夢のメトロ さん プロフィール

  •  
夢のメトロさん: ユートピアを夢見る日々
ハンドル名夢のメトロ さん
ブログタイトルユートピアを夢見る日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/mt-aky/
サイト紹介文「愛と悟りとユートピア建設」政治・経済・幸福の科学・新垣結衣など、日々の気になる出来事を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 113日(平均4.6回/週) - 参加 2018/01/31 10:27

夢のメトロ さんのブログ記事

  • 映画「さらば青春、されど青春。」の喫茶店で流れている曲は?
  • 中道真一が勉強している喫茶店で流れている曲、回転するLPレコードから流れている曲ですが、 〜♪「終着駅は無いかもしれない〜」♪〜 気になって調べてみました。⇒ 「この汽車は」 小椋佳(作詞・作曲・歌) この曲は、アルバム「彷徨(さまよい)」(リリース: 1972年3月1日)に含まれていおり、このアルバムには「さらば青春」も入っていました。 小椋佳さんは、東大法学部出身なんですね。 ポチポチっとお願いします。 [続きを読む]
  • 北朝鮮を完全武装解除すべし。
  • ヒトラーとの融和政策を続けた結果ヨーロッパの大部分がナチスドイツに占領されることになった歴史を、我々は思い出す必要がある。北朝鮮と対話を続けたならば、数年後には核兵器を保有する統一朝鮮国が出来ることになるだろう。北朝鮮は、完全武装解除されなくてはならない。 幸福実現党  江夏正敏の闘魂メルマガ vol.1122018年5月1日発行━━━━━━━━━━━━━━   江夏正敏 幸福実現党政務調査会長のオフィシャルブロ [続きを読む]
  • トランプ大統領を支持する「アメリカ福音派」  
  • 岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 福音派と大統領の蜜月は続いている J-CASTニュース / 2018年4月22日 https://news.infoseek.co.jp/topics/20180422jcast20182326765では、反トランプ的な視点に立つエッセイストのようだが、何故アメリカでトランプ大統領が支持されるのか具体的にに書かれており、興味深い。 2014年の映画「神は死んだのか(GOD'S NOT DEAD)」で描かれたロックコンサートのような集会を思い出し [続きを読む]
  • 東スポに千眼美子さん。 
  • 東スポありがとう。清水富美加さんから千眼美子さんへの転身は、能年玲奈さんがかつて所属し現在も新垣結衣さんが所属するレプロの闇を暴いただけでなく、芸能人全体の地位向上に繋がった。そしてこれからは、幸福の科学の表現力向上に貢献してくれると思います。5月12日(土)から公開される「さらば青春、されど青春。」も楽しみ。 清水富美加=千眼美子が「電撃出家」から「女優復帰」まで独占告白 https://www.tokyo-sports.c [続きを読む]
  • 【祝】幸福実現党  18人目の公認地方議員誕生!
  • おめでとうございます。 山口県下松市議選で、幸福党候補者の山根氏が初当選 https://the-liberty.com/article.php?item_id=14323■ ― 市 / ■ ― 町 wikipediaによると、東洋経済新報社が全国の市を対象に毎年公表している「住みよさランキング」において、下松市は全国上位の常連となっており、2016年(平成28年)は18位にランクされている。特に利便度(人口当たりの小売業年間商品販売額、大型小売店店舗面積)の高さが、順位 [続きを読む]
  • 中国を傲慢にしたのは、自由主義諸国
  • 中国の振る舞いが増々エスカレートしている。中国の故事に「衣食足りて礼節を知る」とああり、これを信じた自由主義諸国は中国への援助を惜しまなかった。しかし、中国共産党の幹部は、13億の人民を衣食で満たす前に、自由主義経済で得た利益で、私欲を貪り、人民の反乱を抑え、更に周辺国を威嚇して自国利益を増やそうとしている。今やっと、アメリカにトランプ大統領が現れて、抑えつけに入ろうとしているが、Chinaマネーに [続きを読む]
  • 漢字の「族」と「旅」が似ているのは何故?
  • 家族旅行と書いて、族と旅の漢字が似ていることに気が付いた。 漢字字典によると「方」部だが、いくつか覗いたブログによると「方」部の多くが 「?(方??)」部であるらしい。「方」と「??」のセットで「旗」を表している。 族と旅ともに 「?」部でした。 もう一つの部首 「?(方??)エン」 <旗がなびくさま> https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/a506d209175302968b7eb6119396a9a2 このブログによると、 族 ゾク [続きを読む]
  • 海兵隊の駐留目的は日本防衛
  • 「海兵隊の駐留目的は日本防衛」 ネラー米海兵隊司令官が発言 http://www.sankei.com/world/news/180330/wor1803300030-n1.html 日本防衛がアメリカの国益である限り、アメリカ軍は日本に駐留し日本を防衛するだろう。しかし、日本防衛がアメリカのリスクになるとき、アメリカ軍は日本から撤退する。 在日米軍が日本から撤退し日米同盟が機能しなくなるなら、日本が単独で中国・北朝鮮の核戦力に対峙できるはずもなく、日本は中国 [続きを読む]
  • 何が幸福もたらすか、心理学講義
  • 何が幸福もたらすか、心理学講義が米イエール大学で大人気 https://jp.reuters.com/article/happiness-idJPKBN1H50L8[ニューヘーブン(米コネティカット州) 28日 ロイター] - 米コネチカット州にある名門イエール大学で、ローリー・サントス心理学教授の講義「心理学と幸せな人生」が人気を集めている。週2回の講義が行われる広いホールには、1200人余りの学生が詰めかける。  サントス教授は、幸福は社会との関わ [続きを読む]
  • 政治が乱れるとき、天変地異は起きる
  • 地震火山国である日本には、天変地異が起こらないようにと願い、全国津々浦々に神社がある。 しかし、政治が乱れると、人々の思いが乱れる。そして、為政者の関心は政治から離れて、保身に陥る。国民の心が乱れて天地よ安かれと願う心が神々に届かなくなったとき、日本列島は本来の地震火山国の姿に戻るのだろう。 新燃岳で小規模火砕流 17年10月の噴火観測後初 http://www.sankei.com/affairs/news/180325/afr1803250014-n1 [続きを読む]
  • 幸福実現党、全国各地に公認で17人の地方議員
  • 珍しく、幸福実現党の釈量子党首のインタビュー記事がありましたので、一部を転載します。 結党から9年、全国に約30人の所属議員が誕生。幸福実現党が目指すものとは|党首 釈量子氏インタビュー http://go2senkyo.com/articles/2018/03/23/35002.html より ・釈党首:「 先日も漁師さんからお話を伺ってきたのですが、地元の政治家の皆さんは驚くほど危機感がないそうです。密漁が発生すると、時にはそのままエスカレートして銃 [続きを読む]
  • 病院にも礼拝室を!
  • 聖路加国際病院 病院に来られる病苦と闘う人々のため http://hospital.luke.ac.jp/about/section/chapel.html病院の搭上の十字架とともに、聖路加国際病院の精神を目に見える形で表現しているのがチャペルです。搭上からは毎日8時半、12時、18時に聖歌が流れます。病院に来られる様々な病苦と闘う人々のため、またこの建物の中に働く全ての人のために、チャペルはいつも開放されており、定時には礼拝が行われる祈りの場です。病 [続きを読む]
  • 仙台国際空港に 礼拝室設置
  • Press Release 仙台国際空港株式会社は、海外からのお客様のニーズに応え、多様な文化や習慣に対応するため、仙台空港内に礼拝室を設置します。これは、お客様の利便性向上策の一環として実施するもので、設置のご要望にもお応えするものです。礼拝室は特定の宗教に限定するものではなく、ご希望の方はどなたでもご利用いただけます。【礼拝室の概要】設置場所:仙台空港旅客ターミナルビル2階 国際線出発ロビー供用開始日:2018年 [続きを読む]
  • 日中韓、若者の交流推進
  • 日本の若者に、中韓に捏造された歴史認識を植えつけようと、虎視眈々。 日中韓、若者の交流推進で合意 https://jp.reuters.com/article/idJP2018032101001383日本と中国、韓国による教育相会合が21日、東京都内で開かれ、3カ国の相互理解を促進するため、若い世代の交流事業をさらに推進するとの合意文書をまとめた。韓国は歴史認識問題にも言及したが、会合で議題にはならなかった。 会合は2016年に続き2回目。林芳正文 [続きを読む]
  • 原子力規制委員会は仕事が遅い
  • 電力会社は原子力発電所の稼働・不稼働に拘わらず原価償却している。電力会社の年間の原発費用は全国合計で約2.5兆円らしい。その毎年2.5兆円もの原発費用を負担しているのは、電力料金を支払っている我々国民。発電用の化石燃料の輸入でも余計な費用負担が続いている。 原発が再稼働すれば電力会社には利益が出て、関西電力のように電力料金を下げることができる。東京電力であれば、福島復興に使うこともできる。次世代の発電に [続きを読む]
  • フルMOX 大間原発、建設中止認めず
  • 使用済み核燃料からプルトニウムを含む超長半減期核種を分別抽出し、MOX燃料が作られる。MOX燃料を燃料として原発を稼働させれば、数万年の長期の管理保管が必要な使用済み核燃料を減少させることができる。原発を「トイレなきマンション」と批判することが出来なくなるわけで、反原発派からすれば非常に都合の悪い技術だ。 大間原発、建設中止認めず 函館地裁「危険認定困難」 http://www.sankei.com/affairs/news/180319/afr180 [続きを読む]
  • 守護霊霊言 韓国文在寅&北朝鮮金正恩
  • 2018年3月20日、新刊書籍『文在寅守護霊vs.金正恩守護霊―南北対話の本心を読む―』・「北を国家買収し、核を持った統一朝鮮で日本を植民地にする」 (文在寅守護霊) ・「韓国を利用し、当面の経済封鎖を破り、トランプの任期切れを待つ」 (金正恩守護霊)支部で購入し読みました。確かに、この一年は、北朝鮮にはミサイルや核実験を許しながら、米国は平昌五輪前で攻撃できず、五輪では文大統領のスタンドプレーが目立つばかり。 [続きを読む]
  • 選挙公約をほぼ達成したトランプ大統領 近年にない達成率
  • マスコミは今日もトランプ大統領をバッシングしているが、しかし、トランプ大統領は2年目にして選挙公約をほぼ達成しているとの報道もある。 米国の大統領は、選挙民から直接選出され委任されているから、トップダウンが可能。企業経営者だったトランプ大統領には独断専行が向いている。下のニュースから達成公約を拾うと、 (1)イスラム国(IS)の壊滅 (2)イスラム教徒の一時入国禁止(3)製造業を米国内に戻す (4)中国とメ [続きを読む]
  • ドイツでは火力発電によるCO2が増え大気汚染が酷い
  • 日本では欧米では再エネ電気の値下がりが良いことのように報道されているが、ドイツの実情は、電力業界は荒廃し、企業や家庭の電力料金は値上がりし、CO2も減らず、大気汚染が進んでいる。ドイツ電力大手「まさかの経営統合」が日本に鳴らす警鐘 エネルギー安全保障的にありえない事態(川口マーン惠美) http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54866ドイツでは、再エネ電気の値下がりと共に、強制買取の為に、消費者は電力値上げに [続きを読む]
  • 再エネ賦課金が12倍に高騰 我が家は、?!
  • 電力会社HPによると、再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)= 再エネ賦課金単価(契約により異なる)× 月毎の電気使用量送られてきた明細を確認すると、= 我が家の場合、1,000 〜 2,000 円/月!! 再エネ賦課金は導入の頃は大した額ではなかったが、 この5年間で 12倍に高騰していた。 政府は「再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)」を原資に、太陽光発電や風力発電などを普及させようとしており、これ [続きを読む]
  • 大気汚染が遺伝子発現に大きく影響
  • ガンなど、親から遺伝する罹患リスクがよく取り沙汰されるが、調査の結果、実は大気汚染のほうが遺伝リスクよりはるかに危険度が高いことが判明した。デイリーメール紙が報じた。大気汚染が遺伝子発現に大きく影響 https://jp.sputniknews.com/science/201803104655037/ 原発被災はあったが放射線で亡くなる人はいない。しかし、増強された火力発電所の煤煙で病気になる人は多い。 ポチポチっとお願いします。 [続きを読む]
  • 中国に行くと、中共の歴史認識を押し付けられる
  • アメリカに占領されWGIPによって自虐史観を押し付けられ教育を受けた日本の学生が、中国に行って大歓迎され、親中になって、中国共産党の作った歴史を植えつけられ、日本に帰ると、いつのまにか中国の国益の為に活動するようになってしまう。 日本の大学生の訪中団、盧溝橋で歴史を学ぶ=「心が重くなった」「日本に帰って勉強し直したい」―中国メディア http://www.recordchina.co.jp/b580171-s10-c30.html「 学生たちは宛平城 [続きを読む]
  • 東日本大震災から7年を迎えて(幸福実現党声明)
  • 東日本大震災から7年を迎えて(党声明)https://info.hr-party.jp/press-release/2018/6026/平成30年3月11日幸福実現党 甚大な被害をもたらした東日本大震災の発生から7年を迎えました。犠牲となられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆さまに心よりお悔やみを申し上げます。 被災地ではインフラの整備が着実に進む一方で、今なお7万3千人以上の方々が避難生活を続けているのが実情です。政府に対して [続きを読む]