星月夜 さん プロフィール

  •  
星月夜さん: 戸惑い
ハンドル名星月夜 さん
ブログタイトル戸惑い
ブログURLhttps://0728.muragon.com/
サイト紹介文愛する人との叶わない恋
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 318日(平均0.3回/週) - 参加 2018/01/30 01:52

星月夜 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 過ち
  • 言葉がまとまらない なんて言えばいいのか分からなかった 君と比べたら足りないのは分かってる 知識や経験なんてない 言葉選びや距離感に配慮の無さ 恋愛ど素人丸出しの態度に行動 良い歳して君をガキに付き合わせてる 自分が恥ずかしくなる 必要な少しの時間が欲しくて 今の関係を大事にしたくて 一瞬空っぽにしたくて 一人になりたくて だから、 少しそっとしといた方が良かった なのに、 帰り道に君を見かけて [続きを読む]
  • 事実、
  • 「大丈夫、変わらない」 君はそう言ってくれたね そんな優しい君を 僕はまた傷付けたんだね 君に言えなかったことがあった 隠すつもりはなかった 知っていると思っていた 知らないかとも思っていた 分からなかった 言うべきタイミングは 何度もあったのに 怖くて、怖くて 言えなかった 何かが変わると分かっていたから 君が僕に対して抱く様々な感情 その全てが変わると 君自身でも気付かない 小さな、小さな変化 [続きを読む]
  • 夢幻泡影
  • どれほど愛しあっただろう 幾度も唇を重ね、体を重ね お互いの温もり、愛を感じただろう 僕は君を君は僕を、心から欲してる 感じる時間、愛しい時間、 永遠に続いてほしいと願ってやまない時間 君に無我夢中で一心不乱に求める愛 君さえいれば他に何もいらない 溢れる愛がとまらない まだ欲しい まだ感じたい あげたい 愛したい 奪えない夢幻の様な存在 愛してやまない存在 繋げた手はまだ離したくない [続きを読む]
  • プレゼント
  • 君にあげたプレゼント 格好つけてあげたけど 重くなりすぎてしまった 君が欲しいものを言ってくれたのが 嬉しすぎて、あげたいものをあげた さすがに引かれたんじゃないかな それに君の事だから そのブランドのも使ってただろうし 似た様なのをまた使う羽目にならないか って心配 何より心配したのは 旦那さんに怪しまれないか でも君がそれは大丈夫って 言ってくれた 旦那さんと一緒の時は 使わないから大丈夫なの [続きを読む]
  • 嘘の世界?
  • 甘い罠を仕掛けたのは君、 誘われたのは僕、 先に好きになったのは君? 先に愛してると言ったのは僕… 君と話すようになった日から 今までの事、ふとした時に考える。 同じ職場で好きな人が出来たのは初めてだった。 と言うか、 まだ短い人生だけど 過去に好きになった誰よりも好きだ。 超えちゃいけない人まで超えて好きだ。 君は過去に凄い好きだった人がいたって そんな事を言っていたね。 どんな人だったんだろう [続きを読む]
  • 理想と現実
  • 最近よく聴く曲 嫌でも耳にする曲 君が凄く良いと教えてくれた お互い聴きすぎた曲 もし君と離れたら そう想うんだろうって 感じる歌詞 聴くたび、泣きそうになる 弱くなったな もっと強いと思ってた いや、軽いと思ってたのかな 大丈夫だと思ってたのかな 自惚れていたんだ こんなに愛してしまうはずがないと 君が側にいるのは当たり前 じゃないんだよね 分かってる けど、いて欲しいんだ いつまでも側に… そ [続きを読む]
  • あらゆる中に君がいる
  • 夢から覚めたばかりの様な 頭も体もまだ起きていない 冷え切った空気の中 いつもの香りがした 甘く切ない迷路の中 導かれるように 君を探す そこに君がいた いつもの笑顔に いつもの声 僕の日常の中 欠かせない存在であることを 当たり前の様に痛感する 腕の中の君を 強く、優しく、愛しく 抱きしめる 君も抱きしめてくれる 幸せな瞬間 でもいつもじゃない 君もきっとそう 胸の中で締め付けられる様な 痛みを [続きを読む]
  • 魅力
  • 君の魅力は溢れてとまらない まず君の顔が好きだ 大きくてキラキラした目には いつも吸い込まれそうになる ふざけて睨みつける様に細い目を 作ったときの顔も好きだ ほっぺたも可愛くてキスしたくなる 鼻の形も好きだし、柔らかく 綺麗な唇も当然キスしたくなる でも一番好きな顔は 気を許した人に見せてくれる笑顔かな。 嘘でも甘えてくる顔も。 君は色んな人に見られても大丈夫な様に タイミングよく笑顔を作れるよ [続きを読む]
  • 未熟な人間
  • また君を不安にさせてしまった. また君に気を遣わせてしまった‥ また君に心配をかけてしまった… 僕は未熟な人間であるが故に 喜怒哀楽の表情が激しく変わる 「同じ職場だと、良いも悪いも見えるね」 君が前に言った それは本当にその通りで、 君をいつも振り回しているのだろう 仕事中、僕の立場では常に色々な事を 考えてる。周りには分からない事を行い、 全体を円滑に進める中で、常に経費や 生産性とのバランス [続きを読む]
  • 理想郷
  • 家族、 先の見えない暗闇の中で 味方はいなく仮面をつけ笑う 仕事、 自分を偽り傷付き狂い 絶望し後悔して笑う 恋、 一生分の愛を捧げたいと想う相手に 嫉妬し誤魔化し泣き、また笑う 最愛の人といるとき 君はどんな顔をしてるのかな 抱かれたのかな そう思える日がたくさんある そんな事を考える僕は嫌いだよね 君は魅力的だから 愛されてるし愛してるから 分かってしまったから 仕方ないよね 写真を見せたのは [続きを読む]
  • 君を想う
  • いつも君を想う 朝目覚めた時も 仕事に向かう時も 家に帰る時も 大好きな夜空を見る時も いつ何時でも君を思い描いて 僕の頭を君が埋め尽くす 僕が帰路を急ぐことはない その家に君はいないのだから 帰る場所が同じなら 「さよなら」も「バイバイ」 いらないのに いつも一緒にいてくれる人なら 守れるかどうか分からない 約束もしなくてすむのに どれも願わないと思えば思うほどに 君との距離を感じる どれだけ愛 [続きを読む]
  • 繋がり
  • 僕の知っている君に会えるのは あと何度あるのだろう 君の前では強がって 「頑張ったね」と言って 君の頭を優しく撫でた 好きな気持ちが不安に 安心な気持ちが心配に 占領されていくのを感じながら 君を強く抱きしめた 君の決断に隠された真実に 僕は気付けるのかな 此の先もずっと 変わらずにいられるのかな いてくれるのかな 君の心の声が聞けるなら 何でもするから 大好きだから 聞かせてよ [続きを読む]
  • 過去の記事 …