keikaisanpo さん プロフィール

  •  
keikaisanpoさん: 全面警戒散歩
ハンドル名keikaisanpo さん
ブログタイトル全面警戒散歩
ブログURLhttp://yaplog.jp/keikaisanpo/
サイト紹介文散歩の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 96日(平均0.9回/週) - 参加 2018/01/28 20:18

keikaisanpo さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 番外散歩~変わる廃墟展 2018編~
  • 「変わる廃墟」というのは、廃墟ってこんなに〇〇(ポジティブワード)なのね!!!という、廃墟に対するイメージがイイ意味で変わるという意味合いだったと思います。もちろん、廃墟は綺麗だし優雅だけど、当方の鑑賞法としては少しのスケベを織り交ぜる。中でもお気に入りの五線黒板とソファーのある部屋の廃墟。スケベ何ともスケベである。この教室が現役だったころからソファーが置かれていたとは思えないが、初めからあった体で [続きを読む]
  • お散歩その6〜大船観音編〜
  • 巨像という言葉自体がB級さをはらんでいると思いませんか?ということで大船観音へ行ってきました。やはりこちらも比較的地元でして、さらには幼児の頃から小6になるまで大船の塾に通っていたため、とても慣れ親しんだ駅です。しかしながら、大人になって改めて目の前に広がる景色が少々異様だなと思いました。チラリ。「観音様は恋人を待っていたら、ああなっちゃったんだよ」と母に教えてもらいましたが、日本に数多く残ってい [続きを読む]
  • お散歩その4〜横浜のブロンズ像編〜
  • 以前から気になっていた横浜のブロンズ像たち。前回散歩した私の地元とは比べ物にならない数のブロンズ像たちが乱立しているとの情報をゲットした。こちらでは動画で紹介したものの中から、抜粋で紹介いたします。そして前回のブロンズ像で注視した、「恥じらいのなさ」や「躍動感」も引き続き踏まえながら比較していこうと思います。【No,1 ぴゃあ!】ぴゃあ!に尽きます。下調べの段階で、体が金色であるということに目が行きが [続きを読む]
  • 番外散歩〜マイベストコーポを探して編〜
  • 好きなんです、コーポが。コーポはマンションに比べて、住んでいる方々の生活を想像しやすい気がします。バイト漬けの女の子が力仕事の現場で「オメェも少しは女らしくしろよガハハハ」なんて言うデリカシーのないオッさん上司の一言に枕を濡らしているかもしれませんし、奥さんの死を受け入れられないまま「飲む打つ買う」をやめられないおじさんがそろそろ「おじいさん」に突入する現実を前にしてため息まじりの昼下がりを過ごし [続きを読む]
  • 番外散歩〜クラブハウス編〜
  • 一駅電車に揺られただけで到着しました。「旧藤澤カントリー倶楽部」です。現存する南欧風の建築では日本最古だそうです。ゴイスー。そんなゴイスーな建築物ですから、やすやすとは見せないヨと言わんばかりのあなたの歩幅は!「あなたの歩幅は?」ではなく「あなたの歩幅は!」だと、迫り来るものがあります。ここを通る人みんなが「そうですね…私の歩幅は…」となってしまうでしょうね。自分の歩幅を確認しつつも到着です。立入 [続きを読む]
  • 番外散歩〜古い寺編〜
  • 市内最古の寺「感応院」を散歩してきました。何やら回転する堂があるみたい。現在は近所のキッズが回しすぎたせいで、回転全面禁止になってしまったそう…。コノヤロかなり落ち着いた空気を漂わせる境内に水を差すような「ここで遊んではいけませんシール」が気になります。(写真左下をご残照ください)そしてこちらが、かつてキッズにグルングルンにされていたお堂です。軽い気持ちで回せるような外観ではありません。当方、身長 [続きを読む]
  • お散歩その4〜タコ公園編〜
  • 寿司ネタにもなっている動物が公園の主役に大抜擢されていることをご存知でしょうか。そう、タコ公園「◯◯市立◯◯公園」という正式名称があったとしても、「タコ公園」と呼ばれてしまうなんて、もうそれはデザイナーのせいでしょう。パンダやゾウ、キリンなどの子供に人気のある動物たちを差し置いて、ブニョブニョ軟体動物であるタコをチョイスし、設置するだけでは気が済まないのか、滑り台へとアレンジするデザイナーの頭は控 [続きを読む]
  • 節分とはいえ
  • 昨年12月に仕事で上海へ行っていた知人から、1ヶ月越しのお土産をもらいました(この時点で賞味期限の心配があったので、ありがと〜と受け取るも食わないこと80%ほど決心)。「怪しい味の豆って書いてあったから買ってきたヨ〜」とのことで実物がこちら。パッケージのド直球さで十分に中国を味わうことができるので、食べずに明日の節分で投げる豆として使用します。知人本人にもそう伝えると、「それイイねぇ〜」とアホ全快な回 [続きを読む]
  • お散歩その3〜恥じらいのないブロンズ像編〜
  • ブロンズ像は大抵の場合で全裸。さらに躍動感のあるポージングで日本各地に点在している。しかし、その存在の大半が老朽化しており、景色に馴染んでしまっているのが現状です。全裸なのに?あれだけ目立つポージングしておいて?ブロンズ像の現状について整理すれば整理するほど、???な存在であることはお分りいただけたであろう。その???はさておき、どれほどブロンズ像の皆さんの恥じらいがないのか、この目で確かめてみよ [続きを読む]
  • 番外散歩〜旧根岸競馬場編〜
  • 初めての廃墟散歩は旧根岸競馬場でした。朝、目が覚めると、「さて、今日は廃墟行かないと」という気分に占拠されていました。簡単な下調べ(後に後悔することとなります)を終えて、テキトーな感じで向かいました。当方ガラケーのため、迷うことになってしまいました。充電不足のWi-Fiを持参するわけにもいかず、たどり着いた場所は「根岸なつかし公園」ココドコーーーー。想定外の寄り道に納得がいかないまま、とりあえず寄って [続きを読む]
  • お散歩その2〜屋上神社編〜
  • もっぱら近所しか行き来しない私ではありますが、まずは生まれ育った町への興味関心を経てからでないと、東京に繰り出すなんてタブーだと考えております(私だけの問題なので皆さんはどうかご自由に…)。何の疑いも持たずに、単なる生活する町として親しんだはずが、ひょんなことから表情を変えてくるのです。慣れ親しんだデパートのフロアガイド。屋上 フットサルコート・テニスコート小学生の頃の私は、デパートの屋上でスポー [続きを読む]
  • お散歩その1〜ミニゴーストタウン編〜
  • 「ふらっと寄れる廃墟ないかなぁ」そう思ったのです。「遠出したくないから、なんなら廃墟がこっち来て」くらいのニュアンスです。もちろん、そんなわけにもいかず(ズコー)。検索すれば、すぐに見つかる時代に感謝しかありません。しかしながら、「廃墟」と検索すると、ついでに「心霊スポット」までヒットしてしまいます。これは、いかに。気を取り直して、、、どうやら近所に飲食店街の廃墟があるらしいッ!ということで、いつ [続きを読む]
  • 過去の記事 …