takashi130 さん プロフィール

  •  
takashi130さん: 名もなきDiary
ハンドル名takashi130 さん
ブログタイトル名もなきDiary
ブログURLhttps://www.namonakidiary.com
サイト紹介文仕事の愚痴、日常の出来事、趣味のカメラでの撮影記などを自由に綴るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 118日(平均3.6回/週) - 参加 2018/01/26 16:38

takashi130 さんのブログ記事

  • ほったらかし温泉に行ってきた
  • 大分前から企てていた、幼馴染みんなでほったらかし温泉に行くという計画がようやく実行出来た。先週の土曜日、朝6時から車を借りて、みんなでワイワイ、楽しくドライブしながら行ってきた。早く借りすぎたので、40分ほど車内で待ち。朝日で日向ぼっこしながらミスチル聴いてた。最高。8時半には全員拾い、セブンで色々買い込んで、目的地へ向けいざ出発!僕は運転手なので、友人に撮ってもらった写真。わいわいガヤガヤ。談合坂SA [続きを読む]
  • 一個も褒められない
  • 半期毎に行われる評価がなされた。ボーナスの査定対象になる評価。数字としては平均だったが、結構厳しいことを書かれていた。僕なりには、出来るようになった事、分かるようになった事がかなり多く得られた期になったなという感じだったんだけど、上司的には何も見てくれていなかったみたい。何でも出来て当たり前、出来ないところやミスだけに注目されている気がする。かなり凹んだ。普通にショック。まぁ、褒められるような成績 [続きを読む]
  • 【江ノ電乗り放題】一日乗車券のりおくんで鎌倉を満喫
  • 先週金曜日は、日曜日の電話当番分の代休を取った。天気が良かったので、彼女をバイクで職場へ送った後、写真を撮りに行くためにそのまま鎌倉へ向かった。今回利用した江ノ電一日乗車券、のりおくん。江ノ電全駅下車して、まだ知らぬ鎌倉の魅力を沢山感じてみたいとちょっと前から思っていたんだ。今回はその第一弾。長谷→極楽寺→鎌倉高校前→稲村ヶ崎と、まずはベタなところから。行ったことのある駅もいきなり混じってるんだけ [続きを読む]
  • GW6日目 ジムからの飲み会
  • GW最終日は、前日までの疲れもあり、朝はゆっくり起きた。朝ごはんが何も無いので、家の前のくら寿司に行くことに。GWだけど、開店後すぐだと流石に空いていた。くら寿司はいつ来てもテンションが上がる。味も美味しいし、メニューが多くて色々眺めているだけで楽しい。まぁ、僕は基本寿司以外の邪道なやつは頼まないんだけどね。笑 頼みはしないけど、毎回関心させられる。寿司屋でこの値段でこれを出すか!ってね。くら寿司を出 [続きを読む]
  • GW5日目 伊豆旅行〜伊豆高原〜
  • この日の朝は、9時前に起きて朝風呂へ。10時がチェックアウトなので、流石にこの時間にもなると誰も風呂になんか来ないのか。露天風呂を独り占め出来た。朝日が木の葉に当たってキラキラ。木漏れ日に包まれて浸かる湯は、とても気持ちが良かった。古いけど、とてもリラックスできる良い旅館だった。車で駅まで送ってもらい、この日は伊豆高原の方へ行くことに。伊豆急で熱海まで。乗車してしばらく、大きな富士山を車窓から望むこ [続きを読む]
  • GW4日目 伊豆旅行〜三島 修善寺 伊豆長岡〜
  • 2日間の仕事を挟み再びやって来た三連休。2回目の三連休には、伊豆の方へ行って来た。急遽決めた行き先だけど、何とかいい宿も取れた。今回もグリーン車で。前回の湯河原温泉の時よりも席が空いてたな。熱海を経由して、まずは三島へ。歩いて三島神社へ向かう。道中。何でもない写真なんだけど、僕はこういう写真を撮るのが一番好き。目で見た街の景色を切り取って持って帰るというか。そういう感覚で撮っている。一応、かなり丁寧 [続きを読む]
  • GW3日目 湯河原温泉
  • 写真の現像が溜まってしまい、中々更新出来ずにいた。大分前の日記になってしまったが、GW3日目は湯河原温泉へ行ってきた。グリーン車で、ゆったりまったりと。特急列車も新幹線も使わずに行ったけど、普通列車でも1時間ちょいで行けちゃうなんて本当に素敵。運賃もめっちゃ安いし、最高。今回は、ニューウェルシティ湯河原のいずみの湯という日帰り温泉へ行ってきた。湯河原駅から無料シャトルバスが出ているので、それを利用。10 [続きを読む]
  • GW2日目 ひたち海浜公園へ見頃のネモフィラを見に行ってきた
  • 日曜日は、レンタカーで朝4時に家を出発。目的地は、茨城のひたち海浜公園。僕の読んでいるカメラブログの紹介記事を見て、ちょっと前からずっと行きたかった場所。寝不足の中、片道約3時間嫌いな運転を頑張った。首都高難しい…急カーブを曲がった先にいきなり分岐が現れやがる。慣れてないとダメだなこれ。何度か間違えそうになったぜ。神経がすり減った。でも、朝の早い時間は、綺麗な日の出を見ながらの気持ちのいいドライブに [続きを読む]
  • GW1日目 東京競馬場へ
  • 土曜日は、友人を連れて、青葉賞というダービーのトライアルレースを観に東京競馬場へ行ってきた。朝起きて彼女を職場まで送り、軽く朝ごはんを食べてジムへ。バイク 10分レッグプレス 100キロ15回3セットチェストプレス 40キロ15回→12回→8回ラッドプルダウン 40キロ15回3セット腹筋 50回予定がある日だったので、軽めにしといた。14時前に、東京競馬場へ到着。青い空に映えるターフの芝のコントラスト。いい天気で気持ちがいい [続きを読む]
  • 河口湖、仙台へ出張
  • 先週は、水曜日木曜日と連日出張だった。やること自体は大したことなかったので、めちゃめちゃ気楽に行って来た。たまにこういうのが挟まると、いい気分転換になるな。河口湖へは、バスタ新宿から高速バスで。高速バスは楽なんだけど、新宿まで行かなくちゃいけないってのがなぁ。しかも、湘南新宿ラインはよく遅れるし、遅れると間引き運転が行われてしまう。この日も、脱輪だかなんかが原因で、新宿までの電車が運休になってしま [続きを読む]
  • 代休を取り休養
  • 月曜日は、日曜日の電話当番分の代休を取得した。僕自身の仕事が立て込んでいることや、みんな忙しい事から取れないのではないかと心配していたんだけど…電話当番中に、月曜日にやる予定だった仕事が片付いたので、なんとか取得できた。取らないと取らないで残業時間について怒られるしね。取って正解。朝はご飯を食べてから彼女を職場まで送り、そのままいつものカフェへ。とここで、会社からラインが…。どうやら僕が日曜日に立 [続きを読む]
  • 江ノ島へスナップ写真を撮りに行ってきた ジムにも行った
  • 土曜日は、6時半頃に起きて家事を済ませ、彼女を職場へ送って行った。そして駅前でモーニングを食べ、そのまま江ノ島へ行ってきた。この日は雲ひとつない快晴。とても気持ちがいい。今回は湘南モノレールではなく江ノ電を使ったんだけど、なんとなく鎌倉高校前で下車してみた。この駅で降りたのは初めて。意外と来たことなかったんだよね。いい眺めだ。で、鎌倉高校前と言えば、スラムダンクのオープニングに登場するこの場所。じ [続きを読む]
  • 福島出張
  • 今日は、郡山のど田舎のお客さんのところへ納品。朝6時過ぎに起きて、7時20分の電車で出発。いつもより少しだけ早い。東京駅で、いつものモーニングセットを。今回は時間に余裕があったので、初めて店内で食べてみた。狭いけど、悪くない。なんか、沢山写真が飾ってあって素敵だったな。新幹線で、約1時間半。そしてそこからさらに車で40分。新幹線の到着が10分くらい遅れたのと、レンタカーのナビの設定が全然分からなくて手こず [続きを読む]
  • イライラする
  • 最近、仕事中ずーっとイライラしている。お客さんからの電話が多く、自分の仕事が出来ないから。全然進まない。本当に。邪魔すんなよ、マジで。自分のやっている仕事もよくわからない。コレといった正解がないから、毎回手探りでやって行く感じ。効率悪すぎ。本当に頭に来る。なんなんだこの会社。適当な商売しやがって。あームカつく。今日は定時に上がってジムに行く予定だったのに。クソみたいな対応のせいでまた時間が潰れたよ [続きを読む]
  • わんこそば コストコ
  • 日曜日は、彼女のご家族達とわんこそばを食べに行った。東神奈川の関東で唯一のお店だそう。わんこそば 立花寝起きだったので本調子では無かった。でも、きっちりお腹は空いていた。さぁ、頑張るぞ!おかずが付くらしい。オレンジ、天ぷら、大根おろし、ひじきに玉焼き。七味やネギ、ナッツみたいなも付いてたかな。それとりんごジュース。これらを駆使して無理矢理そばを胃に流し込んでいくんだとのこと。ふつうに美味しそうだ。 [続きを読む]
  • ジムに行ったり、Nikonサービスセンターに行ったり
  • 土曜日は、朝起きて彼女を職場まで送って、その後耳鼻科で花粉症の薬を貰って来た。そして松屋で朝ごはんを食べ、ジムへ。一人で居てはモヤモヤするし、もともと土曜日は毎週必ず行く予定だったからね。福ちゃんが生きていたら、また病院に抗生剤を打って貰いに行く予定だったんだけど…ジムでは、まず10分間バイクを漕いでアップ。その後、レッグプレス→チェストプレス→ラッドプルダウン→アブドミナルカール→腹筋をそれぞれ軽 [続きを読む]
  • 【扁平上皮癌との闘病日記】福ちゃん、さようなら。
  • 昨日は仕事を早退し、福ちゃんのお葬式を行った。17時から予約していたんだけど、なかなか上がれなくて。本当は早目に帰ってきて、じっくり手紙を書いたり、最後にゆっくり福ちゃんと対話したりしたかったんだけどな。会社を出たのは結局15時半。家に着くと同時くらいに、葬儀屋さんから到着したとの電話が入った。まぁ、早退してこられただけ良かったと思うしかないな。葬儀屋さんが、福ちゃんと対面。どんな猫だったのか、家族と [続きを読む]
  • 【扁平上皮癌との闘病日記】よく頑張ったね
  • 2018年4月12日0時35分頃、福ちゃんが息を引き取った。今日13日は福ちゃんの誕生日。15歳まで生きて欲しかったけど、充分頑張ってくれたよ。これからはようやく、苦しまずに済むね。ありがとう、福ちゃん。一昨日は実家に帰っていた僕。疲れがかなり溜まっていた為、辛うじてご飯を食べ、その後少し休憩するだけのつもりでベッドに横になった。そしたらいつの間にか、母が点滴の道具を取りに僕の部屋に入ってくるまで意識が飛んでし [続きを読む]
  • 【扁平上皮癌との闘病日記】あと3日
  • 日曜日、点滴と痛み止めを貰いに動物病院に。点滴をあげてはいるものの、容体は一向に良くならない。ホント、ただ無理矢理延命させているだけみたいになってるかも。それでも、脱水の苦しみを考えると、それはそれで辛いだろうし、どのみち苦しいのであれば、してあげられることはしてあげたい。また、点滴を止めるタイミングを考えることが僕には出来ないというのもある。これは完全に僕のエゴだ。少しでも長くこの世に居て欲しい [続きを読む]
  • 【扁平上皮癌との闘病日記】夢の中では
  • く今日は長い夢を見た。なんかよく分からない夢だったけど、夢の中では福ちゃんが元気に回復していた。壊死してしまったはずの左目が正常に戻っており、ガリガリに痩せてしまっているはずの身体にもしっかり肉が付いていた。目が合うとこちらに歩み寄ってきて、布団の中に居る僕に甘えて来た。んで、布団に入って来て丸くなって一緒に寝てくれた。夢の中で、これは夢だという判断が付かなかった。だから、起きた時凄く寂しかった。 [続きを読む]
  • 【扁平上皮癌との闘病日記】点滴は出来るようになったけど…
  • 水曜日に、また福ちゃんの点滴をしに実家へ帰った。今回は比較的早く退社出来たし、元々泊まる予定で来ていたので、落ち着いて作業することが出来た。猫の点滴は人間のと違い、血管に直接針を刺すのではなく、首の皮膚を持ち上げて、肉と皮膚の間の空洞の部分に輸液していく。風船が膨らむように液が溜まっていくんだけど、うまく針が刺せていないとどんどん漏れ出して来てしまう。慣れればなんてことないんだけど、一応医療行為だ [続きを読む]
  • 【扁平上皮癌との闘病日記】点滴失敗
  • 悔しさの捌け口がどこにも無いから、ここに書く。点滴、うまく行かない。よく分からないし、福ちゃんも痛がっている。正解が分からない。悔しいけど、今日は諦めた。しかも終電を逃したので、今日は帰れない。てか、お母さん。僕が今日は帰るって言ってるのに、何で始めようとしたタイミングで風呂入るんだよ。しかも長かったし。せっかく急いで帰ってきて、家に着いたの22時前なのに。結局始めたのは23時過ぎ。しかし、何度やって [続きを読む]
  • 【扁平上皮癌との闘病日記】残された時間
  • 土曜日は福ちゃんの病院の日。実家に会いに行ったが、病状はさらに悪化していた。右目からも膿が出ていて、もう右目も見えないんじゃないかってくらい…ガリガリに痩せ細り、毛並みも最悪。顔も前よりぐちゃぐちゃ。抗生剤が効いているのか、血はあんまり出なくなったけど。帰ったらなんか、ずっと鳴いていた。目が見えなくて不安なのか、もがき苦しんでいるのか真相はわからないけど…とにかく本当に鳴き止まない。撫でてあげても [続きを読む]
  • 【大岡川桜まつり】大岡川でお花見
  • 今週は水曜日、木曜日と連日で大岡川へ桜を見に行ってきた。今年で3年連続。水曜日は、仕事帰りに。定時ダッシュし一度家までバイクを取りに行き、着替えて、家で待っててくれてた彼女と一緒に出発。こうして毎年一緒に同じところに行けるのは、とても幸せなことだ。来年も再来年も、こらからも毎年行けたらいいな。到着して、先ずは腹ごしらえ。屋台でたこ焼き、焼き鳥、お好み焼き、フランクフルト、じゃがバターを購入。1時間く [続きを読む]
  • 鎌倉に桜を見に行ってきた
  • 先週の土曜日は、またまたお馴染み鎌倉へ。最近は毎週行ってる気がする。朝6時過ぎに起きて、6時半過ぎには家を出た。絹張山に登り、朝の柔らかい光の中で桜と富士山の写真を撮りたくて。最近はホント、精力的に写カツをしているな。やる気が違う。こんなに写真好きなんだから、そろそろフルサイズ機を導入したい。7月にハワイに行くし、お金無いから無理なんだけどね。トホホ…相変わらず邪悪な雰囲気。入口付近、微妙に怖いんだ [続きを読む]