マヤ さん プロフィール

  •  
マヤさん: 潰瘍性大腸炎癌化〜進行がん完治!マヤの闘病記
ハンドル名マヤ さん
ブログタイトル潰瘍性大腸炎癌化〜進行がん完治!マヤの闘病記
ブログURLhttp://uccail.blog.fc2.com/
サイト紹介文潰瘍性大腸炎(UC)発症から大腸癌となり肝臓転移〜再発をしましたが、今ではガンも完治しました!
自由文ガンが完治し、人工肛門閉鎖手術も無事終わって数年経ってから、癒着性イレウス(腸閉塞)を繰り返すようになり、その完治手術への記録も追加していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 254日(平均0.7回/週) - 参加 2018/02/01 12:10

マヤ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • みじん切り器(ぶんぶんチョッパー)が大活躍
  • 下咽頭ガンの手術から約2カ月後、放射線治療35回を終了した日に母は退院しました。退院した日の昼食軟飯と粗いきざみのおかずです外泊してきた最初の頃は、柔らかく煮た野菜もすべてみじん切り器で細かくしていました。手でみじん切りすると時間ばかりかかってしまうのでみじん切り器はかなり重宝します。最初は小さいサイズを購入しましたが半分程度しか入れれないので離乳食なんかには良いけれどたくさんみじん切りして冷凍保存 [続きを読む]
  • 下咽頭ガンの画像と、喉(嚥下機能)のリハビリ
  • お陰様で母は無事に退院し、少しずつきざみなしの食事も食べれるようになってきました。良くなってると言われても正直言って、半信半疑の部分もあり一時的に退院できるだけなのか?それとも、本当に良くなっているのか?その辺のところが不明だったのですが、、退院前の主治医からの説明で本当に良くなっているということがわかりました。手術前の画像上の白いのが下咽頭ガンで男性の親指の先ほどの大きさでした。現在の画像診察室 [続きを読む]
  • 野菜スープ最強版!具だくさんレシピ
  • 以前の記事で書いていた野菜スープですが、母が下咽頭癌になったので、ファイトケミカルを多く含む野菜を追加して、自分なりに最強の野菜スープを作っています。詳しく調べてみると、白菜やレタスなど、あまり重要視していなかった白色野菜が意外にもファイトケミカルを多く含んでいるということがわかりました。ファイトケミカル食革命https://www.azabu-iin.com/phyto/index.htmlファイトケミカルの本を執筆している麻布医院院長 [続きを読む]
  • 母が下咽頭癌ステージ4と診断される
  • 北大での手術後、7月になり、体調もすっかり安定してきて調子が良くなったので参加しない予定だった秋のコンサート(弦楽合奏)にも出ることにして、楽器を受け取りに行った矢先に、、、なんと、、、今度は、母が下咽頭がんになってしまいました。リンパ節や食道にも転移していて、ステージ4とのこと。関連記事http://hadoumania.blog.fc2.com/blog-entry-182.htmlコンサートどころか、母の看護と父(認知症)の介護でとんでもな [続きを読む]
  • 野菜スープでガン予防&若返り
  • 入院中に同室の方に伺ったのですが、「余命半年と言われたけれど、野菜スープを毎日飲んだらあれから6年経った今も元気!」なのだそうです。それで、自分でもネットで詳しく調べてみたところハーバード式野菜スープに関する記事が沢山ありました。それによると、基本は、1.野菜は皮ごと使う2.ふたがしっかりできる鍋(できたらホーロー製)を使う3.原則として食塩や調味料を使わないということでした。野菜は特に皮にファイ [続きを読む]
  • 退院後の通院 そして最後の通院
  • 退院後の通院日。遠方なので、予約は12時という遅い時間にしてくださったが、朝一のJRで行って10時に到着。診察前の前に、同室だったYちゃんやクレープ一緒に食べたKちゃんと懐かしのアメニティホールで再会(*^^*)やっぱり会うなら、この思い出の広場だよね♪ってことで、ローソンのコーヒーなど飲みながらおしゃべりしました。Kちゃんが午後から用事があるので午前中に来てくれたのです(*^^*)診察は最初に診てくれたK先生でした。 [続きを読む]
  • 手術後の経過 (術後イレウス回復〜退院) 4/1〜4/25
  • 手術後のイレウスが回復してから退院までの記録です。■4/1(日) 入院26日目・術後10日目冬の間は病棟は暑かったらしいけど、この季節は逆に部屋は寒いことが多かった。特に夕食前の時間は、いつもとても寒くて肩まで布団にすっぽり入らないと風邪ひきそう。今日は特に寒い〜〜〜!と思ったら、熱が37.8℃あって、ホットパックをもらったが、寝る頃には下がった。お借りしたホットパックは湯たんぽと違って7時間も温かさが続いて繰 [続きを読む]
  • 北大病院入院レポ (どんだけクレープ女よ?編)
  • 腸の動きも安定してきて食欲も出てきたころ、隣のベッドのKちゃんが持ってきたサーティワンのクレープ割引チラシをじっくりと見ていたら、ちょうど夕回診で、若手の先生方が3人入ってきた。目ざとくクレープチラシを見て「クレープ、ぜんっぜんOKですよ! アイスクリームなんて まったく問題ナッシング!」とやけに食いつきが良い^^;もしかしてクレープ好きなの?ところが、「あ、でもよく噛んで 30分かけて食べてね〜」って [続きを読む]
  • 北大病院入院レポ (その他 色々編)
  • 北大病院に入院して感じたことなどをあれこれ書いてみました。■エレベーターの待ち時間はかなり長い病棟の患者用エレベーターは5つあるが、そのうち1つは手術用、もう1つは寝台&車いす用なので、一般は3つしか使えず、なかなか来ない。検査の時間など、ギリギリに行くとエレベーター待ちで10分くらいかかり遅れることもあるので、早めに行く必要あり。一般のエレベーターは朝7時〜夜9時まで運行。■乳腺外科の女医さん達が [続きを読む]
  • 北大病院入院レポ (検査編) 婦人科検診、CT、MRI、胃カメラ
  • 北大病院入院中に受けた検査の記録です。■婦人科検診ほぼ症状はなんだけど、気になっていたので一応念のため小腸膣ろうの判定のために受診。それと、3回目の手術のときに取る予定だったのに取らなかった右卵巣の腫れも確認して欲しかった。地元の病院でも、定期的に婦人科検診を受けるようにと強く勧められていたにもかかわらず、気が重いので一切受けていなかった。婦人科外来では、まずは問診票に記入しその後、研修医の予診を [続きを読む]
  • 北大病院入院レポ (高気圧酸素治療)
  • 手術後に腸の動きが弱まり吐いていたけど、管入れるのはお断りしていたためか、高気圧酸素療法を受けさせていただきました。麻酔科の先生のお話では、高気圧酸素療法は、腸閉塞の場合は、詰まってガスで拡張した腸を収縮させ血流を良くする効果があるとのこと。「ダルビッシュも入ってたし、日ハムの選手たちも入ってるよ。普通なら保険外で高くてやれないけど、今回は保険でやれてラッキーだったね♪」と、H先生がおっしゃってい [続きを読む]
  • 手術後の経過 (術後イレウスの回復まで) 3/22〜3/31
  • 手術後の経過 (術後イレウスの回復まで)の日記(覚え書き)です。■3/22(木) 入院16日目・手術当日手術室で意識がなくなった後、呼ばれている気がして目を開けるとそこは病室で、ぼんやりと叔母の姿が見えた。研修医の先生が後ろで、「マヤさん、これが小腸に巻き付いてました。置いていきますか?」と言って、管の入ったケースを見せてくれた。肝動注化学療法用のカテーテルリザーバー部分だけとって、カテーテルは残しておいて [続きを読む]
  • 入院から手術までの記録 3/7〜3/22
  • 北大病院入院から手術までの日記(覚え書き)です。■3/7(水) 入院1日目 ・助手さんによる病棟案内・担当看護師さんによる問診・薬剤師さんによる問診、飲んでる薬やサプリのチェック・尿採取、採血、レントゲン・肺活量測定、心電図・7分粥&低残渣食■3/8(木) 入院2日目・CT・消化器内科受診(胃カメラの予約)・髪をカット■入院3〜6日目既にやることがなくヒマなので毎日シャワー浴びたりしてくつろぐ。■3/13(火) 入院 [続きを読む]
  • 北大病院入院レポ (1階の設備・環境編 Wi-Fiなど)
  • 3月7日の記事では病棟内の設備や環境を書いたので、こちらでは、1〜2階についてまとめてみました。■ ローソン営業時間 6:30〜23:00飲み物、お弁当、お菓子、雑誌、医療品、日用品、衣料品、文房具、北大グッズ(ノート、ボールペン、キーホルダー)など必要なものはほとんど揃っている。患者さんだけでなく、職員の方たちも利用するので、朝から夕方まで混んでいてレジはいつも行列。■ サーティワン営業時間 10:00〜20:00(土 [続きを読む]
  • 北大病院入院レポ (1日の流れ)
  • 入院したら、時間が有り余って、今まで読めなかった本を読んだり、音楽をいっぱい聴いたり、昼寝し放題だとばかり思ってたのに、、、それなりに、けっこう忙しい毎日でした。<入院生活 1日の流れ> ※あくまでも私の場合ですので、人それぞれ違います。06:00起床、採血、検温、前日のトイレ回数・水分量チェック07:00頃洗面、体重測定、病棟内散歩(腸の動きを良くするため)07:45朝食(デイルームで札幌の景色を見ながらHさん [続きを読む]
  • 北大病院レポ (病棟内の設備・環境 編)
  • これから北大病院に入院する方は、私がそうだったように、病院内の設備など、細かいことも気になると思いますので、できるだけ詳しく書きます。病棟によって違いもあると思いますが、参考にしていただけましたら幸いです。◆◇ 入院の流れ ◇◆入院は10時半に来てくださいと言われてその時間に、入退院センターへ直行し、感染症のチェック(問診票に記入)。本人や家族が感染症にかかっていて院内に持ち込んでは大変なので、細かい [続きを読む]
  • やっと入院日が決まりました!
  • 今までオリンピックはまともに観たことなかったけど平昌オリンピックでは沢山の感動をいただきました☆今回は、地元北海道の選手達が出ることもあり、それにフィギュアも羽生選手の大ファンなので何度も観るたびに、泣けた〜( ;∀;) 歳をとって涙もろくなるっていうのは、目の前の出来事の裏のことを想像できるからかな。アスリート達の、ストイックな生活や、日々の過酷な練習に思いを馳せ、その結果が今につながっていると思う [続きを読む]
  • まだ北大病院から連絡が来ない〜(入院時の持ち物一覧)
  • 11月22日に、入院予約入れたのに、まだ北大病院から連絡が来ない〜;;入院の前の週の、木曜午後か金曜日に入退院センターか病棟から連絡が来ることになっているので、来週の入院もなしってこと。この調子だと、3ヶ月待ちになりそうな予感。。でも、お陰で、オリンピック開会式観れたし、フィギュアスケートもゆっくり観れるし、、まいっか、、高額医療は月単位の計算だから月始めに入院して月末に入院するのがベスト。なので、こ [続きを読む]
  • はじめに
  • 当サイトへお越しくださいましてありがとうございます。管理人で、元UC患者そしてガン患者だったマヤです。マヤは、潰瘍性大腸炎(UC)発症から25年経過後に、大腸癌となり、肝臓転移〜1年後に肝臓再発をしましたが、今ではすっかり元気になり、ガンは完治しました。 転移性肝臓がん2回目の手術から、無事に12年が経過。それを機に、これまでの病気との長い付き合いの記録を書いてみようと思いました。潰瘍性大腸炎や癌 [続きを読む]
  • 病 歴 (年表)
  • ★UC時代 潰瘍性大腸炎 発症〜・1970年( 8歳) 潰瘍性大腸炎(UC)発症・1973年(11歳) 関節炎併発・1976年(14歳) 心のう炎(心膜炎)・1982年(20歳) 関節炎悪化・UC再燃・1987年(26歳)肛門周囲膿瘍潰瘍性大腸炎悪化で全大腸炎型となる・1994年(32歳) 結婚・出産★CA(ガン)時代 大腸癌〜肝臓転移〜転移性肝臓癌再発・1996年(34歳)潰瘍性大腸炎癌化大腸全摘出・ストーマ造設手術イレウス(腸閉塞)に [続きを読む]
  • プロフィール
  • ◆ HN: マヤ (花音)◆ 年齢: ナイショ(病歴のページを見ればバレてる^^;)◆ 居住地: 北海道◆ 血液型: A型(O型っぽいと言われる) 金星人マイナス◆ 性格: 割り切りが早い。プラス思考。かなりの凝り性(1つのことを徹底的にやって、突然止めたりする)◆ 見た目: 原日出子に似てるとよく言われたけど、最近は・・・?◆ 趣味: 楽器演奏、ガーデニング、シフォンケーキ作り、写真など。◆好きな食べ物: 果物、 [続きを読む]
  • 20年ぶりに北大病院受診&入院予約
  • 2017年11月22日20年ぶりに北大病院へレッツゴー!ちょーーー懐かしい〜〜〜昔は、北大の徒歩圏内に住んでいたけど、今は、JR特急で2時間かかるし、札幌駅からはタクシーで行く。で、タクシーに乗ったら、運転手さんも慣れたもんで、「北大病院までお願いします」って言ったら、いきなり、「具合はどうなの?」って、、え???もしかして、 私の体調を聞いてる?一瞬、意味不明で戸惑ったけど^^;なんせ、わたしもペラなので、詳し [続きを読む]
  • 今手術するしかない!北大病院へ行こう!
  • 2017年10月14日今年の発表会は、練習日程が超ハードで、めっちゃ疲れていたのです。でも、どうにか乗り越えられたな〜と思っていたけれど、疲れって、1週間後くらいに出てくるみたい。そして、そんなときに限って、なぜか、ついうっかりをやってしまうのです。いつも習慣にしていた、食前の、トイレでのガス抜きと、夜中の、トイレのときのガス抜き、腸はいたって静かだし、眠いし、、で、サボった。腸が静かというのは、動きが弱 [続きを読む]
  • 過去の記事 …