マシュマロ さん プロフィール

  •  
マシュマロさん: ぴゅあとの愛しき日々
ハンドル名マシュマロ さん
ブログタイトルぴゅあとの愛しき日々
ブログURLhttp://www.blanc-muguet.com/spitz/
サイト紹介文ぴゅあの闘病ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 285日(平均2.6回/週) - 参加 2018/02/03 11:18

マシュマロ さんのブログ記事

  • 備忘録 2016年10月
  • 2016年10月末。ぴぃのひとりっこ生活が始まりました。たくさんいただいたお花に興味津々。 いちいちお花のチェックをして。 お花をパックン。当時10歳。まだまだ幼かった。 ぴぃとの楽しい思い出もいっぱい作らなくちゃと思っていた。一番のお気に入りカフェにも行きました。でも、そのカフェも閉店しちゃったのでした。 [続きを読む]
  • ブログの方針転換について
  • すずがいたころは、毎日ブログを書いていました。すずが天国に行ってしまって、毎日の様子をブログに残すことはしなくなりました。撮る写真も、一気に減ってしまいました。でも、そのころの、ぴぃと私のキラキラな日々も、ブログに残しておかないとと、思い直しました。どのブログに綴ろうか迷ったのですが、「ぴゅあとの愛しき日々」なので、そのまま、ここにと思います。2年前〜1年前の、だいたい同じ時期のことをアップしていけ [続きを読む]
  • 放射線治療のまとめ −振り返って、今、思うこと−
  • わが家が行った、犬のガンに対する放射線治療について、まとめておきたいと思います。わが家の愛犬ぴゅあは、麻布大学付属動物病院にて、前頭洞の扁平上皮癌という診断を受けて、放射線治療を行いました。放射線治療を受けるまでの概要病院側から受けた説明の、大まかな要旨は2つでした。手術はできない部位のガンであること、抗がん剤も効きにくいガンであること、よって、治療の第一選択肢は、放射線であるということ。余命が2ヶ [続きを読む]
  • お別れのとき
  • 救急病院から帰宅した日偶然にも、私は、前々から有給を取っていた日でした。一日、ぴぃとともに過ごすことができました。日中に、一度発作がありました。もう、立つことはできなかったので、手足をバタバタさせて、しっぽをグルングルンと振り回していました。夜には、毎日通っていた公園に行き、下におろしてみました。でも、それが却って刺激を与えてしまったみたいで、ここから、また、暴れ始めました。ミダゾラムを使用したの [続きを読む]
  • 夜間救急病院から帰宅後 〜てんかん発作時の薬について〜
  • その後のことを記すのに、2ヶ月以上の時間を要してしまいました。ぴぃが頑張ってくれた様子を詳細に記録しておくつもりでしたが・・・。それよりも、今後、もしかしたらどなたかの参考になるかもしれないこと、てんかんのお薬について記述しておきます。夜間救急病院へお迎え夜間救急病院にお預けして、翌朝の8時前にお迎えに行きました。先生のご説明によると、昏睡状態ではないが、反応はほとんど見られない状態ということでした [続きを読む]
  • お花に囲まれて
  • 多くの方に、ぴぃのがんばりを褒めていただいています。小さな小さな体で、これ以上ない最大限のがんばりを見せてくれました。天国までの道のりは、お花に囲まれていたことでしょう。すずとぴぃ、並んで私の守り神となりました。見守りくださいました皆さまに、重ねて御礼申し上げます。 [続きを読む]
  • お花に囲まれて
  • 多くの方に、ぴぃのがんばりを褒めていただいています。小さな小さな体で、これ以上ない最大限のがんばりを見せてくれました。天国までの道のりは、お花に囲まれていたことでしょう。すずとぴぃ、並んで私の守り神となりました。見守りくださいました皆さまに、重ねて御礼申し上げます。 [続きを読む]
  • すずの元へ
  • 7月28日の明け方3時半。ぴぃは、天国へと旅立ちました。ぴぃは、私のことだけを考えてくれていたような最後でした。ぴぃの私への愛情を100%感じることができる最後でした。応援、見守り、お祈りいただきまして、ありがとうございました。落ち着きましたら、最後、ブログを完成させたいと思います。 [続きを読む]
  • すずの元へ
  • 7月28日の明け方3時半。ぴぃは、天国へと旅立ちました。ぴぃは、私のことだけを考えてくれていたような最後でした。ぴぃの私への愛情を100%感じることができる最後でした。応援、見守り、お祈りいただきまして、ありがとうございました。落ち着きましたら、最後、ブログを完成させたいと思います。 [続きを読む]
  • 夜間救急病院へ
  • これからのことを書き記すということに、抵抗がないわけではありません。ぴぃの、そんなに辛い様子をさらして、何が良いのかと思う。だけども、ぴぃの、あんなに小さい体でめいっぱい頑張ってきたこと、ちゃんと記録に残しておきたいという気持ち。ぴぃの頑張って来た軌跡を、胸を張って残したいと、今は思います。定期通院と、急変25日(水)は、予定通りの点滴+ステロイド注射の日でした。その日は、なんだか朝から様子がちょっと [続きを読む]
  • 夜間救急病院へ
  • これからのことを書き記すということに、抵抗がないわけではありません。ぴぃの、そんなに辛い様子をさらして、何が良いのかと思う。だけども、ぴぃの、あんなに小さい体でめいっぱい頑張ってきたこと、ちゃんと記録に残しておきたいという気持ち。ぴぃの頑張って来た軌跡を、胸を張って残したいと、今は思います。定期通院と、急変25日(水)は、予定通りの点滴+ステロイド注射の日でした。その日は、なんだか朝から様子がちょっと [続きを読む]
  • 正しい答えはない 徘徊する犬との付き合い方
  • 日によって差はあれど、ぴぃの徘徊と付き合い始めて1ヶ月半ほどになります。そろそろ飼い主も限界。いえ、すでに限界を超えているかも。このところ、まいが私のところに寄ってこない。でも、どの先生に伺っても、どんなにネット検索しても、徘徊を止める手立てはないという絶望的な情報しか出てきません。徘徊を止める薬はない。あったとしても、少し改善するかもしれないけど程度の薬を、補助的に使うしかないそうです。それは、 [続きを読む]
  • 徘徊と、どう共存していくか…まだ答えは見出だせない
  • 日によって差はあれど、ぴぃの徘徊と付き合い始めて1ヶ月半ほどになります。そろそろ飼い主も限界。いえ、すでに限界を超えているかも。このところ、まいが私のところに寄ってこない。でも、どの先生に伺っても、どんなにネット検索しても、徘徊を止める手立てはないという絶望的な情報しか出てきません。徘徊を止める薬はない。あったとしても、少し改善するかもしれないけど程度の薬を、補助的に使うしかないそうです。それは、 [続きを読む]
  • 中治りタイム
  • 介護食になってから数日迷走していましたが、内容と量が決まってからは、ぴぃの様子は安定しています。シリンジであげても嫌がらずに、コクコク飲んでくれるので助かります。そして、ウンチもコロコロっと出してくれています。ほぼ補助無しで立ち上がります。良く歩きます。いやはや、昨晩は大フィーバーでしたね。ほぼ夜通し歩いていました。こういう小康状態の日々を、中治りタイムというのかな・・・と、ふと考えます。 [続きを読む]
  • 中治りタイム
  • 介護食になってから数日迷走していましたが、内容と量が決まってからは、ぴぃの様子は安定しています。シリンジであげても嫌がらずに、コクコク飲んでくれるので助かります。そして、ウンチもコロコロっと出してくれています。ほぼ補助無しで立ち上がります。良く歩きます。いやはや、昨晩は大フィーバーでしたね。ほぼ夜通し歩いていました。こういう小康状態の日々を、中治りタイムというのかな・・・と、ふと考えます。 [続きを読む]
  • 放射線治療終了後5ヶ月 このところの様子
  • 放射線の治療の最終日から、ちょうど5ヶ月となりました。ぴぃの様子は、3段おりて1歩上がる・・・くらいな様子でしょうか。なだらかに下降線をたどるのではなくて、階段をおりていくようなイメージです。2週間で急激に階段を降りて・・・数段飛びで降りた後のこの数日は、なだらかなところにて過ごせているイメージです。このところの徘徊の様子ピークは夜中1時徘徊の様子は、日によって全く違います。日中は比較的穏やかで、夜の [続きを読む]
  • 放射線治療終了後5ヶ月 このところの様子
  • 放射線の治療の最終日から、ちょうど5ヶ月となりました。ぴぃの様子は、3段おりて1歩上がる・・・くらいな様子でしょうか。なだらかに下降線をたどるのではなくて、階段をおりていくようなイメージです。2週間で急激に階段を降りて・・・数段飛びで降りた後のこの数日は、なだらかなところにて過ごせているイメージです。このところの徘徊の様子ピークは夜中1時徘徊の様子は、日によって全く違います。日中は比較的穏やかで、夜の [続きを読む]
  • 介護食には、いろいろある 〜チューブダイエット カケシア〜
  • ぴぃは、自力でご飯を食べるのが難しくなっています。もともと食ムラもあったりで、食べたり食べなかったりな上に、匂いも効きにくくなっているようで、ご飯を目の前に持って行っても食べようとはしません。なので、強制給餌に変更です。シリンジで少しずつお口に注入してあげると、ペロペロごっくんしてくれるので、良かったです。介護食については、あまり何も考えず、ペットショップで見つけたものを購入してあげていました。 [続きを読む]
  • 無知だった…介護食には、いろいろある
  • ぴぃは、自力でご飯を食べるのが難しくなっています。もともと食ムラもあったりで、食べたり食べなかったりな上に、匂いも効きにくくなっているようで、ご飯を目の前に持って行っても食べようとはしません。なので、強制給餌に変更です。シリンジで少しずつお口に注入してあげると、ペロペロごっくんしてくれるので、良かったです。介護食については、あまり何も考えず、ペットショップで見つけたものを購入してあげていました。 [続きを読む]
  • 定期通院と、お散歩の重要性
  • 定期通院点滴とステロイド注射をしてきました。連れていくたびに、状態が良くなくなっているのが目に見えて分かります。診察台の上で、まるっきりまな板の上の鯉状態でした。横に寝かされて、それ以降、無反応でした。これって、すずの最後の1週間くらいな感じだなぁ。でも、家での様子は、そこまで悪い感じはないけど。先生は、「家では、徘徊できているんですか?!」と驚くくらい。先生は、外から見た目の腫瘍はそれほど大きく [続きを読む]
  • 定期通院と、お散歩の重要性
  • 定期通院点滴とステロイド注射をしてきました。連れていくたびに、状態が良くなくなっているのが目に見えて分かります。診察台の上で、まるっきりまな板の上の鯉状態でした。横に寝かされて、それ以降、無反応でした。これって、すずの最後の1週間くらいな感じだなぁ。でも、家での様子は、そこまで悪い感じはないけど。先生は、「家では、徘徊できているんですか?!」と驚くくらい。先生は、外から見た目の腫瘍はそれほど大きく [続きを読む]
  • ストレスは病状を悪化させる
  • 病院に行った日の午後は、全く歩けなくなり、夜は修羅場でした。寝たきりどころか、一晩中大騒動2018.07.16しかしながら、その後の2日間は、比較的穏やかに過ごしています。元気に…ほどまではいかないけれど、もちろんヨタヨタではあるけれど、ちゃんと4本足使って徘徊しております。そして、ある程度徘徊が済むと、しばらくはお休みタイムになってくれます。おシッポも、半分上がってて、すごいでしょ。 昨夜は、それなりに徘徊 [続きを読む]
  • ストレスは病状を悪化させる
  • 病院に行った日の午後は、全く歩けなくなり、夜は修羅場でした。寝たきりどころか、一晩中大騒動2018.07.16しかしながら、その後の2日間は、比較的穏やかに過ごしています。元気に…ほどまではいかないけれど、もちろんヨタヨタではあるけれど、ちゃんと4本足使って徘徊しております。そして、ある程度徘徊が済むと、しばらくはお休みタイムになってくれます。おシッポも、半分上がってて、すごいでしょ。 昨夜は、それなりに徘徊 [続きを読む]
  • 寝たきりどころか、一晩中大騒動
  • 昨日は一日中寝ていたぴぃでしたので、寝たきりになっちゃったなーと、覚悟を決めておりました。ところが、全く甘かったです。寝るときは、そのまま寝室に連れて行ったのですが、そこからが修羅場でした。夜になり、覚醒してしまったのです。良く聞く、認知症の昼夜逆転現象です。12時ごろになると、頭の興奮スイッチが入ってしまいました。それでいて、身体はほとんど動かないわけです。でも、脳からは激しく指令が出るわけです。 [続きを読む]