Mina さん プロフィール

  •  
Minaさん: 色々あるけど笑って暮らすアメリカ生活
ハンドル名Mina さん
ブログタイトル色々あるけど笑って暮らすアメリカ生活
ブログURLhttps://ameblo.jp/newportbreeze/
サイト紹介文イギリス&日本育ちがアメリカの「常識」に苦笑、爆笑。こうなったら三国のいいとこ取りで行きまっせ〜!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 166日(平均5.5回/週) - 参加 2018/02/02 17:38

Mina さんのブログ記事

  • 大切な友の突然のお別れ
  • 数ヶ月前の友人の盛大なバースデーパーティについてはまだご記憶の方もおられるかと思いますがその前日の様子と当日の様子はこちらに記しています。「明日はいよいよウェンディの誕生日パーティー」→★「豪邸でのパーティーは全てが五つ星」→★ でもその主役のウェンディにはもう会えません。先週の終わりに共通の友達のところにウェンディの息子さんから突然「母は今朝、家族に囲まれながら安らかに永遠の眠りにつきました。」 [続きを読む]
  • このセンスはいったい??
  • カリフォルニアでここしばらく流行っているのはFarm to Table (畑からテーブルへ)とかField to Forks (原っぱからフォークへ)などのキャッチフレーズとともに地元の生産者から直接食材を仕入れる自然派レストランです。そういうお店がご近所にも数軒あるのですがお店構えはどことなく農家風でパティオ席なんかは明るい陽光を受けてちょっと南仏に来た感じ。さぁて、何をいただきましょうかね〜?とメニューを見ると、今までと少し [続きを読む]
  • 真心はこんなに温かい
  • アメリカに住んでいてもここしばらくずっと西日本豪雨被害の事を考えて暮らしています。家が全半壊してしまった方々のこれからを思ったり、お亡くなりになった方々やご家族について。。 京都に住む母は幸い無事でしたが先月は大阪北部の地震もあり、いつ何時またやって来るか分からない自然災害に対し、離れて暮らす私は何ができるのかと自問を続けています。前回の記事でiPhoneでの緊急SOSの送り方について書きましたが母が持って [続きを読む]
  • 緊急時に役立つiPhone「緊急SOS」
  • iPhoneは時々システムアップデートをするように言ってきますよね。以前にベータ版のアップデートとは知らず、しばらく起動できなくなったアプリがあったのでアップデート連絡が来るといつもちょっぴり懐疑的な私です。 ところが今回の豪雨の避難時など助けを求める時に使えそうな機能が去年から加わっていると知りました。アップデートしてくれるだけでなく新機能は通知してくれるといいのにね〜 緊急SOS (Emergency SOS)どんな仕 [続きを読む]
  • 自然災害への対処とは?
  • 先週いつものように日本のオンラインニュースを読もうと思ったら地域登録している京都について、赤枠で大雨による洪水警報と出ており、さらに調べると母が暮らしている地域は土砂災害警戒区域の避難指示ゾーンになっているではありませんか。びっくりしてすぐに実家に電話してみましたが応答がありません。ドキドキ鼓動が早くなりました。お母さん、大丈夫⁉? 夜のうちに避難所に向かったの?不安になってさらにニュースを調べて [続きを読む]
  • 国旗で見るアメリカの歴史
  • ご近所にはアメリカの祝日には欠かさず大きな星条旗を家の外に掲げているご家庭が何軒もあるのですが、先日の独立記念日などはアメリカ人の愛国心の意思表明なのかいつにも増して国旗が頭上にはためいていた気がします。誰もが知っているアメリカの国旗????は赤と白のストライプと左上のブルー地に白い星の集まりのデザインです。ただし、アメリカの国旗は当初からそういうデザインではなく、国旗の変遷にはアメリカの歴史が深 [続きを読む]
  • 独立記念日とBBQ
  • 昨日のアメリカ独立記念日は盛大な花火が祝日のハイライトとして各地で打ち上げられ、友人や家族が集まってバーベキューをするのが慣わしになっています。統計によると屋外用BBQグリルを持っている家庭は87%で7月4日にバーベキューをする人は約7400万人、友人宅や家族宅など自分の家以外でお祝いをする人は約4100万人となっています。感謝祭に七面鳥のローストというのに対し、独立記念日にはチキンのBBQが定番ですがこの日に消費 [続きを読む]
  • 今度は世界が賞賛の対ベルギー戦
  • 日本時間では平日夜中の3時からのベルギー戦。夜中に起き出して観戦された方もいらしたのかも。アメリカ西海岸では午前11時のキックオフだったため、予定をやりくりしてリアルタイムで見ることができました。試合が始まる前に私が予想したこと。① 前回のポーランド戦????では決勝トーナメントに進むという結果を出すために特殊な方法で勝ち進んだのだから今回はベストメンバーで死にものぐるいで向かっていくだろう。② ベル [続きを読む]
  • 賛否両論のW杯ポーランド戦
  • 第2戦のセネガルとの試合で日本チームは先制点を許すもなんとか追いつき、またリードされてまた追いつくという大健闘でした。試合を見ていてどれほど目が離せなかったかの記事はこちらをどうぞ→セネガル戦で「青いサムライ」大健闘 それがポーランド????との試合は始まってすぐに様子が前と違う感じがしました。 主力メンバーはどこ?え?ベンチ? 後半に入り日本サイドは不用意なファウルを出してポーランドにフリーキックを [続きを読む]
  • 英語 de 頭の体操クイズ
  • 今週はいつもより早くに過ぎ去って週末がやってきた感じがするのですが皆さんも一週間お疲れさまでした。ちょうど一週間前に金曜にはTGIF!(ティー・ジー・アイ・エフ!)っと叫んで週末の到来を喜ぶ金曜万歳\(^o^)/について触れましたが今日もアメリカのあちこちでTGIF!って声が上がっていそうです。 先週出題しましたクイズ「英語deなぞなぞ」の出題先の冊子の表紙にはPuzzles and Brain Teasers と書かれていました。→こち [続きを読む]
  • Have a nice day! は nice なのか?
  • アメリカではお店でもスーパーでもお会計の後で店員さんから Have a nice day! やHave a good day! と言われることが多いのですが、これが日本だと支払いのあとで決して「良い一日を!」とは言われず「ありがとうございました。」になるのでふとその辺が気になりました。 なぜ、そしていつからHave a nice day! というう表現になったのか。。まずは身近にいるアメリカ人である夫に聞いてみました。すると。。 I remember when my m [続きを読む]
  • 「英語 de なぞなぞ」解答発表です!
  • 今日は家の前の道路のアスファルト塗装作業で道路が封鎖されており、朝からずっと家に閉じ込められています。ちょうど自宅で仕事の日だったのはありがたいですが。 いつもは家に一日こもって、頼まれものの原稿書き、クラスの準備、読み物&調べものといくらでもすることがあって家に居れることはありがたい事なのに「出られない」理由が外部からやってくるとたちまち無性に出かけたくなるのは興味深いことです。家にこもる→閉じ [続きを読む]
  • セネガル戦で「青いサムライ」大健闘
  • W杯??日本二試合目はアメリカの西海岸では日曜の朝8時からという見やすい時間帯でした。日本では夜中から試合開始で翌日のお仕事が大変だった方もいらしたのでは。8年前の南ア大会での日本チームを思い出すような目の離せない試合展開でしたがあの時に出ていた選手がほんとに何人も出ていましたね。最初はセネガル????の選手が大柄でヘディングもパスも有利に見えたのですが日本チーム????も動きが良く冷静で、一点取り [続きを読む]
  • 驚きの初心者写真クラス
  • 昨日のなぞなぞクイズに続々と回答を寄せていただきありがとうございます!なかなかユニークな答えを考えて下さった方もいらっしゃいますねコメントを掲載すると正解が分かってしまいますので週明けに答えと同時に発表いたします。まだの方もまだ間に合いますよ〜さて今日は植物園での写真のクラスに参加してきました。去年日本で掌サイズの高性能デジタルカメラを買って来たのですがiPhoneが余りにも便利なのでほとんど使っていま [続きを読む]
  • 英語 de なぞなぞ
  • 今週もやっと週末を迎え、TGIF??(Thank Goodness It’s Friday) 金曜万歳!??私の好きなブロガーさんの言葉をお借りすれば今週は私の意思に反して忙しかったです。 昨日、今日は睡魔とも闘いながらアゴが外れるんじゃないかと思うくらいアクビをしながら英語の指導要項の原稿をまとめました。私のクラスの生徒さんの中で小学生のお子さんがおられる方々には夏休みにお子さんとも一緒にできるナゾナゾの宿題も出しました。出題 [続きを読む]
  • 六月の庭とポンちゃん
  • 日本で六月と言えば梅雨そして紫陽花を連想します。ここカリフォルニアは前回いつ雨が降ったのか全く思い出せないぐらいで常に水不足、こちらに日本の雨を少しいただきたいぐらいです。わが家の紫陽花は日本人の私の気持ちに合わせて(笑) 六月から咲き始めます。小さい時から実家で親しんでいたガクアジサイもいくつか植えています。なんだか視線を感じて花から目を離すと、そこにはお隣さんの猫のポンちゃんが。。「あっ、ポンち [続きを読む]
  • 防災グッズの日米比較
  • 自然災害の中でも特に地震はわずかの間に日々の生活や命まで奪ってしまうもので本当に怖いです。台風や山火事などは季節や地域など、ある程度事前把握できて避難する猶予も若干ありますが地震はこれだけデーターを積み上げても予測はできないものなのですね。大阪北部に発生した地震で被災された方々が一日も早く普段の生活に戻れますように。突然の地震で命を亡くされた方々やご家族のことを考えると胸がつまります。これまでの大 [続きを読む]
  • これだけ違う大腸内視鏡検査
  • とうとうこの日がやって来てしまいました。アメリカでコロノスコピーと呼ばれる内視鏡検査もこれで4回目です。身内が大腸ガンで亡くなっているとアメリカでは早い時期からこの検査を勧められます。実際初めて検査を受けた10年前には後に癌化するタイプのポリープが発見され、その後も3〜4年に一度の高頻度で受けなければなりません。大腸にできる悪性腫瘍はゆっくりと大きくなり、自覚症状があまりないことが多いようですが腹痛や [続きを読む]
  • ブログを半年書いてみて
  • 今年も早6月になり、一年の前半が見る見る間に過ぎ去ろうとしています。ということは新年から始めたブログというものも半年が経過したのですね〜日記が続いた試しのない私としては感慨深いものがあったりして。。海外生活というものは元々あった自分の価値観や信条を時にはこっぱ微塵にされるような事にも出くわします。まぁ良い意味でも悪い意味でも。そうするとその中でまた新たに取捨選択して価値観を再構築していくようになる [続きを読む]
  • この夏はイギリスへ!
  • 今年の夏は久しぶりに遠出しよう〜!ということになり候補地に北欧、ヨーロッパそしてイギリスなどが挙がりました。 北欧には親友もいますがもう3度目だからまたこの次にして、結局言葉が楽なイギリス????でレンタカーしてガーデン&史跡巡りをすることに決定しました。 ヒャッホーお庭巡りにアフタヌーンティー懐かしのロンドンでは美術館や博物館 心はすでにイギリスに飛んで夢見気分になっていたら。。 出張にしばらく行く [続きを読む]
  • 米朝首脳会談の意味するもの
  • 4月末の南北境界線上の北朝鮮と韓国の歴史的な首脳会談からここにたどり着くまで北朝鮮と米国は数知れない牽制と水面下の協議を経てようやく今日会談の日を迎えました。 世界が注目する米朝会談はシンガポールの好意により立地条件も良く警備万端のカペラホテルで開催されます。 (ホテルHPより)トランプ大統領は会談翌日夕方にはアメリカに戻る日程ですがカペラホテルはその後二日間ほど一般客の宿泊を制限しているようです。金委 [続きを読む]
  • 「お熱いのはお好き」ではない鯉の群れ
  • カリフォルニアは梅雨知らずでジリジリと気温が上昇中です。ただしここは湿度が低くカラッとしているので30度を越えても汗ビッショリにはならないのがありがたいです。 週末に近くのモールでランチをしてそこに昔からあるKoi Pond の様子を見に行きました。 すると。。何だかいつもと違う動きが 蓮子の方に鯉が引き寄せられていく感じ。ハスが好きなの? そんなはずないか。。 あっ、葉っぱの下が涼しいんですね〜みんなで悪さし [続きを読む]
  • アートギャラリーを巡って出会う
  • 車で海岸沿いに20分ぐらい南下すると数多くのアートギャラリーを有する芸術家の街に到着です。 ここでは毎月第一木曜日の夕方から夜の9時まで、ほぼ全てのギャラリーが解放される「アートウォーク」が開催されています。 海外線と平行に走る道沿い数キロに渡り、かなりの数のギャラリーが集まっていてこの日はアーティストご本人がおられることもあり、展示物について直接お話が聞けるというのも楽しみの一つになっています。 ギャ [続きを読む]
  • 超簡単ブルーベリージャムの作り方
  • こちらは今日も澄み渡る快晴です。夏に近づきだんだんとカリフォルニア独特の刺すような強い日差しになってきて肌の敏感な私は帽子??なしでお庭に出ると、すぐに顔がぴりぴりしてくる季節の到来です。 でも良いこともありますね。お店で売ってるフルーツのお味が格段と美味しくなってきています。しかも、多く出回る時期にはお値段も下がる! というわけでお安くてとても美味しいオーガニックのブルーベリーを見つけました。そう [続きを読む]
  • 塀の上の小さな図書館
  • 週末に散歩に出かけたら普通の家の塀の上にちょこんとミニチュアの家のような物が置いてあり、立ち止まって見てみると、扉が開けられるようになっていて中にはいろんな本が並んでいます。児童書からカミュの異邦人までなかなかの品揃えです。 どうやら行きずりの人にどうぞご自由にということのようですが何しろ初めて目にするのではっきりルールも分からずその日は帰ってきました。そして翌週別の場所を歩いていたらまたもやLittl [続きを読む]