Bacchus Ishigaki さん プロフィール

  •  
Bacchus Ishigakiさん: Photo Life
ハンドル名Bacchus Ishigaki さん
ブログタイトルPhoto Life
ブログURLhttp://www.photolife.ilovemanta.jp/
サイト紹介文日々の生活の中でちょっと残したいなと思った瞬間やカメラの思い出などを綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 318日(平均1.9回/週) - 参加 2018/01/29 00:07

Bacchus Ishigaki さんのブログ記事

  • 柿の木のある風景
  • 12月も中旬に入り、急激に冷え込んだ奈良大和路。ちょうど一週間前は夏日になろうかという暖かさだったのに、10度を切る寒さでジェットコースターの如く上下する気温に体がついていくのも大変。紅葉の季節も終わり、寂しい風景に唯一映える渋柿。柿の葉も落ち、実が目立つようになってきた。干し柿にするにはサイズが小さいので人も採らず、渋柿は鳥もあまり食べないので実が多く残っている。4本の柿の木を重なるように真横から撮 [続きを読む]
  • 當麻寺西南院
  • 11月最後の週は少し寒さが緩んだけど、朝晩はやはり冷える奈良大和路。今年は明日香村で紅葉を撮影したので十分かなと思っていたけど、當麻寺西南院の紅葉が美しいと新聞に記事が掲載されていた。季節ごとに訪れているお気に入りの當麻寺。そんな記事を見ると行きたくなる。本堂に参拝した後、お目当ての西南院へ。西南院を参拝するのは初めてで西塔のすぐ横にある。ちょうど御本尊の特別公開期間で3体の観音菩薩様を近くで見るこ [続きを読む]
  • 石舞台古墳
  • 奇妙な石造物が多くある明日香村。その中でも最も大きな石舞台。元は方形墳で古墳上部の土が失われ、棺を入れる石室部分が露出しているので他の石造物のように用途不明というわけではない。構築時期と大きさから蘇我馬子の墓ではないかと言われている。子供の頃、見た時はもっと大きかったような気がした。大人になってからの印象とはちょっと違う。石舞台にとって何回目の秋だろうか。 [続きを読む]
  • 橘寺の秋
  • 11月最後の週は少し寒さが緩み暖かい師走の入りになりそうな奈良大和路。紅葉はどこも見頃の便り。以前は自転車で談山神社まで行ったこともあったけど、最近は腰痛でたどり着く自信がない・・・平坦なルートで行くことができる明日香村へ向かった。明日香村は紅葉スポットとしては有名ではないけど、どの寺院も庭には季節を楽しめる木々がある。以前初夏に訪れた時、楓の木がいくつかあったので一度紅葉の時期に訪れたいと思ってい [続きを読む]
  • 佐保川と若草山
  • 11月も後半になり、一段と季節が進んだ奈良大和路。晴れた日の昼間は暖かいけど朝晩は結構冷える。佐保川沿いの桜の紅葉も葉が落ち、枝が目立つようになってきた。いつも散髪に行く時に立ち寄る大宮橋からの若草山。大和路の好きな風景の一つ。今日はいつもより時間が遅かったので早出の月が登っていた。 [続きを読む]
  • 光陰矢の如し
  • 気がつけば、もう11月。あっという間に時は過ぎ、2018年も終わろうとしている。先週は夜が冷え込んで、慌てて暖房器具を物置から出したのに、今週は夏日になろうかというおかしな気候。11月にしては気温の高い日が続く。そんな気候にもかかわらず、今年の庭花の最後を飾る菊がいつもどおり咲き始めた。今年は変な気候で植物にとっては良い年とは思えないけど、昨年より花の量が多い気がする。夏の暑い時期も草取りしたのが良かった [続きを読む]
  • 秋桜
  • 11月に入り、秋を通り越していきなり冬がやってきたような曇り空の奈良大和路。時折太陽が顔を見せるけど風が冷たい。近くまで行ったので、藤原宮跡に立ち寄る。秋はコスモスがきれいな藤原宮跡だけど、シーズンもそろそろ終わりで天気もあまり良くなかったので訪れる人も少ない。コスモスの花はまだ咲いていたけど散っている花も多く、なかなかきれいなアングルがない。8月終わり頃から咲き始めるキバナコスモスは秋になってもた [続きを読む]
  • 秋の味覚
  • 秋は美味しい旬の食べ物がたくさんあって体重の増加が気になるところ。魚系が好きなので秋刀魚はこの季節によく食べる。でも昨年は漁獲量が激減したので旬の秋刀魚を食べることができなかった。今年は夏頃、北海道の秋刀魚が去年以上に状況が悪いとの報道があって、今年も食べられないかなぁと思っていた。でも9月に入って豊漁の知らせ。そろそろシーズンも終わり頃なので本日は食べ納めになってもいいように秋刀魚二尾付きの定食 [続きを読む]
  • 柿が成るなり・・・
  • 気持ちのいい秋晴れが続く奈良大和路。ようやく秋らしくなってきたと思いきや、朝晩は結構冷え込んで冬っぽい服装をしている。木々の葉っぱが色づき始める季節に柿の実もだんだんと色づき始める。奈良は柿のイメージがあるけど、実際に柿の木が非常に多い。昔からある道沿いには必ずといっていいほど柿の木がある。気候的に柿が育つのに向いているのかなぁでも柿の生産量は和歌山県に次ぐ第2位で日本一ではない。柿の葉の生産量は [続きを読む]
  • 酢橘
  • 数年前に庭にある酢橘の木が大きくなったのでいくらか枝を切ると、それ以来実をつけなくなった。それまでは50個位は収穫できたので知り合いに配ったりしていたんだけど、切りすぎて機嫌が悪くなったのか全く花が咲かない。それが今年はどういうわけか一つだけ実をつけた。全く気づかず黄色っぽくなっていたので食べ頃を逃してしまったけど、秋刀魚食べる時に使えばよかったな。子供の頃からみかんの木があって、実を収穫するためと [続きを読む]
  • 芙蓉
  • 秋のお彼岸が過ぎ、今年も芙蓉の花が咲き始めた。6月頃に結構枝を切ったのに夏の間に大きく育ってたくさんの花が咲いた。特に手入れもしないのにあまり虫もつかずによく育つ。川沿いを自転車で走っていると太く大きく育った芙蓉の木をたまに見かけるけど、そうなっては困るので頻繁に枝を切り、ちょっと手間のかかる存在になってきた。 [続きを読む]
  • 秋晴れ
  • 久しぶりにすっきりと晴れた秋晴れの奈良大和路。こんなに晴れたのは今シーズン初めてかも。体育の日に絶好のサイクリング日和。曽我川沿いに南下して橿原方面へ。川沿いの田んぼでは実りの時期を迎えてきれいな黄金色。曽我川から眺める二上山。田んぼや柿の木が秋の装い。稲刈りが終わるとお祭りの季節。次の週末は地車が通るとの案内看板をよく見かけた。奈良の地車は泉州地方ほど大きなものではないけど。 [続きを読む]
  • 実りの秋
  • ようやく秋らしい気候になってきた奈良大和路。相変わらず雨が多いけどたまには晴れる。大和郡山の番条辺りの田んぼは実りの時期を迎えている。でも週末はまた大きな台風が直撃しそうだけど大丈夫かな。そろそろ曼珠沙華の時期も終わり。今年は夏の暑さのせいか、きれいな曼珠沙華を見つけにくかったな。 [続きを読む]
  • 韮の花
  • 以前は母親が庭の一角で野菜を育てていた。今はもうやってないけど、その時に育てていた韮が残っていて、徐々にその勢力範囲を広げている。前は時々、餃子を作る時に使っていたのだけど最近は全く使わないので伸び放題。そしてこの時期に白い花が咲く。いい香りなのか、蜜がおいしいのか、いろいろな昆虫がやってきた。花に潜るハナムクリ。二匹の蜂は花に潜って何をしているのか・・・ [続きを読む]
  • 近鉄特急
  • 台風21号の後、秋雨前線の影響でなかなかスッキリと晴れない奈良大和路。天気予報では、敬老の日の連休の後半は天気が回復傾向と言っていたけど、ちょっと天気が不安定。近鉄南大阪線のダイヤを調べて、二上山の眺めがいい千股池付近の場所で撮り鉄。休日は特急の本数が多いのでいろいろと撮ることができる。さくらライナー。休日は本数が多いので撮りやすい。二両編成の一般特急車両。しかし休日やのに特急が二両って・・・最近話 [続きを読む]
  • 秋雨
  • 台風21号が過ぎ去ってから梅雨みたいな天気が続く今日この頃。何の世話もしなくても毎年花を咲かせる玉簾が咲き始めた。一度開花すると数日咲いていて、朝明るくなると花が開き、暗くなってくるとだんだんと閉じる。昼間でも天気が悪いときは少し開きが悪い。今日は少し太陽が顔を見せたのでお昼頃には花が大きく開いていた。 [続きを読む]
  • 台風一過
  • 超強力台風21号は近畿地方に多くの爪痕を残して通過していった。翌日の朝、庭を見回っているとエアコン室外機の木製カバーが倒れていたぐらいで特に大きな被害はなかった。その倒れたカバーのすぐ側にきれいなピンク色の花が咲いていた。雰囲気がずいぶんと違うけど白いタマスダレと同じゼフィランサスという種類でサフランモドキという花。よく見ると雄しべと雌しべの感じが似ている。でも、この季節に限らず咲いているし、一度咲 [続きを読む]
  • キウイフルーツ
  • 少し暑さが収まった気がする奈良大和路。でも自転車で走ると汗が吹き出す。平城から高の原への道を走っていると、青い実がなっている柿の木の隣に袋掛けされた木があった。遠目には何もなってないように見えるけど、よく見ると茶色い実がなっている。これってキウイフルーツかな。暖かい地域の果物のイメージがあったので奈良でキウイフルーツが育てられるのには驚いたけど、調べてみると温帯の植物で耐寒性もあり、奈良で育ってい [続きを読む]
  • オシロイバナ
  • 太陽が生駒山に沈んた頃に咲き始めるオシロイバナ。この花が咲く頃に写真を撮っていると足に蚊が群がる。今年は暑すぎて蚊がいないとニュースで報じてたけど、この時間はいつもと変わらない。オシロイバナは生命力が強くて、台風の風で茎が倒されても数日で元通りになる。何も手入れをしなくても地下茎が残り、毎年花を咲かせる。加えて種からも新しい芽が出て、気がつけば庭の一角は占領されていた。今は草取りの際にこれ以上広が [続きを読む]
  • 高田川
  • 猛暑が収まったと思ったら、台風が夏の暑さを復活させた奈良大和路。暑さ対策をしっかりとして御所方面へ高田川沿いを自転車で走る。長龍酒造を望む場所にあるお地蔵さん。仏様もお酒好きかな。お地蔵さんの北側には緑のトンネル。もうすぐ大和高田というところで出会ったちょっと珍しい色の百日紅。暑さはまだ続きそう。 [続きを読む]
  • 台風の後
  • 8月終わり頃に台風が来れば、少しは涼しくなると思いきや、台風が夏の暑さを復活させた今日この頃。暑さに強い百日紅は強風にも耐え、満開状態をキープ。久しぶりにしっかりと雨が降ったので庭の草取りをしたのだけれど、このサルスベリの根元は花が散るまで無理かなぁ。今年は台風多そうだから今度来た時に草取りしよう。 [続きを読む]
  • 竹の町、生駒高山町
  • お盆が終わり、一時的に猛暑が収まった奈良大和路。気持ちいい風に誘われてサイクリングへ。久しぶりに奈良北部を走る。昔から竹の産地である生駒市高山町。富雄川沿いに走っていると竹林をよく目にする。室町時代から作られ始めた茶筅は日本一の生産量となり、その他の竹製品の製造も盛んに行われている。生駒市が運営している高山竹林園にはいろいろな種類の竹が育てられている。でも竹の種類を見分けるのって難しそう。 [続きを読む]
  • 薬師寺
  • 子供の頃から馴染み深い薬師寺。発祥は飛鳥時代に藤原京の南側に創建され、平城京遷都の時に現在の場所に移設された。元の薬師寺はその後も継続されたが平安時代中期に廃寺となった。現在は跡地に金堂や塔の礎石が残っている。境内であった場所は田んぼとなっていたがその休耕田を利用してホテイアオイが植えられている。その花がきれいに咲いていた。管理している橿原市のホームページでは8分咲となっていたけど、ええ感じに見頃 [続きを読む]
  • 夏真っ盛り!
  • この猛暑はいつまで続くねん!という感じの奈良大和路。お盆に入っても相変わらずな暑さ。あまりハードなコースでなければサイクリングも気持ちいいので明日香村まで。いつも走る佐保川沿いの自転車道。全くの無風状態で暑さが倍増。明日香村の石舞台の前にある無料休憩所はいつも利用する場所。ベンチからの眺めも夏らしい。明日香村で美しい風景の一つ、稲渕の棚田。夏らしい緑、個人的には一番好きな季節かな。米作りは日本の文 [続きを読む]
  • 當麻寺
  • まだまだ猛暑が続く奈良大和路。お盆頃にはこの暑さも収まるかと思っていたが全く収まる気配なし。我が家のお墓は公共交通機関で行くのは不便のためにいつも自転車でお墓参りをしているけど、今年のお盆のお墓参りは大変。ちょっと早めにお盆のお墓参りをした後、少し足を伸ばして當麻寺に。暑さのせいか参拝している人は少なめ。あまりにも暑いので今回いつもの奥院へは行かずに帰る。暑さのせいか阿形様も厳しいお顔・・・いつも [続きを読む]