Ganpon さん プロフィール

  •  
Ganponさん: Ganponブログ
ハンドル名Ganpon さん
ブログタイトルGanponブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ganpon26
サイト紹介文趣味の模型作り、ドライブ、旅行など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 23日(平均5.5回/週) - 参加 2018/01/26 23:54

Ganpon さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 1/35 Ⅳ号戦車・RC可動 製作中(その5)塗装
  • 1/35 Ⅳ号戦車製作(その1)製作開始・車体下部1/35 Ⅳ号戦車製作(その2)車体上部・砲塔1/35 Ⅳ号戦車製作(その3)砲塔旋回とRC可動ユニット組込1/35 Ⅳ号戦車製作(その4)履帯1/35 Ⅳ号戦車製作(その5)塗装2018-02-16塗装の前処理として、全体にオキサイドレッドのサフを吹きます。中性洗剤で洗っておいたので、前回の様な塗装のはじきは有りません。履帯はTS-4ジャーマングレイで表裏を塗装します。次に錆付きをイメージし [続きを読む]
  • 1/35 Ⅳ号戦車 製作中(その4)履帯製作
  • 1/35 Ⅳ号戦車製作(その1)はhttp://blog.goo.ne.jp/ganpon26/e/7b562bb93332f9bdc56e2ff213a458d01/35 Ⅳ号戦車製作(その2)はhttp://blog.goo.ne.jp/ganpon26/e/b159f11512d25f3c77e39d90805baff21/35 Ⅳ号戦車製作(その3)はhttp://blog.goo.ne.jp/ganpon26/e/af9b05e4349d1f52d24e20c203de87422018-02-13履帯の製作です。可動戦車には欠かせないフリウルの金属履帯です。バリ取りと0.4mmキリで穴あけ改修は付きものです。 [続きを読む]
  • 1/35 Ⅳ号戦車 製作中(その3)
  • 2018-02-11砲塔旋回機構の製作に入りました。今回は砲塔内部をそのまま残す為に旋回機構には新たな方法を採用します。タミヤのローフリクションドライブベルトを砲塔に巻付けセンタープーリーで回転させます。センタープーリーの下に写っているのはプーリーに挿入するギヤです。手持ちのギヤのストックにちょうどいいサイズのものが有りました。ドライブするギヤモータは何時ものVSタンクのものです。調整は未だ必要ですが、この方 [続きを読む]
  • 1/35 Ⅳ号戦車 製作中(その2)
  • 1/35 Ⅳ号戦車製作(その1)はhttp://blog.goo.ne.jp/ganpon26/e/7b562bb93332f9bdc56e2ff213a458d02018-02-03今日は節分です。車体下部の組立てがほぼ出来たので、車体上部の組立てに入ります。フェンダーと下部車体との間に隙間が出来ています。接着すれば問題なさそうですが、可動化予定なので接着せずに対処したいのですが........テープで仮固定し、ドライヤーで熱風を当ててひずみ抜きを試みます。多少は改善できましたが隙 [続きを読む]
  • 1/35 Ⅳ号戦車 製作中
  • 2018-01-31寒いというより冷たいという毎日が続いています。さて、今回はトライスター1/35 ドイツⅣ号戦車D型を組み立てます。このキットは転輪のサスが組み立て式で、構造も勉強になるし、可動化の改造も容易とみられるためです。パーツはかなり多いです。サスのパーツ数だけでなく、履帯も1ピースずつ組み立て式など、結構時間がかかりそうで楽しみです。気になっている転輪のサスの様子を確認するために、少しだけ組立しました [続きを読む]
  • 市販ラジコン戦車(RCバトルタンクジュニア T-72)の再塗装
  • 2018-01-27童友社の「赤外線バトルシステム搭載RCバトルタンクジュニア T-72」を購入。定価(税込)3,759円、実売価格2,800〜3,400円。無線(40MHz)コントロールで前進後退、左右旋回、超信地旋回、砲塔旋回、機銃射撃、主砲は音と光と反動の砲撃アクションができます。他にはCCPの1/24ラジコン戦車は実売価格6,000円弱でリーズナブルですね。巷にはフルスペックの数万円〜10万円以上のものも人気があるようですが、私には手が届き [続きを読む]
  • 1/72 SAVOIA S.21F 製作
  • 2018-01-251/72 SAVOIA /FineMolds 完成です。2018-01-18今回は紅の豚に登場するSAVOIA S.21Fを作成します。キットはファインモールドの1/72スケールです。カーチスとの空戦で大破したS.21をミラノのピッコロ社で改修したものです。全様を確認する為に仮組みをします。パーツの合いは悪くないですが、ディテールは今一ですね。パーツの数も少ないので、直ぐに組み上がりそうです。という事では無いのですが、戦車模型のRC可動化で [続きを読む]
  • マイパソコンにトラブル発生
  • 2018-01-25私のノートPCですが、年が明けてWindows 10 Fall Creators Update (バージョン1709 / RS3) がやっと実行されました。しかし、早速不具合発生です。1.SDカードを認識しない。 フォーマットしますかと聞いてくる。 ネット検索の結果、同様の不具合は発生しているようです。(NEC製)2.仕方なく以前のバージョンに戻しました。 そして、もっと重大な不具合発生。 セキュリティーソフト(eset)が動いていないのです。  [続きを読む]
  • 1/48 KV-2重戦車 先行量産型 ビッグターレット (RC可動)製作
  • 2018-01-08砲塔旋回用ギヤを1段増やして旋回速度を遅くさせました。砲塔旋回速度の差を比較2017-11-181/48 KV-2重戦車 先行量産型 ビッグターレット /ホビーボスの完成です。履帯はフリウルモデルの金属可動履帯を使用。可動化はアオシマのVSタンクユニットを移設しました。 2017-11-6ホビーボスの1/48 ロシア重戦車KV-2を製作します。これまで戦車は1/35スケールばかりでしたが、今回は1/48にしました。可動履帯は既にフリ [続きを読む]
  • 1/35 Ⅱ号戦車(RC可動) 再び製作
  • 2017-12-27転輪の位置修正と履帯の張り具合を直しました。タミヤ1/35 Ⅱ号戦車A型の完成です。履帯はフリウルの金属可動履帯を使用。RC化はアオシマのVSタンクユニットを移設しました。改めて完成写真を載せます。 2017-12-20修正前の画像です。左の第5転輪が地についていないですねーェ。もう少し履帯の張りを緩くすることも含めて、手直しする必要がありますね。2017-12-5RC可動戦車の製作も大分慣れてきたので、最初に挑 [続きを読む]
  • 1/35 M3 スチュアート (RC可動)製作
  • 2017-12-41/35 M3A3軽戦車スチュアート/AFV CLUBの完成です。履帯はフリウル金属可動履帯、RC化はアオシマVSタンクユニットを移設しました。サスペンションは簡易方式の可動化です。 2017-11-13アメリカ軍のM3軽戦車スチュアートの製作に入る前に、フリウルモデルの金属可動履帯ATL-98を組み立てます。1/35ですが、軽戦車という事も有り履帯はかなり小さいです。136linksと表記されていますが、通常の直線部用が110枚、への字 [続きを読む]
  • 金沢観光旅行
  • 今日はカミさんと電車で金沢まで観光旅行に出かけました。気にしていた天候も朝方までにはあがり、寒いけれどお出かけ日和です。出発時刻に余裕をとるために、往きは名古屋駅から米原までひかりで行き、しらさぎに乗り換える事にします。乗り換え時間は9分ですが、移動にそれほど時間がかからず余裕で乗り換えできました。金沢駅で最初の目的の鼓門を見た後に、観光ガイドでパンフレットを入手。金沢駅から近江町市場まで1.2km、徒 [続きを読む]
  • 1/48 KV-2の金属可動履帯を組立
  • 2017-11-4次回作の前準備として可動履帯を組立開始します。フリウルモデルの金属可動履帯ATL-4803です。フリウルの履帯を組むのは2回目です。先ずバリを削り取ります。100均で仕入れたスティッククッションやすりが役に立ちました。次に真鍮線を通す穴を0.5mmキリで通し直します。履帯の連結には添付の0.4mm真鍮線を使いますが、予め必要な長さに切っておきます。前回はこの様に外径1.5mmのパイプに挿入すると必要な長さ12mmに [続きを読む]
  • 1/35 九七式中戦車チハ (RC可動)製作
  • 2017-10-311/35 九七式中戦車チハ/タミヤの完成です。履帯はヴィジョンモデルズの可動履帯を使いました。 2017-10-13今回は日本の戦車です。九七式中戦車チハ 1/35タミヤ製です。大戦時の日本戦車を作るのは初めてです。古いキットのせいか、1/35サイズでもサスペンションアームは車体と一体です。2〜5転輪はシーソー可動の改造は出来そうです。誘導輪は車軸をキットの樹脂製から3X6アルミリベットに替えて、接着トラブルを避 [続きを読む]
  • 1/35 タイガーⅠ (RC可動)改修完了?
  • 2017-10-05パワー不足を改善検討中です。先ず、トルク不足のメインモータを変更します。駆動回路基板のモータドライブ回路のスペックが不明なので様子を見ながら変更します。手元にあったギヤモータを接続してみたところ問題なさそうです。ケースを改修しギヤモータを入れ替え、関連してギヤボックスも変更します。モータ出力軸の向きが駆動輪軸と直行するため、初段はピニオン:平ギヤではなく、ピニオン:クラウンギヤの組み合わ [続きを読む]
  • 過去の記事 …