yukie45 さん プロフィール

  •  
yukie45さん: ばあさんの介護3
ハンドル名yukie45 さん
ブログタイトルばあさんの介護3
ブログURLhttp://kaigo3.sblo.jp/
サイト紹介文脳梗塞で入院そして退院、その後在宅介護を経て次のステージに入ったばあちゃんの介護、大変です。
自由文村長様

介護ブログもステージ3となりました。これから在宅介護をされる方の参考になればと登録させていただきとう申し上げます。

宜しくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供283回 / 264日(平均7.5回/週) - 参加 2018/01/30 15:20

yukie45 さんのブログ記事

  • 絶対やっちゃいけない事ってあるわよね!
  • 秋も段々深まる頃になるといつもならケアマネージャーさんから「要介護認定更新申請」やりますよ!とアナウンスがあります。しかし今年はばあちゃんは病院にずっと入院しているので自治体から申請書が郵送で届きました。自分で申請しなくてはいけないのですね…ばあちゃんが入院している病院に相談しながら申請書ださなければいけませんね。そしてその時フッ!と思いだしたのがおむつ代助成金申請書です。在宅介護していた時は毎月 [続きを読む]
  • ばあちゃん突然の容体悪化に…!?
  • 今年のゴールデンウィーク前でした。主治医から容体も安定してきたので4人部屋へ移動してもいいですか?とのお話がありました。ばあちゃんは小部屋を希望していないのですが、病院の都合で病棟が変わるときに2人部屋に移る事になっていたのです。こんどの病棟はリハビリセンターの上の階にあるので、移動がラクですし、建物も新しく空調もさらに良くなるとの事でした。たしかに病棟によっては夏場エアコンの効きにくい場所があっ [続きを読む]
  • やっぱ2%でも脱税行為!?
  • 1年後にせまった消費税増税…これから色々揉めるでしょうね。特に今回は10%という丁度計算しやすいパーセンテージなので買い控えは必須!そのためになんとか影響が出ないように普段買い物とか絶対行かないお役人さんが,ろくでもない事考えているようです。その話題でどこの番組も持ち切りです。ひとつが軽減税率…食品の一部が10%、以外の一部が8%、もともと生活必需品に関しては税率が軽くなると思っていたんですが、ガ [続きを読む]
  • サクラサクソメイヨシノガサイテイル!!?
  • ついこの間、ばあちゃんが花見直前に熱を出し、お花見に行けない件を書きました。そしてあの猛暑から一カ月半ほどですが、次第にに涼しさを通リ越朝晩は厚めの掛布団がないと寝ていられない季節になりました。その今この時、なんと九州から北海道の広いエリアで桜の開花報告が300件以上あるというのです!?ソメイヨシノが咲いていると…時々一部の地域で「狂い咲き〜」で咲くこともありますが、全国で咲くというのは聞いたこと [続きを読む]
  • 拝むだけでは生きていけない事実がここにある!?
  • 時代と共に色々と変化ってあるんですね。昨日ニュースを見ていたら、京都の大きなお寺がなんと電力販売を行うそうです。その名も「TERA Energy株式会社」!なんで?思いますよね…それは京都の有名なお寺でも過疎化から檀家さんがめっきり減り、その為お寺の経営がかなり厳しくなり「坊主やってる場合じゃないぜ!」ってことで僧侶達は発電、売電事業に乗り出したとの事です。もちろん発電は坊さんたちの頭で起こすのでなく、太陽 [続きを読む]
  • 本当に頭に来るわよね!あいつは!!?
  • またまた消費税増税が話題になってますね。デフレといわれて早数十年…そうです消費税3%になった時からデフレが始まったのですね。そこで日銀さんや口の曲がった財務大臣が色々やってみたけどデフレはつづくばかりか、今度10%でしょ?端数じゃないから計算しやすくなるし、そうなると主婦の財布のひもは益々固くなるだけ…消費が落ち込めば税収も減る…そして今度は軽減税率とやらでモノによって消費税率が変わるんでしょ?わ [続きを読む]
  • お尻で踏んでも破壊できないって凄い!?
  • 介護とは関係ないかもしれませんが、歳をとると近くの物が見えづらくなります。私は元々近眼+乱視なので眼鏡は必需品…しかしコンタクトは使った事がありません、何故か?それは目の中に異物が入るのが怖いのです(笑)その為10年くらい前から遠近両用の眼鏡を利用しています。今のように眼鏡量販店で安く売っていなかったので地元の眼鏡屋さんでいいお値段しました。しかしそれより、下をみると以前より圧倒的に近くのものが見 [続きを読む]
  • ばあちゃんが「ハロウィンは化け物の日か!」って驚いた件
  • なんかこの時期になると、切り抜きカボチャが増えますよね。これがハロウィン現象というやつらしいです。ばあちゃんが入院してる病院も、そのシーズンにあった折り紙が各病棟にぶら下がっています。例えば子供の日とか七夕、そして十五夜そしてクリスマス…そして今年はハロウィンにちなんでオレンジ色の折り紙で切り抜きカボチャがぶら下がっています。これって看護師さんやヒマでウロウロしてる患者さんとか併設されてるデイサー [続きを読む]
  • 在宅介護の苦労を思い出した時私は…
  • ばあちゃんが入院して4カ月の時でした。突然熱を出し、あまりいい状態ではなくなりました。それまではリハビリで歩行訓練もしていたのに、リハビリも一旦お休み…インフルエンザではなさそうですが、昨年から今年にかけては病院内でもインフルエンザが蔓延し、一時的に面会できない時期もありました。ばあちゃんも今年に入ってからですが、入院している病院でインフルエンザの予防接種を行う予定でしたが、結局体調の関係でインフ [続きを読む]
  • その異変は春にやって来た!?
  • それから3日後、病院の支援センターから電話があり、転院先が決まったと連絡がありましたので、午後病院へ行きました。すると決まった転院先は自宅から自転車で10分ほどの距離の場所にある病院でした。近くにある病院なので場所も知ってましたが、中に入る事もなかったので多少の不安もありましたが、それもそのはず、救急病院ではないのです。昔はもっと重い病気を診ていた病院のようですが最近では療養型病院として末期のご老 [続きを読む]
  • ばあちゃんが入院して早1年…その時!?
  • 来月でばあちゃんが入院して約1年…始めはトイレで手に大怪我をしたばあちゃんを救急車で病院に搬送したのがきっかけでしたが、その後救急病院の先生の配慮でばあちゃんをそのまま病院に入院させる事となりました。救急車の中でばあちゃんは「まだ死にたくない…」を繰り返していましたが、間違っても死ぬような怪我ではないので「大丈夫よ!」とはいっときました。それからです。老衰が急に進んだのは…救急病院には約一カ月入院 [続きを読む]
  • ワシは一人で立ちたいんじゃ!?
  • ばあちゃんが足腰が弱り、だんだん立ち上がりが大変になった時期があります。家の中を歩いたりするときはリフォームした時に取り付けた手すりにつかまって歩くのでなんとかなりますが地べたに座った後とか玄関で靴を履くときなどはもう一苦労でした。玄関には座って靴が履けるように小さな椅子を置いてあるので、まずそれに座り靴を履きます。しかし、冬場などはばあちゃん冷え性なので靴下を2枚以上履いているときが多く、そのた [続きを読む]
  • 突然部屋にアイツが現れた!どうする私!!?
  • 猛暑が去っていくらかは過ごして安くなったある日、突然アイツが姿を現しました。そうです。「g」=ゴキブリです。それもキッチンや廊下でなく食物なとまったくない私の部屋に現れた「g」!そして私も「g」は嫌いです。ばあちゃんとかでしたらそこいらにある物でぶっ叩いてぺったんこにするのですが、私にはそれが出来ません。今はジッとしてるけど、動き出せば素早い…そしてヤツはイザとなれば飛ぶこともできますから…一度取 [続きを読む]
  • あッ!ごめん!痛かった?でもピクンとするだけ…<br />
  • 昨日はばあちゃんの面会に行った際、前々から気になっていたばあちゃんの爪切りをしました。特に最近爪が伸びるのが早い気もするのです。手の指の爪は比較的キレイですが、一部ちょっと巻き爪っぽくなってる指もあるので切り方は要注意です。巻き爪っぽい指は爪のカタチをアール型にせず爪の端を長めに残し、頭の部分も比較的水平になるようにすれば巻き爪も回避できるのです。決してやってはいけないのが深爪です。昨日も気を付け [続きを読む]
  • M山の正体判明!!ネットでさらし者の刑に…!?
  • 昨日ブログに書いた世田谷区役所のM山の件、今日は実名と写真まで公表されていましたね!それにしてもお金にかかわる事で主催側の担当者が依頼した講師に「お前にも責任あるから金払え!」ってどうゆう事なのでしょうか?ネットにはこのM山が業務上横領してんじゃないの?とかピンハネしてるんじゃないかとか色々書かれてますが、ここまで酷いとしょうがないかもしれませんね。それでもこのM山は今日も世田谷区役所にご出勤なされ [続きを読む]
  • 人に頼んどいて「お前が金払え」ってどうゆう事!?
  • 昨日、漫画家さんと世田谷区役所が揉めてましたね!何かと思ったら漫画家の山本さほさんが世田谷区役所から受けた仕事でなんと担当職員のM山ってやつから横暴な振る舞いを受けたとTwitterで告白したのです。それもさすが漫画家さん、その内容を漫画化して告白したのでとても内容がわかりやすいし、職員の取った対応の酷さがよくわかります。元々が世田谷区が主催した国際マンガ交流イベントで海外の子供たちにマンガを教える講師と [続きを読む]
  • 財布の法則…お金は減るけどアレはどんどん増えません?!
  • いつも買い物するたびに思うのですが、財布の中に大量に入ってるポイントカード…ドラッグストア、スーパーマーケットは必ずポイントカードがあるので何時も財布の中に忍ばせておかないといけませんし、すぐに取り出せるようにポイントカードを入れる位置を決めとかないとレジ前で右往左往する羽目になります。そして日によってはポイント5倍、10倍とかありますからまとめ買いする際には「ポイント倍増日」に照準を合わせて買い [続きを読む]
  • 気づけば繰り返し成長するアイツに一撃を…!?
  • 今日は穏やかな秋晴れです。暑くもなく寒くもなく丁度いい温度…そしてこの時だと今日は草むしり、草取りですね。今年の夏は猛暑続きで気づくと家の周りは雑草が生えて大変な事になっています。昨年はもう少し遅い時期に「なんでも屋さん」に来てもらい一気に草取りをしてもらいました。今年もお願いしようかなと思ってますが、気になる所は運動の為にも自分で行おうと思ったのです。長袖、長ズボン、そして帽子をかぶって大きなビ [続きを読む]
  • 暴風は怖い…朝起きてみるとなんと!?
  • 昨夜は東京も雨と暴風が吹き荒れ、夜中はゆっくり寝られませんでした。時々強い風と思われる以上の突風が吹き、一瞬家が揺れるような感じもしました。恐怖です…今までに何度か台風は経験してますが今回の台風のように恐怖感を持ったことはありませんでした。さすが3時頃になるとまだ風邪は強いですが眠気の方は勝ちそのままダウン…そして朝目覚めるとまさに台風一過、晴天で気温も暖かいです。着替えてから家の周りに異常がない [続きを読む]
  • 暴風吹けば小石はマシンガンの弾?!!!
  • 昨日は大型台風上陸で一日雨でした。事前に大きな台風とか強風が吹き荒れると言われているし、今年は地震、台風、猛暑など災害も多く発生した関係で皆さん事前に備えていたそうです。交通機関も午後5時以降は運転見合わせや速度規制が実施されるなど台風接近に備えていました。我家も外に置いてある植木鉢や傘立てなど飛びそうな物は家の中に引き込み、早めに天戸を閉め、ベランダにある物干しざおもしまい込んだりしました。物干 [続きを読む]
  • えーーー何でなくなっちゃうの!!?
  • 介護とは関係ないけど最近気になる事といえば、懐かしのお菓子が消えていくことです。あって当たり前だったカールが東日本は販売中止になりカールのカレー味は全国的に中止になってしまいました、全部なくなるわけではないのですがちょっと寂しい気がします。私はそんなにお菓子は食べませんでしたが、ばあちゃんはお菓子好きでスーパーに買い物行くと必ず好きなお菓子3品をカゴに入れていました。カールも好きだったのに…そして [続きを読む]
  • ああ!またあいつがやってくる!?
  • 週末から来週にかけてまた大きな台風が来ていますね。あの台風21号は関空を閉鎖状態に追い込むくらい強風が吹きましたが、大阪の古い友人も大変だったようで当日は動き回るのは危険なので家で様子を伺っていたそうです。翌日にはなにか被害がなかったか家の周りを見回したそうですが、自宅に被害はなかったそうです。しかし、午後ご近所さんからの連絡で借りてる駐車場が大変な事になってると教えられたのです。早速行ってみると [続きを読む]
  • ついに家出!?いったいどうなってしまうのでしょうか!
  • 古い友人からの電話で知った今回の騒動…老夫婦の喧嘩は彼女が入って食い止めたようですが、彼女の旦那と義理のお父様は納得しかねているようでまだにらみ合っていたそうです。結局元と言えば義理のお母さまの認知症の症状悪化ですが、感心を全く持たない旦那様が火をつけ、炎上!結局、彼女はケアマネージャーさんと相談して、義理のお母さまを病院に入院させる事にしました。その間に今後お母さまをどうするか考えることにしたそ [続きを読む]
  • 洗面器に水を浸し、それを旦那の頭からぶっかけ、カオス状態の現場は!?
  • 昔の友人からの突然の電話…やはりどこのご家庭も介護で苦労しているのですね。昨日の続きですが、旦那の実家に移り住んで20数年は経つ彼女、義理の親御さんもかなりの歳だと思いますが、その義理のお母さまが認知症になったようです。なったというよりは認知症が悪化してついに彼女の事が認識できなくなってきたようで「お前は誰だ!」が発症してしまったようです。その言われようがまるで他人が勝手に家に上がり込んだような言 [続きを読む]
  • 切れた別れたの話だったら苦手だけど、この案件には驚きの…!?
  • 昨日は古い友人から突然の電話がありました。もうかれこれ20年以上あってないのでは…なので電話に出た時は誰だか一瞬思い出せませんでした。彼女は私が最初に就職した会社の同僚で東北の出身、いかにも純な感じの垢ぬけていない女性でした。たまたま隣の部署に配属されたのでそれ以来仲良くなり、寮住まいの彼女は私の家にもよく遊びに来ました。特に、彼女は東京には全く慣れていなかった為に、色々な面で私を頼りにしていまし [続きを読む]