apfel-tasche さん プロフィール

  •  
apfel-tascheさん: 生活するように旅するブログ
ハンドル名apfel-tasche さん
ブログタイトル生活するように旅するブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/apfel-tasche/
サイト紹介文ドイツを拠点にヨーロッパの旅を楽しんでいます。旅で出会った面白いことを発信してゆきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 175日(平均3.2回/週) - 参加 2018/01/27 11:17

apfel-tasche さんのブログ記事

  • 寂しいココロ
  • さて、キュートな彼女の続きになります。長文ですので、オキラク、ゴクラクに読み飛ばしてくださいね(???)彼女の恋のお相手は、大学の講師。イギリス育ちで、大学は日本。博士はイギリスの有名な大学で取得しているとのことでした。彼とは共通の知り合いでした。彼女の恋の応援のためapfelが食事に誘うと、快諾してくれました。3人で食事をし、apfelは途中でフェイドアウト。その後、2人きりになると…彼女は講師から酷く傷 [続きを読む]
  • 日本の皮膚科
  • 3週間前くらいから、生活がガラッと変わりました。現在の職場のそばの神社。実は母校の裏にあります??学生時代によくお参りしてました。最近は豪雨災害に遭われた方々のためのお参り(祈り)になってます。新しい環境やアカデミアの心の傷のこともあってか、2週間前あたりから、ん⁇クチビルが腫れて痛いのです。石原さとみちゃんみたい??はじめのうちは萌え萌えだったものの…心の声:厚かましいですな(;ω;)朝起きて鏡を見る [続きを読む]
  • ドイツのラボ
  • 前回の続きのまえに、ちょっとブレイク詳しくはキュートな彼女をご覧ください。今回は、ドイツのアカデミアについてです。apfelは大学に再入学をしたことは、前回の通りです。大学に再入学した目的は、どうしてもやりたい実験があったからです。実験を一度走らせてしまうと、もう止める事ができませんそれこそ、盆暮れ正月関係なしに実験していました。ドイツのラボも日本のラボもあまり変わらないなーと言うお話です。例えば、白 [続きを読む]
  • キュートな彼女
  • 先週末、スマホが故障してしまったため、以前使っていたiPhoneでブログ書いてます。心の声:まだ半年しか使ってないのにさて、前回の続きになります。彼女と仲良くなったのは、大学に再入学し、同じ講義を受けていたのがきっかけでした。(ドイツに行く前の話です)同世代とは思えないくらい若々しく、明るくキュートというのが、ファーストインプレッション。同世代ということもあり、すぐに意気投合。深夜まで話し込むことも。仲良 [続きを読む]
  • シュニッツェルとの出会い
  • 先日、シュニッツェルが主催するシンポジウムに足を運んできました。男の人は、シゴトしている時が一番キラキラしていて、カッコいいなーと主催場所がお互いの母校。シュニッツェルとの出会いも、ここでした。懐かしさと同時に、やっぱり今でもアカデミアの独特な文化に馴染めないな…徐々に不快感が…前職の本部に退職のご挨拶に伺う予定もあり、早めに席を立ちました。前職の上司やメンバーと飲みに行ったときは、よかったので [続きを読む]
  • ドイツのスーパースターJogi
  • ご無沙汰しております。ドイツ負けてしまいましたな。Y(>_<、)Y 試合観ましたが、にわかファンのaplelですらありゃないでしょ〜〜〜 というスキだらけのピッチ(;°皿°)ん〜〜ヨギはスーパースターにはなれんでしょうな ドイツ代表の監督である博多華丸・大吉似のヨギこと、ヨアヒム・レーフのことでございます。 コーフンしてあらぬところに手がいったりと、その行動にも興味津々の方もいらっしゃるのでは Jogiの奇行がみた [続きを読む]
  • コウモリの住むお城
  • まだみーちゃんがこの世に生を受ける前の話ニャ。apfelがかつて生活をしていたビーレフェルドという街がドイツにあるらしいニャ。 この街には、小さいながらお城があるそうにゃ。今はドイツ中から観光客が訪れる観光名所となっているらしいにゃん。 ビーレフェルドのシンボルは このお城と城主(知らん)とかつてお城に住んでいたコウモリたちらしいニャ。 ドイツのマツキヨことdmのビーレフェルドのご当地エコバッグ。おみやげ [続きを読む]
  • 恵比寿 レスパス
  • 先週の土曜日恵比寿の日仏会館のレスパスで、華族でランチと相成りました。 数年前、シュニッツェルがシンポジウムのコーディネーターを務めたことがきっかけで何かあるとレスパスで食事を楽しむことが多くなりました。 シンポジウムの中身は、フランス人特有の哲学(知性)が凶と出て話が脱線し、apfelは何を言っているのか理解ができなくなりました 壇上にいるシュニッツェルは脱線を軌道修正するものの、最後にはフランスのイ [続きを読む]
  • トイレの音姫さま:イタリア人の感覚
  • たしか、去年のこの季節だったような・・・ マカオ大学の教授であるモニカが学会で横浜にやってきたのです。 モニカとは、2014年にシュニッツェルの同伴でマカオを訪れた時からのおつきあい。マカオ大学の教員たちはなぜか欧州(ことにイタリア人)が9割を占めているというフシギな雇用だったりします。 学会終了後、シュニッツェルがモニカを天ぷらディナーに招待しました。 シュニッツェルが席を立つと、うれしそうに日本で撮 [続きを読む]
  • さらば?おバカな丸の内ライフ
  • 昨日が最終出勤日でした。ウソみたいに涙が止まらないapfelです お花と最後のプレゼントたちを両手いっぱいに抱え(腕がちぎれそう)たくさんの想いやメッセージに胸いっぱいになり涙で目がかすんで、文字が見えません!!。゚(T^T)゚。 心の声:誰かこの涙を止めてくれいっっ 終わってみて、とんでもなく思い入れのある会社だったのだな〜実際はまだ在籍中なんですがね 母やシュニッツェルから 長い間、ご苦労様でした。たくさんの人 [続きを読む]
  • ところ変われば・・・
  • ご無沙汰しております。 先週は仕事もプライベートもバタバタと事が動きまして、まったく余裕がありませんでした。 また、しばらくは仕事をしないでノンビリしようと思ってましたがあっという間に次の就職先が決まってしまい、景気のよさに驚いております。 心の声:仕事があわなかったらどうしよう。。。不安になってきました。 アナがドイツから東京に遊びにきてくれました。外国人といると、東京でも見る風景だったり、感じ方 [続きを読む]
  • ドイツ文化センター
  • 最近はめっきり足が遠のいてしまいましたがかつて毎日のようにドイツ文化センターにお世話になっていたことがありました。(クライアント先があったため) 今はもうないのですが、かつてノイエスというオーストリア料理を出すレストランが入っておりたまにランチをしたりと優雅な時間を過ごしていました。(仕事中だというのに) ノイエスの後、ちがうレストランが入ってから、生ビールのマシンができまして・・・これまた人気で [続きを読む]
  • ドイツ魂とサッカーワールドカップ2018 
  • ぐーてんもる元気ですかーーー!いいお天気ですにゃ! apfelは残業続きで、毎日夜の9時ごろおウチに帰ってくるニャ。晩ごはんはシュニッツェルが気まぐれに作ってるけど、メニューがザ・ドイツ! 白金高輪のクィーンズISETANにあるアイスバインがシュニッツェルの大のお気に入り。晩ごはんはアイスバインなんだよ〜〜 日本食が恋しくないのかな?残った骨でダシを取ったスープがかな〜〜り美味しかったという皮肉なおはなし。 今 [続きを読む]
  • シュニッツェル帰国
  • シュニッツェルが帰国し、仕事帰り白金で飲んでます。日本に帰国しても仕事のことばかりで、ライプツィヒで購入した毛抜きを自慢げに見せびらかしてました。そして東京は夜になると寒いとのたまう。心の声;外勤のaplelは汗まみれですわん〜〜久しぶりに会いましたが、マイペースでうらやましい限りです 最後まで読んでいたきありがとうございます読者登録していただけるとうれしいです [続きを読む]
  • 1980年代のガイドブック:生活するように旅するススメ
  • apfel、丸の内に帰ってきて、モーレツ仕事人間化しています。 現事業部のオシゴトが立て付けどおりで本当につまんない〜〜〜といいつつ、モーレツに仕事してるって apfelの場合、コミュニケーションを取るのが何よりも大好きコミュが良好だからということにしておきましょう! 丸の内で1週間のお疲れさまのイチゴのケーキを華族+自分に買って帰りました。 さて!待ちに待った週末! 納戸を整理していたら、何とも古めかしいガ [続きを読む]
  • 黄色いソーセージ:皮あり?皮なし?
  • 皮ありが好きですか?それとも皮あり?焼いたもの?ゆでたもの? これはソーセージについての質問です。 ドイツ人にとってソーセージ(Wurst)は切っても切れない関係にあります。 さて 日本に帰国する前、ミーナが住むフランクフルトに立ち寄りました。 ドイツらしい木組みの建築物がステキマグデブルグにはこういう歴史的な建物は戦争で破壊されてしまったためないのです レーマー広場のマルクトに行列ができているソーセージ屋 [続きを読む]
  • イモ専門店への道:その②
  • あっという間の日曜の夜。明日からの通勤ラッシュに憂鬱になるapfelです。 さて、ちょっとした人だかりができているイモ専門店へ。※詳しくはイモ専門店への道:その①をご覧ください。 入り口にメニューがあるので、見てみると 当たり前ですが イモだらけです さすがドイツのソウルフード! 今までイモ専門店がなかったのがフシギなくらいです、はい。 メニューにたかる人たち。アーチ看板もイモのキャラクターがお出迎えです。 [続きを読む]
  • イモ専門店への道:その①
  • つい最近まで暮らしていたマグデブルグは何処へ。すっかり故郷になじんでいるapfelでございます。 とはいえ、現事業部に異動になってからドイツに興味があるオフィスメンバーがいなくて残念だなぁ〜と思う今日この頃。 やっぱりパリのほうがおみやげにしても、オフィスの人々の興味度も高い気がするのは気のせいでしょうか なんだか癪にさわるのでドイツのおもしろスポットを独断と偏見で紹介します! マグデブルグからいちばん [続きを読む]
  • 大統領のように働き、王様のように遊べ
  • 後任者が仕事のセンスがなく、日本人なのに日本語が通じません。何度も説明しても理解してもらえず、閉口しているapfelです心の声:本当にスペシャリストなのかな?疑念が消えません。。。おかげで本来の自分の業務が後回しになり、残業を余儀なくされてます。ため息??その昔、残業をしていると、シュニッツェルに大統領のように働き、王様のように遊べといわれたことがありカッコいいなーーーと思ったら、栄養ドリンク剤のCMの [続きを読む]
  • 刷毛じょうゆ海苔弁 山登り
  • 妹マッキントッシュの彼から、お弁当の差し入れ。刷毛じょうゆ海苔弁 山登り 海んんんん??`刷毛じょうゆ海苔弁`までは意味が分かるのですが、山登り 海って??山登りと海は、相容れないような。。。に、日本語が理解できないapfelいやいや、そうでなくっシャケ弁が"海"っていうネーミングらしいです。さっそくいただきますうわーーっ、おいしい日本のお弁当はいいですね〜やさしくて、ホッコリします。GINZA SIXにあるお弁当屋 [続きを読む]
  • ばらまきみやげ
  • 帰国して、金曜日に社会復帰してきました 通勤ラッシュもなんとかこなし、オフィスに足を運ぶと。。。 メンバーはオフィスでずっとずっと一緒に仕事していたかようにおかえりなさ〜い と、迎えてくれました。ありがたや さて、日本独自の文化だな〜とおもうのがばらまきみやげです。 ドイツでは、バラマキみやげの文化はなく自分の誕生日にケーキを焼いてオフィスで振る舞うというこれまたフシギな文化が存在します。 その際に「 [続きを読む]
  • カプリソーネ
  • ドイツの皮膚科について、あたたかいコメントありがとうございます 海外で病院にお世話にならないことがいちばんなんですが何かあった時のためにご参考になれば幸いです。 今後、保険のことなども書いていければと思っております! さて、久しぶりのフランクフルト。ミーナとともに帰国することになりました※ミーナについてはオバケの産地?デンマークその①をご覧ください。 フランクフルト空港でカプリソーネを購入。 子ども [続きを読む]
  • ドイツの皮膚科
  • ちょっと前の話ですが、不気味な吹き出物+肌荒れが手に負えなくなり皮膚科を受診してきました。 子どもの頃から肌が弱く、皮膚科とは一生お友達状態。 現在は寛解していますが10年前に乾センという皮膚病に突如悩まされ、現在に至ります。 シュニッツェルとかつて生活していた医学部の病院を受診してみました。(かなしいかな、かかりつけ病院がココだったのです)病院に到着!ここから街へと出かけていた懐かしの場所です。 [続きを読む]
  • ドイツのタマゴは美味しい(’-’*)♪
  • apfelは買い出し要員で、料理はシュニッツェルにおまかせ状態。さすがに申し訳なくapfel「いつも夕飯作らなくてゴメンね」シュニッツェル「朝食は作り慣れているから気にしないで」会話が噛み合っているような、いないようなそれよりも、ドイツのタマゴがとてもおいしいから紹介してほしいとのこと。確かにドイツのタマゴは新鮮で、味がすごーく濃厚なんです写真はビーレフェルド時代の朝食。。。ベーコン1枚って朝食をしっかりと [続きを読む]
  • ドイツ流:体調管理
  • 先日、日本のオフィスと密にやり取りしたせいかちょっとお疲れ気味(GW前にとのことだったので、短納期!) 体調がイマイチ優れない時や、仕事踏ん張らなければならない時などはドイツ流のビタミン摂取法を取り入れてます。 写真の容器に何が入っているかといいますと、ビタミンタブレット。2リットルの水に、タブレット1つを溶かして飲みます。 2リットルはあくまで目安。 水の量が少ないと甘い!多すぎてもうす〜いので味加 [続きを読む]