寿資産評価 さん プロフィール

  •  
寿資産評価さん: ことぶき歴史鑑定
ハンドル名寿資産評価 さん
ブログタイトルことぶき歴史鑑定
ブログURLhttp://kotobuki-history.hatenablog.com/
サイト紹介文ことぶき歴史鑑定は、鑑定評価の現場調査などの際に訪れた地元の史跡を、地価動向とともに紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 147日(平均0.7回/週) - 参加 2018/01/30 21:44

寿資産評価 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 熱田神宮(御礼参り)
  • 熱田神宮です。ことぶき歴史鑑定では2回目の登場です。熱田神宮は今年の初詣でに来たのですが、その時の願い事が見事に成就しましたので、今回は御礼参りに訪れたのです。信長塀です。1560年(元禄3年)信長は桶狭間の戦いに臨み、まず熱田神宮に参拝し戦勝を祈願し、見事今川義元を倒し勝利しました。信長塀はそのお礼に寄進したものです。私にとってはまさにご利益を頂いた代物です。写真を見てもそうですが、初詣での時よりも [続きを読む]
  • 名古屋城
  • 名古屋城を訪れました。ご存知の通り、名古屋城は天守閣木造復元事業に伴う調査及び工事により、天守閣は平成30年5月7日(月)から入場禁止(閉館)となります。GWは混雑が予想されますので今のうちに最後の天守閣を見学してきました。なお、今回から話題の360度カメラを使用してみました。是非くるくる回して見て下さい(+を5回くらい押すと実際の視線に近くなります。)。Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical [続きを読む]
  • 春の奈良特集 後編
  • 前編から続いて奈良を訪れています。まず、法隆寺を尋ねました。7世紀に創建された仏教施設であり、ご存じ聖徳太子ゆかりの寺院です。但し、昔と違い現在の教科書では聖徳太子という名前は無く、代わりに厩戸皇子(うまやとのみこ)と表示されているようです。写真は撮れませんでしたが、釈迦三尊像(国宝)を拝観しました。桜の季節ということもあり、良い写真が撮れました。日本最古の塔である五重塔(国宝)です。法隆寺の [続きを読む]
  • 沓掛城址
  • 豊明市の沓掛城址を訪れました。かの有名な桶狭間の戦い前夜に今川義元が宿泊した城として知られています。桶狭間の戦いで若き織田信長が勝利していなければ、秀吉も家康も天下を取ることができなかったでしょう。何度か訪れていますが、桜が満開ということもあり、この日は珍しく花見客で賑わっていました。こじんまりとした城址ですが、本丸、二の丸跡や堀の跡が残っており、遠い昔に思いを巡らすことができます。下の芝生広場は [続きを読む]
  • 春の奈良特集 前編
  • 今回は遠出をして春真っただ中の奈良まで足を延ばしました。JR奈良駅は、流石に観光客、特に海外からの旅行者が多かったです。こちらは地価公示奈良5-11のある三条通りです。JR奈良駅から春日大社まで伸びています。歩道が車道より広く整備されており、たいへん歩きやすい印象を受けました。先日発表されたばかりの平成30年1月1日時点の公示価格は456,000円/m?、年間変動率+3.9%です。地価はここ3年間で8.8%も上昇しています [続きを読む]
  • 大草城址
  • 知多市にある大草城址に行きました。大草城は織田信長の弟で、茶人としても知られている長益(有楽斎)が築城しようとして途中で断念した幻の城です。現在は展望台が建っています。兄の信長が本能寺の変で自刃したことにより、地形などの普請が概ね終わったところで放棄されました。周囲の土塁や堀の大部分がほぼ完全な形で残っています。下の写真は堀の一部です。展望台からは、南方に位置する青海山の山頂に大野城を望むこと [続きを読む]
  • 大垣城
  • 大垣城です。JR大垣駅から徒歩で行くことができます。1600年の関ヶ原の戦いでは西軍の石田三成の本拠地となりました。現在は、二の丸跡に大垣公園が整備されています。この写真は大垣公園から撮影しました。桜の木が200本あるそうですが、既につぼみが膨らんでおり、春が待ち遠しいです。戸田氏鉄公の騎馬像です。関ヶ原の戦い後の1635年には戸田氏鉄が入城し、戸田十万石の居城として明治維新まで続きました。大垣公園の西に位置 [続きを読む]
  • 長久手古戦場公園
  • 長久手古戦場公園に行ってきました。この公園は、本能寺の変の2年後、天正12(1584)年に豊臣秀吉と徳川家康が激烈な戦いを繰り広げた主戦場跡地で、国の史跡に指定されています。現在は公園として整備されており、小中学生や周辺住民の憩いの場となっています。山のように盛り上がった芝生がいくつかありますが、これは戦いの中心となった地形を縮景という手法で表現したものです。これは「床机石(しょうぎいし)」といって、家 [続きを読む]
  • 熱田神宮
  • 本宮です。1月初旬だったので、初詣客で賑わっていました。かの有名な信長塀です。信長が桶狭間の戦いでの戦勝のお礼として奉納したものです。勝負運にご利益があるそうなので、しっかりお願いしてきました。昔は、境内と外の境目が曖昧だったので、区別するために造ったものです。かなりしっかりした土塀です。これは大楠です。弘法大師が植えたとのこと。樹齢千年以上の大木です。幹回り7m、高さ20mもあるそうで [続きを読む]
  • 吉田城址
  • 吉田城は豊橋公園の中にあり、美術博物館などと一緒に訪れることができます。散策しながらゆったりと過ごして来ました。1505年に築城され、酒井忠次や池田輝政などが城主となっています。現在は鉄櫓が復興されています。あいにく、年末休みで内覧できませんでしたが、大きな門松が飾られていました。お城の北には豊川が流れています。歌川広重の東海道五十三次には、吉田大橋とともに吉田城が描かれています。このような中、豊橋駅 [続きを読む]
  • 鳳来寺
  • 鳳来寺本尊です。鳳来寺山パークウェイ駐車場からは徒歩10分くらいで到着します。鳳来寺は歴史が古く、大宝2年(702年)に開山されたと伝わります。今年のNHK大河ドラマは「おんな城主 直虎」ですが、虎松(のちの井伊直政)が今川から命を狙われた際に、幼少期の6年間を過ごしたそうです。こちらは東照宮です。徳川家康の生母・於大の方が当山に参籠し、家康を授けられたという伝説を知った家光が、家康を祀るために造られまし [続きを読む]
  • 京都国立博物館 国宝展
  • 現在、京都国立博物館にて、国宝展が開催されています(2017年10月3日〜11月26日(日)まで)。国宝に指定される美術工芸品のうち約1/4に当たる約200件が4期に分けて展示されています。どれを見ても国宝、一度は見たことのある品が多数、興味のある方は是非観てください。京都駅前の地価公示下京5-15は、平成29年1月1日時点では3,100,000円、年間変動率+19.2%です。京都駅周辺エリアでは、国内外問わず観光客増加によるホテルの開業、 [続きを読む]
  • 挙母城(七州城)隅櫓跡
  • 豊田市中心部近くの小坂本町に挙母城(七州城)がありました。昭和53年に隅櫓が復元されています。挙母藩二万石の藩庁が置かれていました。拳母(ころも)という地名は今も残っています。豊田市駅前の地価公示豊田5-7は、平成29年1月1日時点で250,000円/m?、年間変動率±0.0%です。豊田市駅至近の商業集積地区ですが、デフレ傾向により商業地を取り巻く環境は依然として厳しい状況にあります。需要は底堅いですが、地価は高値安定 [続きを読む]
  • 岐阜城
  • 永禄10年(1567年)、織田信長は本拠地をここに移し、町の名を「岐阜」に改めました。それから今年で、450年が経過しました。現在は、金華山の山上に復興天守があります。途中まではロープウェイで登ることができます。JR岐阜駅北口では、有名な金の信長像が迎えてくれます。駅前の地価調査岐阜5-19は、平成29年7月1日時点で599,000円/m?、年間変動率+3.3%です。JR岐阜駅北口は、複数の再開発事業及びコンパクトシティ政策 [続きを読む]
  • 過去の記事 …