ネモフィラ さん プロフィール

  •  
ネモフィラさん: 北九州市若松SホームS建設が建てた煉瓦の家が
ハンドル名ネモフィラ さん
ブログタイトル北九州市若松SホームS建設が建てた煉瓦の家が
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tmrinchan
サイト紹介文夢のマイホームが悪夢に変わる! 夢のマイホームを建てましたが、その家には3年しか住むことが許されず
自由文5年前に夢のマイホームを建てましたが、その家には3年しか住むことが許されず、今は施工会社から仮住まいを強いらされています。
滝のような雨漏り、尋常でない床の反り、床下のカビ&湿気、煉瓦の異常過ぎるビスの外れ、数々の建築基準法違反のオンパーレド・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 19日(平均9.2回/週) - 参加 2018/02/02 23:43

ネモフィラ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 主人の考え
  • ■2018年2月15日にS専務から送られてきたメールを読んで、https://blogs.yahoo.co.jp/tmrinchan/68727557.html私は、ムカムカ・・主人は「ほっとけ、考えが子供なだけなんよ。長期の点検項目として土台、基礎も入っているから、ついでに見るようになるよ。」「長期を勝手に外すなんて、S建設が決めることではないよ。その考えも子供なんよ。」「長期優良住宅として契約をしているのだから、外さない様是正して貰えばいいこと。大 [続きを読む]
  • 大したお願いではなかったと思いますが。
  • ■前回の記事の続きになります。https://blogs.yahoo.co.jp/tmrinchan/68726542.html■S専務から、長期優良住宅の点検と報告について理解しているという反論と、ネモフィラさんが、自分達(S建設)に床下のカビの確認を無理やりさせ、また、点検や報告を強要されるようなら、長期の認定を取り消したいという内容のメールが届きました。※強要されるなら?とはどういう意味なのかさっぱり解りません。長期優良住宅の点検において、 [続きを読む]
  • 長期優良住宅の維持保全(点検・補修)についてご理解されていますか?
  • ■2018年2月13日S専務に連絡を入れました。東京の構造屋さんから、長期優良認定住宅の点検及び書類の提出をしてくれると聞きましたが、対応してくれるのですか?と確認しましたら、https://blogs.yahoo.co.jp/tmrinchan/68724996.html他のお客様と同様の対応をするつもりです。←??微妙な言い回しです。お話を聞きましたら、、、S専務は、長期優良認定住宅の維持保全の点検部分及び記録の保管義務についてきちんと理解されてい [続きを読む]
  • 長期優良認定住宅の点検について
  • ■東京の構造屋さんが、S専務に長期優良認定住宅の点検について確認をして下さいました。https://blogs.yahoo.co.jp/tmrinchan/68721923.htmlS専務はきちんと点検をされるおつもりがあるということでしたので、その点は安心致しました。後は、認定取り消しにならない様、是正していく必要があります。***********************************************************応援よろしくお願いしますm--m ↓↓↓https://house.blogmura. [続きを読む]
  • 考えが・・変わりました。
  • ■2018年2月9日の記事「長期優良認定住宅で、新たな問題が・・」https://blogs.yahoo.co.jp/tmrinchan/68721923.html↑考えが・・変わりました。■長期優良住宅申請書類をじっくり見ていますと、えっ???私が認定計画実施者になっていますね私、、計画をした覚えありませんけど・・。↑上記の申請はS建設が行っており、私はノータッチでした。■主人は、長期優良認定住宅の契約において、点検する義務はS建設にあるので、約束通 [続きを読む]
  • 長期優良認定住宅で、新たな問題が・・
  • ■S建設と和解する形で話は進んでおり、後は私がサインをするだけになりました。先程・・以下の書面が頭に浮かんできました。■長期優良住宅認定 建築後の住宅維持保全の方法及び期間■維持保全計画書(30年)■2018年1月22日 私の弁護士事務所での話し合いが行われました。S専務は私達と縁を切りたいというお話をされた上で、(※2018年2月7日の話し合いの時は縁を切るつもりはありませんと言われましたネ。どちらが本心なの [続きを読む]
  • これからは・・・
  • ■これからは、改修工事に関する記事もUPしていきたいと考えています。①基礎、土台、床下に関すること②雨漏りに関すること③防蟻に関すること④構造に関すること⑥断熱施工に関すること⑦防水シートに関すること etc■新築工事中は、『雑貨屋さんのような可愛い家』にしたい!!その気持ちだけで家造りをしていました。←本当にバカですね〜。『このランプはここに使って〜』『このシャンデリアはここに使って〜』『この水栓金 [続きを読む]
  • 騙されてる? 騙されてないと信じたいですネ。
  • ■2018年2月7日 私の弁護士事務所で話し合いが行われました。https://blogs.yahoo.co.jp/tmrinchan/68721063.htmlS建設が補修工事も行いますので、明確な保証期間や起算点を設けずに、終りにして大丈夫なのか?不安がないかというと嘘になります。口頭では、12-13年後に雨漏りした場合、きちんと対応しますとS専務は仰っていましたが、いざ、書面に残して欲しいとお願いすると、残せないの一点張りですから、もしかして私達は騙 [続きを読む]
  • 2018年2月7日 話し合いを行いました。
  • ■2018年2月7日 私の弁護士事務所で話し合いを行いました。S専務から誠意ある謝罪と、今までの行いについて、反省の弁を述べられたので現在焦点になっていました明確な保証期間、及び起算点については、譲歩致しました。「民法」・「住宅の品格確保の推進等に関する法律」に基づき、きちんと対応をしていきますと、明言されましたし、また、契約違反については認める文言を残すことについて了承されましたので、”よし”としまし [続きを読む]
  • 建築基準法違反 第23条 外壁
  • ■2016年2月下旬に室内の解体工事が始まりました。石膏ボードを撤去した際、驚くような光景がそこにはありました。無数のビスがタテ枠から外れていました。※数十本ならまだしも、、数百本のビスの外れですからね、驚きました。■本来であれば、ビスはタテ枠に留め付けてないといけません。■建築基準法第23条法第22条第1項の市街地の区域内にある建築物(・・・・「木造建築物等」という)は、その外壁で延焼のおそれのある部分の [続きを読む]
  • 相手から送られてくるメールや書面の内容は嘘?
  • ■ここ数回、相手から送られてくる書面の最初に、「ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。」と書かれていました。※東京の構造屋さんが、S専務にもう少しネモフィラさんの置かれている状況を理解した方が良いですよ的なアドバイスをされていたようです。■直近で揉めている内容をお読みください。https://blogs.yahoo.co.jp/tmrinchan/68704986.html上記についても、専務からのメールでは、「ご心配の一つになってしまい申し訳あ [続きを読む]
  • S建設にとって、契約とは??
  • ■昨日で仮住まいを始めて丸二年が経過しました。S建設の東京の構造屋さんが仲裁に入り、一気に示談の方向に向かっていましたが、最後の最後で、ご自分達の施工に対し逃げ出そうとしています。東京の構造屋さんは・約束をしていた防水シートを使ってなかったのは、S建設のミスなのだから、シーリングの維持管理はS建設で持つべきだと思う。https://blogs.yahoo.co.jp/tmrinchan/68704986.html・今回きちんと補修をすれば、雨漏 [続きを読む]
  • 煉瓦積みの家は雨水が入る前提の工法らしい
  • ■煉瓦積みの家は、通気層に雨水が入る前提で考えられた工法とのこと。ですから、たとえシーリングが切れたとしても、本来であれば、雨漏りの心配はないらしい。通常(サイディングなど)の外装材に比べ、煉瓦の場合は通気層が3cmと広く設定しているので、雨水が侵入してきても然程気にすることはないということ。■■こちらの考え■■サッシなど躯体と密着している箇所から雨水が侵入してきた場合は、防水シート等の施工が重要 [続きを読む]
  • 防水シートの施工
  • ■2016年3月18日雨漏りの修理の為、5-6枚の煉瓦を撤去しました。画像でもおわかりのように、大きな破け以外にも小さな穴や小傷なども多数ありました。■現在は、雨漏りの補修のみを行っていますが、防水シートの役目を果たしてない施工をされていました。壁は上まで張り上げないといけない所を、ペロリとめくれていたり、浮いていたりと、ガッカリするような施工でまた、2枚ほど煉瓦を撤去した際にも、小さな穴が開いていたりと、 [続きを読む]
  • もうすぐ2年になります。
  • ■2018年2月3日S建設から家を壊され仮住まいを強いらされて丸2年になります。この2年間、どうやって生活してきたのか、全く覚えてないです。来る日も来る日も真っ暗なトンネルの中にいて、ほんの小さな明かりを目指し、歩いてきた感覚です。S建設との協議は最終段階に入っていますが、ここからが大変です!気を引き締めて頑張ります。■S専務のブログを読みました。まずは、ネモフィラ邸を最優先に考えて欲しいですね。毎回後回 [続きを読む]
  • 第三弾 施工状況報告書
  • ■2018年1月17日第三弾の施工状況報告書を受け取りました。上枠未施工については、指導課法規係長に何度か電話でお話をしていましたが、その内容では、説得力がないということでしたので、改めて資料を纏めて出向く予定にしています。■上記以外にも契約違反が多数ありますから、契約通りの施工もしくは、それに代わる補修で対応していただきたいと思います。一筋縄ではいきませんから、根気強く交渉しないといけません。 [続きを読む]
  • タイベック製 デュポンの防水シート
  • ご無沙汰しています。諸事情があり、更新を控えていました。■昨日、追加の施工状況報告書を指導課に受け取りに行ってきました。その内容については、改めて記事に致します。■自邸の防水シートの施工ミスに関して、何度か記事にしておりますが、防水シートの施工ミス以前の問題である、契約していた防水シートが使われてなかった事実が12月末に発覚しました。タイベック製 デュポンの防水シートで契約をしていましたが、使われて [続きを読む]
  • 不法行為 20年の責任追及の時代へ①
  • ■日経ホームビルダー 2017年2月号より『建て逃げ許さじ』の時代へ1999年以前欠陥責任はわずか「1年」↓2000年以降欠陥責任を負う期間が「10年」↓2011年以降20年にわたる責任追及の可能性■「築10年までは保険で何とかしのげる」。そんな楽観的ムードが根強く残っていた。そんな安易な考えに警鐘を鳴らしたのが、2011年7月の最高裁判所の判決だ。大分県別府市の欠陥マンションを巡る訴訟だった。(いつも応援をして下さってるhir [続きを読む]
  • 会社の体制か?クレーム対応が遅い!!
  • ■2017年11月20日本日、S建設とネモフィラ邸で協議を行いました。前回の話し合いの時(10月30日)に、https://blogs.yahoo.co.jp/tmrinchan/68644140.html雨漏りしているので、その件に関しては弁護士抜きで”早急”に対応をしますと専務は仰っていましたが、、、今日まで専務からこの件に関して、一切連絡はありませんでした。ですから、会った瞬間に専務に、雨漏りのことを話しました。専務は、今日会うので、その時に打ち合わ [続きを読む]
  • 堂々巡りで協議は難航中。
  • ■東京のS建築士が仲裁?に入られ、前向きに話し合いが進むと思いましたが、、私の考えが甘かったです。ずーーーーっと折り合いがつかないまま、同じ話を永遠と・・。どうもS建設の兵糧攻めの作戦は継続中のようです。■2017年9月〜S建設所有のアパートに私達の荷物がありましたが、やっとこのようにトランクルームに移してくれました。(やっと)自分達の荷物を好きな時に出し入れができるようになり...自分達の荷物が近くにあ [続きを読む]
  • また雨漏りをしました!!
  • ■2017年10月30日 13時〜 現地打合せがありました。相手方弁護士から、「この金額をお渡しするので、他社で修理をされてはどうですか?」「やりたい補修だけをすれば良い、余ったお金は、何かの時においておけば良いと思います。」「雨漏りはしてないでしょうから。」・やりたい補修?意味がわかりませんし、その金額では、補修及び、破棄されているキッチン、洗面所、ユニットバス等の設備は取り付けることはできません。何度言 [続きを読む]
  • 過去の記事 …