mimimi さん プロフィール

  •  
mimimiさん: ぼっちの主婦のアスペルガー日記
ハンドル名mimimi さん
ブログタイトルぼっちの主婦のアスペルガー日記
ブログURLhttp://nyaonnyaonn586.blog.fc2.com/
サイト紹介文ご近所でも嫌われる、ぼつちの主婦
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 16日(平均5.3回/週) - 参加 2018/01/28 07:14

mimimi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • その後の住宅街
  • DSC_5255 / com52067今は、毎朝5時6時から聞こえてきた隣人のボール遊びの音も毎日毎日道路を占領され敷地内をも遊び場にされたことも全部嘘みたいに静かです。静かになった住宅街で平穏な日々を取り戻した時に子供が欲しかったことでも、あの状況では難しかったこと。そして、自分に子供がいないからこそいろんなことを勇気を出してできてけれどもしも、いたら?私が苦情を言ったせいで子供がいじめられたら?そう思うと出来なかっ [続きを読む]
  • 解決までの道のり
  • R0040703.JPG / coloredbyご近所さんの記事に関しては自分心の整理のつもりで書いていたのですが、書いていて、人の悪口みたいになっていったので、ここでやめておきます。悪口をかいても、誰の為にもならないと気が付いたからです。解決に至った、大まかな流れは、学校に相談する↓一応ボスママと話し合いをしてみる↓話が通じなかったので、全員の名前を学校に報告↓学校の方で子供達を個別に指導↓ボスママのご主人が謝りにくる [続きを読む]
  • お茶会でされていた会話
  • コーヒー / yto新築の家を、売って引っ越すというのは随分損をするものだと思います。売りに出した途端に、新築だったはずのものが、中古住宅になるわけですから。間には必ず不動産屋が介入してピンハネしていくわけですから。それは、たいていの夫婦の人生を変えてしまう金額なのです。他人の人生を変えてまで、道路で子供を遊ばせることが必要なんでしょうか?お茶会での彼女たちの会話を聞いていると「道路と他人の敷地で子供を [続きを読む]
  • 隣の子供がうちの前の道路でクルミを割っていた日
  • 庭の芝刈り / JIRCAS夫は毎日、ストレスで切れまくる私に、諭すように言いました。「隣の家族に大人は一人もいない。小さな子供が4人いるだけなんだよ。大人だと思うから腹が立つだけなんだよ。と。近所の子供達が小学校に上がり一番年長の子が小学校の高学年になった頃4軒の道路族は、平日も休日も、ほとんどどこにも出かけることもなく道路とよその敷地を満喫して遊ぶようになっていました。隣の女の子は近所のガキ大将となり、 [続きを読む]
  • 隣の子供がうちに向かって砂利をバットに当てて振っていた日
  • baseball_000003 / Ren Saijo隣の子供がまだ、小学校に上がる前だったと思います。ある日、家の中にいると、バンというような大きな音と衝撃がありました。玄関の方を見ると、隣の子供が素振りのような恰好でバットを振ろうとしているところでした。うちに向かって。私は、玄関に駆け出して、「何してるの?ダメでしょう‼」とかなんとか言ったと思います。しかし、その子供は私をじーっと見るだけで、何も言わないのです。いつも我 [続きを読む]
  • ずるがしこい
  • 19星峠・美人林D5(17.5.2) (140) / BJTENKINZOKUさて、前回の雪かきの続きです。誰も読んでくれている気配のないこのブログですが、自分の心の整理をつけるために、書くことにします。隣の奥さんは、自宅前の道路の雪を、うちの前の道路の雪と一緒にうちの敷地の方に寄せていた頃は、「そっちもついでだから、やっといてあげたよ」という態度でしたが、私と、反対側の隣人がすでに雪をかいてしまっていたため、自分の敷地 [続きを読む]
  • 雪が降るたびに思い出すこと
  • 野良猫 / psycho.mato人間の記憶というのは、その時々の精神状態に合わせたものが選びだされて呼び起こされるのだそうです。その時が楽しければ、楽しかった記憶その時が辛ければ、辛かったこと。雪が降るたびに思い出してしまうことがあります。これは、思い出す必要があるから、思い出すというか。隣の奥さんは、うちの前に向かって自宅前の道路の雪をかいてしまうので、雪がつもりそうな時には、奥さんよりも、先に出て雪をかい [続きを読む]
  • 道路でのボール遊びはこうしてやられるようになった
  • 住宅街の猫 / sabamiso起こった出来事に、自分の責任ではないことはないと思っています。私の近所に道路族が4軒も揃っていたことは、不運なことなのかも知れませんが、その不運も、自分で引き寄せたことであり、あの人達を憎んだり恨んだりすることではなんの解決にもならないとなのだと、思っています。さて、お隣の奥さんたちは、よその敷地と道路を使って、大変のびのびとした子育てをされていました。彼女たちの感覚は、「この [続きを読む]
  • お茶会に呼ばれたことが全ての悪夢の始まりだった
  • a href="http://nyaonnyaonn586.blog.fc2.com/img/DHuYGIiXYAExYZ2.jpg/" target="_blank">お隣の家族が引っ越ししてきたのは、この住宅街の中で一番最後でした。しかし、道路でたむろする道路族たちとは、もともとの知り合いらしく、まだ家が完成する前から、さっそく井戸端に励んでいました。隣の奥さんは、美人で可愛い感じの人で、私にも個別に話しかけてくれ、子供のことで迷惑をかける。こちらの敷地に入っていくかもしれな [続きを読む]
  • 道路族はこうして日に日に近づいてきた
  • このカテではご近所の、道路族との戦いの日々を綴ります。現在辛い思いをしていらっしゃる方の、少しでも参考になればと思います。そして、もしも、知らず知らずに、自分が道路族になってしまっている人達がこの記事を読むことで、自分の行いを顧みるきっかけとなれば、幸いです。道路を占領して子供を遊ばせる行為は、道路交通法に違反する、犯罪行為です。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0fe81c60.a13a08b5.0fe81c [続きを読む]
  • ご近所でも仲間外れ
  • このカテゴリーでは、私が近所の道路族と、戦った日々を綴ります。時系列は現在進行形ではありません。過去の回想です。私はアスペルガーで変人として生きる主婦なのですが、一見して、身だしなみなどは普通にしていますし、「普通の人」を意識して振舞っているつもりなのですが、それでもご近所からは、仲間外しにされてしまってました。理由の一つは多分、「子供がいないから」ということだと思います。近所の子持ち達は、みんな [続きを読む]
  • 普通の人はこんなこと考えないと思う
  • はじめまして。40過ぎて、アスペルガーという言葉を知り、自分がそれに当てはまることを確信しました。アラフィフの主婦です。子供は作りませんでした。私に似てしまったらろ、かわいそうだという理由からです。夫に何かあったら、今は専業主婦でも必要な時には働けるということではないのに、リスクの大きい、「子育て」という作業は私には、無理だと思ったのです。特別な能力のないアスペルガーが高度なコミュニュケーション能力 [続きを読む]
  • 過去の記事 …