Yam. さん プロフィール

  •  
Yam.さん: YAMPHOTO
ハンドル名Yam. さん
ブログタイトルYAMPHOTO
ブログURLhttps://yamphoto.blogspot.jp/
サイト紹介文MINOLTA TC-1を中古で衝動買いした結果、写真を公開できるブログが欲しくなって開設しました。
自由文20年ぶりくらいにフィルムカメラで撮る初心者のブログです。CONTAX T2もあるはずですが、見つけ出せていません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 174日(平均3.6回/週) - 参加 2018/01/26 19:19

Yam. さんのブログ記事

  • CONTAX G1と千畳敷、カントリーキッチン
  • 一見観光地ではあるが、単純にスイーツを食べに行くだけだ。カントリーキッチンは、車で自宅から30分もかからない。ちょっと高い所にあるけれど、今どきの車だったら2速にする必要さえない。休日は結構混んでいるけれど、ゴールデンウィークとかでない限り、すぐに座ることができる場合が多い。カレーとかハンバーグなどの軽食もあり、おいしいけれどお薦めはスイーツだろう。ワッフルかパフェが個人的なお薦めだ。千畳敷はキャン [続きを読む]
  • CONTAX G1と山口市、みらい維新スタジアムの風景、他
  • 先日の天皇杯ジュビロ磐田対レノファ山口を観戦したついでに写真を撮った。山口市あたりでも都会はいいなあ、と思ってしまう。スタバをくさす人は多いが、それは選択肢がある都会人の戯言だ。自転車で行けるところにスタバがあったら、僕はそれだけで毎日入り浸ってしまうだろう。公園もなかなかいい感じできちんと手入れされている。田舎の財政破綻したんだろうか心配になる都市とは大違いだ。まあ、僕もコンビニやスーパーやカフ [続きを読む]
  • CONTAX G1と萩の名残
  • フィルムを変えた残りだ。萩の萩ツインシネマは、NPO法人が運営している映画館だ。2部屋あり、片方はBlu-rayでの上映だ。非常口の明かりが上映中も消されないとかいった問題もあるが、メジャーだけではない上映はなかなかおもしろい映画をやっているときもある。CONTAX G1, Biogon 28mm f/2.8 T*, FUJICOLOR C200, 現像:カメラのキタムラ山口バイパス吉敷店, 萩ツインシネマの入っているビルからの眺め。同様に萩ツインシネマの入 [続きを読む]
  • CONTAX G1と湯本温泉のカフェ他
  • すでに暑い。夏だ。そんな時に、長門湯本温泉のカフェcafe&pottery 音はなかなか楽しい。川の上にベランダが突き出ていて、夏でも夕方だと涼しげだ。日中だとさすがに日差しがきついときもあって帽子は必須かもしれない。一応、布で日陰は作るようになっているのだけれど、それでも時に暑く感じる。川辺を渡る風も、春先とは違って涼しいというほどではない。それでも一服の清涼を感じさせてくれる。冬でもなければ窓というか扉が [続きを読む]
  • CONTAX G1と雨の日
  • ここ数日とても暑いけれども。まだ、雨が土砂降りだった時。まだ、とても雨の中、外で撮る気にはならない。傘をさしてとか無理。後半の山にガスがかかった雰囲気はなかなか良かった。あれをきちんと撮るには機材と腕が必要なんだろうなあ、と思いながら撮っていた。しかし、人と出会わないのが田舎のつらいところでもある。人がいた方が物語が勝手に生まれちゃうから、ある意味楽なんだよねえ。CONTAX G1, Biogon 28mm f/2.8 T*, F [続きを読む]
  • CONTAX G1と屋内
  • 360他絞り優先万歳。屋内の写真は、一番下の本棚を除いて、多分、F2.8でシャッタースピード、距離はAUTOで撮影したものだ。記録じゃなくて記憶だけなので間違っている可能性はある。また、もしかしたらMINOLTA TC-1だった可能性もわずかにある。いや、ないかな。最後の1枚は適当にTLA140でフラッシュを焚いたものだ。TLA140はヤフオクで確か1,000円で入手したものだ。安いだけあって傷や凹みだらけだけれど、とりあえず問題ない。C [続きを読む]
  • CONTAX G1とはなみるくさん(メス猫11ヶ月)
  • 部屋が汚いのはご勘弁いただきたい。はなみるくさんももうすぐ1歳でもう子猫らしさはほぼなくなった。いまだに、物を投げさせて取りに行くというあまり猫らしからぬ遊びはするけれど、回数や頻度は大幅に減ってきた気がする。障子などの穴はすべてはなみるくさんがやったものだ。襖にも大穴を開けており、ふさいだあとが見える。CONTAX G1, Biogon 28mm f/2.8 T*, FUJICOLOR C200, 現像:カメラのキタムラ萩店。なぜ、はなみるくさ [続きを読む]
  • MINOLTA TC-1とおもに長門の建物とか風景とか
  • とりあえずの風景。長門市街にも結構愛着を感じるようになってきた。本当に何気ないありきたりな風景が、そして建物がとても愛おしく感じられる。もちろん、それは僕の一方的な感情で単純なものだろう。住んでいない街だったら、多分少しも心動かされたりしないのだろう。愛着ってのは便利な感情だなあ、とも思う。MINOLTA TC-1, FUJIFILM ISO100業記録用カラーフィルム, 現像:カメラのキタムラ萩店カミサンの同級生の肉屋さんカ [続きを読む]
  • MINOLTA TC-1と長門の港のモノクロ写真
  • 車の床に転がっていたフィルムだ orzまあいい。人生にはよくあることだ。モノクロ写真は、より情景を劇的に見せる気がする。それは、人が色付きの状況に慣れているから、ある程度見慣れた世界に違和感を感じるのかもしれない。僕が子供の頃は、映画はすでにカラーだったけれど、家にきたばかりのTVはモノクロだった。そういった時代であれば、逆にモノクロであることにさほど違和感はなかったのかもしれない。だが、21世紀の今とな [続きを読む]
  • MINOLTA TC-1とおもに鉄道橋とか橋のある風景
  • 被写体としては人についで鉄道なんかも物語を勝手に作ってくれる。最初の1枚は、偶然訪れた鉄道橋を見て、珍しく時間を調べて20分ほど待って撮ったものだ。僕は基本的に偶然に頼った撮影しかしない主義だけれど、あまりに本数の少ない山陰線が20分後に来ることがわかった時には、さすがに20分くらいは待つ気になった。ちょっとした風景を撮影する時には、MINOLTA TC-1はいつでも持ち運ぶ気になるので、とても適している。まあ、現 [続きを読む]
  • CONTAX G1とおもに萩中心街の風景
  • 続きである。映画を観に行った時間調整で萩の街をスナップした。萩もまた好きな街だ。なんていうか侘び寂び感がすごいというのは、褒め言葉にはならないかもしれない。観光地としてそれなりに知られているはずなのに、なんていうか、案外観光地らしいものって少ない。人力車がいるくらいかなあ。それよりも、かつての賑わいが微かに感じられる街並みがとても魅力的に思える。CONTAX G1は、使っていて楽しいカメラだ。ひさしくコン [続きを読む]
  • CONTAX G1、Biogon 28mm f/2.8 T*購入。おもに長門市駅付近の風景
  • ついできごころで。CONTAX G1とBiogon 28mm f/2.8 T*を買ってしまった。正しくは両方共異なった出品者から落札してしまったが正しいけれども。ROM未改造品だ。どうせ、G2のレンズなんて高くて買えないのだ。あるいは、欲しくなったらG2を買えばいいだけだ(これはもちろん負け惜しみだw)。MINOLTA TC-1を使っていて特に不満はない。もちろん、フラッシュが壊れてしまったようなのでただでさえ暗いMINOLTA TC-1で室内を撮るのはし [続きを読む]
  • MINOLTA TC-1とはなみるくさん(10ヶ月メス猫)とその兄の寝姿
  • 例によって飼い主馬鹿である。ここのところちょっと暑いくらいなようで、変な格好で寝ていたりする。また、ちょっとでも涼しいと布団の中に潜っていたりする。なんとか頭をぐいぐい押し付けて、自力で布団の間に潜り込む技を身に着けた。気をつけないといけないのは、うっかり踏んじゃったりしないようにすることだろう。兄は野良猫である。すでに2歳近いが、最近凶暴な猫に襲われて怪我をしたようだ。おそらく、その母はその凶暴 [続きを読む]
  • MINOLTA TC-1とおもに長門市街の風景とおまけ
  • 長門市も衰退に向かっている。それは多くの日本の地方都市同様であるだろうけれど、山口県の場合瀬戸内側はそれなりに工業地帯として活気はあるが、日本海側の長門市の場合、いたずらに人口が減っているだけに見える。以前は駅の北側が中心街だったようだけれど、今はすでに面影はない。郵便局があったり銀行があったりするくらいだ。ショッピングモールも空きが目立つようになった。人口も減る一方だ。まあ、老後に住むとなるとそ [続きを読む]
  • MINOLTA TC-1とおもに田圃と夕焼けの風景
  • 今しか写せない写真っていうか季節でもある。長門市に越してきて僕は丸5年が過ぎたわけだけれど、年々、風景が愛おしく感じられるようになっている。それだけ長門に慣れたってことなんだろうねえ。こんな何気ない田圃と夕焼けも、日々変わっているので二度と見ることのない風景だと思うとそれはそれで感慨深い。来年、違いがわかるとも思えないけれど、確実に変化してはいるのだ。MINOLTA TC-1, FUJICOLOR ISO100業記録用カラーフ [続きを読む]
  • MINOLTA TC-1と長門湯本温泉の風景
  • 似たような風景ばかりではあるが。菓子が違うということで一つ。音には週一くらいのペースでおもに自転車でコーヒーを飲みに行っている。川の上にせり出した場所の眺めはとても良いのだけれど、風が強い時は結構川風のせいか寒く感じる。布製の日よけもあるので夏なんかはいいかも。湯本温泉は、かなり寂れた印象を与える。全国的な高級ホテルを中心とした再開発をもくろんでいるけれどどうなることか。まあ、僕としてはカフェがで [続きを読む]
  • MINOLTA TC-1と長門と萩の落ち穂拾い的写真
  • なんてことのない風景を載せ忘れていたので載せてみた。それ以上の意味はない。MINOLTA TC-1を使いだしてまだ半年も経っていないけれど、風景の変化にただただ驚かされる。単純に草の伸び具合の差異でしかなかったりもするのだけれど。そんな中、街はさほど変化していない。もっとも、変化は一部を除いて衰退を思わせる事が多い。バス便もさほどないのできっちり時刻を覚えておかないといけないのは、田舎では普通のことだ。意外に [続きを読む]
  • MINOLTA TC-1と布団に潜り込んだはなみるくさん
  • 最近もとても元気なはなみるくさんだ。ありがたいことである。飼い主馬鹿でどの写真も素敵に見える。最近は自力で布団に潜り込むことを覚えた。出先から帰ってきてもどこにもいない。呼んだら布団の間から顔だけ出したこともあった。MINOLTA TC-1, FUJIFILM ISO100業記録用カラーフィルム, フォトショップエル・ヴィエント。押し入れに入れた布団の間から顔を出すはなみるくさん。 [続きを読む]
  • MINOLTA TC-1と田植えとかの準備風景とか何度目かの長門の風景
  • ちょっとした変化も楽しい。これは僕の嗜好でしかないのだけれど、ギラギラしたような様々な手段で加工されたSNS映えするような写真が苦手だ。嫌いだと言ってもいいかもしれない。それなのに、それゆえにかもしれないけれど、安っぽいトイカメラで撮ったようないかにもフィルムカメラの写真、それも本当は多くの人は失敗? と感じるような写真が苦手だ。こっちは嫌いというほどの感情も動かない。繰り返すが僕の嗜好の話だ。また [続きを読む]
  • MINOLTA TC-1とカントリーキッチン、千畳敷
  • たまにフルーツパフェが食べたくなる。ここ50km以内だと千畳敷のカントリーキッチンと多分萩あたりにあるだけだと思う。千畳敷は標高333mの高台なのである意味観光地価格ではあるが、このあたりではなかなか食べられないスイーツが食べられる貴重な場所だ。ついでに、風景も楽しむことができる。キャンプ場もある。また、ちょっと先には著名な棚田、さらには元乃隅稲成神社もある。MINOLTA TC-1, FUJIFILM ISO100業記録用カラーフ [続きを読む]
  • MINOLTA TC-1とはなみるくさん(メス猫10ヶ月)の日々
  • 色々はなみるくさんは撮ってはいるが、正直あまり代わり映えはしない。まあいい。やっぱり、MINOLTA TC-1には猫写真はあまり向かないと思う。すばやく動いていることを撮ることは、腕の問題もあってとてもむずかしい。また、レンズが暗いので室内はかなり苦手な部類だと思う。このカメラはたまたまフラッシュが壊れているけれど、猫にフラッシュは最悪だ。フィルム感度を上げるくらいしか対策が思いつかない。10ヶ月もたつと、もう [続きを読む]
  • MINOLTA TC-1と長門市駅
  • ふと魅力的に見えたので。ただ、僕は鉄ちゃんじゃないのでディーゼルカーの型番とかは知らない。自転車で近くを通りかかって、そういえば、長門市駅は撮ってなかったなあと思いだして適当に撮ったものだ。そのため、長門駅の表玄関と言うべき改札のある側はまったく無視されている。もう山陰線自体がほとんど鉄道が走ってない状況なので、美祢線と山陰線の交わる駅とはいえ、活気はあまりない。昔の蒸気機関車用の給水塔とかもまだ [続きを読む]
  • MINOLTA TC-1と長門でのあれこれ
  • 雑多な長門でのできごとだ。日々の営みっていうか、適当に撮った雑多な写真っていうか(いつものようにぶっちゃけ過ぎかもしれないけれども)。MINOLTA TC-1, FUJIFILM ISO100業記録用カラーフィルム, 現像:カメラのキタムラ萩店大正館360のパフェ。セルフ・ポートレート。大正館トイレにて。カミサン。愛車。17クラウンロイヤルサルーンプレミアム。 [続きを読む]