からくさ さん プロフィール

  •  
からくささん: からくさの着物 アメリカ・サウスカロライナ
ハンドル名からくさ さん
ブログタイトルからくさの着物 アメリカ・サウスカロライナ
ブログURLhttp://karakusa-2011.wixsite.com/mysite/
サイト紹介文50才で初めての海外生活。アメリカ サウスカロライナ州での夫と犬との田舎暮らしの日記です。
自由文2018年1月からアメリカ サウスカロライナ州で暮らしています。夫の転勤についてきましたが、英語が全くできず、夫は会社でたった一人の日本人。現在アパート暮らしで平日のお出かけは隣のウォルマートに歩いていくくらい。日本から連れてきた犬と散歩をするのが気晴らしになっています。日本では着物の着付け講師。今は日本からやっと届いた卓上織り機で裂き織を織るのを楽しみにしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 18日(平均22.2回/週) - 参加 2018/01/31 13:44

からくさ さんのブログ記事

  • 今のアパート
  • アパートか貸家は今も探している。いくつか外観だけ見たけれど、このあたりの郊外のアパートはここと同じような構成。敷地には芝生と池。 管理棟があって、そこにはアパート全体の事務員がいて、ミニトレーニングジム、プール も併設。郵便受けは一か所に集まっているので、取りに行くのが少々面倒。もっと都市部のアパート群になると、芝生や池はないけれど、プールやトレーニングジムはあり!ここは環境はいいけれど、変えたいこ [続きを読む]
  • 卓上手織り機
  • 駐在員妻は退屈、と経験者から教えてもらっていたので、日本で購入して航空便で送ったクローバーの「咲きおり」という卓上手織り機。送ってよかった(^^;引っ越し前は慌ただしくて、習う時間がなかったので、テキストを見ながら自己流で。 一回目は送った毛糸が経糸には太すぎで、結局ソウコウが動かず失敗…糸を買って再挑戦。 外の景色が良いので気分もいいけれど、あまりにのどかで眠くなる…が、がんばって なんとか織り始める [続きを読む]
  • 電気の圧力鍋購入
  • アメリカの家事は、家電類が充実しているので、楽だなあと感じているけれど、キッチンの換気扇にはびっくり。 電子レンジの下から吸い上げて、レンジの上(紫の〇の所)から出すのである。排気は外ではなくて、家の中。なので、お肉を焼く時もすぐふた、野菜炒めもふた、パスタをゆでる時もふた、そうしないと部屋の中ににおいが充満。オーブンを使った時は、家の中が霧の中のようになってしまい、寒さを我慢して窓を開けたり、さ [続きを読む]
  • 戦艦ヨークタウン号
  • 土曜日はチャールストン近くにある、パトリオット・ポイントで空母ヨークタウン号の見学へ。アメリカの自由のために戦った人々の話を知ろう、というコンセプトの博物館。空母の中や甲板に置いてある戦闘機や、空母の艦内の様子(エンジンルーム、食堂等々)や戦争の映像、資料などを見ることができます。しかし、このヨークタウン号は日本の戦艦大和の最後の戦いにも参加しており、大和やゼロ戦の模型やら、また硫黄島の戦いの資料 [続きを読む]
  • アパートのごみ
  • 我が家のビーグル犬も毎日元気に散歩に行けるようになりました。 アパートの敷地の中には犬のう〇こが捨てられるように、ごみ箱がいくつも設置されていて、とっても便利。 袋まで用意されています!それでも 放置されているものもあるし、野生動物のふんもあるし、ごみも落ちているので、下をよく見て歩かないと危険です。家庭ごみはビンでも缶でも、なんでも袋に入れて、アパートに設置されているコンテナにいつでも入、とっても [続きを読む]
  • 歩いて買い物
  • 昨日は「アースフェアー」というオーガニック商品を扱うスーパーに歩いて行ってきました。ウォルマートに比べると、値段は高いけれど、野菜は傷んでいるものなどが並んでいないし、客層もちょっと品のいい感じなので、安心して買い物ができそう。しかし徒歩15分、車社会の中を歩くので、かなり怖い 信号では歩行者用はもう消えかかった線が2本しか引いてないので、気づいてもらえるか心配で、小走りおまけに帰りに車に乗った老夫婦 [続きを読む]
  • アメリカの一軒家
  • 日本から連れてきた、我が家の11才のビーグル犬。先週は血を吐いたあと、血便が3日続く事態に(;_;)私は英語も車の運転もできないので、動物病院に連れていくことができず、家で様子を見ていたが、なんとか回復してくれました。何もできない自分が情けない…真っ先に犬がストレスにやられたのかも、できるだけ日本にいた時と同じような環境がいいのかも、と全く様子のわからない一軒家の集まる地区を見学に行ってみた。貸家も時々出 [続きを読む]
  • チャールストン
  • 先日出かけたチャールストンは、サウスカロライナ州では人気の観光地。アメリカ南部の雰囲気を残した古い街並みが良いらしい。 南北戦争の始まりとなった要塞もあって、フェリーで見学に行けるそう。かつての奴隷市場に露店が並んでいて、観光客がたくさんいたけれど、そこは楽しめる気分にはなれなかったなあ〜 住んでいる田舎町とは違い、チャールストンにはおしゃれなお店がたくさんあったので、私はそちらの方が興味津々。車で [続きを読む]
  • 週末はお出かけ
  • 金曜日は夫の会社の先輩夫婦とサマービルのワインバーへワインはおししくて、それなりに楽しいが、今夫が働いている工場日本人は夫だけなので、もちろん会話は英語。私はまったく会話にならず…しかし、その奥様はとても心配してくれて、知り合いに日本人がいるので、英語を私に教えてくれるように頼んでくれると言う\(^o^)/実現したらいいな〜今チャールストンはレストランウィークで、いくつかのレストランがこの2週間くらいは [続きを読む]
  • 宅配届く
  • 昨日、夫の携帯にAmazonで注文したものが届くとメールがあったらしい。時間は9:30〜13:30ずいぶん幅があるな〜と思いつつ、初めてアメリカで宅配を受けるので、緊張して待っているとドンドン、とドアをたたく音。返事をして急いでドアを開けると、だれもいない、お届け物がドアの横に置いてあるだけ。外出していて、誰かに持っていかれるとか、ないのだろうか?配送先を間違えるとか、ないのだろうか?日本から12/28に送った航空便 [続きを読む]
  • 犬と散歩
  • 毎日家事以外にすることがないので、犬との散歩がいい気分転換(^-^;住んでいるアパート群の中だけでもまあまあ楽しめる。 かもがいて、先日はリスも発見。しかし… [続きを読む]
  • 買い物へ
  • 今日はホームセンター(たぶん和製英語)でお買い物。 クローゼットの収納家具を買いにきただけなのに、ホームセンターが広すぎで、へとへと照明だけでもこの量で、日本のホームセンターにあるような物の他に、部屋のドアからユニットバスまで何でもあり!アメリカで自分の家を持てたら、インテリアを考えるのはとっても楽しそう [続きを読む]
  • ディスポーザーで失敗
  • アメリカのキッチンにある大型食洗器に気を良くして今度はディスポーザーにチャレンジ!夫から野菜の皮はゴミ箱に捨てなくても、ディスポーザーに落としてスイッチを入れれば、そのまま流せる、と聞いて、何の知識もないまま実行まずじゃがいもの皮は砕けた様子、しかし人参の茎と葉は(生の人参はなが〜い茎つきでごぼうのような細さのものしか売っていなかった)なかなか減っていかない。とにかくディスポーザーを動かしたまま押 [続きを読む]
  • サマービルで買い物
  • 昨日は初めて一人で買い物。 住んでいるのは、サウスカロライナ州サマービルのアパート。アパート群の隣がホームセンターと食品スーパーがいっしょになったような広いウォルマートなので、歩いて買い物ができるのです\(^^)/セルフレジは日本と全く同じやり方だったので、英語が話せなくても問題なく会計できました。アパート群の入口にあった看板がちょっとうれしい なんでも大きいアメリカ、大好きなダノンビオも1.5倍。 [続きを読む]
  • アメリカ生活始まりました。
  • 日本の信州からアメリカのサウスカロライナ州まで、我が家の犬も無事に引っ越しできました(^^) 到着したときはワシントンDCの空港付近はマイナス13度。荷物の多さと寒さで写真をとることをすっかり忘れて、駐車場への移動中に一枚。800キロを運転したやっとついたサウスカロライナ州のアパートも雪で、夫はびっくり。めったに積もることはないそう。まだ アパートは片づけ途中だけれど、一番のお気に入りは大型食洗器。 なべやフ [続きを読む]
  • 自作の着物で
  • 今日は蔵のカフェレストラン清雅で留守番会。着物を着る機会がとっても少なくなっていたので、うれしいお出かけでした。 自分で織って縫った木綿の着物です(^^)いっしょにお食事したお二人は、家族がきれいに残してくれている着物を着ています。物を大切に使い、それを後の世代に残していく文化、伝えていきたいですね。 朝は雪で心配だったのですが、お昼には晴れてきました。 [続きを読む]
  • 手織り教室展示会
  • かつては諏訪でも手織りが盛んだったそうです。それを絶やさないようにと、手織りの教室を開いている「いちき糸店」の教室展示会が開催中です。私も木綿の反物を織って、自分で単衣の着物に仕立てて、展示していただきました。 展示会場は諏訪大社のお隣です。 [続きを読む]
  • からくさ着物留守番の会発足
  • からくさ着物教室同好会の最後のランチ会着物大好き?の皆様との、とても充実した楽しい会だったと自負しております(^-^;そして、会の皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいだったのです。ところがなんと、からくさ着物留守番の会と名前をあらためて続くことになりました。幹事様、ありがとうございます。一時帰国の際はぜひ参加させて下さい! そして頂いたショール。絹の起毛地に有松絞り、カジュアル着物にぴったりの素敵なお品 [続きを読む]
  • 松本紬
  • 夫の紬に着物が仕立て上がってきました。松本紬の伝統工芸士、武井豊子氏作です。光沢があり、しっかりとした生地、白く縞に見えるところは、地元の安曇野市穂高の天蚕糸が織り込んであります(*'▽')自分もほしいけれど、2反分の予算は無し…で、夫から(^-^; [続きを読む]
  • 安曇野スタイル
  • 明日から安曇野スタイル始まります。http://azumino-style.com/安曇野在住の作家さんたちの作品を一度に見ることができるので、毎年楽しみなイベントなのです。安曇野きもの集の仲間も参加しています。 お世話になったカフェ、清雅も参加しています。 [続きを読む]
  • 秋晴れ
  • 安曇野も紅葉が始まっています。 今日は最後のからくさ着物教室同好会。やっぱり、和気あいあい、教えあいながらの楽しく充実した同好会でした(^^)着物は、着物と帯と小物の組み合わせとか、文様、色や素材、体に良いとか興味深いことが多くて、そして素敵…着物に携わることができて、よかった [続きを読む]
  • 比佐子流きもの学問所
  • 10月28〜29日に松本市池上百竹亭で「比佐子流着物学問所」が開催されます。補正をせず、明治時代までの着物の下着だった湯文字を使った、着物の着方を提唱している秋櫻舎が主催です。補正をせずに天然繊維だけを身に着けることで、着物はこんなに心地よい、ということが実感できると思います。無料で湯文字や比佐子流の着物の着付けを体験できます。ぜひお越しください。お待ちしております。濱田も2日間、会場でお手伝いし [続きを読む]