にも合うジャワ更紗にしました。実はこの布、名古屋帯を作るつもりで買った [続きを読む]