Ganpon さん プロフィール

  •  
Ganponさん: Ganponブログ
ハンドル名Ganpon さん
ブログタイトルGanponブログ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ganpon26
サイト紹介文趣味の模型作り、ドライブ、旅行など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 296日(平均2.3回/週) - 参加 2018/01/26 23:54

Ganpon さんのブログ記事

  • Arduinoをはじめよう(小型化2)
  • 2018-11-16前回の(小型化1)から2週間経過している。その間、MEGA搭載戦車の赤外線バトルシステムの実験やNANO+サーボドライバPCA9685のテストをしました。左からArduino MEGA、UNO、NANOです。先日、発注していたミニUSBホストシールドがお届け予定日から2日遅れではあるが2週間で深川から届きました。早速、ユニバーサル基板にヘッダーを取付け配線をします。数ヶ所迷うところが有りますが、ネットなどで情報を入手しながら進め [続きを読む]
  • Arduinoをはじめよう(小型化1)
  • 2018-10-31Arduino NANOが届いた。ELEGOO製が3個で1,450円。同社のUNO R3 ボードは1,100円。サイズは1/3程度、価格は1/2程度。助かります。(使いこなせれば。。。。。)早速、1個を組立て(ピンヘッダを基板にはんだ付けするだけ)、「Lチカ」のスケッチを書き込みます。???書き込めない。エラーメッセージが、ネットで調べると、「ツール」→「プロセッサ」→「【ATmega328P】を【ATmega328P(Old Bootloader)】に設定変更する [続きを読む]
  • ArduinoでRC可動戦車(8)
  • 2018-11-09Arduino MEGA 2560を入手できたので、LED出力をPIN22以降に移設します。サーボ出力もPIN46に移設。更に砲塔旋回用のサーボをPIN44に接続。砲塔旋回用サーボは連続回転するように改造済みです。新たに、赤外線バトルシステムの導入を模索。赤外線リモコンの値を読み取り、送信する方法に関して、ネットの記事などを参考に試行錯誤してみます。手持ちのアオシマのVSタンクは難しいですが、童友社のバトルタンクJRの信号は [続きを読む]
  • ArduinoでRC可動戦車(6)
  • 2018-11-04arduinoでサーボの使い方(プログラミング)が上手くいかなかったが、やっと思ったように動くようになった。以下、考えに誤りがあるかもしれませんが、改善した内容を記録します。【改善前】 if (PS3.getAnalogHat(RightHatY) for ( servo_pos; servo_pos myservo.write(servo_pos, servo_sp, true); } }  スティックを上下に倒すとサーボが回転し、離すと止まる様に [続きを読む]
  • 天橋立までドライブ
  • 天橋立までドライブ。往復450km。名古屋高速、名神高速、北陸自動車道、舞鶴若狭自動車道、京都縦貫自動車道、綾部宮津道路を走ります。8時に出発したところ、一宮インター付近で大渋滞。1時間以上の遅延だが、無理はしません。休憩は1時間毎にとります。(ペットのトイレ事情もあるので)三方五湖PAから見えるのは三方湖のみでした。天橋立オートキャンプ場付近までやってくると、こちらも大渋滞。みなさん、駐車できるところを [続きを読む]
  • ArduinoでRC可動戦車(5)
  • 2018-10-30出力ピン不足で行き詰っていたら、ネットでUSBボスとシールドのGPIOが利用できることを知った。早速、デジタル8個のデジタル出力を利用する。前作に対して、Arduinoの3ピンはサーボ用に戻し、ヘッドライト、ストップランプ、砲撃、銃撃の4個のLEDを操作します。因みに、このGPIOは3.3V出力なので注意が必要です。Arduino PS3 Bluetooth controlled tank ver.3 【変更後のスケッチ】/* PS3BT_arduino_tank_2dcmotor_T [続きを読む]
  • ArduinoでRC可動戦車(4)
  • 2018-10-29砲撃時のリコイルアクション+LED点灯、銃撃時のLED点滅(5回)の機能を追加しました。残念ながら、現在のシステムでは出力ピンの空きは3から9までの7個です。DCモータ1個に+、−、PWMの3個が2セットで6個と、LEDに1個で残りゼロです。砲塔旋回、砲身上下などの機能を追加するにはどうするか?Arduino PS3 Bluetooth controlled tank ver.2 【使用パーツ】1.Aruduino UNO R3(ELEGOO)2.USBホストシールド 2.0 for Ardui [続きを読む]
  • ArduinoでRC可動戦車(3)
  • 2018-10-27モータドライバーを従来よく使っていたTB6612に変えます。こちらの方が電圧降下が少なく、より低い電圧で扱えます。実装はArduino用ユニバーサル基板を使い、積み重ねます。入力は3.7V350mAHのLipoバッテリで、100均のモバイルバッテリの中身の昇圧コンバータで5Vを作ります。モータドライブシールドを止めたので、スケッチを書き換えます。特にUSBホストシールドが9ピンと10ピンを使っているので、競合しない様に他の [続きを読む]
  • ArduinoでRC可動戦車(2)
  • 2018-10-23PS3コントローラ、USBシールド、モータードライブシールド、Bluetoothドングルを入手。ジョイスティックで有線コントロールから、PS3コントローラで無線コントロールへ挑戦します。2018-10-24入手したモータードライブシールドのモータ1の出力がPWM制御出来ていなかった。当初はスケッチ(プログラム)の誤りと思い、いろいろ変更したり、使用実績のあるモータドライバに変更するためにスケッチを書き直したり。。。。 [続きを読む]
  • ArduinoでRC可動戦車(1)
  • 2018-10-19arduinoの基礎勉強をしてきたが、このへんで当初の目的であったarduinoでRC可動戦車を動かす計画に入ります。これまでの応用で、ジョイスティックで2個のDCモータをPWM速度可変で動かします。DCモータはモータドライバーを介して動かします。スティック操作と動きは、慣れたVSタンクの仕様に準拠させます。↑で直進、↓で後進、→で右超信地旋回、←左超信地旋回、右斜め上で前進右旋回、左斜め上で前進左旋回、右斜め下 [続きを読む]
  • Arduinoをはじめよう
  • 2018-09-30ふとしたことから「Arduinoをはじめよう 第3版」を古本で手に入れました。記憶力が衰える毎日ですが、67歳になって勉強を始めてみようと思います。読み始めると、直ぐにキットが必要になります。そこでArduino UNO互換機をネットで入手。Uno R3 コントロールボード以外に、ブレッドボード、LED,抵抗、Cds、スイッチ、LCD、モータ、サーボ、リレーなどの教材に使うパーツが入っているので助かります。Arduino IDEはネッ [続きを読む]
  • RC可動化 1/35 タミヤ M26パーシング(完成)
  • 2018-10-18モータドライバは制御側電源VCCとモータ電源VMは分ける様に指示されています。しかし、これまで2電源にせずに1電源でやっていました。ときどき発生する誤動作の原因として考えられますが、別けても解消しないこともあり、1電源のままです。しかし、基板の+側は別なのですが、−側のパターンがものすごく細いことに気が付きました。この線をリード線で引き直して完成としました。ということで、完成写真です。1枚目だけは [続きを読む]
  • RC可動化 1/35 タミヤ M26パーシング(その11)
  • 2018-10-13木箱を載せ、ロープをかけます。ロープはAWG28電線です。フックは省略です。フィギュアを載せます。M2重機関銃は少し手を入れます。墨入れをして艶消しクリアーを吹きます。サイドスカートも付けます。おっと、デカールを貼る前に艶消しクリアーを吹いてしまった。後はデカール、汚しの追加、トップコートで完了です。2018-10-16デカール貼り、泥羽汚れの追加をしました。完成まじかですが、ここで気になることを対処し [続きを読む]
  • RC可動化 1/35 タミヤ M26パーシング(その10)
  • 2018-10-12車体上面と砲塔の塗装をします。今回もMr.カラーのカラーモジュレーションセット・オリーブドラブを使用します。先ず、オキサイドレッドサフを吹きます。次にODシャドーを吹きます。そしてシャドーを残すようにオリーブドラブを全体に吹きます。ODハイライト1を凸部、明るい部分に吹きます。更に、ハイライト1を塗った上に、ハイライト2をグラデーションの先端に吹きます。こんな感じになりました。この先は、残りのOVM [続きを読む]
  • RC可動化 1/35 タミヤ M26パーシング(その9 履帯)
  • 2018-10-10フリウルモデルのM26パーシング用T80E1履帯ATL-145を組立てます。セット内訳は履帯が2種類と0.5mm真鍮線。起動輪、誘導輪周りのRが小さい箇所用が35枚と直線部用が150枚です。因みにタミヤキットのベルトタイプ履帯は82枚、連結可動履帯では84か86枚というとこです。全てが直線部用で良いのですが数が足りません。10枚ごとに曲線部用を1枚使用します。これまで組立てたフリウルの履帯はピン貫通型ばかりでしたが、今回 [続きを読む]
  • RC可動化 1/35 タミヤ M26パーシング(その8)
  • 2018-10-08今日は車体上面の10枚のハッチを開閉可動加工します。中央の4枚のハッチはドリルが届かないので、車体側ヒンジはAWG28電線被覆を利用。ヒンジピンは0.2mm真鍮線です。前の2枚のハッチは貫通せず、両側から0.3mm真鍮線を指します。ハッチ裏の白いものは、ハッチが振動で開かない様にするためのプラ丸棒です。ヘッドライトはチップLEDを組み込みます。2018-10-09引き続き車体上面の組立です。ライトガードや収納箱、ワ [続きを読む]
  • RC可動化 1/35 タミヤ M26パーシング(その7)
  • 2018-10-07手配していたギヤが届いたので、ギヤボックスを改修します。モータ出力軸には前回同様に8Tピニオンギヤを付けます。ギヤボックスは 1段目 24Tクラウンギヤ+12Tピニオンギヤの2段ギヤ(改造品) 2段目 22T-10Tの2段ギヤ 3段目 24T-10Tの2段ギヤ 4段目 24T-10Tの2段ギヤ(10T側は使用しません)4段目の24Tを16Tピニオンギヤで受け、同シャフトに10Tピニオンギヤを圧入し、24Tピニオンギヤとファイナルギヤケース [続きを読む]
  • RC可動化 1/35 タミヤ M26パーシング(その6)
  • 2018-10-04電気回路の接続を済ませ、改めて動作確認をします。すると、又しても少し動くと止まる不可解な現象が発生しています。回路の改良をしたし、何度も動作させていても異常なかったので安心していました。ノイズや電源の問題か?モータを低速タイプに替えると発生しません。電流値を減らすと改善する様ですが、低速モータでは走行速度が遅すぎます。仕方がないので、ギヤボックスのギヤ比を変えて走行速度上げることにします [続きを読む]
  • RC可動化 1/35 タミヤ M26パーシング(その5)
  • 2018-10-03コントロール基板の配置を検討します。砲塔旋回機構が可なり大きくなったので、空きスペースが無くなってきました。コントローラー基盤以外に、走行用モータ、砲塔旋回モータにはモータードライバーが必要です。実装できるのか怪しくなってきたので、実際に配置をしてみます。パーシングはシャーマンよりボデーが低いので、大きな車体のわりに狭いです。フェンダーの位置はほぼ同じですが、ボデーがシャーマンの方が高い [続きを読む]
  • RC可動化 1/35 タミヤ M26パーシング(その4)
  • 2018-09-29今日はほとんど進んでいません。低速タイプのモータに替えて速度を測定したところ、130ノーマルに対して6割程度しか出ないので変更はやめました。ギヤボックスの騒音がかなり大きいので、ガタを軽減させるなど手を加えて改善をしました。2018-09-30砲塔旋回の工作です。今回はタミヤのローフリクションドライブベルトとセンタープーリーを使います。以前にⅣ号戦車で使ったも残りが上手く使えました。モータも以前購入 [続きを読む]
  • RC可動化 1/35 タミヤ M26パーシング(その3)
  • 2018-09-28キットの上部転輪は回らないので可動改造します。車軸に0.8mm貫通穴をあけ、虫ピンを通します。ギヤボックスを自作します。モータは130タイプに8Tピニオンギヤ28T-10Tクラウンギヤ28T-10T2段ギヤ x3(実際には3個目は28T-8T)クラウンギヤは反対側(クラウンの歯の側)に10Tピニオンギヤを接着改造しています。そして16Tピニオンギヤを圧入した2mmシャフトに10Tピニオンギヤを圧入し、24Tピニオンギヤとファイナル [続きを読む]
  • RC可動化 1/35 タミヤ M26パーシング(その2)
  • 2018-09-27転輪の組立です。このキットの転輪は可動サス仕様ですが、第1、6転輪と誘導輪だけです。第2〜5転輪はフリーでサスが有りません。これらの転輪も0.4mmピアノ線のトーションバー方式でサスを効かせます。誘導輪、転輪は回転しますが、ポリキャップでの抜け止めだけでは心配なので、瞬着で固定します。キットのサスアームとピアノ線は強度的に心配なのでゼリー状瞬着で固定と割れ止めをします。ついでに第6転輪のピアノ線 [続きを読む]
  • RC可動化 1/35 タミヤ M26パーシング(その1)
  • 2018-09-25タミヤの1/35 M26パーシングです。アメリカ軍は第2次世界大戦中期ではM4シャーマンを主力戦車としていましたが、ティーガーの戦力には対抗できず終戦の年にやっと投入したのがこのT26E3、M26パーシングだと言う事です。このキットは可動サス仕様ですが、履帯はベルト式です。起動輪の車軸は車体底部ギリギリなので、前作のパンサーと同様にファイナルギヤカバー内にギヤを組み込みます。ファイナルギヤケース内側の改造 [続きを読む]