softmachine さん プロフィール

  •  
softmachineさん: 上級国民への道
ハンドル名softmachine さん
ブログタイトル上級国民への道
ブログURLhttp://softmachine.blog43.fc2.com/
サイト紹介文教育と投資によって上級国民へ至る道程を考えます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 30日(平均6.3回/週) - 参加 2018/01/26 17:27

softmachine さんのブログ記事

  • 空き家問題とは?
  • 日本の住宅政策は供給側の事情が優先され、必要以上に新築購入を誘導する政策となっている。そのため、住宅の耐用年数は意図的に低く見積もられている。木造住宅の耐用年数は、既存の住宅個数/新築件数   !!!で算出されており、実際に建物が使えるかどうかは関係ないのです。この計算式では、新築を建てれば建てるほど、耐用年数が短くなることになり、完全に供給側の事情だけです。実際には使えるものでも使おうとしないの [続きを読む]
  • こんな風に暗記できたらいいなあとつい思ってしまった
  • 偏差値41から東大へ!宮口式「超」記憶術 [ 宮口公寿 ]価格:1337円(税込、送料無料) (2018/2/17時点)本書では言葉をイメージ化し、よく知った道順に沿って写真にイメージを貼り付けていく、という方法で体系的な記憶を短期間で得ることができると主張している。重要なことはまず全体像を掴み、覚える事柄を絞り込んで、それをイメージ化することであるという。・キーワードとなる言葉のピックアップ(下線をひく)・それをイメー [続きを読む]
  • 目的志向の読書とは
  • 読書の際には、その本を読む目的を意識していることはあまりないように思われる。特に、読書そのものが好きな人、読書が苦にならない人ほど、敢えて目的を意識することは少ないのではないだろうか。一方、嫌でも目的を明確にせざるを得ない場合があって、それは試験勉強やレポートなど一定のゴールが要求される時である。要点を理解して、きちんと自分の知識にする読書の習慣 読んだ本の内容をすべて覚えようとしていないか!? [ [続きを読む]
  • ミュシャ展に行って消しゴム版画で遊んで楽しんだ
  • 19世紀末に現れたアール・ヌーヴォーは「新しい芸術」を意味する装飾美術のムーブメントである。装飾美術は実用品の装飾を目的とする美術のことで、純粋美術とは区別される。産業革命後のヨーロッパで、有産階級が増えて、芸術性のある日用品に対する一定の需要が発生した。また、世界的に交通網が発達し、パリでは万博なども開かれて日本や東洋の美術の影響を受け、自然の美を組み込むいう手法が取り入れられた。【中古】 アール [続きを読む]
  • 日本の戦争画とは?
  • 藤田嗣治は日本人ではオークションなどでもっとも高額な値がつく画家であるとのことだが、現代の日本ではその位置づけははっきりせず、どこか距離を図りかねている。藤田の父は森鴎外の後任の軍医総監であり、義兄も軍医総監、また実兄の義父は日露戦争で有名な児玉源太郎と、高級軍人を排出した一族であり、紛れもなき上級国民である。藤田自身はパリに留学し、エコール・ド・パリを代表する画家の一人にかぞえられる。こういう背 [続きを読む]
  • 年収は住むところで決まる?
  • アメリカでは地域間の経済的格差が顕著となってきている。地域内でも投資としての子供の教育が強く意識され、優良公立学校の学区の住居を求めて家計負担が増しているという話であった。子供の教育費への配分を誤ると、幸福度が下がる本書で論じられているのはもっと広域の都市間における格差である。年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学 [ エンリコ・モレッティ ]価格:2160円(税込、送料無料) (2018/ [続きを読む]
  • ニューギニア戦線の真相とは?
  • 戦前の日本は欧米と戦争のルールを共有していなかったため、最後まで部隊長の判断で降伏することがなかった。「生きて虜囚の辱めを受けず」という1941年1月に発表された戦陣訓が、勅命と同様に扱われ、軍法より上におかれた。戦力を失った部隊は撤退するか、それが不可能なら玉砕するしかありませんでした。大量の将兵が捕虜になれば、敵の負担にもなるのですが、シナやソ連という後進国と対峙していた陸軍は、長い長い戦乱で [続きを読む]
  • ニューギニア戦とは?
  • 軍医戦記 生と死のニューギニア戦 光人社NF文庫 / 柳沢玄一郎 【文庫】価格:842円(税込、送料別) (2018/1/25時点)第二次大戦中、最悪の戦場と言われた東部ニューギニア。16万人の戦力が投入されたが、戦後日本に生還したのは1万人弱だという。辛酸を舐めたあの酷寒のシベリア抑留でもその死亡率は10%以下でした。シベリア抑留とは?現地では想像を絶する飢餓地獄となり、あまりに生還者が少ないため、そしてとても言葉に出し [続きを読む]
  • 高級将校のシベリア抑留
  • 戦後シベリアに抑留された関東軍将兵の中でも、作戦参謀という高級将校の記録である。将校の場合は、将校専用の収容所に送られ、当初労働も課されず生活環境は兵卒よりはよかったようです。関東軍参謀 怨嗟の中に立つ悲劇の軍人伝 (光人社NF文庫) [ 小松茂朗 ]価格:740円(税込、送料無料) (2018/1/22時点)しかし、3年後に戦犯として囚人扱いになってからは、労働刑を課され、抑留は長期に及び、帰国は11年後になった。戦後 [続きを読む]
  • 学歴の投資効果とは? 
  • 学歴は所得格差を生み出す、という事実があります。戦前は学歴による3段階の社会階層の断層があり、収入もほぼそれに対応していた。戦前の学歴をめぐる断層高度成長を経て高等教育が大衆化してもなお、40台後半〜50台で、大卒男性の賃金は高卒男性の1.5倍になるとのこと。何故このような格差が生ずるのか、ということについて、2つの視点がある。1つは、教育により獲得された知識や技術が、個人の生産能力を増大させる、 [続きを読む]
  • シベリア抑留とは?
  • 私たちのたった3世代前の日本人が、劣悪な環境で奴隷労働に従事したという事実は、その当事者たちがほとんど鬼籍にはいりつつある今、忘れられようとしています。過酷な環境で生き延びた人たちは、亡くなった同胞への罪悪感もあり概して口が重く、後世代の人間はその環境が想像もできないため、更に伝わりにくい。戦後厚生省のまとめた資料によれば、第2次大戦後のソ連の日本人シベリア連行、抑留の全体像は以下の通りです。抑留 [続きを読む]
  • 戦前の学歴をめぐる断層
  • 戦前は階層と学歴がほぼ対応しており、従って受験における競争も現在に劣らず厳しかった。大正初期は中等学校への進学率は2割以下で、更に高等教育に進むのは1%程度であった。そこで大正期に学制改革で中等教育進学への機会が拡大され、昭和期には3割以上が中等教育を受けるようになった。中等教育の受験は10歳そこそこであり、ここでの厳しい選別や競争は現在の中学受験と同じく疑問視・問題視されていたようです。しかし、 [続きを読む]
  • 公立美術館に行くと1回あたり1万円貰える?
  • 市の美術館でシャガール展をやっているので子供を連れて行ってきました。平成27年の報告書によれば、美術館の年間予算が約24億円で、一方特別展などの入場者は年間20万人程度です。入場料を平均1000円とすると、入場料収入は2億円となり、20億円以上が市の持ち出しになります。当地の美術館は東京と違って人混みに辟易することもなく、入場券に並ぶ行列や、入場制限などにはお目にかかることもない。さすがにシャガー [続きを読む]
  • 戦前の物価から持ち家について考えてみた
  • 戦前の都市勤労者の平均収入は月90円程度で、世帯収入では月110円程度となり、月収100円が都会のサラリーマンの一つの目安と考えられます。政府も月収100円を一つの目安と考えており、所得税の課税は年収1200円からでした。「月給100円サラリーマン」の時代 戦前日本の〈普通〉の生活 (ちくま文庫) [ 岩瀬 彰 ]価格:864円(税込、送料無料) (2018/1/13時点)一方、物価は食料被服が約2千倍、とのことですが、こ [続きを読む]
  • マイホームは投資として成立するのか?
  • 住宅が地位財としての性格を強く持ち、米国では学区が教育水準に大きく影響することもあって、住宅への支出が家計を圧迫し、収入が増えても幸福度が上がらない原因となっている。子供の教育費への配分を誤ると、幸福度が下がる不動産ビジネスは、「狩猟型」と「農耕型」に大別されます。狩猟型は売買によって利益を得るビジネスモデルであり、市況に大きく影響される。そのため、市況を見ながら数年のスパンで売買を行って利益を得 [続きを読む]
  • 職業としての「芸術」とは?
  • 近代以前は、絵画は誰かの注文に応じて制作されるものであり、画家は「職人」でした。近代以降、絵画は商品として流通するようになり、絵画そのものの価値に加えて、資産や投資といった価値を併せもつようになります。資産的な意味合いをもち商品として流通することで、画家は誰かの注文という制約から離れて自らの内面や個性を表すことが可能となり、画家は職人から芸術家へと変化したのです。近代絵画とは、印象派以降であり、フ [続きを読む]
  • 戦前の教育とは
  • 戦後70年を超え、戦前の教育を知っている人もかなり少なくなってきました。戦前は尋常小学校(6年)を卒業後、旧制中等教育に進学する者が約3割前後で、約6〜7割が高等小学校(2年)に進んだようです。旧制中等教育は、男子が旧制中学(5年)や実業学校、女子は高等女学校でした。旧制高校は一高から八高などの所謂ナンバースクール含め35校で、これは帝大の定員とほぼ同じだったので、旧制高校がエリートの登竜門という [続きを読む]
  • お金持ちになる方法とは?
  • 世の中にたくさん出回っているお金持ちになる方法の類の本は、結局のところ次の3つの内容に収斂する。①収入を増やす②支出を減らす③投資をする「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計 (講談社+α文庫) [ 橘玲 ]価格:972円(税込、送料無料) (2018/1/4時点)③の投資も結局のところ目的は①の収入を増やす目的ということになるでしょう。また、家族から資産を受け継げない場合は、自分で元手を作らなければ投資はで [続きを読む]
  • 不快な感情から距離を置く方法とは?
  • 不安や不快な感情は、おそらく危険を察知しいち早く行動に移るための仕組みであり、進化論的にもそれがあることが生存に有利であったと考えられます。それらの感情は、自律神経と連動しており、交感神経を刺激し血圧・脈拍を上昇させ、発汗を促します。反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え [ 草薙龍瞬 ]価格:1404円(税込、送料無料) (2018/1/3時点)不快な感情に反応しないためには訓練が必要であ [続きを読む]
  • 国がなくなったらどうなるのか?子供に伝えるべきこと
  • 日本に生まれ育った現代の日本人は、国家とは空気のようなものであり、普段はその存在を意識することはほとんど無いのではないでしょうか?日本では隅々まで法治が行き渡っており、法治で国民の生命と財産を保証している。裏社会など極一部に異なった保証システムがありますが、これもその範囲をどんどん狭めている。国家の庇護を失ったのが難民であるといっても、実感を伴って想像することは難しく、マスメディアの画一的・紋切り [続きを読む]
  • 中国よりも日本の方が硬直した社会だった件について
  • アメリカの株価が好調を持続しているため、昨今は投資手法として先進国株式へのインデックス投資が脚光を浴びています。iDecoや積み立てNISAなどの制度もこれを後押ししている。一方で、中国は桁違いの不動産バブルがもうすぐ崩壊するような論調が目立っていたが、このところは現金を要しないスマホ決済を始めとして日本よりイノベーションが進んでいる面もあるようで、どう判断していいのか迷います。橘玲の中国私論 世界投資見聞 [続きを読む]
  • ユダヤ人の教育とは?
  • ユダヤ人は学問の世界でも画期的な業績を残した偉人が多く、実業界でも同様で、最近ではfacebookのザッカーバーグなどもユダヤ系である。器楽演奏にも秀でており、後世に名を残す作曲家にも多くのユダヤ人がいる。アシュケナジム(白系ユダヤ人)集団には特有の遺伝病も多いことから考えて、知的にも遺伝的に優れているのではないかと言われている。またユダヤ人家庭では、タルムード(経典)について議論し、教育を重視するなどの [続きを読む]
  • 子供の教育費への配分を誤ると、幸福度が下がる
  • お金と幸福の間にはどういう関係があるのだろうか?日本は大体アメリカの20年後を追いかけているので、アメリカでおきている事態の分析が役に立つでしょう。アメリカでは、地位財への支出競争が起きた結果、非地位財を減少させ、幸福度が上がらないという現象が起きている。=地位財 周囲との比較により満足を得るもの、つまり他人との比較優位のよってはじめて価値のうまれるもの=非地位財 他人が何をもっているかに関係なく [続きを読む]
  • お金持ちの教育とは?
  • アメリカも日本も株価は好調で、投資についての様々な情報が氾濫しています。投資に対する情報が広く商売になるタイミングであるということなのでしょう。こういうご時勢に、投資に飛びつく人たちの関心といえば、「お金持ち」になりたい、ということに尽きる。お金持ちの教科書 [ 加谷珪一 ]価格:1620円(税込、送料無料) (2017/12/26時点)お金持ちの実態・思考・ライフスタイルを知る(→その思考を実践する)(→自分がお金持 [続きを読む]