Ganpon さん プロフィール

  •  
Ganponさん: Ganponブログ
ハンドル名Ganpon さん
ブログタイトルGanponブログ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ganpon26
サイト紹介文趣味の模型作り、ドライブ、旅行など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 174日(平均1.6回/週) - 参加 2018/01/26 23:54

Ganpon さんのブログ記事

  • RC可動 1/35 タミヤ Ⅲ号突撃砲B型 製作(その3)
  • RC可動 1/35 タミヤ Ⅲ号突撃砲B型 製作(その1)RC可動 1/35 タミヤ Ⅲ号突撃砲B型 製作(その2)RC可動 1/35 タミヤ Ⅲ号突撃砲B型 製作(その3)2018-07-17完成間際に片側の起動輪が回らなくなりました。ギヤモータのギヤボックス内部でギヤが噛んでいるようにも見えます。ギヤボックスを分解していますので、確認のため再度カバーを外して確認したところ初段のウォームギヤを受けるハスバギヤの位置を間違って取り付けていまし [続きを読む]
  • RC可動 1/35 タミヤ Ⅲ号突撃砲B型 製作(その2)
  • 前回までで一応完成と言う事ですが、砲身の上下RC可動化、可動履帯、そして完成までを(その2)で記録します。(その3)の登録時に誤って(その2)を全文消してしまいました。そこで、記憶をたどりながら復元しました。RC可動 1/35 タミヤ Ⅲ号突撃砲B型 製作(その1)RC可動 1/35 タミヤ Ⅲ号突撃砲B型 製作(その2)RC可動 1/35 タミヤ Ⅲ号突撃砲B型 製作(その3)2018-07-16クーラーの効いた部屋で履帯の連結作業に入ります。 [続きを読む]
  • RC可動 1/35 タミヤ Ⅲ号突撃砲B型 製作(その1)
  • RC可動 1/35 タミヤ Ⅲ号突撃砲B型 製作(その1)RC可動 1/35 タミヤ Ⅲ号突撃砲B型 製作(その2)RC可動 1/35 タミヤ Ⅲ号突撃砲B型 製作(その3)2018-07-11コマンダーのヘッドホーンが大きすぎるのでプラ棒などで作り直します。ついでにガソリンタンクとシートを搭載させました。2018-07-11以前作ったⅣ号戦車の履帯ATL-02を装着してみました。巾は短いですが、歯には何とかかかります。上手く走行できています。ならばという [続きを読む]
  • 初夏の白川郷
  • 急に思い立ってカミさんとペットと一緒に白川郷までドライブすることになりました。片道2時間強の道程です。通常なら休憩は1回なのですが、カミさんとペットが一緒なので2回のトイレ休憩を取ります。ひるがのSAでは、よく晴れていたので大日岳のスキー場がよく見えました。10時過ぎに村営せせらぎ公園駐車場(料金1000円)に到着。ペットにはちょっときつい日差しです。神田家の合掌造り家屋はペットを抱いて見学する事ができまし [続きを読む]
  • 1/35 タミヤ M3スチュアート後期型
  • 2018-06-23今朝、予約発注していた本キットが届きました。M3スチュアートは人気があるのでしょうか?新製品として発売されました。早速、中身を確認します。4月初めには白箱で入手した外国の方がYouTubeで製作事例を紹介しています。その時は薄いグレーでしたが、製品版の色はオリーブドラブで成形されています。ゴム履帯の表面側には成型時のピン跡等なく、丁寧な作りです。このキットに履かせる可動履帯は既に用意していますが、 [続きを読む]
  • 1/72 ハセガワ F-35ライトニングII (B型) U.S.マリーン
  • 2018-06-21何とか完成です。画像を すると拡大します2018-06-21最終のトップコートは艶消しクリアーとします。今回は初めてクレオスMr.カラー GX114 スーパースムースクリアー〈つや消し〉を使ってみます。メーカーの説明では「”塗膜を滑らかに!”をコンセプトに開発された新しいラッカー系つや消しクリアー塗料」との事です。エアブラシで満遍なく吹いてみると確かにザラツキは少ないようです。重ねすぎると粒が表面に散 [続きを読む]
  • 1/72 ハセガワ B-17G フライングフォートレス製作
  • 2018-06-04エンジン排気周りの塗り忘れがあったので、修正して再撮影しました。因みに、機体の設定は第8空軍第91爆撃大隊第322爆撃中隊 チャウ・ハウンド機です。画像を すると拡大します水平尾翼の左右の角度がズレていますね。落ち着いたら修正しておこう。2018-06-03何ヶ所か修正をして、なんとか完成です。今回B-17のために陳列棚を増改築しました。2018-06-02残りのデカールを貼り、墨入れ、ウェザリングをします [続きを読む]
  • 1/35 Ⅱ号戦車(RC可動) 製作(三度目)
  • 2018-05-19タミヤ 1/35 Ⅱ号戦車C型 完成です。画像を すると拡大します2018-05-19フィギュアの組立です。塗装は山口塗りを参考にしました。全体に艶消しブラックを吹き、ウェザリングスティックで凸部をドライブラシ後に艶消しクリアーで保護。マスキングしてフレッシュで皮膚の着色、細部の筆塗りをします。2018-05-18デカールを貼ります。第4機甲師団・第36戦車連隊 第2大隊 第2中隊 第1小隊 6号車の設定です。Ⅱ [続きを読む]
  • M3スチュアートの可動履帯・フリウルモデル
  • M3スチュアートの可動履帯・ブロンコM3スチュアートの可動履帯・モデルカステンM3スチュアートの可動履帯・フリウルモデル2018-05-11フリウルモデルのM3スチュアート用の金属可動履帯を組み立てます。以前にも製作していますので、今回が2度目の製作です。パーツは、エンドコネクター一体の履帯内面部とパッド(表面)、0.4mm真鍮線です。但し、履帯内面部は110個の平面部用と、40個の曲線部用(への字形)が入っていて、M3スチ [続きを読む]
  • M3スチュアートの可動履帯・モデルカステン
  • M3スチュアートの可動履帯・ブロンコM3スチュアートの可動履帯・モデルカステンM3スチュアートの可動履帯・フリウルモデル2018-05-05モデルカステン製のM3/M5軽戦車用履帯を組み立てます。M3スチュアートの可動戦車化では既に使われている様なので、どんなものか私も試すことにしました。先ず、シャフトを上下のパッドで挟んで接着します。タミヤセメントを使いますが、筆は流し込みタイプに替えています。シャフトに接着剤が付か [続きを読む]
  • 1/35 タミヤ M3グラント(RC可動)製作
  • 2018-05-04OVMパーツを搭載し、艶消しクリアーでトップコートをします。ピグメントで泥汚れを再現して完成です。残念ですが、キットのゴム履帯ではきつくて第1・6転輪が浮いてしまってます。画像を すると拡大しますそして動画です。2018-05-03丸めたキャンバスシートなどを取り付けるサイドラックをプラ板で作ってみました。2018-05-02クリアトップコートを吹いてから、デカールを貼ります。第7機甲師団の設定です。赤 [続きを読む]
  • M3スチュアートの可動履帯・ブロンコ
  • M3スチュアートの可動履帯・ブロンコM3スチュアートの可動履帯・モデルカステンM3スチュアートの可動履帯・フリウルモデル2018-04-20何とか左右の履帯を組み上げました。しかし、テスト走行の度に何処かが破損します。特にシャフトがコネクタの付け根で折れることが多く、03.mm真鍮線に置き換え修理をしました。Ⅱ号戦車のモデルカステン履帯の時を思い出します。下の画像で向かって左がキットのゴム履帯、右がブロンコ可動履帯 [続きを読む]
  • 1/35 タイガーⅠ (RC可動)スピードアップ改修
  • 2018-04-14秋月電子の2chモータドライバAE-TB6612 (350円 送料別)を利用してモータ出力をアップして走行スピードを上げることにトライしました。前回(2017-10-10)に、モータとギヤの変更で出力アップ、走行スピードアップを試みましたが1/35スケールスピードで9.9km/hという結果で、満足できていませんでした。今回は市販のモータドライブユニットを利用して改良してみました。具体的には現行のVSタンクユニットとモータの間にAE- [続きを読む]
  • かかみがはら航空宇宙博物館
  • 2018-04-12かかみがはら航空宇宙博物館に行ってきました。お目当ては、今回修復展示されている「飛燕」です。2018年3月24日にリニューアルオープンしたのですが、学校の春休み中は敬遠して、本日行ってきました。地元に近いといっても道中結構混んでいて、地道を走って1時間半ほどかかりました。午前11時ごろ到着しました。駐車場は無料で約550台停めれます。平日のせいもあって、すぐに駐車できました。入場料は大人800円、中学生 [続きを読む]
  • DIY(床と壁紙)
  • 2018-04-084月5日から3日間で寝室の床と壁紙のリフォームをしました。1年前までにリビングの壁紙や階段、2階廊下の床と壁紙の張替えをDIYでコツコツ進めていましたが、膝の手術をしたため1年間は休止状態でした。膝は完治したわけではないですが、暖かくなってきたので意を決して作業の再開をしました。計画では寝室の床はカーペット張りからフローリングに替えるつもりでしたが、寝室のベッドや家具を全て部屋から出さないとでき [続きを読む]
  • 膝半月板切除 術後1年経過
  • 2018-04-10昨年の3月15日に内視鏡による膝半月板切除手術を受けて1年経過しました。本日、MRI検査と診察を受けてきました。MRI検査の結果では、膝関節のすり減り部に隙間ができ、水が溜まってきているとのことです。確かに、ここ最近、膝が以前より痛くなっています。ちょっと無理したせいもあるのかと思っていたところでした。ひどくなるようなら人工関節ということになるが、当面は継続してリハビリを続けながら様子をみて、適宜 [続きを読む]
  • 1/72 メッサーシュミットBf109E-4製作
  • 2018-04-16最後のトップコート(艶消しクリアー)で白濁が発生し、表面をコンパウンドで削り手直しをしました。キャノピーのマスキングを剥がしたところ、ノリが残っていたのリムーバーを使ったら表面を荒らしてしまいました。修正作業は上手くいかず、曇りガラス状になってしまいました。仕方がないので、以前製作したものとキャノピーを取り換えました。この時に照準器を紛失してしまい、透明板で似たものを手作りして対処。プロ [続きを読む]
  • 1/35 タミヤ 自走榴弾砲M8 (RC可動)製作
  • 左からM3A3スチュアート軽戦車、M3A1スチュアート軽戦車、M8自走榴弾砲です。2018-03-31ピグメントで車体の泥汚れをもう少し強調して完成としました。車体後部に乗せた錘のせいで第1転輪が浮いているトラブルは後部の重りを半分にし、中央にも錘を追加して対処しました。更に後退時の誘導輪アームの突っかかり現象はストッパーを入れて抑制しました。画像を すると拡大します。動画です。2018-03-30デカールを貼 [続きを読む]
  • AT-M6 STAR WARS/バンダイ 製作
  • 2018-03-22AT-M6はスターウォーズ 「最後のジェダイ」に登場するファースト・オーダー軍の重武装機動式ウォーカーです。情報によると実機の全高は36.18mで、キットは65mmなので1/550スケールとなります。気分転換と孫へのプレゼントを兼ねてサクッと製作しました。塗装は、先ずライトグレイのサフを吹きます。ジャーマングレーでシャドー塗装します。C13ニュートラルグレーをパネル毎に吹きます。ウェザリングをします。目の部分は [続きを読む]
  • 1/35 タミヤ M3 スチュアート (RC可動) 製作
  • 1/35 AFV CLUB M3A3 スチュアート (RC可動)製作1/35 タミヤ M3 スチュアート (RC可動)製作2018-03-21デカールのボツボツは未だ治りませんが完成としました。 そして動画です。2018-03-20車体をもう少し汚しました。そして、デカールを貼ります。ヨーロッパ戦線の第3機甲師団第32機甲連隊A中隊12号車のマーキングです。2枚にブツブツができています。乾いたら消えるといいのですが…2018-03-19墨入れ、ウェザリングなどの処 [続きを読む]
  • 1/72 ユンカース Ju87B-2/R-2 スツーカ 製作準備中
  • 2018-02-28エアフィックスのユンカース Ju87B-2/R-2 スツーカを作ります。久々の大戦機です。急降下爆撃機ユンカースの名前だけは少年雑誌で50年以上前から知っていました。組立て説明書に日本語表記は全くなく、カラー番号もハンブロールカラーで一寸面倒です。念のため、中性洗剤でパーツを洗います。指定のハンブロールカラーのMrカラー近似色を入手後に製作開始します。 [続きを読む]
  • RC可動1/35 Ⅳ号戦車製作(その6)完成
  • 1/35 Ⅳ号戦車製作(その1)製作開始・車体下部1/35 Ⅳ号戦車製作(その2)車体上部・砲塔1/35 Ⅳ号戦車製作(その3)砲塔旋回とRC可動ユニット組込1/35 Ⅳ号戦車製作(その4)履帯1/35 Ⅳ号戦車製作(その5)塗装1/35 Ⅳ号戦車製作(その6)完成2018-2-22RC可動ユニットの最終接続と調整を終了。破損したパーツの修復、塗装の手直しなども終了。多少手こずりましたがトライスター1/35 ドイツⅣ号戦車D型の完成です。 動画も紹介し [続きを読む]
  • 1/35 Ⅳ号戦車・RC可動 製作中(その5)塗装
  • 1/35 Ⅳ号戦車製作(その1)製作開始・車体下部1/35 Ⅳ号戦車製作(その2)車体上部・砲塔1/35 Ⅳ号戦車製作(その3)砲塔旋回とRC可動ユニット組込1/35 Ⅳ号戦車製作(その4)履帯1/35 Ⅳ号戦車製作(その5)塗装2018-02-16塗装の前処理として、全体にオキサイドレッドのサフを吹きます。中性洗剤で洗っておいたので、前回の様な塗装のはじきは有りません。履帯はTS-4ジャーマングレイで表裏を塗装します。次に錆付きをイメージし [続きを読む]
  • 1/35 Ⅳ号戦車 製作中(その4)履帯製作
  • 1/35 Ⅳ号戦車製作(その1)はhttp://blog.goo.ne.jp/ganpon26/e/7b562bb93332f9bdc56e2ff213a458d01/35 Ⅳ号戦車製作(その2)はhttp://blog.goo.ne.jp/ganpon26/e/b159f11512d25f3c77e39d90805baff21/35 Ⅳ号戦車製作(その3)はhttp://blog.goo.ne.jp/ganpon26/e/af9b05e4349d1f52d24e20c203de87422018-02-13履帯の製作です。可動戦車には欠かせないフリウルの金属履帯です。バリ取りと0.4mmキリで穴あけ改修は付きものです。 [続きを読む]