ふみふみ さん プロフィール

  •  
ふみふみさん: ふみふみの株ブログ
ハンドル名ふみふみ さん
ブログタイトルふみふみの株ブログ
ブログURLhttps://kabu-fumifumi.com/
サイト紹介文普通の20代OLが株で資産運用頑張ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 21日(平均8.0回/週) - 参加 2018/02/03 14:36

ふみふみ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 水道セクター
  • 今年の1月下旬から2月上旬のような下落を見ると今後の相場の行方が気になり、個別株投資を行なっている方はできるだけ業績の安定している銘柄はないかと思います。その中で上下水道を管理する企業は業績の安定した企業と言えるでしょう。 スポンサーリンク 上下水道セクターの収益状況(2016年度)No.ティッカー時価総額PER配当利回り(%)売上高営業利益純利益営業利益率1AWK$14.065B26.62.11$3,302M$1,080M$468M32.71%2CWT$1.868B27. [続きを読む]
  • 動物医療セクター
  • ペットを飼っていると人間と同じように衣食(住)にお金がかかります。病気にもかかりますから動物病院にかかる機会もあります。そんな動物医療のセクターの銘柄について紹介します。ゾエティスを除いては医薬品企業の子会社が動物医療の製品を展開しています。なお、ゾエティスも2013年にファイザーからスピンオフした企業となります。 ふみふみの株ブログ 医薬品セクター(新薬)https://kabu-fumifumi.com/ticker-info/pharmacy-sto [続きを読む]
  • 廃棄物処理業者のウェイストマネジメントも好決算
  • 家庭などのゴミ処理を行う民間企業のウェイストマネジメントの決算発表などがありました。日本では市区町村で行なっている家庭ゴミの処理は、アメリカではウェイストマネジメントのような民間企業が行なっています。ディフェンシブ銘柄であり、PERや配当利回りを見ながら、安心して投資できる銘柄と思います。コグネックスは予想を上回る決算でしたが、16日のマーケット開始1時間現在では、高PERの企業によく見られる、よほどのこ [続きを読む]
  • シスコ 2018年1月期四半期決算 コンセンサス上振れ
  • 今後は週単位で決算発表をウォッチして、株価の上下する余地をアップできればと思います。すでに1日経ってますが、シスコの決算発表が14日にありました。株価も市場全体がリバウンド局面なことも手伝って、株価余地を埋めていて決算妙味はありません。 スポンサーリンク 銘柄決算発表日発表1株利益($)コンセンサス1株利益($)週末株価($)週末PER週末配当利回り株価上昇余地($)CSCO2018/02/140.580.5339.5320.592.933.73Copyright & [続きを読む]
  • 取引履歴12 〜ディフェンシブな銘柄に追加投資です。
  • 先週、先々週と株式市場の下落の最中にポートフォリオの整理を行ってきました。一度はいいなと思って購入したつもりでも、いざという場面で真剣に考えると自分には適していないなと気づくことができていい機会だと思います。やはり今回の下落が不気味なのが、債券利回りの上昇です。その分株式にも利回りの圧力がかかるわけですし、実態的にも利払いが増加するわけですし、現在の金利水準はリーマンショックの起きた10年来の水準な [続きを読む]
  • 2018年2月2週目 資産状況 〜下落幅で過去最高更新(2008/9/29以来)
  • 一週間お疲れさまです。今週もS&P500は5.2%下落して終えました(2/2終値2,762.13 → 2/9終値2,619.55)。先週の3.9%の下落からさらに下落しています。特に2/5(月)に113.18ポイント(4.1%下落)下げたのは下落幅としては過去最高です。今までは2008年9月29日の106.84ポイントでした(8.9%下落)。 私のポートフォリオの銘柄では上昇率TOPは1位TWTR(17.74%)、2位CPB(2.47%)、3位BGS(2%)です。4位のTSNを含めると食品セクターはディフェンシ [続きを読む]
  • 2018年1月の配当
  • 2018年1月の配当です。もう10倍は欲しいですね(泣)。ただAmazonなどの無配当銘柄でも投資したい銘柄はあるので、高配当銘柄だけにこだわらずバランスを考えながら投資を続けて、いずれはお給料くらいに配当が貰えるようにしたいです(>スポンサーリンク銘柄日付配当($)配当利回り合計2018/01128.91RTN2018/01/023.21.55MON2018/01/042.71.82CSCO2018/01/046.372.93SYY2018/01/041.82.46MA2018/01/0810.6CPB2018/01/093.493.06I [続きを読む]
  • 取引履歴 11 〜逃げるは恥じゃない!人は我慢をしがちです。
  • 2017年Q4決算が、売上高が前年同期比2%アップの7億3100万ドル(約800億円)で市場の予想を上回り、純利益が9100万ドル(約99億円)となり、2013年の上場以来初の黒字決算となりました。サプライズから2/8の終値ベースで12.15%の上昇となりました。従来年間50億円のペースで赤字を減らしていたので業績は上向いていたのですが、まさか黒字になるとは思っていませんでした。2015年10月来の高値を更新したわけですが、直近の相場環境から [続きを読む]
  • 取引履歴 10
  • ユナイテッド・テクノロジーズは、エレベーターやエスカレーターなどのビル設備、業務用冷蔵庫、軍用機のエンジンやガスタービンを提供する多角的に事業を行なっている企業です。企業規模と業績の推移、直近の市場のセンチメントから考えて一度売却するのが吉と判断しました。今週売却した銘柄のうち、唯一買い戻し対象の銘柄です。コングロマリットの悪いイメージはなく、事業も絞っていて強い事業ポートフォリオを持っている企業 [続きを読む]
  • 取引履歴 8-9
  • 昨日も一銘柄を売却しました。昨年初に購入したBPです。米国株に投資している日本人なら誰もが知っている広瀬さんが当時2017年の推奨銘柄として挙げていたのを試しに購入したという記憶です。インフレが進むと原油価格は上がる傾向にあるということで、確かに原油価格は上がりました。またそもそも当時6%を超える配当利回りはとても魅力的でした。しかしながら、今回の調整局面で改めてポートフォリオとその業績を確認すると、私に [続きを読む]
  • 取引履歴 6-7
  • 調整局面になりそうだったので、ポートフォリオを見直して今後しばらく保有するつもりのない銘柄を売却しました。BTIはアジアを除いてタバコセクターの市場規模が縮小する中で、フィリップ・モリスやアルトリアと比較して利益率が低いこと、いずれも保有しているのタバコセクターの銘柄の数を減らしてもいいと判断したからです。BTIは、ロリアード(LO)→レイノルズ・アメリカン(RAI)の順で買収された時にRAIの株式交付、BTIの株式 [続きを読む]
  • 2018年2月1週目 資産状況
  • 一週間お疲れさまです。今週もS&P500は3.9%下落して終えました(1/26終値2,872.87 → 2/2終値2,762.13)。先週の上昇分が消えましたね。私のポートフォリオの銘柄では上昇率TOPは1位TWTR(6.37%)、2位HRS(6.25%)、3位CME(2.48%)です。逆に下落率TOPは1位PYPL(-11.6%)、2位ILMN(-11.2%)、3位CVX(-10.63%)です。全体的に下げています。本来は業績発表があり売却したIDTIが下落率TOPでした。先週10%強上昇したINTCも今週は8%の下落など、 [続きを読む]
  • 取引履歴 5
  • 金利上昇も問題になってきており、高いマルチプルの企業やボトムラインも不安定な企業への投資を避けたい中、Cardinal Healthは良いと思ったのでまた少量ですが購入しました。もちろん今はやめておいた方が良いと考える方もいると思います。しかし私としては相場を読むことは難しいので、妥当と思えるものには一度お試し買いをするスタンスです。購入日ティッカー購入時株価購入数量購入時PER購入時配当利回り購入総額2018/02/01CA [続きを読む]
  • 取引履歴 4
  • 先週に第三四半期の決算発表があり、赤字決算を発表したIntegrated Device Technology, Inc. (IDTI)を売却しました。IDTIは通信用インフラ向けの半導体を提供しており、4Gインフラ、ネットワーク・コミュニケーション、クラウド・データセンターの分野などで使用される製品を製造販売しています。売上は増収でした(三四半期ベースで、引き続き$552Mから$618Mに増収)。セクターとしては面白いのですが、マルチプルも背伸びしている [続きを読む]
  • 2018年1月4週目 資産状況
  • 一週間お疲れさまです。今週もS&P500は2.2%上昇して終えました(1/19終値2,810.30 → 1/26終値2,872.87)。私のポートフォリオの銘柄では上昇率TOPは1位ABBV(15.07%)、2位INTC(10.5%)、3位BABA(10.32%)です。逆に下落率TOPは1位SBUX(-5.64%)、2位CL(-5.36%)、3位XLNX(-5.24%)です。スポンサーリンク資産状況ティッカーPER(%)配当利回り(%)株価($)株価前週比変動比率(%)保有数ポートフォリオ内比率(%)INTC25.172.1850.0810.5955.74T18 [続きを読む]
  • ETF ランキング
  • 米国市場のETFについてまとめました。日本株と異なり、米国株が1株から購入できるので、自分で峻別したい欲のある私は、米国株以外の種類の資産に投資するのにETFを利用しています。ポートフォリオの多様化ですね。もちろん、小額で分散投資を実現することや、無駄な手数料を払わずに投資できるメリットがあるので、米国株の分散投資にも有益な金融商品だと思います。スポンサーリンク以下、「Largest ETFs: Top 100 ETFs By Asset [続きを読む]
  • タバコセクター
  • タバコの市場は縮小しています。特に先進国と言われる国では、健康志向からタバコを避ける割合が増加していると考えられるからです。また喫煙に関する規制も厳しくなっていて、この流れは広まって行くと考えられます。Tobacco production in the United States from 2000 to 2016 また日本のJTが2兆2500億円を投じて英国のタバコ企業のギャラハー買収を成功させた事でも有名ですが、M&Aも盛んで、投資可能な企業数も減っています。 [続きを読む]
  • 取引履歴 3
  • 引き続きの強気のセンチメントから、どこかのタイミングで調整がくるかと思います。しかし、相場を読むことはできないので、いいと思ったタイミングで投資を続けることが大事だと思っています。購入したのはAMGENです。セクター内でも収益性やマルチプル(PERや配当利回り)に魅力を感じました。もちろん、PERが低いということは、市場が何かしらのリスクを回避していると言えます。ただ、ディフェンシブなセクターについては、過 [続きを読む]
  • 医療機器セクター
  • 日本ですとテルモなどが有名な医療機器のセクターについてまとめます。このセクターも、患者さんの数は景気と連動しないため、投資家のセンチメンタルは除いて、デフェンシブ(アップトレンドにはアンダーパフォーム、ダウントレンドにはアウトパフォーム)なセクターです。Top 10 medical technology companies worldwide based on revenue in 2016スポンサーリンクメドトロニックMedtronicは、「Cardiac and Vascular Group」(心 [続きを読む]
  • 飲料セクター(アルコール)
  • 飲料セクターというとコカコーラをはじめとする清涼飲料水を思い浮かべるかと思います。しかし、以下のように世界的な消費量は清涼飲料水に劣らず、その額は凌駕します。企業の規模としては、アンハイザーブッシュインベブ、ハイネケン、ディアジオ、コンステレーション・ブランズの順です。飲料分野の消費額内訳飲料分野の消費量内訳スポンサーリンクアンハイザー・ブッシュ・インベブビールの「バドワイザー」や「コロナ」といっ [続きを読む]
  • 過去の記事 …