hoiku2018 さん プロフィール

  •  
hoiku2018さん: 女性医師に対する保育園利用の差別をなくそう
ハンドル名hoiku2018 さん
ブログタイトル女性医師に対する保育園利用の差別をなくそう
ブログURLhttps://ameblo.jp/hoiku2018/
サイト紹介文医師である妻をもったサラリーマンの夫のブログです。
自由文医師である妻をもったサラリーマンの夫のブログです。医師は、医師である事を理由に認可保育園の選考に不利な立場にいます。同じような立場の方と交流、情報交換し、改善に向けたはたらきかけをしていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 92日(平均1.0回/週) - 参加 2018/02/02 11:41

hoiku2018 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ほったらかしで一か月
  • ほったらかしです。仕事が忙しいんです、進展もないんです、、、。 本音をいうと、二次募集で次男の保育受け入れ先が決まってしまったために当事者意識が薄れてます。ただ、二次募集で受け入れ先が決まっていなくても、結局認可外を利用するなり、自分の仕事を減らすなりで対応していました。 それなりに情報収集は継続していますが、やっぱりなんだかんだいって二次募集で落ちた家庭の話もWebで見ます。 もっと切実というか深刻 [続きを読む]
  • 活動報告_支援を申し出てくれた国会議員と面談します
  •  着信履歴とショートメールでコンタクトのあった議員さんに電話でコンタクトをとりました。  曰く、一度面談して話を聞きたいとの事です。  少なくとも門前払いにはされなかった。  面談後改めて記載します。  ところで、本日、2次で入園受入れが決まった認可保育園を見学してきました。 山一つ越えて歩くので毎日迎えに行くのはキツいですが、仕方ありません。 保育園自体は明るく清潔で好印象でした。  うちの世帯の [続きを読む]
  • ご報告2
  •  差別撤廃の請願をした国会議員ご本人より携帯電話まで連絡が来ました(マナーモードにしていたため気づかず、ショートメールで「ご本人の携帯電話ですか?」という連絡を受け取りました)。  どういう反応なのかわかりませんが、とりあえず話は聞いて頂けるようです。  お話をしてから改めてお知らせします。  というわけで活動にご賛同頂ける方は以下までご連絡下さい。 当初はお名前(HN可)、ご職業、現在の状況の簡単なご説 [続きを読む]
  • ご報告1
  •  認可保育園の利用申し込み、一次で保留通知を受け取ったわが世帯ですが。 二次で認可保育園の利用ができるという通知を受け取りました。  来週火曜にその保育園の見学に行ってきます。  所得による差別撤廃を訴える活動は継続していきます。  というわけで活動にご賛同頂ける方は以下までご連絡下さい。 当初はお名前(HN可)、ご職業、現在の状況の簡単なご説明だけで結構です。hoiku2018x@yahoo.co.jp [続きを読む]
  • どこの自治体も同じですね
  •  Yahooニュースを見ていて。目黒区のケース。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180210-00000039-asahi-soci  あー、どこの自治体も同じことをやってるのね、と。 http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/kosodate/hoikuen/annai/moushikomiannai.files/H291002.pdf (3)指数同位の優先順位順位15 区市町村民税が低い世帯  指数同位の優先順位の2を適用するため、離婚届を出す、というのも真剣に考えてしまいそうです。 [続きを読む]
  • 認可保育園の受入れ可能数_二次選考_川崎市
  •  一次、二次と受入れ可能数を公表しており、一次の際の選考に漏れた方向けの二次選考が2月6日締め切りでありました。 http://www.city.kawasaki.jp/450/page/0000030624.html  いやぁ、、、実際問題、需要に対して供給がおいついてませんよね。 二次調整での受け入れ可能数(例) 0/1/0/0/0、、、。(0歳児から、1、2、3、4、5歳児)  もう、ほぼ一次調整で決まっていて、ごくごくラッキーな方(序列が上にいて、しかも決まってい [続きを読む]
  • 保育に関する問題_幼児教育無償化
  •  政府が「幼児教育無償化」をうたい予算を確保、2019年4月から幼児教育・保育の無償化を一部先行スタートさせるようです。jidouteate.com/youjikyouiku/  内閣府子ども・子育て本部等、政府機関が公表している情報などもありましたが、正直、小難しすぎて読むのがしんどいのでまとめサイトの情報をベースにします。  まとめサイト曰く、0〜2歳までの子については住民税非課税世帯のみ無償化。 3〜5歳児の認可保育園の利用に [続きを読む]
  • 特定職業に従事する方の保育園入所を優先する制度があるそうです
  •  医師という特定の職業、公的な職に従事している方に対する、保育園入園選考基準での世帯収入を条件とした差別撤廃をうったえかける趣旨の当ブログですが。  保育士を働きやすくするため、保育士に給料の他に手当を支給すること、また、保育園入所時の優先度を上げるという取り組みをしている自治体がありました。千葉県松戸市です。 https://www.city.matsudo.chiba.jp/kosodate/matsudodekosodate/kosodatenavi/hoikuenyouchi [続きを読む]
  • なぜ医師を優遇すべきと考えるか
  •  妻を通じてお知り合いのネットワークに情報を広げてもらっています。  私は普段、仕事では陳述書だの報告書だのといった文書を発行しており、文書を書くのはそれなりに慣れているつもりですが、私的な活動で、妻や妻の知人にも読まれる文書を書く、というのは不得意、というか慣れないので妙な気分です。  さて、それはさておき。 対象を医師以外の公的な職に従事している人にも広げます、と記載している当ブログですが。基 [続きを読む]
  • 解決事例1
  •  いずれ、このブログを通じて年収を理由にしての保育園利用の差別をなくしていこう、という意思は変わっていませんが。  一件、とりあえずの解決事例が出ました。 わが世帯のケースです。  本日2月4日(日曜)、妻が子を連れて川崎市内の認定保育園の見学、面接を受けてきました。  途上、・現在、0歳児の問い合わせは60件を超えており、受入れの是非は即答できない。・仮に受入れができる場合でも5月、6月からの受入れでもよい [続きを読む]
  • 反響
  •  この活動を妻に説明し、学校の先生夫妻に連絡したところ、是非賛同したい、協力したいというお返事を頂きました。  この他、妻の医師仲間にも呼びかけを始めてもらっています。  同じような状況に直面して悩んでいる方、その方のまわりにはやはり同じ境遇の方がおられると思います。一人の和がさらに一人、さらに一人と増えていけば、その声はいずれ社会として無視できない大きさになっていくと思います。  現在、私ども世帯 [続きを読む]
  • 範囲の拡大_医師に限らず「公のための仕事をする方」
  •  本日、長男(現在小学校1年生)が通っていた保育園の同期会があり、妻と長男が参加してきました。  そこで聞いた話によると、同様の話は医師に限らないようです。 両親とも公務員として学校の先生をされているご家庭も、第二子の保育園入園がかなわなかったとのことでした。  結果までは聞いていませんが、父親、母親のいずれかが育児休暇期間を延長し、認可、認可外保育園の空きを待つことになるのでしょう。  当ブログで目 [続きを読む]
  • ブログの趣旨_女性医師の保育園利用の差別をなくそう
  •  このブログは、小児科医である妻を持つ夫が、こどもの保育園への入園選考に漏れた事を発端に書きはじめるものです。  医師不足が指摘され、医学部の新設、定員の増加がはじまっています。 医師が実際に不足しているのか、医師免許取得者を増やせば問題が解決するのか、という疑問はありますが、このブログで焦点をあてるのはそこではありません。  少し古い情報ですが、厚生労働省の情報によると、平成24年時点での全医師のな [続きを読む]
  • 過去の記事 …