ysketom さん プロフィール

  •  
ysketomさん: ママに会いたい
ハンドル名ysketom さん
ブログタイトルママに会いたい
ブログURLhttp://www.ysketom.com
サイト紹介文突然逝ってしまった妻への思いと三人の子供達の子育ててに悪戦苦闘する日々を綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 20日(平均19.3回/週) - 参加 2018/02/01 14:20

ysketom さんのブログ記事

  • 幼稚園の2歳児ルームへ「12月編」(3)
  • 楽しい昼食会が終わり、流れ解散となった。私は今後のことを相談するため事務所へ寄った。市役所からは(下記の「市役所に駆け込んだ」を参照して欲しい)www.ysketom.com転園については「可能だが、家庭状況を勘案し点数をつけて審査した結果によるので幼稚園として入園が内定していてもそれはそれで考慮はされない」と言われていると伝えたが、幼稚園側はいわゆる二号認定、保育標準時間(7時〜18時)で受かるかどうかについて「多分 [続きを読む]
  • 幼稚園の2歳児ルームへ「12月編」(2)
  • 幼稚園の2歳児ルーム。今日は12月。クリスマス会をやるという。まず、子供の欲しい物を書いて欲しいと言われ、次男の顔色を伺う。まさか「ママに会いたい」などと言いやしないかとビクビクしたが、次男は「クリスマスプレゼントは車のおもちゃ!が欲しい」と言った。思わず、ホッとした。「車のおもちゃ」と紙に書きお手製の長靴に入れる。すると、「今日幼稚園にサンタさんが来る??!そのサンタさんに、希望を伝えクリスマスの [続きを読む]
  • 幼稚園の2歳児ルームへ「12月編」(1)
  • 12月11日月曜日。今日は入園が内定している幼稚園の2歳児ルームの日だった。今日は年内最後のルーム。そして12月という事でクリスマス会?昼食会(自由参加)をするという。昼食会に参加するならば自分の分と次男のお弁当を用意しなければならない。告別式後初めての月曜日ということもあって今日は誰も助けてくれない。幸い適当な食材?サラダ(昨晩の残り)はある。今まで子供や自分の弁当どころか満足な料理もしたことない。弁当に [続きを読む]
  • 今の気持ち
  • なかなか時系列通りの更新といかず、最近の出来事に偏ってしまったりしているが、年内にあった出来事、書きたい記憶はまだまだ沢山あるのでお待ち頂きたいと思う。「キツい」昨今のバレンタインデー空気や、オリンピックの快挙、好きな音楽などが流れた際に、悲しい感情が溢れ出してしまう。楽しいこと嬉しいこと華やかな雰囲気に包まれるとどうしてこの場に妻はいないのだろうと思ってしまう。何か楽しいこと嬉しいことが私の身に [続きを読む]
  • 長女の食物アレルギー(1)
  • 長女には少し食物アレルギーがあった。この少しという表現が適切かどうかは分からない。特に海老と卵が厳しいようだ。だが、長女は海老の天ぷらは好きで回転寿司に行っても海老天ばかり食べていたのだが‥‥‥‥長女は2歳頃、食後に蕁麻疹のような湿疹が頻発したことから食物アレルギーを疑い検査を受けたことがあった。かなり前の話で不鮮明な記憶頼りだが、検査結果は「小麦・鶏肉・卵・牛乳」などに高い数値が出た。つまり食べ [続きを読む]
  • 荼毘
  • 葬儀会場を出てしばらく走る。自宅の前を通ってくれた。妻にとっては本当に本当の最後の自宅だ。次に自宅に連れて帰るのは「骨」なのだ。親の葬儀を順当に執り行うならともかく、またこんな目には二度と遭いたくないと思う。「またこんな目」とはどういうことかは察してもらいたい。「逆縁」など御免だ。ということだ。より一層の悲しみを背負い自宅前を通過する。また、しばらく走り郊外にある火葬場へ到着した。これから、妻は焼 [続きを読む]
  • 告別式
  • 12月7日午前11時告別式開式。会館に泊まったので、朝は余裕があった。家族でコンビニのおにぎりで腹ごしらえをした後、式の支度をする。お一方どうしても時間の都合がつかないとのことで9時半くらいに来られる。妻の恩師だ。多忙の中来訪を感謝し、丁重にご挨拶し、お焼香してお別れしてもらう。さあ、これからの数時間正念場だ。開式1時間前から続々と親族・係員方々が来られる。遠方から来た従姉妹、叔母夫婦と久しぶりに再会し [続きを読む]
  • 確定申告(1)
  • 妻逝去により生命保険金の支払いがあり、これには「一時所得」として所得税がかかるという。私は、税金については毎年年末調整で済ませており、確定申告とは無縁の身だった。医療費控除も全然やっていなかった。住宅を購入した際に「住宅借入金等特別控除」のため一回だけ「e-Tax(電子申告)」を利用した事があるが、それ以降一切確定申告をやっておらず、第一、現在自宅に使えるPCが無く、このブログをやっていく上でPCの必要性を [続きを読む]
  • 遺影の前に飾られた表彰状
  • 今週のお題「表彰状」今日は長女の話をしようと思う。長男長女は、妻の葬儀告別式を終えてから数日後、忌引を終え小学校に復帰した。私は次男のこともありしばらくは休暇を取得していた。長男長女は健気に学校に通い二学期を終えた。冬休みは、書き初めなどほんの少しの宿題があり、墨汁を買ってきてあげ、書き初めの練習をさせた。年が明け、三学期に入って、学校内で書き初め大会をあった。そこで長女は金賞を受賞したと喜んで伝 [続きを読む]
  • ラノベで泣きそうになった
  • 私の趣味は読書である。特に今は年甲斐もなくいわゆる「ラノベ」をよく読む。妻が亡くなってすぐのこんなときでも読む。こんなときだからこそ読む。好きな本を読んでいる間は現実を忘れられるからだ。昔の若い頃は通勤時間等を利用して本の虫になっていた。当時好きなジャンルは歴史小説だった。特に戦国時代、安土桃山時代のいわゆる戦国武将に焦点を当てた小説が好きだった。「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」やはりこの三巨 [続きを読む]
  • 通夜
  • 通夜の開式に先立ち、打ち合わせ、手伝いをしてくれる方々への挨拶、遠方から来られる親族への挨拶、職場から来て頂く上司同僚等そして今日お経を読んでくれるお寺さんへ挨拶をする。お世話になる方々へ失礼の無いように早めに式場へ向かう。喪主なんて当然初めてのことである。私の両親は持病はあるが一応健在であり、父は60歳を超え第一線は退いたがフルタイムで働いている。妻の両親も高齢だが元気だった。妻は小学校のときの友 [続きを読む]
  • 娘からのチョコ
  • 今週のお題「バレンタインデー」娘から手作りチョコを今朝貰った。小さいハート型のチョコだった。これを打っていて、写真を撮っておくべきだったと後悔した。次男と一個づつ朝出発まえの慌ただしい朝食時に頂いた。次男はチョコで機嫌が幾分好転し登園準備が捗った。先だってwww.ysketom.comこのように述べたところだったが、可愛い長女から全く貰えないのも寂しいし、少なくとも長女は私のことが大好きなはずだと思い長女に今年 [続きを読む]
  • 妻が倒れたときのこと
  • 妻が倒れたときのことだが、小学校の方々からは「直接倒れた状況を見た人は居なかった」と言われていた。校庭が広いためそんなものかと思ったが、発見に時間がかかった訳でもなさそうなので、もう一つ倒れたときの様子が詳しく分からないものかと思っていた。後日お子さんと一緒に弔問に来た近所の方から「子供が奥さんが倒れたところを見た」と言われ、本人から話が聞けた。近所の子なので妻と顔見知りであるその子は「小学校の校 [続きを読む]
  • 次男のイヤイヤ期(通称魔の二歳児)
  • 妻は、次男の2歳児検診前に母子手帳に「2歳のお誕生日おめでとう。なんでもイヤだイヤだ言わないでね」と記した。長男のときは「子育てについて不安や困難を感じることはありますか。」という問いに、「はい」つまり困難を感じていた(別の機会に触れることがあれば触れたい)が、次男の母子手帳の同じこの問いに対しては「いいえ」としている。私も3人目にしてやっと出産に立ち会い感動した。その次男の子育ては私も出来る限り協力 [続きを読む]
  • もう貰えないチョコレート
  • 今年もバレンタインデーが近づいている。近年、この時期は妻と娘が手作りチョコを作っていた。娘がクラスの仲の良い男の子に渡すのだという。娘は今年まだ小学3年だが、去年や一昨年は大忙しだった。特に好きとか交際するとかそういうことではなかったらしい。そう信じたい。しかし、今年は、もう妻は居ない。娘もバレンタインデーについては何も言ってこない。父としてどうしたらいいか分からないし、貰う相手が居なくなり、恋愛 [続きを読む]
  • 通夜に向けて自宅を出る
  • 12月6日通夜の日。葬儀屋が午前中に来て、妻が先発する。妻出発前に、私が次男を抱っこ・長男・長女と妻の前に並ぶ。明日の告別式後の帰宅はまだ想像したくない。ついにこの時が来てしまった‥‥‥‥みんなで妻に、今までの感謝の気持ちを伝える。自宅は約10年住んでいる住み慣れた我が家だ。今日妻はこの住み慣れた我が家から旅立つ。振り返ると、まだ生まれたばかりの長男と夫婦で、新築一戸建てを購入して引っ越したのを昨日の [続きを読む]
  • 通夜に向けて自宅を出る
  • 12月6日通夜の日。葬儀屋が午前中に来て、妻が先発する。妻出発前に、私が次男を抱っこ・長男・長女と妻の前に並ぶ。明日の告別式後の帰宅はまだ想像したくない。ついにこの時が来てしまった‥‥‥‥みんなで妻に、今までの感謝の気持ちを伝える。自宅は約10年住んでいる住み慣れた我が家だ。今日妻はこの住み慣れた我が家から旅立つ。振り返ると、まだ生まれたばかりの長男と夫婦で、新築一戸建てを購入して引っ越したのを昨日の [続きを読む]
  • 次男について
  • 次男は、妻生前は、いわゆるママッ子だった。2歳になる前頃まではもっぱらパパと一緒で、抱っこ・お風呂・オムツ交換はパパが在宅時はパパの役目だった。それが、いわゆる魔の2歳児・イヤイヤ期が始まったら‥‥それまでのパパの抱っこ・お風呂・オムツ交換はやはり男の荒っぽい作業であったからか‥‥‥‥抱っこ→「ママがいいの!」お風呂→「ママと入る!」オムツ交換「マ(ry」この有様、全面拒否である。流石に凹んだ‥‥特に [続きを読む]
  • 次男について
  • 次男は、妻生前は、いわゆるママッ子だった。2歳になる前頃まではもっぱらパパと一緒で、抱っこ・お風呂・オムツ交換はパパが在宅時はパパの役目だった。それが、いわゆる魔の2歳児・イヤイヤ期が始まったら‥‥それまでのパパの抱っこ・お風呂・オムツ交換はやはり男の荒っぽい作業であったからか‥‥‥‥抱っこ→「ママがいいの!」お風呂→「ママと入る!」オムツ交換「マ(ry」この有様、全面拒否である。流石に凹んだ‥‥特に [続きを読む]
  • 時間が止まってずっとこのままならまだいいのに
  • 12月5日。この日は妻が家にいる最後の日だ‥‥正確には明日午前に葬儀場に向けて出発をする。家にいる最後の夜だ。もちろん生きてはいないわけだが、一緒に家で過ごす最後の夜になると思うとまた悲しさが襲ってくる。連日の弔問客に「最愛の妻が亡くなったことはものすごいショックです。葬儀まで数日ですが、いまのこのときのまま時が進まずに葬儀の日が来ないことを願わずにはいられません。妻がここに居てくれるので。葬儀の日 [続きを読む]
  • 時間が止まってずっとこのままならまだいいのに
  • 12月5日。この日は妻が家にいる最後の日だ‥‥正確には明日午前に葬儀場に向けて出発をする。家にいる最後の夜だ。もちろん生きてはいないわけだが、一緒に家で過ごす最後の夜になると思うとまた悲しさが襲ってくる。連日の弔問客に「最愛の妻が亡くなったことはものすごいショックです。葬儀まで数日ですが、いまのこのときのまま時が進まずに葬儀の日が来ないことを願わずにはいられません。妻がここに居てくれるので。葬儀の日 [続きを読む]
  • 閑話休題「子供の携帯を購入した話」(2)
  • 長くなったので分割するとしたところ、酔い潰れて寝込んでしまった‥‥(詳細は別の機会で触れたい)子供の携帯を購入するため順番を待ち、順番が来て、一個一個内容を確認しながら進めてもらう。妻が居なくなり、子供達と今まで以上に密接に繋がる必要を感じてのことだが、この「妻が居なくなり」ということを全身に今更ながら染み渡るようで辛くなる‥‥特に1月下旬から2月初旬かメンタル的に底だった(詳細は別の機会で触れたい)と [続きを読む]
  • 閑話休題「子供の携帯を購入した話」(2)
  • 長くなったので分割するとしたところ、酔い潰れて寝込んでしまった‥‥(詳細は別の機会で触れたい)子供の携帯を購入するため順番を待ち、順番が来て、一個一個内容を確認しながら進めてもらう。妻が居なくなり、子供達と今まで以上に密接に繋がる必要を感じてのことだが、この「妻が居なくなり」ということを全身に今更ながら染み渡るようで辛くなる‥‥特に1月下旬から2月初旬かメンタル的に底だった(詳細は別の機会で触れたい)と [続きを読む]
  • 閑話休題「子供の携帯を購入した話」(1)
  • この話は今日(2018年2月9日)の出来事であり、ついさっきまで出掛けて買って帰ってきたところだ。先日、1月中の話だが、妻と長男の希望で長男がロボット教室に通い出した(詳細は別の機会で触れたい)ときに、長男は現在11歳、今年の春から6年生であり、1人で通っても問題ないと思った。ただ11月に骨折した右手のリハビリ中であり、自転車は控えている。教室へはもっぱらバスで通っているが、私は仕事に復帰しているところ、平日は特 [続きを読む]
  • 閑話休題「子供の携帯を購入した話」(1)
  • この話は今日(2018年2月9日)の出来事であり、ついさっきまで出掛けて買って帰ってきたところだ。先日、1月中の話だが、妻と長男の希望で長男がロボット教室に通い出した(詳細は別の機会で触れたい)ときに、長男は現在11歳、今年の春から6年生であり、1人で通っても問題ないと思った。ただ11月に骨折した右手のリハビリ中であり、自転車は控えている。教室へはもっぱらバスで通っているが、私は仕事に復帰しているところ、平日は特 [続きを読む]