ALH EXPRESS さん プロフィール

  •  
ALH EXPRESSさん: ファイティン! 頑張れ、韓国女子アイスホッケー代表
ハンドル名ALH EXPRESS さん
ブログタイトルファイティン! 頑張れ、韓国女子アイスホッケー代表
ブログURLhttp://fanblogs.jp/alhexpress/
サイト紹介文国際政治に翻弄されて右往左往する韓国女子アイスホッケー国家代表チームを応援します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 19日(平均2.9回/週) - 参加 2018/01/27 17:36

ALH EXPRESS さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ドンマイ!!
  • 平昌オリンピック開幕式では聖火リレーの最終点火者として元フィギュアスケート選手のキム ヨナさんが登場、韓国では今も人気健在の彼女のパフォーマンスでおおいに盛り上がったようですが、そのキム ヨナさんに聖火を手渡すために女子アイスホッケーの韓国代表パク チョンア選手と北朝鮮代表のチョン スヒョン選手が一足早く合同で聖火台の120段の階段を登りました。この場面はリハーサル無しのぶっつけ本番だったとのこと [続きを読む]
  • 平昌五輪女子アイスホッケー放送予定
  • ついに平昌五輪開幕を迎えました。各国各競技の選手の皆さんには精一杯実力を発揮して悔いのない試合ができることをお祈りします。さて、日本やコリア、スウェーデン、スイスが決勝トーナメントへのプレーオフ参加2枠を争う女子アイスホッケー競技のB組は本日初戦を迎えます。この後、16:30から日本VSスウェーデンの試合はNHK総合テレビとTBS系列で生中継、コリアVSスイスがNHK BS1で21:35から録画放送の予定となって [続きを読む]
  • 南北単一チーム”コリア”VSスウェーデン テストマッチ詳報
  • 去る2/4(日)、平昌オリンピック女子アイスホッケー競技に予選リーグB組にエントリーする各チームのうち日本を除く3ヶ国が練習試合に臨みました。アジアリーグアイスホッケー、デミョンサンムの本拠地として日本のファンにもおなじみのソウル、コヤン アイスアリーナで2/1からキャンプを行っているスイス代表チームは同地で優勝候補筆頭のカナダと対戦、0−10という惨敗に終わった模様です。得点経過しか資料が無いの [続きを読む]
  • 最後のピースは女子高生ゴーリー
  • 韓国の第3ゴーリー(北朝鮮のイ ポム選手は除き)、ジェニー キム ノウルージュ選手についてこれまで情報を掴みかねていましたが、断片的な情報がありましたので紹介したいと思います。ジェニー キム選手カナダ ブリティッシュコロンビア州バンクーバー出身の17歳、1歳時にバンクーバーの韓国系移民である母親のもとに渡る。現地になじんでほしいという母親の意向でフィギュアスケートを経て当地の国技であるアイスホッケ [続きを読む]
  • 緊急生中継!女子アイスホッケー プレ五輪マッチ コリアVSスウェーデン
  • 平昌五輪開幕まで1週間を切りました。韓国では代表チーム本番の試合はもちろん、事前の練習試合である本日のスウェーデン戦もチケット完売で、非常に注目を集めています。本番の予選リーグでも直接対決する『トリクロウン』(三つの王冠、スウェーデン代表チームの愛称)にどこまで食い下がれるのか、北朝鮮選手の適応状態やライン構成はどうか、など見どころ満載です。韓国では今回の代表チームに反対する声も多く、何故か両国の [続きを読む]
  • 北朝鮮のアイスドール
  • ピョンチャンオリンピック開幕を目前に控え、先週は日本代表スマイルジャパンがドイツ、チェコを相手に3戦3勝と好調ぶりを見せつけました。一部では決定力に不安などの報道もありましたが、元々強豪国との戦いでは粘り強く喰らい付いて接戦に持ち込み終盤に走り勝つのが持ち味のスマイルジャパン、プラン通りの仕上がりを見せているのではないかと思ってます。一方、日本と予選同組で戦う韓国では、韓国・北朝鮮南北合同チームの [続きを読む]
  • 南北合同チーム”コリア”始動
  • 1月25日、北朝鮮から南北合同女子アイスホッケーチームに参加する選手12名と関係者が鎮川(チンチョン)国家代表選手村(ナショナルトレーニングセンターみたいなもの?)に到着、韓国の代表チームに合流しました。日本でもテレビ、ネット、新聞などで大きく取り上げられており、北朝鮮選手の姿を目にした方も多いと思います。ちょっと堅い表情で武骨な感じでしたが、思ったより明るい一面も見せてくれましたね。韓国国内では [続きを読む]
  • 南北合同チーム結成決まる
  • 遂に、というか、呆気なく、韓国と北朝鮮の南北合同チームの結成が決まりましたね。韓国政府はオリンピックの成功、戦争回避、そして政権支持層へのアピール、など、いろいろな動機があったみたいですが、この件に関しては国際的な孤立も辞さないほどの相当に強い意志を持って進めているようで、まあスポーツ選手とか普通の人たちがどうにかできるレベルではなかったようです。IOCや国際アイスホッケー連盟も乗っかっちゃっては [続きを読む]
  • 過去の記事 …