NEET株式会社 ブログ事業部 さん プロフィール

  •  
NEET株式会社 ブログ事業部さん: ニート株式会社のブログ
ハンドル名NEET株式会社 ブログ事業部 さん
ブログタイトルニート株式会社のブログ
ブログURLhttps://blog.neet.co.jp/
サイト紹介文NEET株式会社のことをより詳しく知れる場所として10数名が交代制で記事を書いていきます。
自由文このブログはみなさんがNEET株式会社のことをより詳しく知れる場所として作りました。
NEET株式会社の取締役の何名かが、いろいろなテーマで
曜日交代制でゆるりと記事を書いていきます。

ゆるりとご期待下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供415回 / 177日(平均16.4回/週) - 参加 2018/01/26 20:42

NEET株式会社 ブログ事業部 さんのブログ記事

  • 近況報告
  • 最近はビリヤードかジムばっか。 命を削るような時間が自分の正常を保つ方法。とても素晴らしい時間。もしかして俺Mかも。いや違うかもやりきった自分を素直に褒められる。やりきった感が大切だ。 ビリヤードはナインボールじゃ飽き足らずエイトボールまで手を出す始末。頭脳を使って遊ぶのも脳みそをスポンジのように絞る感じで楽しい。負けても所詮はゲームだと割り切る精神状態でやってる。 湾岸ミッドナイト6が稼働してかなり [続きを読む]
  • 雨の中 傘も差さずに 踊る阿呆
  • 毎日が夏休みのようなものではあるが、やはり7月後半になってくるとより一層夏休みの雰囲気が出てきて良い。家でひとりで勝手にワクワクして、ひとりで勝手に消化している。いやあ夏は良い、実に良い。別に何をするというのでもないのだけど、ただ単純に夏という季節だけで幸せになれる。暑さが苦手な人にとっては苦しい季節だと思うし、その苦しみは自分でいうところの冬の寒さなのだと考えると大層可哀想に思うが、同情はでき [続きを読む]
  • 今週の記事候補
  • まずは、書き出しを迷っている作家。 みなさん、暑い中、こんばんは、たかはしよしぴろです。今週は、暑さにやられて、もう何書こうか、迷った。以下、どれくらい迷ったかをリストアップしておこう。 今週の記事候補だったもの西海フェリー沈没事故週刊テレビ広辞苑天台座主パトリシア・ミランダMr.Invisible -Legend of Rapest-ヘクター・アンブリーズ【野球選手】ボーイ・ミーツ・ガール (宝塚歌劇)東松本【東京都江戸川区の地名 [続きを読む]
  • 今週の記事候補
  • まずは、書き出しを迷っている作家。 みなさん、暑い中、こんばんは、たかはしよしぴろです。今週は、暑さにやられて、もう何書こうか、迷った。以下、どれくらい迷ったかをリストアップしておこう。 今週の記事候補だったもの西海フェリー沈没事故週刊テレビ広辞苑天台座主パトリシア・ミランダMr.Invisible -Legend of Rapest-ヘクター・アンブリーズ【野球選手】ボーイ・ミーツ・ガール (宝塚歌劇)東松本【東京都江戸川区の地名 [続きを読む]
  • 今週の記事候補
  • まずは、書き出しを迷っている作家。 みなさん、暑い中、こんばんは、たかはしよしぴろです。今週は、暑さにやられて、もう何書こうか、迷った。以下、どれくらい迷ったかをリストアップしておこう。 今週の記事候補だったもの西海フェリー沈没事故週刊テレビ広辞苑天台座主パトリシア・ミランダMr.Invisible -Legend of Rapest-ヘクター・アンブリーズ【野球選手】ボーイ・ミーツ・ガール (宝塚歌劇)東松本【東京都江戸川区の地名 [続きを読む]
  • フィンランドのゲイリーと五月祭いってきた
  • ゲイリーのことげいと大学祭にいってきたのだ日本の文化に驚くげいは見たこともない熱さに目を輝かしていたのださっそく日本の紹介としてフルコンサートに連れて行くとげいは。。。無表情にかわったうーんうーん日本の素晴らしさ茶道部にいこうと三四郎池へだが茶道部と時間合わずうーんだから鯉とカメさんを糸で釣ろうがごーん置いておいてくれたスルメ餌付竿ゲットするとごんごん鯉さん亀さんが遊んでくれるようになったの [続きを読む]
  • 忘れな草
  • 真理子は空を見つめていた。もしかしたら、聡太郎が帰ってくるのではないかと思いまた大空を見つめる。聡太郎は、終戦の半年前に出征しその数ヶ月後に真理子へ手紙が届いたが終戦後になっても帰ってはこなかった。青い空を見つめながら、真理子は2人で送る幸せな生活を思い描いていた。この戦局では日本に不利な状況であることも国民は知らず、ただただ祝砲を待ちわびていた。8月15日まではそうだったのだ。 聡太郎は空を舞い活 [続きを読む]
  • 七夕
  • 七夕にダンスの舞台を見に行った。主役(と言ってもダンサーは二人しかいない)の女性は前日頭を丸坊主にした。「あー完璧だな」と、バリカンが彼女の髪を落とすたび思った。舞台の前に禊のように見てみぬ振りしてた事が私の前に差し出されけりをつける、多分偶然じゃないんだろう嘘のある状態でこの舞台は見られなかったんだと思う。当日、それまで降り続いていた豪雨はピタッとやみ私は時間に余裕を持って家を出たはずなのに、信 [続きを読む]
  • 夏って
  • 夏って色々あるなって思う。かなり好きな季節で、なんか現実感が無いような気がする。去年の夏は退職してトンデモな事に挑戦した。体調的にも相当不安を抱えていて通院しながら無謀な挑戦や旅行や結婚式に出た。ニー株の募集もその時だったから「もう何でも来いよ!!」みたいな心境であった。そんな笑って泣いての去年の夏だけど一番憶えてるのは病院から帰って午後のロードショウ「エイリアン2」を友達とラインしながら見てた事 [続きを読む]
  • スカイウォーカーって名前かっこいいと思う
  • 普段1日2食程度で、小腹が空いたらあるものを適当につまむ、というスタイルをとっている。朝と昼を兼ねた食事として、インスタントラーメンをよく作る。1分半ほど茹でた後に湯を捨てて、麺だけを春のパン祭りの白い小皿に盛り付け、スープの粉を10分の1ほど振ってから食すという、不思議な食べ方をしている。A型のせいか何なのか自分は短く切れている麺が好きではないのだが、そういった方には金ちゃんラーメンというローカル商品 [続きを読む]
  • 打ち合い
  • 先日、会社の打ち合わせに行ってきた。打ち合わせ、そんなばかばかしい言葉、使ったこともやったこともありません。そんなばかばかしい遊び。ばかじゃないの、本当に。そういう態度で行くことにした。予定の1時間前についた。公園にいって子供が体を動かす様子を体幹の使い方が良いとか、こういう無邪気さが素朴だとかそういうことを考えながら過ごした。そうして昼ごろになってたくさんの人がこぞってお弁当屋さんで買った弁 [続きを読む]
  • オリジナル小説 タイトル「君の魂をください」#41〜50
  • #41「大地。俺のじーちゃん覚えているか?」「お前に野球を教えた?」「そうだ。そのじーちゃん、先月亡くなったんだ」#42「俺にもよくしてくれたあのじーさん亡くなったのか……」大地は天を仰いだ。「そのじーちゃんが言っていたんだよ。夢うつつに甲子園で洋一が投げる所を見てみたいって」「それで俺の足を踏んだのか?」「じーちゃんには時間がなかった。だからあの時、俺は悪魔に魂を売ったんだよ」#43『ツーアウト [続きを読む]
  • 時代の先をゆく!エクストリーム接待術
  • 接待という概念を持たない動物の一例梅雨は明けたはずなのに、雨が止まない七夕前夜に、こんばんは、たかはしよしぴろです。 やはり、会社役員というビジネスに日々しそしむものとして、(ニートが、ビジー(忙しい)の反意語のようなものだということは置いておき)接待術というものは、やはり重要である。 なんというか、昔はとても邪道視していたのだが、他の会社に見習い、接待術もきちんと考えておいたほうがいいと思うように [続きを読む]
  • オリジナル小説 タイトル「君の魂をください」#50
  • 前回『大地。何下ばっかり見てるんだ』「そう言えば、あのセリフは俺が沈んだ時の洋一の口癖だった。さっき、俺を守ってくれたのは洋一だったんだ」大地がポケットから写真を取り出す。その写真には洋一がふざけてタバコを吸っているところが写っていた。「なのに俺は洋一を信じられなかった」写真を丸める。その外では流星群が降っていた。 #50あれから洋一はどうしただろう?「九回表、ツーアウト、満塁。ピッチャー萩原大地 [続きを読む]
  • 緑の愛
  • いつも使う駅の行き帰りに、デパートの広場を通る。そこは芝生が敷き詰められていて人が座ったり寝転んだり思い思いに過ごせる。私はいつも羨ましく眺めるも、通り道なので通り過ぎるだけ。何とか芝生と接しようとわざわざそこを歩き土と草のやわらかさを足の裏で感じている。その日も芝生をあるっていたら申し訳程度に植えられた木の下に痩せっぽちの中学生が少し体を湾曲させて猫のように寝そべってゲームをしていた。「私も次回 [続きを読む]
  • オリジナル小説 タイトル「君の魂をください」#49
  • 前回友達とは何だろう?連絡先を知っている人?仲のいい人?お互い何でも腹を割って話が出来る人?いや、きっと人生でたまたま出会えた人の事だろう。「大地! 俺たち友達だよな?」「洋一!」その時、風が――。大地が目を開けるとそのベッドの上に洋一の姿はなかった。 #49『大地。何下ばっかり見てるんだ』「そう言えば、あのセリフは俺が沈んだ時の洋一の口癖だった。さっき、俺を守ってくれたのは洋一だったんだ」大地が [続きを読む]
  • オリジナル小説 タイトル「君の魂をください」#48
  • 前回「え!?」「俺が悪魔から貰った力は対象の時間を戻すことが出来るのさ。出来たカップラーメンを元に戻せる様に」「な、何で戻した! 俺はお前を殺すつもりだったんだぞ!」「初めからこうするつもりだったんだ。悪魔に魂を売ると決めた時からな」「どういう事だ?」「一度でよかったんだ」洋一が子供の様な顔をする。「一度じーちゃんの前で投げられれば……。でももうそれも叶った。だから俺のわがままもここまでだ。後は大 [続きを読む]
  • オリジナル小説 タイトル「君の魂をください」#47
  • 前回「洋一? お前は俺を刺したよな?」「刺したよ」「なら何で傷がないんだ」「俺が戻したからさ」 #47「え!?」「俺が悪魔から貰った力は対象の時間を戻すことが出来るのさ。出来たカップラーメンを元に戻せる様に」「な、何で戻した! 俺はお前を殺すつもりだったんだぞ!」「初めからこうするつもりだったんだ。悪魔に魂を売ると決めた時からな」「どういう事だ?」「一度でよかったんだ」洋一が子供の様な顔をする。「 [続きを読む]
  • 明太子の本当の辛さってどうなの?辛すぎと思う原因は食品添加物
  • 今はなくてはならない食品添加物いろいろな加工食品、お菓子等に入っているのは、今や当然と言えるものの、コンビニの弁当はおろか、スーパーマーケットの手作り弁当にさえ食品添加物は入っています。むしろ、今、食品添加物の入ってない加工食品を探すのは難しいと言っていいぐらいです。こういう探し方は確かに今なら出来ることなんですが・・・明太子の辛さって?さて、みなさん、明太子の辛さが、異様に辛いと思ったことがあり [続きを読む]
  • いちご
  • あっという間に梅雨が終わってしまい、もう手の施しようがない日々。知ってた?汗ってこんなにも流れるんだよと普段無口な体が雄弁に語る。ああ夏が、後戻りできなくなってしまった。 最近ハマっているのはいちご味の歯磨き粉。子供の頃おいしく歯磨きができていたのに大人になるとミントになってしまうことに遅ればせながら不服を感じている自分に気がつき思い切っていちご味の歯磨き粉を購入。パッケージには元気なアンパ [続きを読む]
  • オリジナル小説 タイトル「君の魂をください」#46
  • 前回「それで洋一君を玄関で襲ったのは髪の長い赤い服を着た女性だったんだな?」「そうです」「ありがとう。これで犯人はすぐ捕まるよ。では、我々はそろそろ署に戻るよ」二人の男が病室を後にする。その物音で椅子に座っている大地が目を覚ます。「あれ? 何で俺生きているんだ? 確か、洋一にナイフを奪われ、胸をさされたはず……?」「大地。気が付いたか?」 #46「洋一? お前は俺を刺したよな?」「刺したよ」「なら [続きを読む]
  • amazonギフト券を超先着1名様にプレゼント
  • amazonギフト券プレゼント企画となります。 2回目となりましたが、もう最後の企画となりました。 STEP1 応援お願いします。Cookieを有効にしてから、ここを ・タップして応援お願いします。STEP2 amazonギフト券を見たらすぐにamazonアカウントに登録して下さい。ここを して、amazonギフト券を表示する。STEP1で応援をしないと、応募資格はありません。500円の券となります。STEP3 当選した人はできればコメントを [続きを読む]