青空Green倶楽部 さん プロフィール

  •  
青空Green倶楽部さん: 青空Green倶楽部
ハンドル名青空Green倶楽部 さん
ブログタイトル青空Green倶楽部
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kisoyama
サイト紹介文時々意の趣くままに・・時事・ミヤンマ?・限界集落・古民家再生・セルフフリマ・・・・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 285日(平均1.0回/週) - 参加 2018/01/31 07:39

青空Green倶楽部 さんのブログ記事

  • 地方分散都市
  •                                              昨年、京都大学と日立で実施したAI活用による都市集中型と地方分散型のシナリオによる日本の未来予測と政策提言がされた。少子高齢化や環境破壊など149の社会要因のモデルを構築し35年間で約2万通りのシュミレイションをし予測したものです。 都市集中型は投資の集中により財政は改善するが出生率の低下や格差拡大を指摘し、持続可能 [続きを読む]
  • 地雷原の上で
  •  今秋もイタリア・リグリア州など北部で暴風雨、土砂崩れなど11名が死亡、ベネチアでは水位1.5m上昇し市街の75%が冠水し被害が集中した。台風26号はアメリカ自治領の北マリアナ諸島、サイパンなど最大風速85m、中心気圧905hPaが直撃しフリッピン・ルソン島にも被害をもたらした。ロシア南西部のクラスノダール地方でも集中豪雨で一帯が2mも冠水し非常事態令が発動された。地球規模の気候変動、温暖化の影響でしょう。   気に [続きを読む]
  • 緑の幹線道路
  •  穏やかな初秋の青空や庭のコスモスやバラなど草花を見ていると今夏の異常気象の猛威を忘れそうですが世界中の災害被害者、災害被害に苦しむ人も多いと思います。  10月8日の国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の今後20年で気候変動の影響が壊滅的なレベルになるとの報告書が気になっています。世界中で熱波・洪水・豪雨・森林火災など猛威を震い自然災害の被害も規模拡大しています。自然に対峙し日々生活していると [続きを読む]
  • 秋とサウジアラビア
  •   6月中旬からの豪雨・酷暑・台風などから解放されさわやかな秋に・。台風被害の杉、ヒノキの大木伐採処理・冬春野菜の作付け種まき、高級富士柿の干し柿作り、雑草取りなど3ヶ月分近くの仕事を年内にかたずけたいのですが・・・(写真はミヤンマー・シャン州のねむの木?とブーゲンビリア) 気になるBBCニュース、サウジアラビア問題の著名ジャーナリストの行方不明事件により対応によっては「世界経済を揺るがす経済的大惨事に [続きを読む]
  • 深刻な警告
  •  世界の平均気温は産業革命前から1℃上昇している。この10年間に世界中の国や地域が記録的な嵐や森林火災、干ばつ、サンゴの白化、熱波、洪水に見舞われてきた。気温上昇が1.5℃に達した場合状況は大幅に悪化し2℃の上昇になればさらに深刻になると・。           国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)で世界を救う最終判断「1.5度の地球温暖化に関する報告書」が10月8日韓国で開催されたIPCCの総会で公表さ [続きを読む]
  • マクロビオス
  •  マクロビオスはギリシャ語で「偉大な生命・健康による長寿」の意味です。現代人、特に先進国の人々は過食・偏食・飽食・軽食的な傾向にあり動物性の食物を多く摂る傾向にある。そのため癌・心臓病・糖尿病やアトピー、喘息などアレルギー性疾患が激増しています。凶悪犯罪の低年齢化、キレる子供、精神障害、自殺など激増し、食習慣よる変化によるものと指摘されています。 厚労省の調査によると、日本人は1日平均10g、年間で [続きを読む]
  • 歪(ゆが)む日本
  •  日本は昔から大国で世界で覇権(はけん)を握れるポテンシャルがありGDP第3位の経済大国ですが国民幸福度は54位です。マスコミ特に影響力のあるTVメディアなどの間違った情報、自虐史観で日本を弱体化させている。その要因の少子化や過疎化などは種々の経済・社会政策の中に潜んでいるのです。 日本のこの20年間で若者の所得は経済成長を唱えながら年収所得は500~699万円から300~499万円にダウン(少子社会対策白書)。日本で7 [続きを読む]
  • 泳ぐ牛
  •  静寂の葦のしげり、所々にある浮島の間をフゥフゥと荒い息つかいで泳ぐ牛、ミヤンマー・インレー湖の情景です。周辺には筆者と足漕ぎ(あしこぎ)小船のインダ―族の友人のほか誰もいない。食肉処理場も牧舎も牧場もない。ただ必死に湖を泳いでいます。確認はしていませんが野性の牛でしょう。  日本では島根県隠岐に離島の牧草を目指して牧畜家が海を泳がせている「海を泳ぐ牛」がいると検索しましたが他は承知していません。 [続きを読む]
  • 課題のお勉強
  •  新自由主義? 政府の規制を最小化・自由競争を重視。 過度な社会保障や福祉、富の再配分は政府が肥大化し個人や企業の自由を妨げる。自由競争は富が増大し企業や資産家などから投資や消費が雇用や労働に中間層や貧困層などに及び社会全体に所得が増大し富の再配分がされる。 概略ですがすばらしい経済政策ですが地球資源が有限で過当競争の弊害がある。富の集中や蓄積、世襲(せしゅう)、国際競争による税の不適正化による [続きを読む]
  • 幸せの道
  •  日本の9月初旬さわやかな秋風が吹く頃ですが台風・地震と災害が発生しています。世界各地でも同様ですが地球の東端地勢の日本の災害列島化が問題です。四方海洋に囲まれ前方は広大で莫大な海水のある太平洋海域で台風や豪雨の影響をうけやすい。ほぼ人間の活動がもたらしている地球温暖化・寒冷化・先鋭化は過度なグローバル化、過度な物欲を煽る(あおる)商業主義、経済成長、新自由主義競争社会が要因と考えています。 上図 [続きを読む]
  • 世相雑観 2018夏
  •  日本のテレビやラジオメディアの 異様さを感じます。スポーツの勝敗、選手の動向やひな壇芸能人のドタバタ、騒音雑音楽などほぼ削除して生活して います。猛暑の真夏に連日、朝から夕方までの高校野球、夜のプロ野球のTVやラジオ放送の異常さです。 多様なスポーツや文化芸術の生徒も高校野球選手と同じように努力し感動があるのに放送はほぼ無い、野球ばかりです。 スポーツも個々人の健康が主眼で、宣伝プロスポーツの勝 [続きを読む]
  • GDPと幸福度
  •  世界の名目国内総生産GDP(Gross Domestic Product)2017年ランキング   1位 アメリカ 2位 中国 3位 日本 4位 ドイツ 5位 イギリス   44位 フインランド 29位 ノルウェー 17位 デンマーク 20位 スイス  世界国別幸福度(Happines)2018年ランキング   1位 フインランド 2位 ノルウェー 3位 デンマーク 4位 スイス・・54位 日本     日本はGDP国内総生産(1年の国の儲け)は第3位、 [続きを読む]
  • 雑観・世界の異常気象
  •   最近の世界的異常気象を簡略に列挙してしてみました。限界集落では西日本豪雨後から雨がふりません。台風13号も影響なしで猛暑の雲一つない晴天です。先鋭化する気象、豪雨・猛暑・酷暑。災害現場の映像や写真を見ると地球自然の営み、人間の営み、向かう方向の違いや不整合さをも感じます。先進国での先鋭化、災害が顕著にも見えます。山高ければ谷深し・超寒冷化もかすかに見えます。異常気象は社会、経済、人生、に影響を及 [続きを読む]
  • 暑中お見舞い
  • 暑中お見舞い申し上げます 今週も35℃超えの猛暑、酷暑の限界集落です。朝晩、水まきをしても庭の芝やキュウリの葉は枯れぎみ・。トマトやゴーヤ、オクラなどそれに雑草は元気です。夜間に風がなく熱帯夜・。今年は ハチが異常発生しセミは元気がない。 例年のムカゼを見ない。野菜争奪戦に猿・鹿・猪・ハクビシン・イタチなどにアライクマも参戦しトマトなど食い散らします。懐中電灯に牙をむける3匹を初めて発見。 [続きを読む]
  • 異常気象と・・
  •  異例の台風12号、岐阜県の限界集落でも警戒しましたが無事通過してくれました。庭に咲き誇るノウゼンカズラやひまわりの花トマト・ナスなど野菜と梨・ミカンなどの果樹にも被害がなく安堵しました。他の地域も被害のないことを祈っています。6??は大阪北部地震、米原竜巻災害、西日本豪雨災害、その後の異常高温・酷暑それに台風12号と異常気象で農作業など思うようにできていません。世界気象機関の示す異常気象とは平均気温 [続きを読む]
  • 豪雨後の猛暑
  •  豪雨災害後の異常高温。地球の東端、日本列島のほぼ中央の限界集落のある岐阜県。?17日には全国ニューストップの38.9℃の異常高温、猛暑の揖斐川町です。チベット高気圧と太平洋高気圧が覆い重なり異常高温、猛暑をもたらしているとか・。この異常高温、猛暑が7月中か8月8日頃まで予報されています。互いに睡眠・休養・水分補給など注意しましょう・。  ?17?18日の世界の高温地帯の気温     ミヤンマー     [続きを読む]
  • 災害お見舞い
  •     大阪北部地震(6月18日)  米原竜巻災害(6月29日)  西日本豪雨災害 (?5日〜)           このたびの災害に対し       心よりお見舞い申し上げます    皆様の一日も早いご再建をお祈りいたします      写真はミヤンマー・エーヤワディー川の夜明け [続きを読む]
  • タナカからコスメ
  •  ミヤンマーの旧都ヤンゴン市内のポージョ―アウンサン・マーケット前。タンシュエ軍事政権末期のミヤンマーではめずらしい光景です。世界で異質で非難の軍政と言われたミヤンマーにグローバル化、民主化の波が迫っている・。軍事政権の歴史的必然性を理解できないか故意か世界のメディア報道の時期。経済至上の民主化、グローバル化の普通の国に変貌する前兆でした。その後、ミヤンマーの特異な魅力は薄れましたが政権はテインセ [続きを読む]
  • メコン回廊
  •  市場調査や工場視察、取引先同行など香港・台湾・フィリピンに何度か訪れた2000年代初期。台湾(台北・高雄)りんごや炊飯器、資生堂の口紅などを頼まれた時代。マニラはマルコス独裁崩壊後の混乱期、共産ゲリラ新人民軍やモロ解放戦線の暗躍時代です。その後シンガポール、バンコクを拠点に活動したのです。 1992年からアジア開銀(ADB)主導のタイ・ミヤンマ―・ベトナム・ラオス・カンボジア・中国(雲南省/広西チワン自治 [続きを読む]
  • ヴァージン・ヴァージン・・
  •  学生時代の友人の旅行社からロンドン便の格安航空券があると運航5日前位に連絡があった。あのリィチャード・ブランソン率いるヴァージングループのヴァージン アトランティック航空です。ロンドンの取引先、ミラノの工房、ジュネーブの会社に用事があったので急いでホテルも予約しないで出発、運航初日の盛大なセレモニーのあと搭乗しました。LCC(格安航空)の初期。1989年5月・平成元年のヴァージン・ヴァージン・ヴァージン [続きを読む]
  • 何か違う・・
  •                                                                      日本経済の黄金期(1980年代)Japan as No 1の頃、業界国内トップメーカーになった褒賞、研修、視察、市場調査等で英、独、仏、伊、スペインのヨーロッパに。アンカレッジ・モスクワ経由で23〜24時間だったかな・初めて訪れたのがドイツ ハンブルグ(Hanmburg)です。JALがら [続きを読む]
  • 石家荘付近に彰徳がない
  •   生前の母が死ぬ前にもう一度中国に行ってみたいと・。父母は華北鉄道の軍属で住んでいたと書いたのが河南省彰徳県義安里、北京経由で石家荘駅で降りていたと言う・。一緒に訪れる予定をしましたが体調が悪化し介護施設に入居することになり写真だけでも撮って来てと頼まれた。家の古い写真と母の記憶が頼りの中国旅です。 河南省ではなく河北省の石家莊市(中国名 石家庄).河北省の省都で中国交通の要衝で広州、太原、徳州 [続きを読む]
  • スモッグ西安
  •  1ドル360円頃からヨーロッパやアジアの国々に仕事旅にでた。印象深い都市はドイツのハンブルグ(Hanmburg)イタリアのドモドッソラ(Domodossola)。それに関心のあるのが世界覇権を競うほどに躍進した中国各都市です。まずは直近に訪れた西安(Xian)です。 陝西省の省都、戸籍人口824万人(2016年)中国古代の諸王朝の都、7~10世紀には唐の都長安です。中国西北地方の政治、文化、商工業の中心地です。 中国もミネラルウ [続きを読む]
  • 汚染と清浄・浄化
  •  ミヤンマ―のベンガル湾沿いの半鎖国時のチャンタ・ビーチChaungtha Beach。ハワイなど数か国のビーチも訪れましたがきれいさが違う。喧騒もなく空・海は澄んで砂浜も自然の洗浄で白く綺麗です。                                             それにしても経済優先の社会の進歩、グローバル化、人間の活動結果の気になるのが汚染です。                     [続きを読む]
  • インドクワズイモ?
  •  ミヤンマ―旧都ヤンゴンのレストランの庭木。何の植物か気になっていましたが聞き忘れ日本でネットで調べましたが正確に確認できていません。正確かどうか学名アロカシア(Alocasia)65種の中の和名サトイモ科クワズイモ属のインドクワズイモ(アロカシア・マクロリゾス A,macrorrhizos)高さ約2,80m多年草で常緑性、耐暑性に強い植物ではないかと・・・ 生物の巨大化は3億年前の石炭紀と同じO1と同じ条件の酸素濃度35%、 [続きを読む]