うさぎ さん プロフィール

  •  
うさぎさん: 風のワルツ
ハンドル名うさぎ さん
ブログタイトル風のワルツ
ブログURLhttp://wind-waltz912.jugem.jp/
サイト紹介文宝塚は夢の世界♪ 心で感じたことを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 31日(平均5.0回/週) - 参加 2018/01/25 02:06

うさぎ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 月組『雨に唄えば』先行画像が素敵!
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。月うさぎです。 朝目覚めて、雨が降っていると憂鬱になってしまう私ですが、 こんな画像を見ると気分も爽やかになり、ステキな1日を過ごせそうです。 『雨に唄えば』は楽曲も良くて楽しいストーリー ♪ たまきさん、次々と良い作品に出会えていますね。 青柳誠二 BUDDY ドン・ロックウッド そして、トート まだまだたまきさんの色々な顔が見られそうで楽しみです。 ポチッと [続きを読む]
  • 実咲凜音さんと咲妃みゆさん
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。うさぎです。 実咲凜音さんと咲妃みゆさん 退団後のお二人の活躍は嬉しい限りです。 ?咲妃みゆさん 宝塚時代のちぎみゆコンビ、あるいはだいもんを加えてのトリデンテの素晴らしさは、まだまだ記憶に新しいところです。 ちぎさん、だいもんと個性派の男役スターの中にあって、可愛らしい風貌と確かな演技力で、ちぎさんと共に雪組の一時代を築いた存在感ある娘役さんでした。 キュート [続きを読む]
  • 『義経妖狐夢幻桜』来月開幕
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。雪うさぎです。 来月の雪組バウホール公演『義経妖狐夢幻桜』 ヨシツネ役 朝美絢さん雪組の美しい実力派スターさんです。 源義経と言えば、優れた戦術家であったことが頭に浮かびます。また弁慶など仲間にも慕われた人という印象。 そして、終焉の儚さ。この「はかなさ」こそ私たちの心を捉えて放さないのです。 今回の宝塚のヨシツネ和風ロックファンタジーということですが、ス [続きを読む]
  • 花組『ポーの一族』エドガーと赤い薔薇
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。花うさぎです。 バンパネラにとって赤い薔薇は何より大切なもの 生き続けるために。 ポーの一族の舞台を観てから1ヶ月たちました。 エドガーとアラン 時空を超え、街から街へと旅しどのような人と出会い、別れ、どのように生きているのでしようか。 今日はエドガーについてもう少し書いてみたいと思います。 以前書いた感想は→こちらからご覧になれます。 エドガー役の明日 [続きを読む]
  • 『誠の群像』土方歳三と望海風斗
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは雪うさぎです。 「誠の群像」キャストも発表されて、公演もいよいよ近づいてきました。 あまりにも有名な土方歳三さん。演じる望海風斗さん。 簡単にですが、土方歳三についてまとめてみました。 「男の一生というものは、美しさを作るためのものだ、自分の。そう信じている」 これは、司馬遼太郎さんの「燃えよ剣」での土方歳三の言葉です。 名言ですね。「男の美学」を追求した人でし [続きを読む]
  • 月組『BADDY』珠城りょうの魅力全開!
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。月うさぎです。 『BADDY(バッディー悪党(ヤツ)は月からやって来る−』 舞台は、平和な地球。 首都の名は、その名も麗しい、 TAKARAZUKA-CITY! かなり自由な感じのユニークなショーです。 なので、いつもと違って私も自由な感じで感想を書いてみたいと思います。ストーリーを追いながらになるので、かなり内容にふれることになります。 この平和な地球に住む人はみんな善い人達。 [続きを読む]
  • 月組『カンパニー』青柳さんと仲間たち
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。月うさぎです。 『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』 月組公演、観に行きました ♪ 宝塚では珍しい(と思う)リアリティあふれる現代劇。日常生活の中のありふれた光景からストーリーが始まります。 そういう意味では新しい感じなのかな、と期待感。(これから先、少し内容に触れます) スーツ姿にリュックを背負い、颯爽と現れた青柳誠 [続きを読む]
  • 雪組千秋楽『白雪号到着』
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団    こんにちは。雪うさぎです。 雪組千秋楽ライブビューイング行きました。 だいもん大熱演!!雪組パワー凄いです!! 大劇場で3回観ましたが、毎回新しい感動が湧き上がってきました。そして今日も。今の時代に生きる私達には想像もつかないドラマが展開するのですが、気がつくといつもストーリーの中に引き込まれていました。ライブならではの良さもあります。スクリーンの中のロベスピエール、マリー [続きを読む]
  • 『BADDY』スチール写真に期待感高まって?
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。月うさぎです。 今日初日を迎えた月組公演。 ショーは『BADDY(バッディ)−悪党(ヤツ)は月からやって来る−』 ストーリー仕立てになっていて、楽しそうです。 月からやってきた大悪党バッディがどんな仲間たちを連れてくるのか・・ スチール写真を観て笑ってしまいました。あの綺麗なれいこちゃんが・・笑 皆んな可愛いですね〜? ぜひご覧になってください! http://www.tca-picture [続きを読む]
  • 『宙組誕生20周年記念イベント』歴代トップ登場
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。うさぎです。 記念イベント近づいてきましたが、宙組歴代トップスターさん勢揃いされますね。 すごいなぁ!行ってみたいけど・・ 宙組と言えば長身でビジュアル最高のイメージがあります。 初代トップの姿月あさとさん。ずんこさんはお気に入りスターさんだったので、宙組トップ就任はとても嬉しいことでした。華があり素晴らしい歌唱力で人気も高かったのに早い退団。もっと長くいて欲 [続きを読む]
  • 「凱旋門」ボリス役
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。雪うさぎです。 轟悠さんの雪組トップ時代に1度だけ観た作品 それが「凱旋門」でした。 ストーリーも主題歌も良かったし、イシさんは主演ラヴィックの雰囲気にも合っていました。 あれから18年再びイシさん主演で「凱旋門」 だいもんファンとしては複雑な気持ちもありましたが、配役も決まったことですし、 ここは気持ちを切り替えて。 ボリス役は香寿たつきさんが好演されたいい [続きを読む]
  • 『エリザベート』魂の自由
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。うさぎです。 「エリザベート」において最初にトートについての感想を書いた時、トートだけで完結のつもりでした。 ですが、たくさんの方に読んでいただいていることが励みになり、フランツ、ルキーニ、ルドルフと感じるままに書いてみました。 ただ、思いを言葉にするのは難しく、なるべく簡潔に伝えたいと思っても言葉が見つからなかったり、足りなかったり。 後から読み直して、うーん [続きを読む]
  • 『ルドルフ』愛を求めて
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。うさぎです。 皇太子ルドルフは1幕だけの登場ながら私たちに鮮烈な印象を残し、流れ落ちる星のように儚く消えていきます。 そんなルドルフについて書いてみます。(少し内容に触れています) 子供の頃からルドルフはひとりぼっち 祖母は厳格で父親は忙しく 母親はいつも遠い人 ママにそばにいてほしい ささやかな願いも届かない。 そんな寂しさ、孤独の中にトートが入り込みます。 [続きを読む]
  • 『ルキーニ』危うい魅力
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。うさぎです。 「エリザベート」のルキーニは陽気で饒舌なストーリーテラーであり 狂気に取り憑かれたテロリストでもあります。 今日は私たちを魅了してやまないルキーニについて書いてみたいと思います。 エリザベートの人生を最初から最後までずっと見つめていたルキーニ 番狂わせが面白いとシシィの運命を皮肉ってみたり彼女を破滅へと導くトートのサポートをしたり 物語を大いに盛 [続きを読む]
  • 『フランツ』それぞれの港
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。うさぎです。 「いつか辿り着くところ」 エリザベートがフランツに言った最後の言葉です。 シシィはトートの待つ港へ辿り着きました。 フランツも別の港で安らぎを得ているのでしょうか。 今日はフランツに想いを寄せて書いてみたいと思います。(内容に触れています。) 「エリザベート」において個性が強すぎる登場人物の中、フランツは若くて美しいオーストリア皇帝として颯爽と登 [続きを読む]
  • 『トート』美しき孤高の帝王
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。うさぎです。 宝塚のトートについて書いてみたいと思います。 宝塚では初代トートから、すでに9人のトートが生まれています。 そしてこの夏、また新たなトートが誕生します。 トートというのは、大変ユニークな存在で、様々なシーンで人間社会の中に現れてきます。蒼い血が流れる彼は、人間にとって恐ろしい存在 実態は「死」ですから。 ですが、人を愛する心も持ち合わせているようです [続きを読む]
  • 花組「ポーの一族」刹那の輝きを残して
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。花うさぎです。 ポーの一族、観に行きました!華やかな舞台でした。 トップさんが子供時代を可愛らしく無理なく演じることは可能なのか 声の出し方、所作、顔つき、スタイル、雰囲気、どれか一つでも違うと子供には見えない。 そのようなことを考えながらの観劇。原作は知っています。 いよいよ「ポーの一族」の幕が上がります。(少し内容に触れます) 子供時代のエドガーがいま [続きを読む]
  • 「タカラヅカスペシャル2017」夢を作るレシピ
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。うさぎです。 昨年末の「タカラヅカスペシャル2017」ライブでの感想です。ライブは宙組「エリザベート」以来です。 今回は、いつも雪組観劇が多くなりがちなので、別の組のスターさん達にも会いたかったこと 月城さんのファンでもある私ですが「All for One」に行けなかったこともありれいこちゃんに会いたかったこと そんなこんなで楽しみにしていました。 観終わって、 来年もまた観 [続きを読む]
  • 雪組「SUPER V0YAGER!」愛の幕切れ
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。雪うさぎです。 「SUPER VOYAGER!」とびっきり楽しいショーです。 お披露目にふさわしいショーになりました。 前トップの早霧せいなさんは熱い人で、細い体にエネルギーが満ち満ちていました。そして望海風斗さんも熱い人。ちぎさんとはタイプは違うけれど、熱いところは同じです。 ちぎさんからしっかりとバトンを受け取っただいもんと雪組メンバーの活躍は嬉しいばかりです。 さて、ど [続きを読む]
  • 雪組「ひかりふる路」安住の地は
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。雪うさぎです。 待ちに待った「ひかりふる路」大劇場お披露目公演です。 「光と影」二つの象徴であるロベスピエールを演じる望海風斗さんはまり役でした。 オープニングの「ひかりふる路」のテーマ曲を歌い始めると、劇場内はもうだいもんワールドです。 ワイルドホーン氏の楽曲はどの曲もドラマティックで素晴らしい。作品を美しく彩り、心を揺さぶられました。二人が歌う「今」これか [続きを読む]
  • 雪組「琥珀色の雨に濡れて」恋してしまった
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 こんにちは。雪うさぎです。 望海風斗さんと真彩希帆のプレお披露目公演「琥珀色の雨に濡れて」何度か再演されている作品ですが、私は初見でした。(昨年8月観劇) 時前に少しあらすじを掴んでいましたがクロードをだいもんがどのように演じるのかかなり興味と期待を持っての観劇でした。 というのも、ドンジュアンや加納惣三郎のようなインパクトのある役を、いつも期待通りに演じてくれるだいもん [続きを読む]
  • 初めまして
  • JUGEMテーマ:宝塚歌劇団 初めまして。木咲うさぎです。 宝塚をメインにブログを始めます。 現在は望海風斗さん、月城かなとさんのファンです。 5つの組が織り成す美しい夢の舞台 その感動を忘れぬよう心に響いたことを書きとめてみます。 よろしくお願いします。 ポチッと押していただけたら嬉しいです!   ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 過去の記事 …