セキ6038のブログ さん プロフィール

  •  
セキ6038のブログさん: セキ6038のブログ
ハンドル名セキ6038のブログ さん
ブログタイトルセキ6038のブログ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ys24616ys12345
サイト紹介文トレーナーは縁の下の力持ち。
自由文怪我をさせないように、選手の良い部分を見極め、伸ばしてやることだと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 90日(平均3.6回/週) - 参加 2018/02/04 12:29

セキ6038のブログ さんのブログ記事

  • ボクシング 2
  • トレーナーは、JBCが公認するプロボシクングジムに所属しなくてはいけません。ジムが申請するもので、元プロボクサーや、ボクシング経験者やセコンド経験者がトレーナーになるのが普通です。C級ボクサーが4回戦で4勝(引分けは0.5勝)するとB級ライセンスへ、B級ボクサーが6回戦で2勝(引分けは0.5勝)すると、A級ライセンスへと切り替えることができます。プロボクサーになるには、日本プロボクシング協会(JPBA)加盟のジ [続きを読む]
  • リング
  • トレーナーは、JBCが公認するプロボシクングジムに所属しなくてはいけません。ジムが申請するもので、元プロボクサーや、ボクシング経験者やセコンド経験者がトレーナーになるのが普通です。C級ボクサーが4回戦で4勝(引分けは0.5勝)するとB級ライセンスへ、B級ボクサーが6回戦で2勝(引分けは0.5勝)すると、A級ライセンスへと切り替えることができます。プロボクサーになるには、日本プロボクシング協会(JPBA)加盟のジ [続きを読む]
  • ボクシング
  • ボクシングは、キャリアが長く経験値が高い事がたいせつです。ボクシングを幼少のころから始めることで、そして、ボクシングのキャリアが長くもつことで、正しい身体の使い方やボクシング技術を、学ぶことができます。そして、小さいころから身体の使い方やボクシング技術を覚えるべき、だと思う。子供は頭で理解する前に身体で覚えるからです。  ボクシングは、高度な技術を自分のものにするには、長い時間がかかります。隙があ [続きを読む]
  • インファイトについて
  • 前にでて接近し、アッパーやフックなど近距離で威力が増す攻撃に主眼を置いた、打撃力中心の戦法である。相手をダウンさせることを目的とした戦法なので、しばしば劇的な試合展開が望める。リスキーな戦法でボクサー生命を縮める場合もあり、固いガードやダッキングなどのディフェンス技術や、的確かつ強力なブローを打つための技術が求められる。インファイトとアウトボクシング、両方を器用にこなせるボクサーファイターの選手を [続きを読む]
  • アウトボクシングへのこだわり
  • ジャブを駆使し、相手との間合いを維持することで試合をコントロールする。リーチが長い選手に適しており、比較的長身である場合が多い。優位を保つためにフットワークの技術が要求されるスタイルでもある。ポイントを取ることを前提とした戦い方なので、KO率が低くなる傾向がある。ただし、カウンターでダウンを奪うアウトボクサーも存在している。最近ではボクサーファイターが主流になったボクシング界で、アウトボクシングしか [続きを読む]
  • カウンター
  • カウンターとは、相手が打ってくるのと同時にパンチを出し、相手に対して大きなダメージを与えるパンチのことを言います。相手の力をも利用するパンチであるため通常の2〜3倍の威力を発揮することができます。待って打つのではなく、攻撃の流れの中で相手の動きに瞬時に対応して打たなければなりません。相手の攻撃してくるタイミングで瞬時にパンチを打ち込み、ガードやディフェンスのない隙を狙って打ち込みます。ボディカウン [続きを読む]
  • ステップ
  • ステップイン 足を肩幅に開き、片方の足を少し前に出す。腕でガードを作る?前足をすり足で一歩前へ出し、前に出た分後ろ足を引き寄せる。すり足で前に進み後ろ足を引き寄せます。そして、基本姿勢に戻ります。前6、後ろ4ぐらいのバランすスです。ステップバック 足を肩幅に開き、片方の足を少し前に出す。腕でガードを作る。後ろ足を一歩下げ、後ろに下がった分だけ前足を後ろに引き寄せる。ステップインの反対です。サイドステ [続きを読む]
  • ボディブロー
  • ボクシングにおいて、ボディブローが効いてくると体が重くなり、フットワークが損なわれます。パンチを当てやすくなりますし、腹部へのパンチを嫌がることで顔面のパンチもあてやすくなるでしょう。リバーブローは、その名の通り、相手の右脇腹、肝臓に位置する部分に対して打ち込むボディブローを指します。顔面へのパンチで意識を顔に集中させてから左ボディへ繋げたり、相手のパンチを左へダッキングし、カウンター気味に打ち込 [続きを読む]
  • サウスポー対策
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • グローブ
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • ジムのなかで
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • はさみ(ボクシング用)
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • ロープスキッピング(縄跳び)
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • ローラー
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • メディシンボール
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • トランクス
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • ワセリン
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • エンスウェル
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]