セキ6038のブログ さん プロフィール

  •  
セキ6038のブログさん: セキ6038のブログ
ハンドル名セキ6038のブログ さん
ブログタイトルセキ6038のブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ys24616ys12345
サイト紹介文トレーナーは縁の下の力持ち。
自由文怪我をさせないように、選手の良い部分を見極め、伸ばしてやることだと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 13日(平均19.9回/週) - 参加 2018/02/04 12:29

セキ6038のブログ さんのブログ記事

  • カウンター
  • カウンターとは、相手が打ってくるのと同時にパンチを出し、相手に対して大きなダメージを与えるパンチのことを言います。相手の力をも利用するパンチであるため通常の2〜3倍の威力を発揮することができます。待って打つのではなく、攻撃の流れの中で相手の動きに瞬時に対応して打たなければなりません。相手の攻撃してくるタイミングで瞬時にパンチを打ち込み、ガードやディフェンスのない隙を狙って打ち込みます。ボディカウン [続きを読む]
  • ステップ
  • ステップイン 足を肩幅に開き、片方の足を少し前に出す。腕でガードを作る?前足をすり足で一歩前へ出し、前に出た分後ろ足を引き寄せる。すり足で前に進み後ろ足を引き寄せます。そして、基本姿勢に戻ります。前6、後ろ4ぐらいのバランすスです。ステップバック 足を肩幅に開き、片方の足を少し前に出す。腕でガードを作る。後ろ足を一歩下げ、後ろに下がった分だけ前足を後ろに引き寄せる。ステップインの反対です。サイドステ [続きを読む]
  • ボディブロー
  • ボクシングにおいて、ボディブローが効いてくると体が重くなり、フットワークが損なわれます。パンチを当てやすくなりますし、腹部へのパンチを嫌がることで顔面のパンチもあてやすくなるでしょう。リバーブローは、その名の通り、相手の右脇腹、肝臓に位置する部分に対して打ち込むボディブローを指します。顔面へのパンチで意識を顔に集中させてから左ボディへ繋げたり、相手のパンチを左へダッキングし、カウンター気味に打ち込 [続きを読む]
  • サウスポー対策
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • グローブ
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • ジムのなかで
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • はさみ(ボクシング用)
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • ロープスキッピング(縄跳び)
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • ローラー
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • メディシンボール
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • トランクス
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • ワセリン
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • エンスウェル
  • ジャブが同じ前構えとなるので、フットワークの勝る方が優位に進められる。左回りを意識して相手の武器である左ストレートから遠ざかる。サウスポーが相手だとお互いのジャブを打つ手が前になるので、ジャブがぶつかってしまい打ちにくいので、いかに上手くジャブを当てるか。後はいきなり右ストレートを打つとサウスポーは避けにくいので、いきなり右ストレートからの左フックを、実践しましょう。相手の右足より外側に自分の左足 [続きを読む]
  • ジムにて
  • オヘンスとディフェンスの動きを組み合わせた、動きをすること。ウォーミングアップ、クールダウンとしても行われる。鏡の前でパンチの角度やガードのいちや、バランスやステップワークなどが、正しい動きであるか、チェックすることが大切です。 [続きを読む]