hiro さん プロフィール

  •  
hiroさん: 目標1日一個!SS練習場
ハンドル名hiro さん
ブログタイトル目標1日一個!SS練習場
ブログURLhttps://free-of-x.com/novel/
サイト紹介文SSをできる限り更新していこうかと思います
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 15日(平均8.9回/週) - 参加 2018/02/03 04:48

hiro さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ある終末。
  • イエローストーンが噴火してはや数年、地球規模での寒冷化が進んでいた。そんな中、ユカとアユは九州南部で二人で助け合って暮らしていた。Ad「昔は地球温暖化で騒いでいたなんて信じられないわね、今じゃ寒くてどうしようもないっての」「あの頃は平和だったらしいねー、私が生まれてすぐのことだから覚えてないけど」「この先どうなっちゃうんだろうね?」「知らないわよ、昔は希望的観測以外話しちゃいけなかったみたいだけど」 [続きを読む]
  • すき
  • わたしにはだいすきな人がいる。彼とはちいさいころからいっしょだった。ずっと一緒に暮らしていくのだと思っていた。しかし彼は結婚してしまった、もちろん相手はわたしではない。彼は先に行ってしまった、それでもきっといつか同じ墓に入るだろう。そう思うと心が安らぐ。わたしは重いのだろうか。でもいい。あの人はわたしの全てなのだから。ある日彼の奥さんが亡くなった、悲しんでいる彼を見ると心が痛んだが、これで彼と同じ [続きを読む]
  • 理不尽
  • 全くもってこれほど理不尽なことがあるだろうか。私はうんざりしながら相手を我々の側に変えていった。しかし全く進んでいない、始めは順調だったのだ、我々にとって少しでも自分たちを増やさないと滅ぶ一方である、しかもそれはそれほど遠い話ではない、これは我々が生き残るための戦争だ。我々のところなど良い方で、酷いところになると我々の死体をお尋ね者に登録して排斥しているらしい。外部に出ていったものも居る、彼らから [続きを読む]
  • 理不尽
  • 全くもってこれほど理不尽なことがあるだろうか。私はうんざりしながら相手を我々の側に変えていった。しかし全く進んでいない、始めは順調だったのだ、我々にとって少しでも自分たちを増やさないと滅ぶ一方である、しかもそれはそれほど遠い話ではない、これは我々が生き残るための戦争だ。我々のところなど良い方で、酷いところになると我々の死体をお尋ね者に登録して排斥しているらしい。外部に出ていったものも居る、彼らから [続きを読む]
  • 過去の記事 …