普通の社労士 さん プロフィール

  •  
普通の社労士さん: 普通の社会保険労務士が独立開業したら
ハンドル名普通の社労士 さん
ブログタイトル普通の社会保険労務士が独立開業したら
ブログURLhttp://syarousi888.wp-x.jp/
サイト紹介文普通の社労士が独立開業してみました。独立準備のポイント、独立してからの運営を中心に書いてます。
自由文社会保険労務士試験、社会保険労務士運営、人事労務管理、求人・起業・転職について、小売業やサービス業の管理職経験、などについて書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 170日(平均3.4回/週) - 参加 2018/01/27 14:56

普通の社労士 さんのブログ記事

  • 社労士事務所の営業活動・方法(14)
  • ② どんな業種でも、新規参入等が活発に行なわれないような業種は、将来的に衰退してしまう。私は大学生のときは経済専攻でしたので、学生時代に、まずは体系づけられた知識を学習し獲得しました。また、卒業後には、就職先の民間企業でそういった知識を活用するような部署(企画・マーケティング部)に配属されたことで、学生時代に得た知識を利用して、自ら企画を立案&実行していました。そのため、経済についてはそれなりに学 [続きを読む]
  • 上手くいく転職・就職活動「面接でのポイント(2)」
  • 面接の受け答えのポイントとしては学生時代の国語(英語)のテストを思い出して欲しいです。学生時代のテストというのは、回答のポイントとして、出題者(企業側・面接官)が、回答者(求職者)に何と答えて欲しいかということを質問から感じ取るということが重要でした。また、テストで重要なことは、分かりやすく、端的に答えることです。これと同様に、返答を面白く(形容詞・副詞などを多く使う)するなんてことは、面接では全 [続きを読む]
  • 独立したら気をつけること「 顧問契約を解消する方法(2)」
  • (2)無茶な労務提供を半強制されたこれは、どのような流れだったかと言いますと、この企業をBとすると、Bは昔ながらの社長(社長歴40年以上、年齢70代)がすべての決定権を持っている、典型的なワンマン企業でした。この企業も、顧問契約の前にいつものように雑談をしたのですが、この雑談の時点で私の在住地方都市で、とても有名な社労士事務所は、 考え方が合わなかったんだよねという話をされていたので、ちょっと嫌な予感 [続きを読む]
  • 社労士事務所の営業活動・方法(13)
  • 私はこのブログで、実状についてかなり赤裸々に書いているために、ある方から、「ここまで書いてしまって、(私に)マイナスの影響があるのではないでしょうか(=真似をするような方が出てくるのではないか)」という心配のメールを頂いたことがあります。そのお気遣いは大変ありがたいのですが、私は全くその心配をしていません。それは何故かと言いますと、① 私の在住都市において30代40代の(若手の)社労士が少ない。この年 [続きを読む]
  • 上手くいく転職・就職活動「面接でのポイント(1)」
  • ※ 仕事柄、顧問企業さんの面接に同席させていただくことも 多いので、求職者に最低限分かってもらいたいことを、 このテーマでは記載していこうと思います。 1.目的と手段を取り違えない口下手な人は「私は面接が苦手です」とよく言います。ただ、それは、面接というものの本質を勘違いして認識していると思います。当然、会話(≠コミュニケーション)が得意な方は、会話を長く続けることは得意だと思います。ただし、ここで気 [続きを読む]
  • 上手くいく転職・就職活動「自分の能力の棚卸し(7)」( 終 )
  • 前述(6)した、雇用のミスマッチの解消には、企業側にも求職側にも大きなメリットが発生します。企業側のメリット① 本当に必要な求職者を雇用することが出来た!② 必要な求職者ということを理解しているので、この人にだったら、時間や費用をかけて無駄にならないということが分かる!③ 必要な求職者ということを理解しているので、これ以降、採用活動を行なわなくて済むことになり、それに費やす、時間と費用が浮く!求職者 [続きを読む]
  • 独立したら気をつけること「 顧問契約を解消する方法(1)」
  • 他の士業先生との雑談によると、他の先生方もこういった企業を多数持っているそうで、その対応に苦慮しているということでした。私も、Aのような企業さんとは長くお付き合いしたいわけではありませんので、どうにかして縁を切りたいと思い、約半年ほど時間と労力をかけて、円満にお別れすることが出来ました。その方法として、まずは、(1)電話がかかってきても、その電話には出ない。(2)折り返しは少し時間をかけてからする [続きを読む]
  • 社労士事務所の営業活動・方法(12)
  • (4)人事労務お知らせメール人事労務関連については、(通常)年に何度か気になるニュースがあります。ここ2〜3年で言えば、某広告代理店からの長時間労働問題 モラハラなどのハラスメント問題などが、企業側の対策必要問題として発生しています。最近は、人事労務問題に関して厚生労働省の動きが活発で、上記のような、ワイドショーなどで大きく取り上げられた問題に関して、何らかのアクションを取ることが一般的です。相手 [続きを読む]
  • 上手くいく転職・就職活動「自分の能力の棚卸し(6)」
  • さらに、この「所持スキルの棚卸」作業の有用なところは、自分(求職者側)がスキルを再認識出来るだけでなく、企業側が(こちらが意図していないのに、勝手に) 企業側に必要なスキルを見つけ出してくれるというところです。就職や転職活動において、企業側が、是非とも求職者に所持していて欲しい、つまり、企業側が本当に必要としているスキルというものは、求職者側が、(求人票などからでは)知ることは不可能です。ですので [続きを読む]
  • 独立したら気をつけること「 社労士の顧問契約(5) 」
  • ここからは、顧問契約締結のデメリットについて記述します。(1)顧問契約を結ぶと、適正な料金を請求出来ないこれは、企業側が「都合の良い士業」と勘違いした場合に発生してしまうデメリットです。ここでいう「都合の良い」とは、○ 何か問題があっても、解決してくれるだろうという「信頼感」というものではなく、● 顧問契約を結んだのだから、とりあえず何でもやってくれるんだろうという、「士業という存在を軽んじている [続きを読む]
  • 社労士事務所の営業活動・方法(11)
  • 他のテーマでも記述してきたように、基本的に、相手方企業と、細く長くつながりを保つということが、事務所の運営に役立ちます。しかし、何も無い時期に(突然)連絡をしてしまうと、相手方も「私達のことを忘れたわけでは無いのだな。ちゃんと気にかけていてくれたのだな」といったプラスの感情を抱くよりも、「これはただ単に営業の連絡か?」と思ってしまい、連絡をとったとしても、その場合の雑談が弾むことは少ないため、もた [続きを読む]
  • 上手くいく転職・就職活動「能力の棚卸し⑤」
  • 皆さんも、自分の人生や能力の棚卸しを書いたものを読み返してみると、(私の想像ですが)自分の価値観からすると、あまり大したことの無い(特に他人よりも優れていることでは無い=他人に披露する意味が無い)と思う内容が大半ではないかと思います。ただ、この(大したことの無い)人生経験等が、私の場合、今の社労士という職業(=様々な経験とコミュニケーションが必要になる)の場合には、前述のように、大変役に立っている [続きを読む]
  • 独立したら気をつけること「 社労士の顧問契約(4) 」
  • (2)(1)の面談の内容から、企業側が想定していなかったような重要な労務が判明する可能性が高い。企業側としては、ある労務を行なって欲しい、もしくは何らかの問題があるので相談に乗って欲しいという意図で、士業へ面談の申し込みをすることがほとんどです。ただ、面談を進めていくと、企業側が当初全然考えていなかったこと(例えば、36協定は「毎年」提出必要があるなど)を面談の内容から見つけることが出来ます。さらに [続きを読む]
  • 社労士事務所の営業活動の方法 (10)
  • (3)年賀状私は、毎年(片面の相手方住所の記述だけですが)筆ペンや小筆を使用して、手書き風年賀状を、今までお世話になった企業さんに郵送します。私は、特に、筆字が上手とまでは言えません(初段程度)レベルですので、見栄えが良い年賀状になる、という理由から使用している、という訳ではありません。では、どういった理由(狙い)のために、このような年賀状を作成しているかといいますと、相手方にインパクトを残すため [続きを読む]
  • 転職・就職活動で重要な事とは「自分の能力の棚卸し④」
  • (4)社会人二十代Ⅰ.小売業勤務時代「数十名の直属の部下(しかも10代〜60代までの女性がほとんど)を相手にして毎日やり繰りしていた人事労務経験」「(ブラック企業と呼ばれるような企業で)出世をした経験」「南東北〜北関東を転々と転勤した経験」Ⅱ.学習塾チェーン塾長時代「授業を行なうことで、大人が理解し辛い思春期真っただ中の小学生〜高校生までの男女と関わった経験」「保護者面談やその他日常の運営で、自分より [続きを読む]
  • 上手くいく転職・就職活動「能力の棚卸し④」
  • (4)社会人二十代Ⅰ.小売業(スーパー)勤務時代「数十名の直属の部下(しかも10代〜60代までの女性がほとんど)を相手に毎日やり取りしていた人事労務経験」「(今ならブラック企業と呼ばれるような企業で)出世した経験」「南東北〜北関東を転々と転勤した経験」Ⅱ.学習塾チェーンでの塾長時代「授業などで、大人が理解し辛い思春期真っただ中の小学生〜高校生までの男女と関わった経験」「保護者面談やその他日常の運営で、 [続きを読む]
  • 独立したら気をつけること「 社労士の顧問契約(3) 」
  • 前述( ② )のことを実施するメリットは、(1)定期的に面談をすることによって、相手企業側へ「きちんと仕事をしていますよ」というアピールになります。もちろん、アピールをすることが主目的ではありませんが、士業というのは、企業側からすると、業務のイメージがしづらい(業務を他場所で行なうため)ので、目に見える業務の行ない方をする、ということは重要です。また、企業側に、士業として忙しいのに関わらず、毎月訪問 [続きを読む]
  • 社労士事務所の営業活動の方法 (9)
  • (2)年度更新・算定基礎届これも社労士の定番の手続きです。こちらは一回数万円を請求出来ますので、請求金額的に大きく、運営の助けになります。また、専属事務員を雇用しているなど、事務を日常的に、継続的に、きちんと行なっている企業さんの場合でしたら、手続きのための必要書類や情報が、こちらがあらためて収集を依頼しなくとも手元に揃っている可能性も高いため、コスパ?も良いと思います。この手続きを依頼してくれる [続きを読む]
  • 転職・就職活動で重要な事とは「自分の能力の棚卸し③」
  • では実際の例として、私の人生を棚卸してみますと、各時代において、様々な方々との雑談に利用出来るような役立つ話題がありました。(1)小学〜中学時代他の人よりもかなり病弱で、ほぼ毎年のように「入院と手術を繰り返し」ていました。ということもあり、外でおもいっきり遊んだり、修学旅行など子供が楽しみな学校行事などにはあまり参加出来ないといった制約のある少年時代を過ごしていました。⇒「自分が病気がちで悩んでい [続きを読む]
  • 上手くいく転職・就職活動「能力の棚卸し③」
  • では、実際の例として、私の人生を棚卸してみます。各時代において、様々な方々との雑談に利用出来るような役立つ話題がありました。(1)小学〜中学時代他の人よりもかなり病弱で、ほぼ毎年のように「入院と手術を繰り返し」ていました。ということもあり、外でおもいっきり遊んだり、修学旅行、学習旅行など子供が楽しみにしている学校行事などにはあまり参加出来ない、といった色々制約のある少年時代を過ごしていました。⇒「 [続きを読む]
  • 独立したら気をつけること「 社労士の顧問契約(2)」
  • まず、私は顧問契約を締結する場合、一企業一月「3〜5万円」の料金契約を結びます。正直な話、もう少し(5〜8万円程度)頂いても何の問題も無い企業さんも多いのですが、この範囲での契約にしています。その理由としましては、(1)三万円未満だと、相手企業の場所が遠い場合や労務の内容によっては、赤字になってしまう可能性がある。(2)五万円以上だと、相手企業側からの(無理な)要望に  対して拒否することが難しく [続きを読む]
  • 社労士事務所の営業活動の方法 (8)
  • 前述( ⑦ )の流れでイメージしやすいかと思いますが私の業務の一つとなっているのが、他士業先生との橋渡し役です。ほとんどの会社さんとは、ある業務について一度面談すると、そのままお茶などを頂きながら、一時間程度話す形になりますが(面談の内訳は、約10分仕事・約50分雑談)、その雑談内容は、社労士業務を飛び越えていることが多いため、最終的に、担当者から「○○さんのほうで、誰か良い人は知ってませんか?」のよう [続きを読む]
  • 転職・就職活動で重要な事とは「自分の能力の棚卸し②」
  • 前述( ① )したことは、「転職活動」にも重要で、相手方(今回は企業)が求めている(必要としている)ことが、こちら(今回は求職者)に正確に伝わっていない、もしくは求職者が理解しようとしないことが、今、問題となっている「雇用のミスマッチ」に繋がってしまっていると私は思います。一般的な求職者の考えとしては、転職活動をなるべく短期間で少ない回数で終了させたいことが望みで、転職活動からのストレス等から解放さ [続きを読む]
  • 上手くいく転職・就職活動「自分の能力の棚卸し②」
  • 前述( ① )したことは、「転職活動」にも重要で、相手方(企業)が求めている(必要としている)ことが、 こちら(求職者)に正確に伝わっていない、 もしくは求職者が理解しようとしないことが、今、問題となっている「雇用のミスマッチ」に繋がってしまっていると私は思います。一般的な求職者の考えとしては、転職活動をなるべく短期間で少ない回数で終了させたいことが望みで、転職活動からのストレスから解放されたいのです [続きを読む]
  • 独立したら気をつけること「社労士の顧問契約①」
  • 社労士が独立開業していくためには「収入源の多様化が必要」ということを( 前述 )しました。収入源の多様化のために『 顧問契約 』は必須といえます。今テーマでは、顧問契約を結ぶ際の注意点と、結ぼうとしている際に気を気を付けたほうが良い点と、結んだ後に発生する(可能性の高い)問題点などを、私の経験を踏まえて記述していきたいと思います。まず、顧問契約というものは、簡単に説明すると「士業が毎月決まった(契約し [続きを読む]