Mina さん プロフィール

  •  
Minaさん: 色々あるけど笑って暮らすアメリカ生活
ハンドル名Mina さん
ブログタイトル色々あるけど笑って暮らすアメリカ生活
ブログURLhttps://ameblo.jp/newportbreeze/
サイト紹介文イギリス&日本育ちがアメリカの「常識」に苦笑、爆笑。こうなったら三国のいいとこ取りで行きまっせ〜!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 293日(平均4.8回/週) - 参加 2018/02/02 17:38

Mina さんのブログ記事

  • 魅惑のニューヨーク公共図書館へようこそ!
  • ニューヨークを訪ねた私は転倒の後遺症もまだあり、移動は最小限の一ヶ所重点主義で一日目はMOMA、そして二日目はニューヨーク公共図書館でなんと5時間ほど至福の時を過ごして参りました。二日目は朝から雨模様だったのと腕のケガで何も持てない=お買い物が一切無理ということもあり、タクシーに飛び乗ってミッドタウンにある図書館へと向かいました。1895年創立のNY公共図書館は92の分館と4つのリサーチセンターを保有する、知識 [続きを読む]
  • 誰か一人を悲しみから救えれば
  • 毎日が慌しく過ぎて行き、書き込み式のカレンダーもあと一枚で今年の最後の月を迎えます。楽しい夏のイギリス旅行から戻ってしばらくはその余韻に浸るも、「さぁ今度は日本へ!」と頭を切り換えて準備を始めたちょうどその頃、突然友人からとても悲しい知らせがありました。それは解決できる種類のものではなく友人やご主人の気持ちを思うと胸がえぐられるような事態で、私から事情を聞いた夫も無言で涙を流していました。京都では [続きを読む]
  • カリフォルニア森林火災と大統領の資質
  • 心ならずもしばらくぶりの投稿になりました。自主休暇を取って東海岸へ行き、そこから移動してあるミッションを終えてカリフォルニアに戻って来ると、距離は離れているもののあちこちで山が燃えていて愕然としました。ここ暫くカリフォルニアでは森林火災が頻発していて去年は友人の住む山手の住宅地付近まで火の手が迫り、強制避難命令が出るなど火災の恐ろしさを身近に感じてきています。今回家に戻ってから火事の現状把握をして [続きを読む]
  • アメリカ中間選挙生中継に遭遇??
  • 昨日からニューヨークに来ています。今日はほぼ一日ニューヨーク公立図書館で過ごして色々と素晴らしい経験をしたのでそのことの記事を書く予定でした。ところが夕食後、ロックフェラーセンターの冬支度はどうなっているかなと見に行くとそこにはいつもと全く違う光景が...今日は中間選挙だけどこんなところでいったい何?人が集まってる所には巨大スクリーンがありました。時折映る星条旗や赤と青のライトに照らされたビルはスム [続きを読む]
  • 「一生幸せにする」ってこと
  • 昔から日本のTVドラマでは結婚の承諾を得る場面では男性の方が彼女の両親に「〜さんを一生幸せにします!」というのが定番になっているような気がします。西洋世界でも男性がお相手の両親を訪ねて結婚の許しを得ることは英文学の上でも実証済み。ですがこの「幸せにします!」という男性からの一方的な宣言はあまりないようです。それはおそらく幸せになるには二人の共同作業が肝心なんだという暗黙の了解が西洋にはあるからなので [続きを読む]
  • 日本で注文した防災グッズ
  • 今年の京都は地震、大雨、台風と立て続けに自然災害の影響を受け、台風21号で実家は花水木の倒木だけでなく庭を囲う塀の一部が坂の上で10メートルばかりも内側に傾くという前代未聞の事態になっています。地震の後で床に降ろしてあった飾り棚の年代物の西洋陶器も私の滞在中に元の棚に戻したものの、いつ又地震が来るのか来ないのか。。全くもって予測不可能です。私が同じ街に住んでいれば非常時に母と一緒に非難できるのですが、 [続きを読む]
  • 京都タワーの楽しみ方いろいろ!
  • 前回のイタリアンでのランチの後、向かったのは京都駅界隈にあるお馴染みのここ...私にとって京都タワーと東山は特別なんです。なぜかというと応接間から東山が見えるくらい山の近くに家があり、そこから電車道に降りて行くまで真正面にずっと京都タワーが見えるから。そしてバス停に着くと今度は東山を眺めながらバスを待つというのを中学一年からイギリスで暮らした期間を除いて渡米するまでずっと繰り返していたんですね。今で [続きを読む]
  • 京都最終日は楽しいことづくし〜♪
  • 日本を離れる前日には歩いて行ける人気店「イル・パッパラルド」で母と一緒にランチをしてそのあと京都駅でアメリカに持ち帰るお土産を買うという予定を前もって立てていました。ランチは予約できてもお天気の予約までは...と思っていたら大快晴の大正解(これ早口で3度ほど言ってみて〜) でした!近所のお寺、智積院が開かれたお寺なのをいいことにいつも散歩道&近道として境内を通って行きます。ここは隠れた紅葉の名所??でも [続きを読む]
  • 瀬戸内海の島巡りと国宝三重塔
  • 旅行二日目は楽しみにしていた島巡り!朝から空は澄み渡り、気温も暖かくなるとの予報だったのですが船上は風が吹いて寒いこともあろうかと、母も私もジャケットにセーター持参で寒さに備えました。ところが乗船付近に姿を現したのはバスのような形をした乗り物で、甲板などなく寒いどころか窓が密封されていて温室のようにポカポカでした。座席は船というよりはバスのようでした。うん、補助席もあったからあれは絶対バスの座席を [続きを読む]
  • 母との小旅行は尾道へ
  • お母の80才の記念にどこか旅行へ招待したいという思いで今回帰って来たのですが母がまだ行った事がなくて尚かつ行ってみたい所として浮上したのは旅行会社からの案内にあった広島県の尾道でした。それで日本到着の翌週に旅行社へ出向き、新幹線やホテルの申し込みを済ませておきました。実家には「日本の旅」という全15巻の古〜い本があり、瀬戸内海方面を調べた母は「尾道は千光寺が良さそうね」と言っていたので第一日目はそこを [続きを読む]
  • 美意識を味わう京懐石料理と母
  • 今年の10月20日は母の傘寿の誕生日。兄と私、それから最近結婚した姪も駆けつけてお祝いのお食事へと出かけました。母が選んだお店は春に初めて私と一緒に訪ねて感銘を受けた河原町二条西入ル南側の「即今 藤本」さんです。春はオープンしてまだ4ヶ月ぐらいだったせいもあり、お客は私たちだけだったのですが、今回は満席になっていました。カウンター8席、詰めたら9席の小さなお店なので、これからどんどん予約が取りにくくなるこ [続きを読む]
  • 黒アゲハ蝶と私
  • 眺めているだけで幸せな気分になるようなそんな青空に誘われてお庭に出てみたらランタナの花の上には大きな蜘蛛の巣がありました。せっかくの芸術作品を壊してはいけない気がしてそっと通り過ぎると出番を終えた金木犀が何事もなかったかのように静かに佇んでいます。すると、どこからともなく黒アゲハ蝶がやって来ました。セージの花から花へと蜜を探して移動する様子はまるで楽譜の音符が上下して「蝶のワルツ」を奏でているよう [続きを読む]
  • 診察を終えたご報告♪
  • お寺で転倒した翌朝、起き上がることはできましたが石の地面で打ちつけた両手、両膝、脛、大腿骨、肘が同時に痛むという未だかつて経験したことのない事態になっていましたなかでも右肘が特に調子悪く、上腕も腫れ上がっていたので友人のご厚意に甘え、整形外科に連れて行ってもらうことにしました。先生にケガをした時の状況を説明して親指のつけ根や上腕の痛みについての関連性や、首の痛みはがくんと投げ出されて着地した時に首 [続きを読む]
  • 大徳寺で大転倒
  • 京都、紫野にある大徳寺で複数の塔頭並びに本坊が特別公開中です。今回は大徳寺のメインのお寺である本坊の見学に行ってきました。内部の写真は一切禁止なので国宝の方丈庭園や唐門など、こちらのサイトからゆっくりとご覧下さい→大徳寺本坊先日の泉涌寺の舎利殿の龍天井でもお馴染みの狩野探幽はこちらの法堂でも実に見事な龍を描いています。こちらは「鳴き龍」と呼ばれ、前で手を叩くと龍の鳴き声に聞こえるということですが普 [続きを読む]
  • 心の風景画家「東山魁夷」
  • 日本に帰って来る前からずっと心待ちにしていた展覧会がありました。終了間近で混んでいることが予想されたので策を練り、一番空いている時間帯は夜まで開いている日の夕食どきかも?と思って午後7時に到着。人はまばらでどの絵も心静かにゆっくりと眺めることができました東山魁夷は私が物心ついた頃から心惹かれる日本画家で、機会があるごとに展覧会に出向いていましたが今回は生誕110年を記念する大回顧展。初期から晩年までの [続きを読む]
  • 粟田神社の「神幸祭」
  • 友人に誘われ、10月8日に粟田祭(あわたまつり)の神幸祭へ行って来ました。粟田祭は粟田神社最大の祭礼行事で毎年体育の日に「神幸祭」、前日には「夜渡り神事」、前々日や巡行の後にも奉納の儀などがある10日間にも渡るお祭りです。神幸祭(しんこうさい)ではお神輿の他に剣鉾の巡行があり、鐘の音を頼りに歩いて行くと運良く絶好の場所で観ることができました。この剣は何と25キロもの重さなので長い巡行の間はこれは横にして6人が [続きを読む]
  • 泉涌寺の「佛牙舎利」特別公開
  • 泉涌寺は子供の頃から親しんでいるご近所のお寺ですが、そこの舎利殿が特別公開中で七日は須磨琴の演奏もあるとの情報を得て母と訪ねて来ました。仏牙舎利(お釈迦様の歯)はご説法されるお口元のお骨というありがたい意味合いがあったのですがそれをこのお寺の開祖である俊芿(しゅんじょう)上人は中国から持ち帰ることができず、ずっと無念に思ってられたそうです。それを弟子の湛海(たんかい)が苦心の末、南宗の白蓮寺から賜り泉涌 [続きを読む]
  • 母の庭で命について思う
  • 日本に、そして京都に到着したのはあと数時間で日付けが変わる火曜の夜遅く。タクシーを降り、門から玄関までの階段を降りていると懐かしい香りが鼻腔を通して子供時代の遠い記憶を呼び起こしました。秋になると玄関近くの庭に面していた私の部屋の小さく開けた窓から風がそよぐたびに金木犀の甘い香りが勉強机の所までふわっと入ってきたものでした。辺りが夕陽色に染まる頃、窓際のベッドに腰かけて散ってしまった小花の黄金色の [続きを読む]
  • Happy Baathday♪
  • 本当はもう日本へ行っていて一緒にお祝いできなかったはずの夫の誕生日は日曜日。台風で飛行機がキャンセルになり、急遽彼が好きそうな所を探して前日にまずプレバースデーのランチをすることにしました。数ヶ月前にオープンしたばかりのアフタヌーンティーを楽しめるお店です。Teaのセレクションもなかなか良さそう!程なくして三段トレーの登場です。一番美味しかったのはこの上の段のデザートでした。どうりで周りはスウィーツ [続きを読む]
  • イギリス人は「お熱いのがお好き」?
  • 本当は日本時間での今日の夕刻に私は関空に到着の予定でした。代わりにそちらに向かっているのは大型台風!日本の皆さま、どうぞお気をつけ下さい。懸案のMKシャトルの予約変更はお陰さまで電話で無事出来ました あとは二日後に飛行機の発着ができるようになるかどうかです。まぁ、いつかは京都に着くんでしょうさて、時間もできたことですし(本当はパッキングまだ最後までしてませんけど^^;) まだまだあるイギリスのお話を書きた [続きを読む]
  • 台風にはやっぱり勝てない!
  • 昨日の夜はいそいそと今日のTo Do List を(観葉植物の水やりとか、生徒さんへの連絡とか夫への作りおきの食事の説明なんかすること色々)書き出して、もうすぐ母に会えることを思い、ブログを書こうか一瞬迷ったけど夜遅かったので眠りを選んだのでした。そして今朝は明日の日本出発に備えてList通りテキパキしなきゃ、まずは最近サボってる運動のクラスへGoと着替えていると夫から「ミーナが関空に着く頃に大雨になるそうだよ〜! [続きを読む]
  • 洋服探しと自己矛盾
  • 洋服探しと言ってもお店で気に入る服がないというお話ではありません。実際そういうことも多々ありますが旅行に持って行く洋服選びをしている時などに「この服によく合うのは...あっ、あの服!」と思い浮かんでも普段着てないのでなかなか見つかりません。それがグレーのウェスト丈のカーディガンだったとします。「え〜っと、カーディガン類はこの辺にあるはず。」と最初は涼しい表情で探しますあれ?あらへん。。そしたら、こっ [続きを読む]
  • イギリス旅行は終わらない⁉?
  • ウィンブルドンのCannizaro Hotelでの夕食は7時の予約だったのに終わったら9時を回っていました。その夜は結婚式のお客さんでキッチンはてんてこ舞い、私達のテーブルには間違って最初にデザートが来てしまうくらいの混乱ぶりでした。最後にマネージャーさんが来て謝ってくれてTAXは要りませんとか言ってたけどそんなことできるの? とお会計まで混乱させてくれました翌朝は飛行機の時間が早かったので朝ごはんは超スピードで〜! [続きを読む]
  • ウィンブルドンの緑あふれるマナーハウス
  • さて私がタクシーの運転手さんと話している間に夫は先にチェックイン。このホテルは公園の中にあったこと思い出し、夕食までの明るい間に散策に出かけることにしました。既にこの日はお庭を二つも訪ねていたんですけどね〜まずはホテル内のお庭から。これはフランス式のフォーマルガーデン、手前は少しイギリス風でしょうか。フロントで教えてもらった公園の方向に歩くとまずボーダー花壇が出てきてその先に案内看板がありました。 [続きを読む]
  • ロンドンタクシーへの愛着は増すばかり♪
  • 今回のイギリス旅行はロンドンから始まりましたがヒースロー空港で荷物を受け取り、外に出てまず目にしたものはロンドン名物「黒タクシー」でした。懐かしさで私の心は締めつけられるほど。。飛行機で一睡もできなかった私の顔がタクシーの順番待ちをしながら→に変化しているのを見て、傍らの夫は「やっぱりミーナは変!」と思っていたと思います。あとで説明して分かってもらえましたが、子供の時に家族とイギリス国内旅行へと出 [続きを読む]