ゆい さん プロフィール

  •  
ゆいさん: 双極性障害と就活とわたし
ハンドル名ゆい さん
ブログタイトル双極性障害と就活とわたし
ブログURLhttp://fha.hatenablog.com/
サイト紹介文双極性障害Ⅱ型と診断された22歳の頭の中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 238日(平均0.8回/週) - 参加 2018/01/29 10:16

ゆい さんのブログ記事

  • 双極性障害の就活1
  • また、就活を始めたい。という意欲が湧いてきました。親から自立したい。彼に金銭的に依存するのも嫌です。だから、フルタイムで働きたいと思いました。就労移行支援事業所に一応在籍はしていますが、今週の水曜日に契約を解除する予定。就活はしたいけど、就労移行支援を切る予定という変な状況です。今日の朝に就労移行支援事業所に電話をして「また就活がしたい」という旨を相談しました。とても親身になっていろいろアドバ [続きを読む]
  • 日内変動なのか?
  • 私は朝は調子が良く、夕方になると気分が落ち込んできます。それと同じように、春夏は調子が良く、秋から冬にかけて落ち込みます。気温が低くなったり、日が沈んだりするのに関係しているのかなあと思ったり。気温の変動や日照時間はだれに変えられないものなので、鬱の時に「どう対処するか」が問題だと思います。私の場合は睡眠と休養がとても大事。1時間ほど寝ると、さっきよりもすっきりしたなあってことがよくあります。 [続きを読む]
  • リーマスを処方されてから一か月の様子
  • お久しぶりです。前回の更新から、3か月も経過してしまいました。わたしにはデパケンがあまり効かず(そう主治医が言っていました)、リーマスも処方されました。デパケンは、リーマスの血中濃度が安定してから減らしていくようです。〜リーマスを一か月飲んでみて〜・うつの改善タイミング的なものもあるかと思いますが鬱から上がってきました。その代わり軽躁に足を踏み入れています。新しい内職を勢いで始めてしまいま [続きを読む]
  • 双極性障害と混合病相
  • 混合期ではないかな、と思っています今の状態気分が沈んでいたのに突然テンションが上がって笑いが止まらなくなる元気だったのに突然涙が出てくる散財→後悔こんな感じです。頭痛も毎日あるので、明日予約外で診察を受けようと思います。主治医さん、忙しいのに仕事を増やしてしまってごめんなさい。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 拒食から一転、過食気味です
  • 相変わらずな体調。今日はなんとかPGMだけ受けてきました。fha.hatenablog.comこのときから、食事が上手に摂れることが少ないです。上手く摂れないことを気にしすぎて頭の中が常に食べ物のことでいっぱい。そのせいか拒食から一転、過食気味になってきました。間食を食べすぎてしまいます。過食というかドカ食いですね。実は軽躁の時から今にかけて、二か月で二キロほど体重が増えました。これ以上増えるのは怖い。醜い [続きを読む]
  • 双極性障害と家族。関わり方
  • 家族にこんな接し方、関わり方をしてもらえるといいなあというのを具体的に下記に示していこうと思います。□調子が悪いとき・調子が悪いを認めてもらえる「気のせいだ」等は自分の気の持ちようだと自分を責めてしまのでNG・焦らず見守ってくれる「ゆっくりでいいよ」「今は休む時だよ」などの声掛け・外に連れ出してくれるわたしは外出すると気分を紛らわせることができました。□軽躁のとき・上がりすぎないようにたしな [続きを読む]
  • 体調の悪い日が続いています
  • 体調、悪いです。昨日は就労移行を早退。11時ごろに帰ってきてから晩御飯を作り出すまでずっと布団に横になっていました。だるい。しんどい。しにたい。がずーっと頭の中でぐるぐる。ずーっとご機嫌な日々が続いていただけに、急下降して戸惑っています。 [続きを読む]
  • 摂食の症状が出ています
  • 一週間ほど前から摂食(拒食)の症状が出てきています。食べている最中、食べた後の罪悪感がすごいです。彼がたくさんたくさん話を聞いてくれたり、話をしてくれたりします。とても安心する。もうカリカリにはなりたくないし、心配させたくないので三食は嫌でも食べようと思います。 [続きを読む]
  • お久しぶりです
  • 薬疹はすっかり治り、2月の20日に退院しました。それからは週3回、就労移行支援に通っています。行かない日は家事をしたり、勉強をしたり、だらだらしたりして過ごしています。本題に入りますが、おとといからストレスフルです。なんだかイライラしたり、イライラしてる自分が情けなくなって泣きたくなったり。不安定な気分が続いています。自信がなくなってしまいました。ここ最近は毎日ご機嫌で、落ち込むのは気圧が下 [続きを読む]
  • 薬疹かな?
  • 薬疹がぶわっと出ました。何の薬の影響かは定かではありませんが、「ラミクタール」が怪しいと考えております。あとは、運動を始めた好転反応説。ビタミン・ミネラルのサプリも飲み始めたので、その可能性もある。今も全身に発疹ができていてかゆいです。おしりや、顔にも。太ももが一番ひどいです。後で画像のっけておきます。明日、病院に連絡してラミクタール中止してよいか相談してみようと思います。また更新します。 [続きを読む]
  • 双極性障害と運動
  • 最近、運動を始めました。走ったり歩いたりしながら20分から1時間ぐらい。走る元気がないときは歩いています。運動は、脳の滞った血流をよくするのにいいみたいです。双極性障害には遺伝の影響があるという説があります。わたしが遺伝の影響があるのかは定かではありませんが、遺伝の影響で脳の一部の血流が悪くなっていて双極性障害、という症状がでたとします。要はそこの血流をよくすれば気分が安定する!ということです。 [続きを読む]
  • 双極性障害と血糖値
  • 昨日、入院していた時の担当医さんが診察の日だったのでセカンドオピニオンという形で行ってきました。その中で教えてくれたのは、血糖値が安定しないと心も不安定になるということ。たとえば、クッキーを食べたとします。血糖値はぐーーーーんとあがり、そして急下降します。急下降したときにそわそわじっとしていられなかったりするそうです。また、血糖値が低い、が続いている時も同じで、不安定になりやすいということでした [続きを読む]
  • 今日は普通の日
  • 今日は普通の日になりそうです普通の日その他については、こちらを参照してください。家事やって、好きなことして、ごろごろしておやつも食べれて、、、しあわせ!です! [続きを読む]
  • 私の考える依存と自立
  • 依存→他人に寄りかかって自分では起き上がろうとしないこと自立→自分で自分をコントロールできるようになることあくまで、イメージです。わたしはいま「依存」している状態なんだと思います。お薬に彼氏にその他の人に「自立」するにはどうしたらいいんだろう考えています。うーん。減薬?ちがう。友達は「環境を変えること」「走ること」とアドバイスをくれました。環境を変えることは、今はまだ難しいけど、走ること [続きを読む]
  • リワークと家事
  • 去年の九月からリワークに通っています。週3〜4の通所を続けていたのですが、冬季ということもあり欠席も多くなっていました。それでも、通所は続けていたのですが、週2回の通所に減らそうかなと考えています。そのことはもう彼にも相談済みで納得してもらえています。・人に会うのでコミュニケーションがとれる・相談を聞いてもらえる・家事がおろそかになる・学業がおろそかになるデメリットの中でも、家事がおろそかに [続きを読む]
  • 良い一日と悪い一日
  • おはようございます。今日も寒いですね〜。昨日は一日中元気が持って、自分的には「良い一日」を過ごすことができました。ところで、わたしには「良い一日」と「悪い一日」があります。良い一日は、一日中動き回れて、やることがやれた日。悪い一日は、調子が悪くて一日中ベッドに横になっていた日。わたしはこの区別をなくしたいなあと思いました。良い一日、悪い一日、と分けると悪かった時に余計に落ち込んでしまう。そし [続きを読む]
  • 寒い日が続いています。お布団から出るのが億劫ですねー。今日は「今日の私」の記録をしようと思います。今日は朝から調子がよく、お風呂掃除もできました。ペディキュアもぬりました。最近、主に通所で掃除がおろそかになっていたので、キレイにできて本当にうれしかったです。ペディキュアも。最近は本当にいっぱいいっぱいで調子の悪い日も多く、爪を気遣うなんて!という感じだったのできれいになってうれしいです。お金が [続きを読む]
  • おはようございます。早朝覚醒が続いています。4時ぐらいに起きてお布団でうとうとしていました。さて、昨日彼氏と話し合いをしました。そして出た結論と言うか、わたしが持っている、自分を縛っているネックレスは「自分は不甲斐ない」「彼氏の力になれずに申し訳ない」ということです。だから自分の価値を見出そうと就活をしているということ。専業主婦でも何ら問題ないんだよと言ってくれました。二人が笑顔で過ごせるなら [続きを読む]
  • おはようございます。なんとか布団から出て、通所することができました。今日は通院日。「双極性障害Ⅱ型」かもしれないという自分の不安を伝えることができる日です。とてもうれしい気持ち。就労移行支援施設では、電話当番を順番に行っています。今日は本当は当番ではないけど、前の人が遅刻なのでそれまでは。では、訓練してきたいと思います。また更新します。 [続きを読む]