kamikori57 さん プロフィール

  •  
kamikori57さん: 妊娠するために覚書き、妊活ブログ
ハンドル名kamikori57 さん
ブログタイトル妊娠するために覚書き、妊活ブログ
ブログURLhttp://ninkatsu.livedoor.biz/
サイト紹介文妊娠するために妊活の情報を覚書き、妊活ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 100日(平均0.6回/週) - 参加 2018/01/25 17:30

kamikori57 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 不妊症の定義とは
  • WHO (世界保健機関)が定める不妊症の定義は正常の夫婦生活をしていて1年以内に妊娠に至れない状態」となっております。この1年以内という言葉はつい最近まで2年とされていました。ではなぜ定義が1年も旱その理由の1つとして近年加速している晩婚化の影響があり、女性の社会進出などで結婚する年齢が遅くなり妊娠適齢期を超えているケースが増えています。そこで、妊娠への意識や年齢に対する危機感を高めようとして定義が変わっ [続きを読む]
  • 年齢に関係なく妊娠を妨げる10の要因
  • 多くの人にとって、年齢は妊娠の大きな壁になっています。「年齢とともに体外受精での妊娠率はゆるやかに下降し、30代後半からは年齢を1歳重ねるごとに3%ずつ妊娠率が低下します」そのため年齢に合わせた妊活や不妊治療を行うことは、とても重要と言えます。とくに問題がない夫婦の場合でも、一周期あたりの妊娠率は約20%と言われており、年齢が高くなればその分、妊娠率は下がります。年齢に関係なく妊娠を妨げる10の要因1.喫 [続きを読む]
  • 葉酸は細胞をつくるために 欠かせない栄養素
  • 葉酸は、モロヘイヤやほうれん草、ブロッコリー、アスパラガスといった緑黄色野菜のほか、イチゴやキウイなどの果物、またレバーなどにも含まれています。葉酸は、水溶性ビタミンB群の一種で、赤ちゃんの新しい細胞がつくられる妊娠期や授乳期のママにとって、必要不可欠な栄養素です。とくに妊娠初期に葉酸が不足すると、「神経管閉鎖障害」という胎児の先天性異常を発症するリスクが高くなるからです。妊娠の1ヵ月以上前から妊 [続きを読む]
  • 男性の妊活を妨げる原因
  • 夫婦の45%がセックスレスセックスレスはいまや夫婦の半数が抱えている、日本の社会問題。セックスをしなくてもお互いがハッピーなら問題なし。でも、子どもを望むなら、解消が必要です。まずは夫婦で話し合って、原因を取り除く努力を!勃起障害&射精障害が増えている勃だない、イケない若者が増加中!勃起障害はバイアグラに代表される薬で治療も可能だが、射精障害は、心因性、病気、性癖によるものなど原因が複雑で、治療法も [続きを読む]
  • 30代後半になったら注意したい卵子の老化
  • 卵子の元となる幹細胞が衰え、卵子の元となる卵胞が正常に育ちにくい状態になること。異常のある「変性卵」や空っぽの「空胞卵」ができやすくなるため、うまく排卵・受精できたとしても妊娠に至れる可能性が低くなります。また、細胞のエネルギー不足や遺伝子情報の変異などの影響で、流産や障害のある子どもが産まれるリスクが高くなるともいう説も。ミトコンドリアとは?排卵、受精、着床といった生殖活動に不可欠な細胞のエネル [続きを読む]
  • 妊活とストレスの関係
  • 重度のストレスを抱えている人が100%妊娠できないわけではありませんが、身体に与える影響は深刻。理由はストレスが細胞内の遺伝子を攻撃する「活性酸素」を大量につくり出してしまうからです。そのダメージは妊娠初期のアルコールや服薬とは比べ物にならないほど大きいといわれています。活性酸素は身体をサビつかせ、卵子を傷つけます。中でも排卵に向けて卵胞が成熟していく一番デリケートな期間に強いストレスを感じると卵 [続きを読む]
  • 妊娠しやすい食べ物
  • 卵子や精子、卵巣などの機能を向上させ、妊娠体質をつくるためには、栄養バランスがとれた食事が基本です。さらに、妊活中に意識して摂取したい栄養素を盛り込んだ料理で、妊娠カアップ1.タンパク質 妊娠体質をつくるために欠かせない大切な栄養素骨や血管、内臓をはじめ、髮の毛や皮膚、爪などに至るまで、私たちの体づくりに欠かせないのが夕ンパク質です。摂取量の目安は体重1 kg当たり1日1〜1.5g。体重が50kgの場合、最低で [続きを読む]
  • 妊娠するために覚えておくこと
  • 産婦人科でチェックほとんどの健康診断は内診と子宮頸癌チェックのみで終わります。ですが性病検査や卵巣のなかにある卵の数を調べる検査、甲状腺の検査など、不妊の原因を調べる検査はたくさんあります。専門家でないとわからないケ一スも多く、赤ちゃんが欲しいと思ったら早めに産婦人科へ行きましょう。男性にも妊娠しやすい年齢がある精子の総運動量のトータルは35才歳がピーク。そこからゆるやかに下がっていきます。しかし常 [続きを読む]
  • 過去の記事 …