小林弘昌税理士事務所 さん プロフィール

  •  
小林弘昌税理士事務所さん: 金沢の公庫実績No.1税理士
ハンドル名小林弘昌税理士事務所 さん
ブログタイトル金沢の公庫実績No.1税理士
ブログURLhttps://ameblo.jp/arcceed21/
サイト紹介文15日以内にお金を手間なく借り事業を安心して始める秘訣を教える金沢の公庫実績No.1税理士です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供295回 / 286日(平均7.2回/週) - 参加 2018/01/30 01:20

小林弘昌税理士事務所 さんのブログ記事

  • 643号目 融資のサポートの前に、社長の考え方を変えてもらいます。
  • 新規の美容業さんから融資の相談です。 数年前に、新店舗の出店で失敗し、大きな負債を抱え、返済が困難になり、その後、いくつか取引があった金融機関を一つにまとめ、返済を緩やかにしたという。 借入金は、売上高に対して小さくはないが、限界を超えていません。存続し復活する可能性は十分にあります。 しかし、収益率が低い。地域でも規模的に大きい割に、労働分配率が異常に高くなっています。 労働分配率とは、ザ [続きを読む]
  • 642号目 人の成長は、小さな不快を乗り越えることから始まる
  • 先週、東京に出張に行ったとき、ホテルを予約していたつもりが、取れてない。 早く仕事を切り上げて、最終の新幹線で帰ることはできるが、翌日の新幹線の切符が発券済み。発券後は変更できないので、ホテルを探します。 適度な金額で交通の便がよいホテルって、なかなかないものです。 せっかくなので、いつもは絶対選ばないカプセルホテルを予約します。最近はとても人気があり、金沢にも今年オープンしています。 ビジ [続きを読む]
  • 641号目 事業の失敗を繰り返す理由が効き脳から分かります。
  • 既に事業をされている方から、融資サポートのご依頼がありました。 賑わっている地域にある古民家を買いたいという。既に、借り手が決まっているから、採算は取れるという。 でも、金額を聞いてビックリ!建物は評価ゼロとすると、土地の金額は相場の10倍です。1坪当たり、200万円を超えています。 不動産業者に確認をすると、最近では、1坪当たり、100万円で取引された事例はあるが、200万円はあり [続きを読む]
  • 640号目 その試算表、将来のために使えてますか?
  • 会計事務所は、そのままで、『ビジョンの後押しをして欲しい。』そんなご依頼は、これから二代目経営者としてからバトンを受ける予定の方からよくあります。 まだ、社長にはなってないが、もうすぐ社長になる、後継者予備軍の方達。 昨日お会いしたのは息子さん。月に一度、お伺いし、計画と実績を確認し、今後の方向について話し合う。そんな時間を設けています。 数字は嘘を付かないので、まずは、過去の数字 [続きを読む]
  • 639号目 歪みが小さいうちに、互いの違いをしることです。
  • 昨日の続きです。 昨日のブログはこちらです。 638号目 怨念の中での仕事はシビレます。 経営者とスタッフの想いにズレがあるのは、もちろんのこと、スタッフ同士の想いに、大きなズレがあります。 スタッフ面談を行う中で、1人目のスタッフから、私が受け取った会社への印象が、2人目、3人目のスタッフと面談を続けるにつれ、ズレていく。 6人の盲目の人が大きな像を、それぞれが、違った場所を触っているのと同 [続きを読む]
  • 638号目 怨念の中での仕事はシビレます。
  • 先週行った、クライアント先でのスタッフ面談でのこと。最近面談を行ったすべての会社に共通して同じことが起こっているように感じました。 スタッフ面談を行ったきっかけはこんな感じです。 ある会社は、経営者は、定期的にスタッフとの面談をして、スタッフと会社の状況を知っています。ただ、あまりにも酷い状態にあり、理想と現実のギャップが大き過ぎて、どこから手を付ければいいか分からない。 ある会社は、経営 [続きを読む]
  • 637号目 本気で向き合うと、することはいくらでも出てきます。
  • 先週は、クライアント先のスタッフとの面談漬けの毎日でした。しかも、どれもシビレル面談ばかりでした。 面談の後は、経営者と面談を行い、スタッフとの面談で感じたことを報告しています。 その際、スタッフが言ったことを全部報告することはありません。 スタッフとの信頼関係の中で聞いたことなので、『伝えてよい。』と思ったことだけ、伝えています。 経営者に報告をしながら、経営者から、『これ以上、ど [続きを読む]
  • 636号目 これって創業じゃありません!
  • 今日は、ブログをご覧になった方が、関東から創業融資の相談に来られました 関東と金沢で事業をされている方です。金沢での事業を既存の法人から分離し、別会社を作り、もっと拡大したい。 そのために創業融資でサポートして欲しい。そんな相談です。 出身は金沢ではないが、私と共通の友人が多く、友人を通じ、融資のついて書いているブログをご覧になって来られました。 経営者自身も、資金の調達は簡単ではないと [続きを読む]
  • 635号目 伏見稲荷さんも効き脳診断には興味津々!
  • 昨日の続きです。伏見稲荷大社の奥の院には毎月、お伺いしていることもあり、いつも、30分程、宮司さんとお話しする機会を頂けます。 昨日のブログはこちらです。 633号目 伏見稲荷大社さんでの有難いお話し 奥の院で、祈祷を受けた後、宮司さんのありがたいお話しについてお聞きしてみる。『なんで、このようなお話しをされるんですか?』 宮司さんが言うには、『私達も悩みながら経営しています。 経験から、少しでも [続きを読む]
  • 634号目 伏見稲荷大社さんでの有難いお話し
  • 昨日は、午後からのセミナーに参加のため京都に来ております。 午前中は伏見稲荷大社へ向かいます。10時半に到着すると、いつも以上に賑わっています。 11月1日は、献花祭を行っているようです。正面の本殿にて、いけばな嵯峨御流のお家元が献花の奉納をされていますが、私には難しくて分かりません。 本殿を通り過ぎ、奥の院に向かいます。いつもの宮司さんからご祈祷を受けた後、ありがたい話を聞きます。 今日の話は [続きを読む]
  • 633号目 さっそく嬉しい成果報告がありました!
  • クライアント先で、スタッフ研修を行ってから、1週間が経過しようとしています。 本日、クライアント先の経営者様から、これだけ変わったと、成果報告がありました。 スタッフ同士で、互いを尊重する空気が出るようになった。 スタッフから、今まで以上に積極的な意見を貰えるようになった。 それに伴い、各部門間でのコミュニケーションがしっかりと、できるようになりそう。 そんな期待を感じるようになったそうです [続きを読む]
  • 632号目 園遊会のお手伝いをして頂きます!
  • 『皇居勤労奉仕』の続きです。本日で連載は最後です。 『皇居勤労奉仕』の4日目は、赤坂御用地での奉仕です。 ここには、皇太子同妃両殿下がお住まいになる東宮御所や、他の皇族がお住まいになる宮邸があります。 また、池を中心とした回遊式庭園があり、天皇皇后主催の園遊会会場となっています。 園遊会は、春と秋に年2回開催されます。 皇太子をはじめ各皇族も列席される。招待客に内閣総理大臣を始め、国務大臣、衆 [続きを読む]
  • 629号目 皇居にて、自分の思考特性に唖然としました!
  • 『皇居勤労奉仕』の続きです。 奉仕団約50人に1人、宮内庁管理部庭園課の方がつき、午前と午後に、アテンドをしてくれます。 奉仕場所へ歩いて向かいます。辿り着くまで、一般の皇居参観では、決して立ち入ることのできない場所まで、勤労奉仕では立ち入りを許される。 たとえば「御所エリア」では、昨日のブログで紹介した宮中三殿や、陛下が毎年、稲を育てられる水田、皇后陛下のご養蚕のための桑畑など、庭園課 [続きを読む]
  • 628号目 毎日、誰の幸せを祈ってますか?
  • 『皇居勤労奉仕』の続きです。 初日に、盆栽の後に拝見したのが、宮中三殿です。 ここは、天皇が祈りを捧げる場所。テレビでも報じられるのを拝見した記憶はあります。 宮中三殿は、皇居内にある賢所(かしこどころ、けんしょ)、皇霊殿(こうれいでん)、神殿(しんでん)三つの連結された建造物の総称です。 それぞれ、神道の神を祀っており、宮中祭祀の中心となります。 天皇・皇后両陛下がもっとも大切にし、心 [続きを読む]
  • 627号目 皇居勤労奉仕に参加させていただきました。
  • 『皇居勤労奉仕』に参加させて頂きました。 皇居内での写真撮影は一切不可です。私達が入場する桔梗門を外から撮ったもの。 ここまでは、以前にも来たことはありましたが、入ったのは、今回が初めてです。 皇居勤労奉仕とは、昭和20年5月に空襲で焼失した宮殿の焼け跡を整理するために、同年12月に宮城県内の有志が勤労奉仕を申し出たことが始まりで、73年に渡り、今日まで続いています。 このシステムがあったことすら [続きを読む]
  • 626号目 融資のための増資は意味がない
  • 創業融資の失敗6回目/N 昨日のつづきです。 融資で失敗された方からこんなことをおっしゃっていました。 『1000万円増資をしてから、 改めて借入を申し込む。』 『何のために、増資をするのか?』お聞きするまでもないですが、『増資をすることで、信頼度を上げる。』これが目的のようです。 借入ではなく、一般的に、新規の取引を始めようとするとき、相手の会社の資本金を見ることがあるでしょう。 それは、内情が分か [続きを読む]
  • 625号目 当初の計画にないもの買っちゃった!
  • 創業融資の失敗5回目/N 1回目のブログはこちらです。621号目 私達、採算度外視でやり過ぎてました(+_+) 2回目のブログはこちらです。622号目 これは無計画そのもの、創業融資にはなりません。 3回目のブログはこちらです。623号目 必要な額の資金を調達できなかったときは? 4回目のブログはこちらです。624号目 貸すのも不親切、貸さないのも不親切。大切なのは、・・・。 『当初の計画にないもの買っちゃった [続きを読む]
  • 627号目 銀行が予定外の購入を嫌がる理由
  • 創業融資の失敗7回目/N 昨日のつづきです。 他で融資サポートを受け、融資で失敗された方は、銀行から借りた資金で、当初の予定外のものを買ってしまいました。 それは、自己資金で予定外のものを買っても同じです。お金に色はありません。 こんな場合は、約束と違うことをしたので、最悪、全額返済をさせられます。 ではなぜ、銀行は、『資金使途』にこだわるのか? 理由は2つあります。1.返済の見込みがな [続きを読む]
  • 624号目 貸すのも不親切、貸さないのも不親切。大切なのは、・・・。
  • 創業融資の失敗から学ぶ。4回目/N 1回目のブログはこちらです。621号目 私達、採算度外視でやり過ぎてました(+_+) 2回目のブログはこちらです。622号目 これは無計画そのもの、創業融資にはなりません。 3回目のブログはこちらです。623号目 必要な額の資金を調達できなかったときは? 一般的に、創業融資で1,000万円超の金額を調達しようとすると、難度が高まります。 当初、1500万円の申し込みがあったときに [続きを読む]
  • 623号目 必要な額の資金を調達できなかったときは?
  • 創業融資の失敗3回目/N 1回目のブログはこちらです。 621号目 私達、採算度外視でやり過ぎてました(+_+) 2回目のブログはこちらです。 622号目 これは無計画そのもの、創業融資にはなりません。 昨日書いたことですが、改めて書きます。 創業融資に失敗して、来られたこの方は、沢山のミスがありますが、大きな間違いを2つしています。 一つ目は、計画があやふやで、自分の事業が見えていない。 2つ目は、資金が足り [続きを読む]
  • 622号目 これは無計画そのもの、創業融資にはなりません。
  • 創業融資について、昨日の続きです。 昨日のブログはこちらです。621号目 私達、採算度外視でやり過ぎてました(+_+) この方は、創業融資を受けるに当たり、沢山のミスがありますが、大きな間違いを2つしています。 一つ目は、計画があやふやで、自分の事業が見えていない。 2つ目は、資金が足りないのに、計画にない設備を購入した。 なぜ私が、3週間前の最初の相談があったときに、こう言ったのか? 『今、私達が入 [続きを読む]
  • 621号目 私達、採算度外視でやり過ぎてました(+_+)
  • 3週間前に、電話にて融資の相談があった方から、今日、改めて相談がありました。 あのとき、私が言った言葉を何となく、思い出す。『今、私達が入れば、何とか間に合います!』 あー、思い出した。あの件ね。 融資を専門にされているという他の会計事務所にサポートを依頼したが、心配になり、私達に連絡をされた方。 その会計事務所に依頼しているからと、結局、そのあと、正式な依頼がなかった方。 顛末を聞く [続きを読む]
  • 620号目 この質問の答えって持ってますか?
  • 今週、同業者向けの勉強会で、塩山徳宏先生のご指導のもと、弱者のための経営戦略『ランチェスター戦略で会社が強くなる』の開催がありました。 私は、チームリーダーとして、参加しています。出しゃばらずに、メンバーの意見を取りまとめる。そんなお役を頂いています。 その中で、これから創業を予定しているとある経営者に、以下のようなグループワークがありました。 『何を確認しますか? その基準は何か?』  [続きを読む]
  • 619号目 人には言えても、自分ではできないものです。
  • 昨日の続きです。効き脳診断セミナーを開催して感じたこと等を書いていきます。 参加された方から貴重なご意見を沢山頂きました。 その一つに、こんなことがありました。『なぜ、そのセミナーをするのか?』をしっかり伝えること! 自分は過去に、こんな辛い思いをした。そんな体験から、このように克服した。だから、みんなには、こうなって欲しい。だから、このセミナーをする! これをストーリーで話すと、もっと、 [続きを読む]