記録F太郎 さん プロフィール

  •  
記録F太郎さん: プロ野球個人成績。マニアというよりフェチなんです!
ハンドル名記録F太郎 さん
ブログタイトルプロ野球個人成績。マニアというよりフェチなんです!
ブログURLhttp://kiroku-feti.club/
サイト紹介文趣味はプロ野球選手の「年度別成績表」を眺めること。「記録バカ」による「記録バカ」のためのブログです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 27日(平均7.3回/週) - 参加 2018/01/26 02:47

記録F太郎 さんのブログ記事

  • ロサリオは「当たり」か「外れ」か?/阪神「自前助っ人大砲」の歴史1
  • 阪神の新外国人選手・ロサリオの勢いが止まりません。初の対外試合となった2月11日のDeNAとの練習試合で初本塁打を記録すると、12日の紅白戦では秋山拓巳から本塁打。さらに16日の楽天との練習試合でも本塁打を放ち、なんと現在3試合連続本塁打中。ここまで実戦でトータル10打数8安打3本塁打と、まさに打棒が爆発しています。このロサリオの絶好調ぶりに各球団のスコアラーたちはこぞって警戒感を強め、早くも「30本塁打は確実」と [続きを読む]
  • 半規定打席・打撃ランキング2006/パスクチ!パスクチ!パスクチ!
  • 「規定打席未到達の打撃成績」という「隠れた記録」の面白さを広めたい…。そんな私の個人的な思いから、「規定打席の半分に到達した打者」すなわち「半規定打席到達者」(規定打席未到達の打者に限る)による打撃ランキングを作成するこのシリーズ。今回は、2006年の半規定打席到達者の打撃ランキングを発表したいと思います。半規定打席到達者・打率ベスト10!20062006年のセ・リーグ、パ・リーグの実際の打率ベスト10と各部門の [続きを読む]
  • 阪神「生え抜き和製大砲」の歴史 3/中谷、大山の成績を大予想!
  • 12球団の中で、最も長く「生え抜き日本人打者」によるシーズン30本塁打から遠ざかっている阪神。 関連記事:阪神・中谷、初の20本塁打で阪神待望の「生え抜き和製大砲」誕生か? 1985年の掛布雅之(40本)と岡田彰布(35本)以来、なんと32年間も生え抜き日本人打者がシーズン30本塁打を記録していません。 今回も前々回、前回に引き続き、阪神の長年に渡る「生え抜き和製大砲」不在について、他のチームと比べてどれくらい悩まさ [続きを読む]
  • 阪神「生え抜き和製大砲」の歴史 2/新庄、まさかのメジャー移籍!
  • 12球団の中で、最も長く「生え抜き日本人打者」によるシーズン30本塁打から遠ざかっている阪神。 関連記事:阪神・中谷、初の20本塁打で阪神待望の「生え抜き和製大砲」誕生か? 1985年の掛布雅之(40本)と岡田彰布(35本)以来、なんと32年間も生え抜き日本人打者がシーズン30本塁打を記録していません。 今季、中谷将大と大山悠輔の若武者2人が、その不名誉な記録にピリオドを打つことができるのか。 その前に、前回の記事に [続きを読む]
  • 中谷、大山は飛躍できるのか?/阪神「生え抜き和製大砲」の歴史 1
  • 12球団の中で、最も長く「生え抜き和製大砲」と呼べる選手がいないチームはどこでしょうか? 答えは阪神です。 以前当ブログでもご紹介しましたが、「生え抜き日本人打者」によるシーズン30本塁打から最も遠ざかっているのが阪神なのです。 関連記事:阪神・中谷、初の20本塁打で阪神待望の「生え抜き和製大砲」誕生か? 1985年の掛布雅之(40本)と岡田彰布(35本)以来、なんと32年間も生え抜き日本人打者がシーズン30本塁打を [続きを読む]
  • もはや「エース」の証!「2ケタ勝利&2ケタ敗戦」4回以上の投手たち
  • 「個人成績フェチ」の私が個人的にグッとくる成績として、投手の「2ケタ勝利&2ケタ敗戦」というものがあります。 いわゆる「暗黒エース」や「ムエンゴ」の投手たちの代名詞のような成績というイメージがありますが、記録を振り返ると一概にそうとは言えないようです。 前回の記事に引き続き、今回も投手の「2ケタ勝利&2ケタ敗戦」をテーマにしたいと思います。「2ケタ勝利&2ケタ敗戦」通算4回今回は、昨年までの過去30年間(198 [続きを読む]
  • 暗黒エース?ムエンゴ?「2ケタ勝利&2ケタ敗戦」3回の投手たち
  • みなさん、「10勝しても10敗する投手」はお好きですか?ちなみに、私はキライではありません。 別に門倉健(元中日、横浜他)のことを好きだと言っているわけではありませんよ 笑 これまでこのブログでは、「個人成績フェチ」の私が個人的にグッとくる成績をいろいろとご紹介してきましたが、この投手の「2ケタ勝利&2ケタ敗戦」という成績も結構ツボだったりします。 「2ケタ勝利&2ケタ敗戦」の投手というと、どんな投手が思い浮 [続きを読む]
  • 半規定打席・打撃ランキング2007/「え、誰の成績?」ロッテ・大松
  • 「規定打席未到達の打撃成績」という「隠れた記録」の面白さを広めたい…。そんな私の個人的な思いから、「規定打席の半分に到達した打者」すなわち「半規定打席到達者」(規定打席未到達の打者に限る)による打撃ランキングを作成するこのシリーズ。今回は、2007年の半規定打席到達者の打撃ランキングを発表したいと思います。半規定打席到達者・打率ベスト10!2007まず、2007年のセ・リーグ、パ・リーグの実際の打率ベスト10と各 [続きを読む]
  • 青木宣親ヤクルト復帰!/日本人野手のNPB復帰1年目の成績は?
  • 昨年までメジャーリーグで6年間プレーし、メッツからFAとなっていた青木宣親の古巣・ヤクルトへの7年ぶりの復帰が決定的となりました。 青木は今季もメジャーでのプレーを強く希望していましたが、今オフのメジャーのFA市場は非常に動きが遅く、青木も複数球団から話はあったものの正式なオファーまでは至らなかったそうです。 ヤクルトは青木に対して、3年総額約10億円(推定)の契約と青木の入団時の背番号「23」を用意している [続きを読む]
  • 「平成の怪物」こと中日・松坂大輔の西武時代の成績を振り返る
  • 昨年限りでソフトバンクを退団した松坂大輔が、中日に入団しました。 松坂は横浜高校で甲子園春夏連覇を達成し、1998年ドラフト1位で西武に入団。1年目から3年連続最多勝を獲得するなどエースとして活躍しました。 2006年オフにポスティングシステムを利用して、レッドソックスに移籍。1年目に15勝、2年目に18勝を挙げましたが、3年目以降はケガなどもあり4年間で合計17勝と低迷。 2013年に移籍したメッツでも2年間で6勝しか挙げら [続きを読む]
  • 「規定打席未到達で2ケタ本塁打」通算5回以上/垣間見える「人生模様」
  • 2018年1月22日、華麗な一本足打法で南海、西武、大洋で活躍した片平晋作氏がすい臓がんのため、68歳で亡くなりました。 「規定打席未到達の好成績」が大好物な私は、「規定打席未到達で2ケタ本塁打」を通算6回も記録している片平氏の年度別成績表を見るのが好きでした。 前回の記事に引き続き、今回も片平氏を偲んで、この「規定打席未到達で2ケタ本塁打」をテーマにしたいと思います。「規定打席未到達で2ケタ本塁打」通算5回以上 [続きを読む]
  • 一本足打法・片平晋作氏を偲んで/「規定打席未到達で2ケタ本塁打」通算4回
  • 2018年1月22日、片平晋作氏がすい臓がんのため、68歳で亡くなりました。 片平氏は高校時代から憧れたという王貞治(元巨人)そっくりの華麗な一本足打法で人気を博し、南海、西武、大洋と3球団で主に内野手として活躍しました。 南海では1979年にリーグ5位の打率.329を記録。翌1980年には自己最多の21本塁打を放ちました。 1982年からは西武に移籍して5年連続2ケタ本塁打。堅実な守備にも定評があり、1983年にはダイヤモンド(現ゴ [続きを読む]
  • 半規定打席・打撃ランキング2008/「恐怖の九番打者」西武・ボカチカ
  • 「規定打席未到達の打撃成績」という「隠れた記録」の面白さを広めたい…。そんな私の個人的な願いから、「規定打席の半分に到達した打者」という意味の「半規定打席到達者」(規定打席未到達の打者に限る)による打撃ランキングを作るこのシリーズ。今回は、2008年の半規定打席到達者の打撃ランキングを発表したいと思います。半規定打席到達者・打率ベスト10!【2008年】まずは、実際の2008年のセ・パ両リーグの打撃ランキングと [続きを読む]
  • 38歳以降の合計安打数ベスト10 Part.2/晩年も本塁打を連発した門田
  • 昨年マーリンズからFAとなり、現在まだ移籍先が決まっていないイチロー。 イチローは、38歳になる年だった2011年に10年連続200安打(MLB記録)が途切れ、それ以降200安打も打率3割も記録していません。 それでも、その2011年から44歳になった昨年までの7年間で836本の安打を積み重ねました。メジャーリーグで、しかも年齢を考えるとこれは立派な数字です。 最近は日本でもプロ野球選手の選手寿命が延び、イチローのように38歳以降 [続きを読む]
  • イチローの2018年移籍先は?/38歳以降の合計安打数ベスト10 Part.1
  • 昨年マーリンズからFAとなったイチローの所属チームがなかなか決まりません。 古巣であるマリナーズや若手選手が多いパドレスなどが移籍先の候補として挙げられていましたが、交渉は不調に終わったそうです。 最近は、外野陣が手薄なジャイアンツが移籍先として浮上しているとか、メジャー球団からのオファーがなければ日本球界復帰もあるかもしれない、などという情報も伝わってきます。 もしイチローが日本球界に復帰する場合は [続きを読む]